アットノンLの効能・用量・副作用など

アットノンLの特徴

1.ヘパリン類似物質の3つのはたらきにより傷あとを改善していきます。
2.伸びの良いローションタイプなので、広範囲の傷あとや、かきむしって残った傷あとにもおすすめです。

アットノンL

アットノンL

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 しもやけ・あかぎれ用薬
形状 塗布剤 
製造会社 金冠堂
販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC 白色ワセリン   アキュパットEXクリーム   エスミナン20   エプールHPクリーム   エメロットHPクリーム  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



アットノンLの効能・効果

きず・火傷のあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手指のあれ、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、打身・捻挫後のはれ・筋肉痛・関節痛

アットノンLの用法・用量

1日1~数回、適量を患部にすりこむか、又はガーゼなどにのばして貼る
(用法関連注意)
(1)使用のつどキャップをしっかりしめること
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること
(3)目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること
(4)外用にのみ使用すること

アットノンLの成分・分量

100g中
ヘパリン類似物質 0.3g
(添加物)
dl-ピロリドンカルボン酸Na、パラベン、エデト酸Na、BHT、セトステアリルアルコール、ポリソルベート60、ポリオキシエチレンベヘニルエーテル、ミリスチン酸イソプロピル、プロピレングリコール、ジイソプロパノールアミン、香料、pH調節剤

アットノンLの使用上の注意と副作用

1.次の人は使用しないこと
2.次の部位には使用しないこと
1.出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)の人
2.目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣など)
1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
2.使用後次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、このパッケージを持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
3.5~6日使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、このパッケージを持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
1.(1)医師の治療を受けている人 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 (3)湿潤やただれのひどい人
2.皮ふ:発疹・発赤、かゆみ、はれ
3.5~6日使用しても症状がよくならない場合
その他の注意
●出血のある傷口には使用しないこと(血が止まりにくくなることがある)
●顔面にあるやけどのあと・傷あと・かさぶたには使用しないこと
●患部を清潔にしてから使用すること

アットノンLの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること
(2)小児の手の届かない所に保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の現認になったり品質が変わる)