あなたはどれ?甘えん坊or完璧主義『脳のクセを知るテスト』

ノーイメージ

【お話を伺った人】篠原 菊紀先生

諏訪東京理科大学助教授 1960年長野県生まれ。 東京大学大学院博士課程(健康教育学)を経て、現在、東京理科大学共通教育センター助教授。脳システム論、人システム論、学生相談室長。

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

「甘えん坊さん」「完璧主義者」のストレス対策。今回は、チェックリストCとDに5個以上当てはまる「甘えん坊さん」「完璧主義者」のストレス対策を紹介。

あなたは甘えん坊or完璧主義?『脳のクセを知るテスト』でストレス対策_2

周りから認められているという実感がないと不安なCタイプ

仲間と賑やかにしているのが好きで、いつも誰かがそばにいないとダメな甘えん坊さんがこのタイプ。脳のクセでいえば「報酬依存」傾向の強い人です。

この場合の報酬とは、「周りから認められているという実感」のことで、これがないと不安になり、拒絶されるとガタガタと崩れていきます。このタイプの人は、ひとつのグループにベッタリしていると、そこでの人間関係がうまくいかなくなったとき、立ち直れなくなる危険があります。

ノルアドレナリンの変動が心理的な不安定をまねく

このような脳のクセをもつのは、脳の覚醒水準を決めるノルアドレナリン系の神経の活動が変化しやすいからです。そのため、気分の浮き沈みが激しくなったりします。また、ノルアドレナリンが急に増えると、強い緊張や怒りにつながるので、何かのきっかけで突然キレることもあります。

さらに、食べたり、飲むことでストレスを発散することも多く、体重の変動を気にしながらも太っていく傾向があり、ダイエットも失敗しがちです。

Cタイプのストレス対策

コツ(1) 複数のグループに参加して安心感を得る
このタイプの人は、職場や昔からの友人など限られた人間関係だけでなく、サークルや習い事など複数のグループに参加しておくとよいでしょう。また、インターネットで、同じ趣味をもつ人たちのサイトを巡ったり、チャットを楽しむなどして、所属感をもつことでも安心感が得られます。

コツ(2) 聞き役になってくれる先輩を見つけて「親分子分の関係」をつくる
報酬依存傾向の人は、親分子分、先輩後輩のような上下関係をつくりたがります。そこで、あなたのキレやすさを受け入れ、聞き役になってくれるようなボスや先輩を見つけるとよいでしょう。あなたを「かわいいやつ」と思ってくれるようなボスや先輩であれば文句なしです。

人好きで優しい性格のあなたは、うまく自分のなかの「甘えん坊」を安定させて、その優しさを周囲に分けてあげてください。

理想が高く、自己評価が低くなりがちなDタイプ

完璧主義者のDタイプは、何かを始めると疲れに気づかないまま突き進み、完璧にやり遂げないと気がすみません。また、物事に白黒をつけたがり、「〜しなければならない」「〜であらねばならない」という考え方にとらわれやすい傾向も。

理想が高く、はたからは十分と思われることでも満足できないため、疲れやストレスを溜め込みやすいタイプです。

Dタイプのストレス対策

コツ(3) 自分を肯定する
このタイプは自己評価が低くなると、抑うつ的になってうつ病や慢性疲労の危険性が高まったり、拒食症や過食症などの引き金になることも。そのため、自分を肯定的にとらえるよう日ごろから心がけることが大切です。

たとえば、日記にその日に「できたこと」「したこと」を箇条書きし、その横に花丸をつけるなど、自分の努力が実感できるような習慣をつけるとよいでしょう。

コツ(4) 一度に進行することは2つまでに
Dタイプの人は、ひとつのことを始めると止まらなくなる傾向があり、一度にたくさんのことを始めるとストレスを溜め込みがち。まず、物事を始める前に優先順位をつけ、同時に2つ以上のことを進行させないよう心がけましょう。

また、プライベートと仕事をしっかり区別し、ときには旅行に出るなど日常生活から遮断された時間をもつのもストレス解消に効果的です。もともと仕事のできる人ですから、自分のなかの完璧主義者とうまくつき合えば、誰もが感心するような、さらによい仕事ができるはずです。

