熱中症の予防・対策方法とは? こんな症状が出たら注意して!

ノーイメージ

【お話を伺った人】田澤 俊明先生

新都心たざわクリニック院長 1953年生まれ。78年東京医科歯科大学医学部医学科卒業後、脳血管研究所附属美原記念病院勤務。85年より大阪脳神経外科病院を経て、88年秋葉病院院長に就任。2003年4…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

(「へるすあっぷ21」法研より)

夏のスポーツは水分補給を怠ると危険です。「運動前」「運動中」「運動後」、計画的な水分補給で熱中症を防ぎましょう。

水分補給を怠ると熱中症の危険が

以前は、運動している最中に水分をとると疲れるなどと言われましたが、今では、むしろスポーツ中も積極的に水分をとることをすすめられるようになっています。

特にこれからの暑い季節、スポーツ中の脱水症状から熱中症を起こして倒れるケースが多くみられます。熱中症というと、体温の調整能力の低い乳幼児か高齢者がかかるものと思われるかもしれませんが、暑いなか、水分補給をせずにスポーツや作業を続ければ、健康な成人でも熱中症になる恐れがあります。また、体がまだ暑さに慣れていない6月や7月、梅雨明けごろは特に熱中症になりやすいので、今から十分注意を。
普段はのどが渇いたときに水分を補給すれば十分でも、体を動かしているときには計画的に水分補給をする必要があります。

人間の体の約60%は水分でできていて、ごく普通に生活しているだけでも1日約2.6リットルもの水分が失われると言われています。体内の水はカリウムイオンやナトリウムイオンなどの電解質を含み、汗をかくと水分と一緒に電解質も減ってしまいます。電解質は体の機能を正常に保つ働きをしているため、不足すると体の機能低下をまねき、筋肉痛や脱力感などが起こります。
大量に汗をかくスポーツ時は、真水でなく、電解質を含むイオン飲料やスポーツドリンクなどで水分補給をしましょう。

熱中症で命を落すことも

暑いときにスポーツをすると、体温が急激に上昇し、体温を下げようと大量の汗をかきます。このとき水分補給をおこたると脱水症状が起こり、汗をかくことができなくなります。そうなると上昇した体温を下げることができず、熱中症を起こしてしまうことがあります。熱中症の症状は、ふくらはぎがけいれんを起こしたり、たちくらみがするレベルから、からだがひどくだるくなって頭痛や吐き気がしたり、最悪の場合、意識障害を起こし命を落すこともあります。

熱中症が疑われるときは、まず衣服をゆるめて風通しをよくし、冷房の効いた場所など涼しい場所に移動、スポーツドリンクなどで水分補給をしながらからだを冷やし、必要によって救急車を手配します。意識があっても足元がふらついたり、おかしな受け答えをするようなら、ただちに救急車の手配を。

スポーツ時は計画的に水分補給を

スポーツ中はつい競技に熱中して水分補給をおこたりがちですが、熱中症を防ぐためには、運動前、運動中、運動後と、少なくとも3回は水分補給を。運動時は短時間に大量に水分を失うため、のどが渇いてから水を飲むのでは間に合わないこともありますから、計画的な水分補給が必要なのです。
飲む量は、スポーツをする前と後に体重を測り、減少分を目安にするとよいでしょう。たとえば体重が1kg減っていたら水を1リットル補給するというように考えてください。

熱中症になるのは、なにも炎天下ばかりとは限りません。屋内でのスポーツやサウナなどでも、大量に汗をかいて水分が不足すれば脱水の危険があります。スポーツクラブのエアロビクスやヨガなど、指導員が水分補給をすすめる場合は問題ありませんが、「やせるためにサウナで汗をかいても水分をとらない」などというのは危険です。必ず水分補給をしましょう。

水中運動でも水分補給は忘れずに

夏におすすめのスポーツはなんといっても水泳や水中ウォーキングです。浮力を利用するため足腰への負担が少ない水中運動は、誰でも安心して長い時間続けて行うことができます。しかも陸上で行うスポーツとちがって水が体を冷やしてくれるため、長時間続けても体に熱がこもりません。
ただし、暑くないからといって汗をかいていないわけではありません。からだを動かしていればたくさん汗をかきますから、水泳中も水分補給は忘れずに。

