S・M配合散の効能・用量・副作用など

S・M配合散の特徴

健胃剤とは,胃液を中和する炭酸水素ナトリウム(重曹),炭酸カルシウム,炭酸マグネシウム,水酸化アルミニウムなどに,消化酵素のジアスターゼ,パンクレアチン,あるいはゲンチアナ,センブリなどの生薬成分を配合したものです。

S・M配合散1.3g

S・M配合散1.3g

処方薬/市販薬 (OTC) 処方薬
分類 健胃消化剤・制酸剤など > 健胃剤 > 健胃剤
形状 散剤 
同じ分類の薬 つくしA・M配合散   アボビス   ジェネリック薬: アイスフラット懸濁用配合顆粒   アシドレス配合内服液   アリーゼS配合錠  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。

S・M配合散 メーカー別薬価など

会社 第一三共エスファ
保険薬価 散剤 1g 6.20円
ジェネ
リック
識別
コード
薬の包装材や本体に数字・記号で記載
包装コード:
S・M 1.3g


S・M配合散の効能・効果

食欲不振,胃部不快感,胃もたれ,吐きけ,嘔吐

S・M配合散の用法・用量

処方医の指示通りに服用。

S・M配合散の使用上の注意と副作用

基本的注意

*健胃剤(S・M配合散)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/ナトリウム摂取制限が必要な人(高ナトリウム血症,むくみがある,妊娠高血圧症候群など)/高カルシウム血症/甲状腺機能低下症,副甲状腺機能亢進症/透析療法を受けている人
(2)慎重に服用すべき場合……重い消化管潰瘍/腎不全/心機能障害/肺機能障害/リン酸塩低下のある人/低クロル性アルカローシスなどの電解質失調のある人
(3)ミルク-アルカリ症候群……服用中に牛乳や乳製品,カルシウム製剤をとると,ミルク-アルカリ症候群(高カルシウム血症,高窒素血症,アルカローシスなど)が現れることがあります。

副作用の注意
重大な副作用

[FK配合散,KM散]①ショック,アナフィラキシー。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

その他副作用

(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹など)
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……便秘/体重増加,むくみ
(3)検査などでわかる副作用……高マグネシウム血症,低カリウム血症,血圧上昇/腎結石,尿路結石

他の薬剤使用時の注意

併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

(1)本剤と間隔をあけて服用すべき薬剤……テトラサイクリン系抗生物質テトラサイクリン系抗生物質,ニューキノロン系抗菌薬ニューキノロン剤→本剤と併用すると吸収が妨げられるので,間隔をあけて服用してください。
(2)本剤との併用で高カルシウム血症が現れやすくなる薬剤……活性型ビタミンDアルファカルシドール