A・Bタイプについてはこちら

(「ぐんぐんよくなる頭の使い方」、篠原菊紀著、法研より)

※この記事は2005年12月に配信された記事です



記憶力をアップさせる14の秘訣|復習の最適なタイミング

ノーイメージ

【お話を伺った人】篠原 菊紀先生

諏訪東京理科大学助教授 1960年長野県生まれ。 東京大学大学院博士課程(健康教育学)を経て、現在、東京理科大学共通教育センター助教授。脳システム論、人システム論、学生相談室長。

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

物忘れを防ぐ14の“ヒケツ”をこっそりお教えします。「感動しながら憶える」「物語で記憶する」など、脳のしくみに基づいた記憶のアップ術を活用しましょう。

3割忘れたときが「おさらいどき」

最近は、さまざまな年齢層を対象に、「脳力トレーニング」が流行しています。“脳力”の中でも、とくに記憶力の衰えは、けっこうショックなもの。脳のはたらきに基づいて、記憶力をアップする14のヒケツをご紹介しましょう。

復習の最適なタイミングはいつ?記憶力をアップさせる14の秘訣

1. 自分の忘れ方を知っておく

記憶力を高める第一のコツは、自分の忘れ方のパターンを知ること。忘れるまでの時間は、3日で忘れるもの、3週間で消えるものなど、記憶している情報の種類によってさまざまです。一般に「記憶力がいい」といわれる人は、記憶が3~4割失われたタイミングでおさらいしていることが多いもの。自分の記憶パターンを観察して、3割程度忘れた頃におさらいするようにすると、記憶の定着率がぐんと良くなります。

2. 憶えやすい形を工夫する

憶えやすい形を工夫することは、自分によくわかるようにするということです。それはつまり、理解しやすくすることです。
脳の中の海馬(かいば)という器官は、情報に、あるまとまりを与え、他の情報と関連させ位置づけます。海馬に流れ込んだ情報は、らせん状にグルグル回り、弱い刺激でも立ち上がるネットワークを形成します。これが「記憶」です。つまりこれは、憶えようとすることを理解していく過程でもあるわけです。

脳というシステムは、情報そのものを憶えていくシステムではありません。情報にまとまりを与えながら、その処理の仕方を獲得していくシステムなのです。ですから、自分の言葉で言い替えるなど、自分にとって理解しやすい形にして記憶することは、記憶力を高めるために重要というわけです。

3. 感動しながら憶える

脳は感動なしの丸暗記が苦手です。強く記憶したいことがあるときは、「今、すごいことを憶えてるんだ」というように、ワクワクしながら憶えると、記憶が定着しやすくなるというわけです。好き嫌いといった生物学的な判断をする扁桃体(へんとうたい)が、記憶力をつかさどる海馬に情報を伝えるゲートの役目をしていて、扁桃体が興奮すると情報ゲートが開かれ、記憶ネットワークが作られやすくなるのです。

4. 物語の形で憶える

人類は言葉を獲得したことで飛躍的に記憶力を向上させました。ですから、記憶すべきことを物語としてつながりで憶えると、記憶の定着がよくなります。

5. 画像や図式を多用する

脳には画像的な記憶(視空間メモリー)もあります。あるシーンを写真の細部を憶えるようにして記憶したり、重要な事項はノートに図式でまとめて憶えたりするのは、脳のシステムにあった憶えかたでもあるのです。画像や図式を多用して憶えることは、記憶力を有効活用するコツでもあるのです。

「百マス計算」で脳を鍛える

6. 言葉で聞く

最近の研究で、言葉を持たない赤ちゃんでも、言葉を聞き分けるウェルニッケ野(聴覚性言語野)を活用していることがわかりました。私達の脳は、生まれてまもない頃から、言葉に反応できる部位を持ち、よりよく記憶できるようになっているのです。憶えたいことは口に出して繰り返し言ってみましょう。

7. よく見る、よく書く、イメージする

文字を理解することに強く関わる部位が、画像の情報と言語的な意味を結びつけてより記憶力が高まるものと考えられています。文字という情報を画像として見る、書いて憶える、細部までイメージして思い出す、などは記憶力を活性化させます。