また、スポーツで汗をかいた後のビールはとてもおいしいものですが、アルコールには利尿作用があり、飲んだ分以上の水分を排泄してしまうため逆効果に。ビールとは別に、必ず水分をとりましょう。

健康のためのスポーツなら、できれば、暑い最中に屋外で行うのは避けるほうが無難です。早朝や夕方の涼しい時間に行うようにして、睡眠不足や下痢、二日酔いなどで体調のよくないときは休むようにしましょう。

※この記事は2007年6月に配信された記事です



腸を燃やす食事で免疫力をUP!病気になりにくい体をつくる

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

体温が低いと免疫力が低下して病気になりやすく…。腸を燃やして体をあたためる食べ物の選び方をご紹介。

腸を燃やす食べもので体温が劇的にアップ!

腸をあたためる食事“腸燃えメシ”は、からだのあたため効果バツグンの食事法。これを提唱する、栄養士で理学博士でもある臼井由妃先生が、ご主人のために考案したもので、大きな効果があったというのです。先生のご主人は、平熱が35度8分と低く、いつも“寒い”が口ぐせ。そこで腸をあたためる“腸燃えメシ”と腹巻きをすすめたところ、半年で平熱が37度にアップ! 体温が上がることで、免疫力アップにつながります。“腸燃えメシ”のやり方はとても簡単なので、これからの寒くなる季節にぜひ実践してみて。

腸を燃やす食事で免疫力をUP!病気になりにくい体をつくる

腸を燃やす食材の選び方

○ステップ1 ~あったか色の食材

オレンジ・茶色・黒などパッと見て“あたたかそう”と感じる食材は、腸をあたためてくれると考えてOK。特に、土のなかで栄養を蓄えた「根菜類」がオススメです。栄養は皮の近くにあるので、よく洗い、皮ごといただくのが◎。また、大き目に切ることで、噛む回数が増えると燃え効果がさらに上がります。また、野菜や穀物だけではなく、調味料や加工品もあったか食材を。例えば、白砂糖より「黒砂糖」、白い酢より「黒酢」、白ごまより「黒ごま」、うどんより「そば」など。白っぽいものより「色の濃いほう」を選べばOK。

○ステップ2 ~燃え調味料

毎日のごはんをすぐさま燃えメシにしてくれるのが“燃え調味料”。辛みや酸味のある調味料は、腸を燃やす成分が含まれるお助け食材です。生野菜やフライには、血流をよくする「レモン汁」を。炒めものには、中性脂肪を減らす効果のある「にんにく」。煮物には、辛み成分が代謝を高める「七味唐辛子」。みそ汁には、あたため力の高い「しょうが」をすりおろして加えましょう。

○ステップ3 ~毒出しグリーン

さらに、あたため効果をアップさせるのが“毒出しグリーン”。血流を妨げる老廃物や毒素を排出する香味野菜をとって、燃え力をアップさせましょう。「パセリ」は、むくみ解消に効果的なカリウムが豊富。「セロリ」は、食物繊維が多く整腸作用大。「パクチー(香菜)」には、血流ダウンの原因となる、体内に溜まった重金属を排出する作用があります。

続きを読む




ハンドドライヤーは不衛生で雑菌をまき散らす!?ハンカチは大丈夫?

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

あなたはトイレで手を洗った後、ハンドドライヤーとハンカチのどちらを使いますか? 使い方次第では、逆に不衛生になっている可能性もあるので注意して!

温風が手に残った細菌をまき散らす!?

会社やレストラン、駅や商業ビルなどの公共トイレでも、必ず設置されているのが、温風で濡れた手を乾かすハンドドライヤー。強力な温風が手についた水滴を吹き飛ばし、数秒で手を乾かしてくれます。一方、ハンドドライヤーは使わず、手持ちのハンカチを利用している人も。どちらが、衛生的なのでしょうか?

まず、ハンドドライヤーの衛生状態からご紹介しましょう。英国リーズ大学の研究によると、高い出力で水滴を飛ばすタイプと、温風で手を乾燥させるタイプを検証。ペーパータオルで手の水滴を拭き取った時と細菌の数を比べました。すると、高い出力で水滴を飛ばすタイプは、ペーパータオルで拭き取った時より27倍、温風で手を乾燥させるタイプは4.5倍の細菌数になったそう。温風を手に当てることにより、自分の手についた細菌を広めてしまったり、人の手についた細菌ももらってしまう可能性が高いのだとされます。

ハンドドライヤーは不衛生で雑菌をまき散らす!?ハンカチは大丈夫?

