親子で、お家でハロウィーンパーティーを♪ ちょっとしたかぼちゃのディスプレイやご馳走で、ハロウィーンを楽しんでみませんか?

日本でも楽しむ人が増えてきたハロウィーン

10月31日はハロウィーン。古代ケルト人の収穫感謝祭に由来し、やがてキリスト教の万聖節の前夜祭となり、現在は子どもも楽しめるお祭りとなりました。
特にアメリカではとても盛んで、オレンジ色のかぼちゃをくり抜いたちょうちん“ジャック・オ・ランタン”を作って飾ったり、魔女やお化けに扮した子どもたちが「トリック オア トリート」(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!)と言いながら近所の家を回って、お菓子をもらったりします。祭りの夜には死者の霊とともに悪霊がやってくると信じられていて、仮装をするのは、悪霊たちを怖がらせ追い払うためですが、現在では、子どもが楽しく変装ごっごをしてお菓子をもらう行事となっています。

日本でも、10月に入ると遊園地では仮装パレードなどの催しがあったり、お店のディスプレイにオレンジ色のかぼちゃやお化けの形をしたお菓子が並べられるようになり、ハロウィーンはだいぶ定着してきたようです。そこで今回のリラックスタイムは、ハロウィーンパーティーを盛り上げる、ちょっとしたアイデアをご紹介します。

普通のかぼちゃでも楽しめるデコレーション、ジャック・オ・ランタン

●ハロウィーンのデコレーション
本場アメリカではクリスマスのイルミネーション並みに家の外をデコレーションして、住宅街ではいろいろなジャック・オ・ランタンが見られます。そこまでいかなくても、ちょっとしたかぼちゃのディスプレイでハロウィーンを楽しんでみませんか?

かぼちゃは丸のままならとても日持ちがします。今の時期は、涼しいところに置いておけば1カ月は持ちます。玄関などにかぼちゃを飾っておくと、なんとなく収穫祭の気分にもなれますね。
ハロウィーンを前にして、いろいろなかぼちゃを集めてみました。割と簡単にたくさんの種類が手に入りました!

●ジャック・オ・ランタン
なんといっても“ジャック・オ・ランタン”がハロウウィーンの主役ですが、ハロウィーン用の大きくて皮が柔らかいオレンジかぼちゃはなかなか手に入らないので、普通のかぼちゃか、またはコリンキーという種類のオレンジ色のかぼちゃで作ってみました。どちらも皮がとても硬いので、くり抜くときは彫刻刀を使いますが、小さな子どもには危ないので、マジックやクレヨンで顔を描いたり、色画用紙を貼ったりして簡単に作ってみましょう。

お家で、気軽に集まって

仮装してハロウィーンという習慣がない日本ですが、学校の運動会も終わりこれといった行事もないこの時期、子どもたちと家でハロウィーンを楽しむのはいかがでしょうか? 子どもも一緒に、まずはグッズの買い出しやテーブルセッティングの準備から。子どものパーティーではテーブルクロスよりも、大きな紙と色画用紙のランチョンが気軽でおすすめです。

当日はかぼちゃを使ってちょっとごちそう

今年の10月31日は学校があるウィークデイなので、かぼちゃを使ってちょっとしたごちそうとおやつを作って、お家でハロウィーンパーティーを楽しみましょう。
どうぞ気軽に、かまえることなく、子どもたちと楽しく過ごしてみませんか?

【かぼちゃのグラタン】
材料(4人分)
かぼちゃ 1個(約800g~1kg)/牛乳 100cc/ミートソース(市販のもの)約280g/バター 少々/ピザ用チーズ 適量

<作り方>
(1)かぼちゃは皮と種を取り除いてレンジで加熱して柔らかくし、フォークなどでつぶして熱いうちに牛乳を混ぜ、塩・こしょうしながら、マッシュする(粗くつぶす感じでよい)。
(2)ミートソースは、容器に書いてある指示に従って温めておく。
(3)耐熱容器を用意して、全体にバターを薄く塗っておく。
(4)(3)の容器に(1)のマッシュしたかぼちゃを入れて、そのうえに(2)のミートソースをかけ、ピザ用チーズをのせて、オーブントースターで焼く。

【クラムチャウダーinかぼちゃ】
材料(4人分)
かぼちゃ 1個/クラムチャウダー缶 1缶/牛乳 300cc/えび 8本/塩・こしょう 各少々

<作り方>
(1)かぼちゃはよく洗い、丸ごと電子レンジに入れ、数分加熱したら上下をひっくり返しさらに数分加熱する(かぼちゃの種類や大きさによって加熱時間はかなり異なるので、様子を見ながら)。かぼちゃが温かくなったらそのままレンジの皿の上で粗熱を取り、ふたの部分を切り取って中の種とわたをこそぎ出す。
(2)えびは塩水で洗い、背わたを取って、カラをむいておく。
(3)クラムチャウダー缶を鍋にあけて火にかけ、牛乳を加えかき混ぜながら沸騰させないように加熱する。牛乳とクラムチャウダーが混ざってきたらえびを加え、えびに火が通ったらでき上がり。
(4)かぼちゃの容器に(3)のチャウダーを注ぎ食卓へ。いただくときは、かぼちゃの身の部分をすくいながら取り分ける。

*かぼちゃの加熱は持って温かくなるくらいがちょうどよく、粗熱で柔らかくなっていく。加熱しすぎると、かぼちゃに触ってやけどすることもあるので要注意。
*かぼちゃの容器が残ってしまったら、水で洗って適当な大きさに切り、レンジで加熱し、皮を取り除いてマッシュする。これでかぼちゃのコロッケを作ったり、牛乳でのばしてスープにしたりすると無駄がない。

【ベークドかぼちゃ】
材料
かぼちゃ 1/4個/生クリーム 適量/クリームチーズ 少々/チョコスプレイ 少々/スライスアーモンド 少々/ピーナツ 少々/メープルシロップ 少々

<作り方>
(1)かぼちゃは皮付きのまま、種とわたを取り除いて、1cm厚さのくし型に切る。
(2)(1)をオーブントースターに並べて入れ、焼く。
(3)焼き上がったら、生クリームやチョコスプレイ、アーモンド、クリームチーズなどをのせていただく。

*ほかにシナモンパウダーを振ったり、アイスクリームを添えるのもおすすめ。甘いのが好みだったら、グラニュー糖を振ってから焼くとよい。

(編集・制作 (株)法研)
※この記事は2012年10月に配信された記事です
星川 ちさとさん

【執筆者】星川 ちさとさん

フードコーディネーター フェリス女学院大学卒業。料理研究家 辛永清氏のアシスタントを経て、編集プロダクション、PR会社勤務後、フードコーディネーターとして独立。調理師免許取得。デパート・生協等の通販…

もっとみる

おすすめ

  1. さつまいものアレンジレシピ-ドライカレー、さつまいもとりんごのサラダ
    さつまいものアレンジレシピ-ドライカレー、さつまいもとりんごのサラダ
    さつまいも、鮭、りんご。自然の恵みに感謝しつつ秋を楽しむ。 一皿にま…
  2. トマトでフルコース! サラダからデザートまで堪能アレンジレシピ
    トマトでフルコース! サラダからデザートまで堪能アレンジレシピ
    おうちで暑気払い! 夏野菜の女王“トマト”でフルコース 栄養…