8. ひんぱんに表現する

情報を表現するには理解力や表現力が必要です。よりよく聴き、よりよく見分けようとし、より頻繁に表現することは、脳の中期記憶や長期記憶を高めます。

9. 単純計算、音読、暗誦をする

脳を鍛えるためには、図の「百マス計算」などの単純計算や、音読、暗誦が効果的です。子供の教育法としてだけでなく、認知症の脳機能維持や回復にも役立つことが知られています。

単純計算や暗記などをしているときは、脳の広い範囲で強い活動が見られます。その際に、黙って考えるのではなく、声に出して自分の耳で聞いたり、書いて目で見ると、さらに脳が活性化します。たかが計算の反復、つまらない暗記、と思わないで。それこそが、記憶力を高めるヒケツになるのです。

料理することや運動も効果的!

10. ものづくりや調理をする

美術の時間の図画工作や料理をすることなどは脳活動を高めます。組み立て玩具を作ることなどで、大人でも前頭葉の活動が活発になることが調査で明らかになりました。また、料理をした場合も同じ結果が出ています。日常生活の中の、思わぬ行動が脳トレーニングになるのです。利用したいものですね。

11. 運動、写真撮影も◎

スポーツジムの自転車マシンなどで、負荷のかかる運動をすると、前頭葉の血液量が増えます。適度な運動後、計算能力が高くなることは昔から知られています。また、写真を撮ることでも、同様の反応が起こります。

12. ストレスをうまく解消する

前頭葉はストレスがかかる記憶でいっぱいになると、新しいことを考え出す力が低下します。ストレスは早めに解消して、ゆとりのある毎日をおくりましょう。

13. 心地よい睡眠をとる

眠りが浅かったり、睡眠の時間が不規則だと、ホルモンの分泌リズムが崩れ、脳がはたらくべき時間に活動を高めることができなくなります。心地よい睡眠を得るために、朝日を浴びる、適度な運動をする、食事時間を一定にする、などを心がけましょう。

14. バランスよく多品目の食事をとる

脳の唯一の栄養源であるブドウ糖、また脳内物質で、情報伝達などに係わる、グルタミン酸、ドーパミン、アスパラギン酸などは、食べ物が材料となって作られます。バランスよく多品目をとる食事が、脳活動を支える元となるのです。

これらの14のヒケツを参考にして、記憶をしっかり定着させ、つねに脳のはたらきがイキイキと活発に行われる、充実した毎日を送りたいものですね。

(「ぐんぐんよくなる頭の使い方」、法研より)

※この記事は2006年8月に配信された記事です

続きを読む




顔色を見れば、体の不調な場所が分かる!10秒でできる健康管理

ノーイメージ

【お話を伺った人】猪越 恭也先生

長春中医薬大学客員教授・吉祥寺東西薬局主宰 家庭の主婦に中国医学を普及させることをライフワークとする。近著に「顔色をみれば病気がわかる」(草思社)がある。

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

鏡を見ながら五臓の不調を察知する。朝の洗顔時は、鏡の前で10秒間。顔色を見ながら自分の体調をチェック。

毎朝、10秒間は顔色をチェック

日ごろ、どんなに忙しくしている女性でも鏡を見る習慣のない人はいないでしょう。また男性でも、朝、顔を洗うときくらいは、洗面台の鏡に映った自分の顔に目がいくのではないでしょうか?

そのわずか10秒で、顔色から、体の不調やその背景にある生活の乱れが見つけられる方法があるのです。中国医学に基づく“顔色チェック”で、健康状態や体調不良の原因を推測するポイントを、以下紹介しましょう。

顔色を見れば、体の不調な場所が分かる!10秒でできる健康管理

赤、青、黄……、顔色が何を表しているか

青→肝(目とつながる)
ストレスを受け止める内臓

中国医学の内臓論は「五臓六腑」です。五臓は肝・心・脾(胃腸)・肺・腎の5つ。

その1つである「肝」は、今日の肝臓とほぼ同じ働きのある内臓です。血液を貯蔵して浄化し、栄養を与え、そのきれいになった栄養豊かな血液で、体中のすべての働きを支え、ストレスを受け止めます。まさに「肝腎要め」の内臓です。
この「肝」の働きが滞ると、血液が汚れて濁り、肌を通して見える静脈は青く目立つようになります。こめかみやみけんに青筋が立ち、顔色が青味を帯びたり青黒くなったりします。そして怒りやすくなります。

