温補利水丸の効能・用量・副作用など

温補利水丸の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 牛車腎気丸
形状 錠剤
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 牛車腎気丸   

温補利水丸の特徴

温補利水丸は漢方処方にしたがって,生薬を配合し粉末化して丸剤としたものです.

温補利水丸の効能効果

体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少し、むくみがあり、ときに口渇があるものの次の諸症:
下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り)

温補利水丸の用法用量

次の1回量を1日3回、食前または食間に服用する。
年齢 1回量
成人(15歳以上) 20丸
15歳未満7歳以上 13丸
7歳未満4歳以上 10丸
4歳未満3歳以上 6丸
3歳未満 服用しないこと
(用法関連注意)

温補利水丸の成分分量

1日量(60丸)中
混合粉末 4.578g (ジオウ1.110g、サンシュユ0.555g、サンヤク0.555g、タクシャ0.416g、ブクリョウ0.416g、ボタンピ0.416g、ケイヒ0.139g、ブシ0.139g、ゴシツ0.416g、シャゼンシ0.416g)
(添加物)
ハチミツ、寒梅粉、バレイショデンプン

温補利水丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人.
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人.
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人.
(4)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人.
(5)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人.
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤,かゆみ
消化器食欲不振,胃部不快感,腹痛
その他動悸,のぼせ,口唇・舌のしびれ
まれに下記の重篤な症状が起こることがある.その場合は直ちに医師の診療を受けること.
症状の名称 症状
間質性肺炎 階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等が見られ,これらが急にあらわれたり,持続したりする.
肝機能障害発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる.
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

温補利水丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること.
(2)小児の手の届かない所に保管すること.
(3)他の容器に入れ替えないこと.(誤用の原因になったり品質が変わる.)
(4)小児で1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り曲げて保管し,2日以内に服用すること

温補利水丸が気になる人向けのコラム

湯の花

日本各地の温泉でお土産として売っている「湯の花」。温泉の成分を含んだもので、入浴剤として使われるのが一般的でした。しかし、最近ではコスメやシャンプーなど商品の幅も広がり、口コミで全国的な人気になっています。
温泉成分がたっぷり入った「湯... 続きを読む

口の中でとろける!霜降り和牛のおいしさの秘密とは?

値段が高く、高級なイメージのある霜降り和牛。めったに食べられないけれど、あのとろける味が忘れられないという人も多いはず。なぜあんなにおいしいのでしょう。肉のおいしさを研究する日本獣医生命科学大学の松石昌典教授にうかがいました。 脂肪が... 続きを読む

歯茎のマッサージが簡単で効果大! 歯周病・口の乾燥やネバネバに効く?

美しい笑顔のカギは、歯以上に歯茎が重要なのをご存知ですか? 歯茎の血行を促すマッサージで、歯の健康と美しさを維持して笑顔美人になりましょう。 歯茎の血流の悪さが歯周病をまねく 笑顔の美しい人は、歯がきれいです。歯がきれいであるためには... 続きを読む

耳鳴りはなぜ起こるのか? 難聴が原因の可能性も|症状や治療法

耳鳴りに悩む方は少なくありません。周りで何も音がしていないのに耳の奥のほうでたびたび音が聞こえてくると、気になって仕事に集中できなかったり眠れなかったりと、日常生活にも影響が及ぶこともあります。
耳鳴りには、聴診器などでほかの人も聞く... 続きを読む

RSウイルス感染の徹底予防法 乳幼児や高齢者に感染させないためは?

乳幼児がかかりやすいRSウイルス。体力のない高齢者が施設内で集団感染したという報告も。普段の生活の中で移りやすいウイルスのため、家族も注意が必要です。 インフルエンザと重なる11〜1月がピーク RSウイルスは世界中に分布しているウイル... 続きを読む