ハンカチを何度も使う人は何枚か持ち歩いて

それでは、ハンカチはどうでしょう? ハンカチの場合、濡れた手を拭くと、湿った状態でバッグやポケットにしまうことになります。湿った状態は細菌にとって、繁殖するのに絶好な条件に。ハンカチは最低でも1日に1回、清潔なものに取り替える必要があります。そして何度も使う場合は、事前に何枚か用意しておきましょう。

しっかり手を洗うことが基本

しかし、もともと手には細菌がいるものですし、細菌はドアノブなどあらゆるところにいて、手に付着するもの。そして、トイレの後の手洗いは、手についた細菌をゼロにするのが目的ではなく、大腸菌など危険な菌を体に侵入させないことにあります。重要なのはトイレから出た後、石けんで手の指の間や爪の間まで丁寧に30秒ほどかけて洗い、菌を残さないことです。また、その後に菌がついても手が乾燥していれば、菌は繁殖することなく死んでいきます。ですから、ハンドドライヤーを使うときはしっかり乾かす、またハンカチは乾いたものを使う。これを守っていれば、神経質になりすぎる必要はないと言えます。

出典:http://www.leeds.ac.uk/news/article/3629/hand_dryers_can_spread_bacteria_in_public_toilets_research_finds

続きを読む




甘い物が虫歯になりやすいのは本当?虫歯予防で大事なこと

ノーイメージ

【お話を伺った人】河野 正清先生

河野歯科医院院長

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

甘いものだけが悪者じゃない。今日からできるセルフケア。将来、虫歯や歯周病に悩まされないために、その原因を知って予防のオーラルケアに励みましょう。

口内が酸性になると、虫歯の危険信号!

虫歯や歯周病にかかると、痛みや苦痛に加えて、病院に通う手間や費用なども大変です。正しい歯の磨き方など、事前にケアの方法を知っておき、毎日こまめに実践して予防したいものです。

甘い物が虫歯になりやすいのは本当?虫歯予防で大事なこと

まず、意外に知られていない虫歯の原因からお話ししましょう。

虫歯ができる原因には、口内のPH値が大きくかかわっています。本来、口内は唾液の働きによってPHは中性に保たれているものですが、モノを食べると食物中に含まれる炭水化物が細菌によって分解され、酸性に傾いていきます。そのため、プラーク(歯垢)も酸性となり、歯の表面のエナメル質からカルシウムイオンやリン酸イオンなどの基本物質が溶け出していき、虫歯になってしまうのです。

口の中に入る食物や飲み物は、すべて虫歯菌のエサとなり、PH値を下げるのですが、とりわけ値を低下させるのが砂糖を多く含むもの。だから「甘いものを食べると虫歯になる」と一般にいわれているのです。

いっぽう「甘いものはそんなに食べないから大丈夫」という人にも思わぬ落とし穴が。それは、日頃口にするドリンク類。缶コーヒーやジュース、スポーツドリンク、栄養ドリンクにも糖分が含まれているので注意が必要です。

虫歯を防ぐのに大きな役割を果たしているのが唾液。唾液は虫歯や歯周病の原因菌を胃に流すだけでなく、飲食によって酸性に傾いた口内を中性に戻す作用を持っています。飲食をして一定時間がたつと、唾液の働きにより口内は中性になり、溶け出した歯は再石灰化によって元の状態に戻ります。

しかし唾液の働きも、食事の間にダラダラお菓子などを食べていると台無しになってしまいます。虫歯のリスクを減らすためにも、間食はひかえめにしましょう。

“4面磨き”が効果的

歯磨きは「食後すぐ」行うのが効果的といわれてきました。しかし実際には、1日1回“歯の4面をきちんと磨く”方が効果があるとされています。

磨くタイミングとして、重要なのは就寝前。就寝中は唾液の分泌量が減るので、その前に細菌の量を減らしておかないと、高いレベルで菌が繁殖してしまうのです。

そして朝起きたら、ご飯を食べて唾液で菌を洗い流し、歯磨きをして菌を減らす、これを習慣にしましょう。

磨くときはゴシゴシ強くこすったり、強力な研磨材入りのものを使うのを避けること。歯にも歯ぐきにも悪い影響を与えます。歯ブラシを鉛筆を持つようにして、ソフトなタッチでブラッシングするように磨くといいでしょう。また、年齢とともに歯周病のリスクも高まります。ときにはフロスや歯間ブラシを使って、歯と歯の間や歯と歯ぐきのすきまを掃除しましょう。