また、顔の部分では目に症状が現れやすく、目の疲れ、視力減退、目のかすみ、ドライアイ、白内障などが起こってきます。
その他、血液の汚れによって血流が悪くなったり、血液が固まりやすくなり(お血=おけつ)、肩こり、頭痛、冷え性、子宮筋腫、子宮内膜症、チョコレートのう疱、痔などの原因となり、ひどいときには狭心症や心筋梗塞につながります(必ずしも肝の検査データが悪いわけではありません)。

赤→心(舌)
気になる赤ら顔は、心臓に要注意!

狭心症や心筋梗塞などの予兆であり、血圧が高くなっていることがあります。
五臓のうちの「心」は、今日の心臓と大脳の働きを合わせもった内臓です。びっくりすると心臓がどきどきするし、心臓病の人はよく不安感があり、不眠となります。

心の不調は、舌にも現れます。五臓の「心」の、大脳の働きの部分に起こる脳卒中(脳出血や脳硬塞)は、舌の働きを障害して、ろれつが回らなくなり、あるいは舌が右か左に曲ってしまいます。
狭心症や心筋梗塞を起こしやすい人の舌は、暗赤色や紫色をしていたり、紫の点々や斑点が現れ、舌の裏面の静脈が太くなり蛇行していることもあります(お血=おけつ)。

黄→脾(胃腸)(口)
ミカンの食べ過ぎでもないのに黄色い

五臓のうちの「脾」は、今日の消化器系で、おおむね胃腸に相当しています。胃腸の働きが悪いと(自覚していない人もいます)、栄養状態が悪くなり、血液が薄くなって肌は黄色っぽく見えるようになります。そして、血管が脆くなり、出血しやすくなります。そのため体のあちこちにアザ(内出血斑)が出たり、女性では月経がだらだらと長く続いたりします。
白目が黄色くなるのは黄疸の疑いがあります。胆のうの障害なので消化に影響します。

胃腸は口とつながっており、脾の異常は口や口唇に現れます。また胃は歯茎と深いつながりをもっています。
口の中がまずい、口の中が荒れる、味が分からない、口角が切れる、口唇が荒れる、歯茎から出血する、口内炎が出来るなどは、脾、胃の障害を示しています。

脾が弱いと、筋肉の発達が悪く、内臓下垂(胃下垂、脱腸、子宮下垂、遊達腎)を起こしやすくなります。

白→肺(鼻)
美容上は有利でも呼吸器系が弱い

中国医学の「肺」は、空気を吸い込み吐き出す呼吸器系の総称で、わずかながら呼吸をしている皮膚を含んでいます。
色白の人は、この「肺」の系統が弱い体質の人が多く、カゼをひきやすく、慢性的な鼻炎や、アトピーなどの皮膚疾患にもかかりやすく、アレルギー体質の人が多く見られます。

中でも鼻は、空気の取り入れ口であり、吐き出し口でもあるので、肺の弱い人はよく鼻の病気にかかっています。アレルギー性鼻炎、蓄膿症などが主なもので、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、味覚障害などの症状が起こります。

黒→腎(耳)
ホルモンと水分のコントロール

「腎」は、水臓といわれ、体内の水分の調節をする作用がありますが、中国医学では今日のホルモン系と関係の深い内臓です。それと関係してSEXを支配する内臓系でもあります。
この「腎」が弱るとホルモンの分泌が衰え肌が黒ずんできたり、目の下のクマが濃くなってきます。精力減退、不妊(男女とも)、生長発育不全、骨や歯が脆い、足腰がだるい、白髪や脱毛、尿の漏れ、老化の進行が早い(早老)などの症状が見られ、病気にかかりやすくなり、病気にかかると治りにくくなります(免疫力の低下)。

また、耳とのつながりが深く、聴力の低下や耳鳴り、慢性中耳炎などの症状を起こしやすいのは、五臓の腎の衰弱(腎虚)によるものです。
手足のほてりや午後の微熱、逆に腰や足の冷えなど体温の調節異常が起こることもあります。

