安神涼肝散の効能・用量・副作用など

安神涼肝散の特徴

安神涼肝散は厳選された品質の高い牛黄(ゴオウ)を服用しやすい硬カプセル剤としたものです.牛黄は古くから中国で用いられ,高貴薬として珍重されております

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 強心薬(センソ含有製剤等)
形状 カプセル 
製造会社 ウチダ和漢薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 アポセーフ錠   いけだや六神丸   ウチダの牛黄   カイキョー100   クミアイ六神丸  



安神涼肝散の効能・効果

解熱、鎮けい、強心

安神涼肝散の用法・用量

次の1回量を1日2回、朝晩に服用する。
年齢 1回量
成人(15歳以上) 1カプセル
15歳未満 服用しないこと
(用法関連注意)

安神涼肝散の成分・分量

本品1日量(2カプセル)中
ゴオウ 200mg
(添加物)
黄色5号・ラウリル硫酸Na

安神涼肝散の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
本剤を服用している間は,他の強心薬を服用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人.
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人.
2.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

安神涼肝散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること.
(2)小児の手の届かない所に保管すること.
(3)他の容器に入れ替えないこと.(誤用の原因になったり品質が変わる.)