本人が気付かない“遅延型フードアレルギー”で不調に!?
あらわれる症状はさまざまで、フードアレルギーだと分からず食べ続けてしまう人が多い。

遅延型フードアレルギーってなに?

「好きだから」「健康に良いから」と毎日のように食べているものはありませんか? 実は、その食材がフードアレルギーの原因になっている可能性があります。

フードアレルギーには、発作やじんましん、かゆみなどの症状が食べた直後にあらわれる「即時型」のほかに、もう一つ「遅延型」というタイプがあります。これは身体の中でじわじわと炎症を起こし、6時間~24時間後にさまざまな症状があらわれます。

遅延型フードアレルギーを引き起こす「IgG抗体」は、同じ食べ物を頻繁に摂取することで作られます。それは、小腸の消化分解能力を超えてその食材を食べ続けているためです。

口から入ったものは胃を通り小腸で分解されて、最後は栄養素として体内に吸収されます。しかし、分解が終わらないうちにその食材が次々と入ってくると、やがて小腸のフィルターが目詰りを起こし栄養素が吸収されなくなります。すると、その食材を排除しようと「IgG抗体」が作られるのです。

遅延型フードアレルギーによって起こる症状

即時型で作られる「IgE抗体」は「脂肪細胞」と結びつくことでヒスタミンが分泌されて、食べた直後にかゆみやじんましんなどの症状が出ますが、遅延型の「IgG抗体」はその細胞と結びつかずヒスタミンが出ないため、即時型とは異なる症状があらわれます。

●消化器官
過敏性腸症候群・ガスがたまる・便秘・下痢・吐き気など

●神経
不安神経症・情動不安定・憂鬱・集中力不足など

●筋骨格系
関節炎・関節痛・筋肉痛・だるさなど

●泌尿生殖器系
夜尿症・頻尿・ほてり・尿意切迫・膣のかゆみ・おりもの・月経前症候群(生理痛)など

●呼吸器系
ぜん息・鼻水・鼻づまり・慢性副鼻腔炎・慢性咳・咽頭炎など

●循環器系
不整脈・胸痛・高血圧・頻脈など

●外皮系
にきび・アトピー性皮膚炎・ふけ・湿疹・目の下のくま・多汗など

●その他
慢性疲労・偏頭痛・むくみ・口内炎・ドライアイ・涙目など

※銀座上符メディカルクリニックホームページより抜粋

遅延型による症状は、一見フードアレルギーと結びつかず気づきにくいのが特徴です。食べ続けることによって慢性的な炎症となり、身体がダメージを受け続けることに。これは細胞の老化にもつながります。

普段の食生活で気をつけることは

お米などの主食は毎日食べるものですが、それらを含めて1週間のうち3回以上食べている食材があって調子の悪い方は、2週間ほどストップしてみましょう。その後は同じものを続けて摂らないようにして、食べたらできる範囲でいいので3日くらいは空けるようにしてください。人によって遅延型フードアレルギーになる食材は違いますので、毎日同じ食材を食べないように心がけましょう。

腸内環境を整えることも大切です。必須脂肪酸である「オメガ3脂肪酸」が含まれる食材(サーモン、亜麻仁油、オリーブ油など)は炎症で傷ついた腸管を修復してくれる働きがあるといわれています。

IgG抗体は6ヵ月で作り直されます。アレルギーの原因となっている食材は半年間摂らないようにすることで、抗体が減りアレルギー症状が次第に収まっていきます。

遅延型フードアレルギーのアレルゲン食材は血液検査で分かります。アンチエイジングクリニックや皮膚科を受診してみてください。現在、日本では即時型の検査が大半を占めていますが、遅延型の検査を行う医療機関も少しずつ増えてきました。

遅延型フードアレルギーの検査は、気づきにくい体調の異変を知ることにもつながります。「ある症状が改善せず検査したら、フードアレルギーが原因だった」という事例がいくつもあります。

また、アレルゲン食材は毎年変化します。大丈夫だと思っていた食材が次の年にはアレルゲン食材になっている場合もありますので、できれば1年に一度の検査をおすすめします。

(編集・制作 (株)法研)

 

※この記事は2014年12月に配信された記事です