これから毎朝、鏡を見ながら「顔色10秒セルフチェック」をおこなって、体調管理のバロメーターにするのはいかがでしょうか? 五臓の不調を意識することで、大きな病気を未然に防ぐきっかけになるかもしれません。

(「健康のひろば」、法研より)

※この記事は2006年5月に配信された記事です

続きを読む




あなたはどれ?好奇心旺盛orリスク回避型『脳のクセを知るテスト』

ノーイメージ

【お話を伺った人】篠原 菊紀先生

諏訪東京理科大学助教授 1960年長野県生まれ。 東京大学大学院博士課程(健康教育学)を経て、現在、東京理科大学共通教育センター助教授。脳システム論、人システム論、学生相談室長。

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

「新しもの好きの人」「怖がり屋さん」のストレス対策。あなたはA・B・C・Dのどのタイプ? 脳のクセからわかるタイプ別ストレス対策を紹介。

あなたのタイプはどれ?『脳のクセを知るテスト』でストレス対策_1

あなたの脳のクセは?

好き嫌いの傾向は、遺伝子や育ち方、環境要因と密接なかかわりのある「脳のクセ」に影響されます。逆にいえば、脳のクセを知ることで、自分に合ったストレス対策を見つけることができるとも考えられます。

まずは、「脳のクセを知るテスト」のABCDそれぞれについて、いくつの項目が自分にあてはまるかを数えてみましょう。当てはまる項目が5個以上あれば、それがあなたの脳のクセ(気質のタイプ)です。

Aは新しもの好きの「新奇探索傾向」、Bはリスク嫌いの「損害回避傾向」、Cは仲間好きの「報酬依存傾向」、Dは完璧主義の「固執傾向」を示しています。この4つの傾向は誰もが複合的にもっているものなので、自分のなかの各タイプとのつきあい方を考えてみてください。

今回は、AタイプとBタイプについて紹介します。

好奇心旺盛だが飽きっぽく、現状に満足しにくいAタイプ

このタイプは「行動のアクセル」と呼ばれるドーパミン系神経の働きが過剰なために、新しいことが大好きで、次々と興味が移り変わります。好奇心旺盛で流行に敏感ですが、飽きるのも早く、いつも現状に満足できません。一見ストレスとは無縁にみえますが、このタイプならではのストレスもあり、とくにリスクを嫌うBタイプや完璧主義のDタイプが強く同居していると満足感が得にくく、葛藤をまねきがちです。

Aタイプのストレス対策

コツ(1) スケジュールは前倒しに
新しい仕事を引き受けたら一気にこなすように心がけましょう。そうしないと、すぐにほかの仕事に目移りし、仕事はたまる一方。自分の気まぐれな性格を自覚し、期限のある仕事は締め切りを前倒しに設定し、早めにこなしてしまいましょう。

コツ(2) 10年後の自分をイメージする
日々、変化に富んだ仕事をしていれば新奇性は満たされやすいものの、一般の職種ではそうもいきません。不満がたまらないように多彩な趣味をもちましょう。ただし、器用貧乏になりがちなので、10年後の自分の姿を多少なりともイメージしながら、物事に取り組んでみましょう。

日本人に多い、リスクを嫌うBタイプ

このタイプは「損害回避傾向」が強い、リスクを嫌う怖がり屋さん。日本人に多くみられるタイプです。

「脳内の行動のブレーキ」「脳の安定装置」といわれるセロトニン系神経の働きが強すぎたり、逆に弱すぎるために、慣れていることや知っている人を好み、リスクを避けようとします。リスクを避けようとするあまり「イヤイヤ思考」に陥り、気持ちが堂々めぐりをしてしまうことも多く、とくにDの固執傾向をあわせもっていると、さらにこの傾向が強まります。また、セロトニン系が強いと慢性疲労に、弱いと抑うつ傾向に陥りやすいともいわれるので注意が必要です。

