立つのも横になるのもつらいときは、座った状態で

疲れて帰って来たとき、立つのはもちろん横になっても腰がつらいというときの手当の方法の一つとして、座ったままできる体に優しい手技をお教えします。刺激が少なく、ただ手を当てるよりも効果があって、気持ちがよい、プロ直伝の「なでさすり」です。

※注意:急性腰痛(ぎっくり腰)や、足にしびれが出ている腰痛、高齢者の圧迫骨折を疑われる腰痛の場合はマッサージをしてはいけません。早急に医師を受診してください。

ストレッチしながら圧をかけるとさらに効果的

(1)パートナーに、ベッドの端に腰かけ、両手を脇に置いてもらいます。次に施術者に寄りかかってもらい、施術者が抱きかかえるようにして伸ばしたほうの背中を、外側に向かってさすります。上から下へとさすっていき、反対側も行います。

(2)施術者は横からパートナーを抱きかかえるようにして、パートナーに施術者の腕を抱えるように持ってもらいます。そして、施術者の手でサンドイッチしたパートナーの体を前と後ろからはさむように押しつけます。

(3)(2)の姿勢で脊柱起立筋を上から下に少し強めにすり下げてもよいでしょう。

(4)上記のマッサージでは物足りないときには、体をねじってストレッチした体に圧をかけます。まず頭の後ろで手を組んでもらい、パートナーの後ろから、施術者の左手を右肩にかけて引き寄せ、背中から腰にかけてねじるようにします。こうすると、背中から腰の筋肉が伸びて楽になります。このとき手のひらで腰を押してあげると、さらにマッサージの圧を効かせることができます。反対側も行います。

(5)腰をねじられるのがつらい場合は、腕を写真のように上げて肘を曲げます。肘の内側に施術者の手をかけて固定すると、広背筋(腕の付け根から背中にかけてある筋肉)が伸ばされますので、伸ばされた筋肉を押していきます。反対側も行います。

(6)パートナーが腰をもっと強く押してほしいと希望したら、施術者の膝を当ててパートナーの体を後ろに引けば、腰を強く押すことができます。

(7)万歳をさせて広背筋を伸ばします。

(8)最後に、肩口から背中を下に向ってなでさすって終わります。
なでさすることで体の力が抜けてリラックスできます。あとはゆっくり横になって休んでもらいましょう。

(編集・制作 (株)法研)
※この記事は2013年3月に配信された記事です