フッ化物とキシリトールの効果

市販の歯磨き粉にも含まれているフッ化物。フッ化物には再石灰化の促進やエナメル質の耐酸性を向上させる作用があります。フッ化物は低濃度のものを毎日使用するのが効果的で、虫歯の発生率を50%にするといわれています。虫歯予防のためには、フッ化物配合の歯磨き粉などを使うといいでしょう。

また、ガムなどに含まれ、一般に知られるようになってきたキシリトールは、虫歯菌が代謝できない甘味料で、菌の育成を阻害して再石灰化を促進します。ガムを噛むという行為自体が、唾液の分泌をうながすものでもあるので、意識してキシリトール入りのものを選んでみるのもいいでしょう。

もうひとつ、オーラルケアにとって大切なのは、かかりつけの歯科医を持つこと。歯科医では、歯のクリーニングはもちろん、その人の口腔内の写真を撮って、虫歯や歯周病のリスクを判断し、それを未然に防ぐための治療や指導を行ってくれます。信頼できる病院を見つけて、定期的にチェックに通いたいものです。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

※この記事は2006年3月に配信された記事です

続きを読む



正しく痩せる早道とは? 間違ったダイエットの落とし穴

【お話を伺った人】松峯 寿美先生

東峯婦人クリニック院長・医学博士 東京女子医科大学卒。 専門は婦人科一般、不妊症治療など。 日本産婦人科学会専門医、思春期学会理事、東京女子医科大学非常勤講師など兼任。『マタニティホワイトブック』…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

過剰なダイエットはやせないどころか、命を落とす危険性も!ダイエットを過剰に続けていると、健康に悪影響を及ぼします。正しくやせる方法を知りましょう。

摂食障害や美容面にも悪影響が!

もっとやせたい・・・日頃から、そのように思っている人も多いことでしょう。しかし、過剰なダイエットは実は、百害あって一利なし。それを知らずに続けたために、健康に弊害が出るケースが見られます。

ダイエットというと、「食べる量を減らす」方法をとる人がほとんど。しかし、人間の体は栄養を適量摂取することで正常に機能するようにできています。そのため、外から入る栄養を減らすと、健康に良くない影響が出るのです。

まず、体重が大幅に減少する“激やせ”のケースでは、生理が止まるなどの症状が現われます。そして、拒食症など摂食障害を起こして、食べ物を体がうけつけなくなり、最悪の場合、死に至ることもあります。また逆に、過食症になって、体重が過剰にリバウンドする人も見られます。摂食障害は、精神面でのダメージが大きく、回復するまでに長く時間がかかるのです。

それだけではありません。ダイエットのしすぎは、全身の機能にも悪影響を及ぼします。筋肉がやせて代謝が落ち、以前よりやせにくい体質になることもあります。筋肉が落ちると、外見的にも「やせた」というより「やつれた」印象になります。また、骨も栄養不足でスカスカに密度が下がってしまうため、骨粗鬆症の危険性も出てきます。その他、肌荒れ、シワが増える、髪の毛が抜ける、疲れやすくなり貧血を起こすなど、美容や体調面にさまざまな弊害がでてきます。

正しく痩せる早道とは? 間違ったダイエットの落とし穴

はやりのダイエット法の危険

過剰なダイエットは美容と健康の大敵! ところがちまたで広まっているダイエット法のなかには、体にリスクのあるものもあります。そのうちのいくつかを検証してみましょう。

まず、同じ食品ばかりを食べるダイエット。
りんご、ゆで卵、パイナップルなど、手軽で安価な一品目を食べ続ける、というものです。この場合、体重は減少しても、栄養が偏り、口内炎、筋力低下、ビタミン欠乏性多発性末しょう神経障害、知覚異常などを起こします。一品目のみを摂り続けるダイエットは、危険度が高いのです。

さらに、サウナなどで汗を流すダイエット。これは、発汗により水分が減っただけなので、水を飲むとすぐ元に戻ってしまいます。脂肪が減少したわけではないので、ダイエット効果はほとんどないといっていいでしょう。