Bタイプのストレス対策

コツ(1) 交渉ごとの処理は一気に
怖がり屋さんにとって最も大きなストレッサーは他人とのかかわりです。とくに、まだ起きていない物事を心配する傾向があるので、他人と会うこと自体が強いストレスになります。しかし、慣れない相手との交渉をすべて避けることはできませんし、先延ばしにすると、その間ずっとストレスを抱え込むことになるので、できるだけ早く処理しましょう。それでも予定がたまってしまったら、一気に処理することです。たとえば、電話をかけ始めたら、必要なところには一気にかけてしまいましょう。また、交渉の際は、人に過剰に合わせないように心がけてください。

コツ(2) からだをほぐせば脳もリラックス
毛細血管を収縮させ、筋肉や心臓に血液を集中させ緊張を高める「交感神経」が優位になりがちです。交感神経は、心身のリラックスやエネルギー補給をつかさどる「副交感神経」とバランスよく活動していますが、このバランスが交感神経に偏りがちなのです。

その結果、ストレスが肩こり、眼の疲れ、胃の痛み、片頭痛、過呼吸、腰痛などの症状として現れやすい傾向があります。逆にいえば、ストレッチなどで筋肉の緊張をほぐし、リラックスさせることが、脳の疲れの解消にもつながるわけです。

C・Dタイプについてはこちら

(「ぐんぐんよくなる頭の使い方」、篠原菊紀著、法研より)

※この記事は2005年12月に配信された記事です

続きを読む



便意はどこからやってくるの?知られざる『排便』のメカニズム

ノーイメージ

【お話を伺った人】金子 実里先生

金子病院医師 帝京大学医学部卒業後、東京慈恵会医科大学麻酔科を経て、現在、医療法人和好会金子病院にて、大腸・肛門科を担当。夫(院長)も消化器の専門医。トータルな検査・診断・手術を手がけている。

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

ウンチは「頭で出す」もの! スムーズな排便には「おなか」と「おしり」だけの問題ではなく、脳も深く関係していることを覚えておこう。

ウンチは9mの旅路を行く

汚れもの扱いをされがちな便は、もともと口から入ってきたもの。その大半は水分で、固形成分には食べかすや腸内細菌の死骸や脂肪分が含まれています。口から肛門まで、食べたり飲んだりしたものが、体の中を通りぬける道をまとめて「消化管」といいます。便の成長過程そのものである消化管の長さは、およそ9mです。

食べ物は、まず口の中でかみくだかれ、唾液と混ぜ合わされます。飲み込まれた食べ物は30秒から1分で食道を通過し、胃へ到達します。そこで強い消化力をもつ胃液によって粥状に消化されます。そこから十二指腸を経て小腸へ運ばれます。1食分の食べ物が胃・十二指腸を通過するのに2〜4時間ほどかかります。

小腸では食べ物が本格的に消化され、栄養素が吸収されていきます。食べ物は約4時間かけて小腸を通過しますが、そこで主要な栄養素はほんとんど吸収されてしまいます。小腸で吸収されず、残ったものだけが大腸に送られます。大腸に送られてくる段階で食べかすはドロドロになっていて、約18時間以上かけて結腸を通過します。その間、水分やミネラルが吸収され、未消化な成分が少しずつ固まって便になっていきます。

そして、直腸に押し出される時点で完全な便のかたちになっています。ある程度の便が直腸にたまると便意が生じ、肛門から排泄され、便の9mの旅路は終わりを告げます。

便意はどこからやってくるの?知られざる『排便』のメカニズム

排便のしくみに深くかかわる脳の働き

大腸の働きには、内臓の働きなどをコントロールしている自律神経が深く関係しています。大腸の主要な働きである便をつくって送りだし、排便を促すというプロセスにも、自律神経や脳がかかわっているのです。

便が直腸に達すると直腸の壁が刺激され、便が到達したという信号が大脳に伝えられます。便意はこの段階でおこります。同時に直腸・結腸反射がおこり、便を送り出す動きがますます活発になり、最終的には大腸の指令に従って便が排泄されます。

排便のしくみは、意志と関係のないところで、脳に支配されながら働いているのですが、便意がおこっても排便するかしないかは、ある程度意識的にコントロールできます。それは、肛門括約筋のうち「外括約筋」は運動神経に支配されているからです。しかし、がまんは禁物です。便意を無視し続けたがためにおこる便秘もあるので、注意が必要です。

排便をおこす連携プレーには胃もかかわっています。胃の中に食べ物が入ってくると、胃から神経を介在して大腸に信号が送られます。その結果、大腸が便を直腸へ送り出そうとして収縮するようになります。だから、排便のしくみから考えると、「朝食抜き」は大きな問題といえるわけです。

(「腸をきれいにする本 おなかの中から元気になろう!」金子実里著、法研より)

※この記事は2005年10月に配信された記事です

続きを読む



あなたの『夏バテ症状』はどれ?タイプ別で分かる予防と解消法

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

冷房、アイス、体力不足……。現代人の夏バテは、暑さのせいだけでなく複雑化しています。その理由と解消法をタイプ別にお教えします。

複雑化した夏バテはそれぞれに“効く”方法で解決

今年の猛暑のせいだけでなく「昔より夏がつらくなった……」と感じる人は多いのでは。現在の夏バテは、暑さのせいだけでなく、人によりタイプが異なるというのは、医師の石原新菜先生(イシハラクリニック副院長)。

あなたの『夏バテ症状』はどれ?タイプ別で分かる予防・解消法

まず現代人に多いのが“冷房による夏バテ”です。人の体は「暑熱順化」といって、春から夏へ向けた外気温の変化に合わせて、体温調節をしながら順応していきます。しかし現代は6月から冷房を入れるなどで、体が夏の暑さに適応しないまま猛暑に突入。すると自律神経が乱れて不調が現れるのです。

もうひとつの夏バテの理由が“冷たいものの食べすぎ”。胃腸は、冷えると働きが低下します。食べても栄養を吸収できず、全身にエネルギーが回らなくなり、夏バテの症状に。
そして、暑さそのものに対応できない“昔ながらの夏バテ”の場合、加齢による体力不足が原因になります。そして体力不足の主な原因は、筋力の低下です。運動不足で筋力が落ちていると、エネルギーが充分につくれません。すると、暑いところに少しいるだけで、体力が消耗してフラフラに。この3つの夏バテタイプ別に、解消法をご紹介します。さっそくチェックして!

あなたはどれ? タイプ別夏バテ診断

現代人の典型「冷房バテ」

冷房が効きすぎた室内と、猛暑の室外。この気温差の違う場所を1日に何度も行き来することで、体温調整を行う自律神経の働きが乱れ、ダルさや不眠、食欲不振、頭痛などを引き起こします。また、ホルモンバランスが崩れたり、心の不調にも。

こんな人は「冷房バテ」さん!
・ エアコンの温度を自分で調整できず我慢している
・ 外と室内の出入りが日中3回以上ある
・ 真夏のエアコンは25度以下の設定で過ごすことが多い
・ お風呂に入らずシャワーで済ませている
・ 一日中冷房が効いた場所にいる

○「冷房バテ」さんのバテないテク
“夏の温活”で冷えを防ぎ、自律神経の疲れをストップ。体を冷やさない工夫で、自律神経の乱れを防ぎましょう。夏でも腹巻をしたり、羽織り物やストールで冷えから守って。入浴や早起きで自律神経を整えるのも◎。

冷たい食べ物で内臓疲労「食冷えバテ」

アイスやそうめん、ジュースなど、冷たい物ばかり食べていると、胃腸がダイレクトに冷えて機能が低下。うまく消化吸収できず、下痢や胃もたれが続きます。内臓に血液がめぐらず、胃弱から活力ダウンに。

こんな人が「食冷えバテ」さん!
・ おやつはアイスクリームなどの冷たいものを食べがち
・ 氷の入った冷たい飲み物ばかりで温かいものは飲まない
・ 冷たい麺類を食べることが多い
・ 肉、魚、卵をあまり食べない
・ 食事と別に水分を1日1.5リットル以上飲む

○「食冷えバテ」さんのバテないテク
血液を胃腸にめぐらせて、消化吸収力を元どおりに。冷たい物を控え、体を温める食材をとり入れて。また、バランスのとれた食事で血液を増やして血流を促進し、消化吸収力をアップ。水の飲みすぎは「水毒」になるので、適正量に。