また、「やせるお茶」や利尿剤による方法も、脂肪減少とは関係ありません。「脂肪を溶かすお茶」といったものは、現実には存在しないのです。

ダイエットとは健康的に体脂肪を減らすこと

それでは、健康的にやせるためには、どうすればいいのでしょうか。

まず、自分の体脂肪がどの程度あるかを知ることが大切です。体脂肪計で、体内の体脂肪率を測ってみます。女性の標準的な体脂肪率は「20~25%」男性の場合は「15~18%」。女性では30%、男性では20%を越えると、「肥満」になります。

また、正しいダイエット法を知ることも不可欠です。正しいダイエットとは、栄養のバランスをとりながら、筋肉を落とすことなく、余分な体脂肪だけを減らすこと。ただし、食事制限で体重を減らしても、筋肉や骨などが一緒に減ってしまうため、基礎代謝が下がってしまいます。その結果、元の食事に戻したとき、体重がダイエット前より増えてしまうのです。体脂肪を減らすには、栄養バランスがとれた食生活を心がけ、なおかつ適度な運動によって、脂肪を燃焼させることが大切です。そのためには、有酸素運動が効果的です。

有酸素運動とは、酸素を取り入れつつ行う運動。酸素を取り入れることによって、皮下脂肪や内臓脂肪をエネルギーとして消費します。具体的にはウォーキング、ジョギング、サイクリング、ゆっくり泳ぐスイミングやエアロビクスなど。筋肉トレーニングやハードなスイミングなどは無酸素運動となり、ダイエット効果は期待できません。「運動するような時間がない」という人は、日常生活の中で工夫してみるといいでしょう。これまでバスに乗っていた区間を歩く、乗り物の中では座らずに立つ、エレベーターは利用せず、階段を使う、など、工夫次第で運動の機会はつくれます。

極端に食事制限をしなくても、生活習慣を変えるだけで、健康的にダイエットを行えます。あなたも、イメージする理想のプロポーションのために生活習慣を改善し、「健康美人」をめざしてみませんか。

※この記事は2006年9月に配信された記事です

続きを読む



忙しい人に知ってほしい、質の高い睡眠をとるための快眠10か条

【お話を伺った人】内村 直尚先生

久留米大学医学部精神神経科助教授 久留米大学医学部精神神経科で1981年より日本最初の睡眠障害専門外来を開設し、現在、そのチーフとして心療や研究に従事している。現在の主な研究内容としては、不眠と生…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

午後10時から午前3時は睡眠のゴールデンタイム。睡眠時間が短いと生活習慣病のリスクが高まります。ライフスタイルに合わせて質の高い睡眠をとる工夫を。

睡眠不足は仕事の作業能率を下げる

ある調査による日本人の平均睡眠時間は7時間22分。これは、世界的にみても短い時間です。アメリカの実験によると、6時間睡眠を2週間続けた場合、作業能率は一晩徹夜したのと同じくらい低下することが明らかになっています。

また、1日の睡眠時間が5時間を切ると、脳・心臓疾患の発症を高めるとされ、新しい労災認定基準では、残業時間が月に100時間、2~6カ月で平均80時間以上の場合には、業務と脳・心臓疾患の関連性が高いと判断されることになっています。

今や日本人の4人に1人は睡眠不足に悩んでいるといわれています。そして睡眠不足は、高血圧、糖尿病、心臓病、脳卒中、うつ病などの病気になる危険性を高めます。これらの生活習慣病と睡眠不足は、同じ健康問題としてとらえるべきなのです。

眠れない人が増える夏。暑さだけではなく生活習慣にも原因が (概要 50文字以内) 夏は寝つけない、眠れない、途中で起きてしまうなどの不眠になりがち。暑さだけでなく夏の生活習慣にも注意

睡眠時間は人それぞれ、昼間の充足感が鍵

人間には体温のリズムがあり、それに沿って生活するためには、夜中の12時までに寝て、朝7~8時に起きるのが理想的です。ただし、ライフスタイルの多様な現代人のなかには、昼夜逆転している人も多いはずです。

夜型であっても、日中、仕事がしっかりできる人は無理して朝型に変える必要はありません。ただ、“睡眠の質”という点からいえば、午後10時から午前3時までの時間帯が睡眠の“ゴールデンタイム”です。夜型の人でも午前3時までには寝るようにして、それが難しい場合は、睡眠時間を長めにとるようにしましょう。

働く世代の快眠のための10か条

質の高い睡眠を確保するために、これだけは覚えておきましょう。

(1) 充分かつ快適な睡眠で仕事のやる気と効率がアップ

疲労回復やストレス解消になり、翌日の仕事の能率を上げます。

(2) 睡眠時間は人それぞれ。日中の充足感が睡眠のバロメーター

昼間に眠気がなく、気力の充実した状態で仕事がこなせるときの睡眠時間を基準にしましょう。

(3) 朝……目覚めとともに体内時計がスタート。快眠の秘訣は起床時間にあり

毎朝、決まった時間に目覚め、しっかり日光を浴びると、14~16時間後に眠くなります。休日の寝だめは2時間以内にしましょう。

(4) 昼……わずかな昼寝が、午後の仕事効率を高める

15分程度の昼寝は午後の眠気を減らし、仕事の効率をアップさせます。

(5) 夜……快適な眠りは自らの工夫で創り出す

就寝前のコーヒー、紅茶、緑茶などからのカフェイン摂取、喫煙は寝つきを悪くし、睡眠の質を低下させます。睡眠薬代わりの寝酒も厳禁です。

(6) 寝る前……自分なりのリラックス法を見つける

ぬるめの湯の入浴、軽い読書や音楽、香り、ゆったりしたストレッチなど、自分に合った方法をみつけましょう。

(7) 寝室……眠りやすい室内環境も大切

騒音は40フォン以下(図書館程度)、照明は30ルクス以下(月明かり程度)、温度は20℃前後、湿度は50%くらいが快眠の条件です。寝室は睡眠以外に使わないようにしましょう。

(8) 眠れないときの対処……眠りは追いかけると逃げていく

床に入っても30分以上眠れないときは、いったん床を離れましょう。睡眠が浅いときは、逆に遅寝・早起きを試みましょう。

(9) それでも眠れない場合は……早めに医師に相談を

睡眠障害は「心や体の病気」のサインであることも。寝つけない日が続く、熟睡感がない、朝起きられない、十分眠っても日中の眠気が強いときなどは、早めに医師に相談をしましょう。

(10) 交代勤務の工夫……上手な休息と、睡眠時間の確保が大切

夜勤明けで日が昇ってから帰宅するときは、サングラスなどで強い光を避けましょう。また帰宅後は、家族の協力を得て、快適な睡眠環境を整えましょう。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

※この記事は2006年4月に配信された記事です

続きを読む



  1. 1
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  2. 2 洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    洗ったばかりの洗濯物、干して出掛けたら急な雨が…。雨に濡れてしまった洗…
  3. 3
    乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方
    (編集・制作 (株)法研) 早期発見のため毎月の自己検診と定期的な乳…
  4. 4
    トイレでおしりを拭くときは『こすってはいけない』理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  5. 5 自律神経のダメージも防ぐ【スッキリ消臭術】
    家の中のくさい臭いの消臭法-イヤな臭いは自立神経を乱す?
    「ウチのニオイ」には慣れてしまうので気づきにくい 「家の…
  6. 6
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一度…
  7. 7
    わたしも当てはまるかも?『コミュ障』の人に多い5つの特徴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと コミ…
  8. 8
    孤独は体に悪い|科学的に証明された、深刻な孤独のリスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 核家…
  9. 9
    捨てないで!使わない・残った化粧品の意外な使い道
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと シー…
  10. 10
    運動ゼロで筋肉をつける!たるみ・ぜい肉の引き締め術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  11. 11
    本当はからだに良くない健康ドリンク6選
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  12. 12
    頭皮が臭いのはシャンプーのせい?芸能人もやってる『湯シャン』の効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  13. 13
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  14. 14
    年収が少ない人ほど肥満が多い現実…節約と健康は両立しないの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  15. 15
    辛いものをたくさん食べたらヤセるの?ダイエットのウソとホント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 汗を…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  17. 17 心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    絶望的な気持ちの状態 誰でも人生の中で何度かは、「もう、どう…
  18. 18 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  19. 19
    ヤセる秘訣は睡眠の質にある!? 寝るだけダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 眠り…
  20. 20 太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    おいしく賢いおやつの楽しみ方。小腹が空いたときのエネルギー補給、時間は…

一覧