スタミナ不足で高温に弱い「元祖夏バテ」

暑さに体力を奪われる、昔ながらの夏バテ。高温により汗をかき、ミネラル不足になると体力が消耗し食欲も減退。加齢や筋力減少により活動エネルギーも減り、ますます暑さに弱くなります。
こんな人が「元祖夏バテ」さん!
・ 暑くてもクーラーは使わず、窓を開けたり扇風機を使うことが多い
・ 外で運動する習慣がある
・ 畑や庭仕事をする
・ 30度以上の真夏日や、熱帯夜が続く暑いところに住んでいる
・ 味噌汁をあまり飲まない

○「元祖夏バテ」さんのバテないテク
エネルギーを作る運動で、高温でも体力キープできる体づくりを。高温に負けない体力維持のためには、軽い有酸素運動でエネルギー量をアップするのがカギです。筋力がつくと疲れにくい体に。ただし、外でのジョギングなどは熱中症の恐れがあるので、涼しい時間帯でのウォーキングや、温度管理された室内で運動を。また、汗をかいたら食事や飲み物で水分、塩分の補給を忘れずに。

続きを読む



  1. 1 むくみスッキリ! 夜の【美脚エクサ】
    毎日のむくみ解消が美脚への近道-寝る前のストレッチでデトックス
    毎日リセットして老廃物をためないことが、美脚への近道 「…
  2. 2 あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 脚…
  3. 3
    Wi-Fiのせいで体調不良?「電磁波過敏症」ってなに?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと イン…
  4. 4 放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    (編集・制作 (株)法研) 汗を吸い込んだふとんは、カビやダニの温床…
  5. 5 これなら続けられる! ダイエット効果をより高めるウォーキングの仕方
    短時間で効果を上げるウォーキングのフォーム―脂肪を燃やす歩き方
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 運動効…
  6. 6
    スマホ老眼!にならないための3つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 手元…
  7. 7
    トイレはどこ!?几帳面で神経質なタイプに多い過敏性腸症候群とは?
    (編集・制作 (株)法研) 外出先で突然、お腹を下す過敏性腸症候…
  8. 8
    虫刺され跡の茶色いシミをどうにかしたい!早く消す方法は?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  9. 9 緊張してなくても手のひらに汗…多量の汗から考えられる病気とは?
    緊張してなくても手のひらに汗…多量の汗から考えられる病気とは?
    (編集・制作 (株)法研) 夏に汗はつきもの。でも、汗をかきすぎる病…
  10. 10
    ストレスやイライラには『ハーブティー』!あなどれないハーブの効能
    (編集・制作 (株)法研) フレッシュ・ハーブは、心を癒す効き目たっ…
  11. 11
    忙しい人に知ってほしい、質の高い睡眠をとるための快眠10か条
    (編集・制作 (株)法研) 午後10時から午前3時は睡眠のゴールデン…
  12. 12 星野源、KEIKOが患った「くも膜下出血」ってどんな病気?【芸能人健康まとめ】
    GENKINGや今井翼が患った「メニエール病」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    (編集・制作 gooヘルスケア) めまいといえばメニエール病とい…
  13. 13
    内臓が悪いと口臭がキツくなる!? こんなニオイがしたら注意して!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 口臭…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  15. 15 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  16. 16
    実はかなり他人にみられてる…背中・うなじニキビの原因と治療法
    シャツの襟からのぞく背中やうなじのニキビ。治らないとあきらめていません…
  17. 17
    正しく痩せる早道とは? 間違ったダイエットの落とし穴
    (編集・制作 (株)法研) 過剰なダイエットはやせないどころか、命を…
  18. 18
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  19. 19 ストレスはヘアトラブルを招く?抜け毛・薄毛・フケ・かゆみの原因
    ストレスはヘアトラブルを招く?抜け毛・薄毛・フケ・かゆみの原因
    (編集・制作 (株)法研) 抜け毛、かゆみ、フケ・・・憂鬱なヘアトラ…
  20. 20
    ダイエットにも健康にも!体に嬉しい『お酢』の取り入れ方
    (編集・制作 (株)法研) 酢にはヘルシーな成分がたっぷり。種類別に…

一覧