男は35歳から急に老化して病気やケガが増える? その理由と対策

上符正志(うわぶ・まさし)

【お話を伺った人】上符正志(うわぶ・まさし)先生

銀座上符メディカルクリニック 院長 1960年、山口県下関市生まれ。九州大学工学部在学中、医師が社会で果たすべき役割にめざめ転身、産業医科大学医学部に入学。卒業後、横浜市民病院外科、北里大学医学部救…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

男性の方が老化現象に気づきにくい

「アンチエイジング」というと女性のケアをイメージしがちですが、実は男性こそ敏感になるべきといわれます。というのも、男性は体質的に老化に気づきにくいからです。
若さの鍵を握るのは、免疫力を高めたり、抗ストレス作用を持つDHEAホルモン。女性は25歳前後をピークにゆるやかに減少するので、細やかにケアしやすいのですが、男性は35~45歳にかけて急激に減少します。そのため「ある日気づいたら、去年までできていた徹夜仕事ができない」という事態に陥りがち。
さらには、「10年前と同じ感覚でスポーツやレジャーをしようとしてケガをする」といったトラブルを起こしてしまうおそれもあるのです。昔から男性の厄年が「42歳」とされているのも、この年代でのケガや病気の多さゆえかもしれません。

□外見の変化や身だしなみに、無頓着になってきた。
□趣味など、以前は好きだったことややっていたことへの興味が薄れてきた。
□体型の変化に気づいても、自分で止めることができない。

といったネガティブ・無気力な兆候が見られたら、DHEAが減少しつつある可能性があります。アンチエイジングケアは早く始めるほど効果が見込めるので、男性も35歳を過ぎたら意識的に行いましょう。

若返りホルモン・DHEAをキープするコツ

できるだけDHEAの減少をゆるやかにすることが、アンチエイジングの基本。そのためのコツをチェックしましょう。

■食品やサプリで抗酸化対策を
ビタミンCやコエンザイムQ10を積極的に摂取しましょう。ブロッコリーやベリー類(ブルーベリーなど)といった野菜や果物がおすすめ。フレッシュジュースにしたり、サプリメントで摂るなどして補給を。

■適度な筋トレで筋肉をキープ
スクワットや腹筋などの筋肉トレーニングを行うと、筋肉の維持と修復を行う男性ホルモンが活性化します。終わった後に心地よい疲れや、翌朝に軽い筋肉痛を感じる程度の筋トレを習慣づけるとよいでしょう。

■激しい運動はNG
やみくもにスポーツをすると、活性酸素が多く発生して体を酸化させてしまいます。たとえばマラソンなら10km以内の距離を週1回程度走ることを目安にし、無理しないようにしましょう。

■タバコやストレスに注意
喫煙や強いストレスも、DHEAを減らしてしまう原因に。できるだけマイナス要因を取り除けるよう、生活習慣や環境の見直しを。

■クリニックで補充する手も
予防医学クリニックで、医薬品としてDHEAを処方してもらうことも可能。体内から補充するのもひとつの方法です。

■健診やクリニックへの相談を積極的に
健診や病院を敬遠しがちな男性が多い一方で、体の状態を数値で示されると改善にやる気を出すのも特徴。予防医学の観点からも、そばにいる女性が上手に誘って定期的にチェックするようにしてあげては。

※この記事は2015年8月に配信された記事です



バチバチっとくるのは老化のサイン?静電気をためやすい人の特徴

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

乾燥する季節になるとおこるのが静電気。セーターを脱ぐ時、ドアノブや車のドアを触った時などにバチッ! 実はそれ、老化が進んでいるサインです。

バチバチっとくるのは老化のサイン?静電気をためやすい人の特徴

ドアノブでバチッときたら生活習慣を見直して

静電気はバチッとなったとき痛いだけでなく、実は老化のサインでもあるのです。最近、酸化、糖化に並ぶ老化現象のひとつとして、問題視されているのがこの静電気。

電気で動くものというと、家電やパソコンをイメージしますが、実は人を含めたすべてのものが電気を帯びています。人の体を動かすための、脳から体への信号もすべて電気信号で伝わっているのを知っていますか? そのため、健康な体を維持するためには体内のイオンのバランスが重要となります。電気には、プラス電子とマイナス電子があり、体をサビさせる活性酸素はプラス電子です。またストレスは、マイナス電子を減らし、プラス電子を増やします。こういった体のイオンバランスが崩れていると、静電気をためやすくなり、ドアノブなどを触るとマイナス電子を呼び寄せてバチッとなるのです。

静電気をためやすい体チェック

静電気を感じやすい人は、下記のチェックをしてみましょう。当てはまるものがあるはず。静電気は、体が悲鳴を上げているサインでもあります。

  • ・食事が偏りがち
  • ・強いストレスを感じている
  • ・肌や髪が乾燥しやすい
  • ・冷え体質
  • ・アレルギーがある
  • ・首こりや肩こり
  • ・眼精疲労

静電気をためない体になるコツ

静電気をためない体は、健康で若々しい体にもつながります。体の保湿をする、水を飲む、アクリルなど化学繊維の重ね着は避け、コットンなどの天然繊維を着るなどで改善はできます。そのほか、静電気をためやすいと感じる人は、生活習慣を整えるほか以下のことを取り入れましょう。

・自然に触れアース(放電)する

電子レンジや冷蔵庫など、大きな家電には必ず、アース線と言われる、グリーンの細い線が、電源と別に備わっています。機械にたまる電気を逃すことで、機械の故障を防ぐのが目的。人の体もこれと同じように、体にたまった電気を定期的にアース(放電)しましょう。地面や水中、木々に触れるなど、自然と触れ合うことで、体の静電気を除去できます。公園に行ったら木に触れる、芝生やビーチで裸足になるなど。川や海の水に触れるのもおすすめです。自然の多い環境にいったら、ぜひ触れることを意識して。

・ミネラルを補給

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルは、体を弱酸性にして放電をサポートしてくれます。ミネラル豊富な海藻類、魚、ミネラルウォーターを積極的にとりましょう。特に、揚げ物など体が酸化する食事を食べがちな人は、体に電気がたまりやすいので、これらの食品が必要です。またミネラルウォーターは、肌や髪を体の内側から保湿するサポートにも◎。

・北枕で寝る

南極から北極に流れる、地球の磁力の方向に沿って眠りましょう。地球の磁力の流れに沿って寝ることで、静電気が発生しにくくなるのだそう。

続きを読む




『話すスピード』と『声の高さ』を変えるだけで好感度アップ

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

話すスピードと声の高さを調節することで、相手に自分の望むイメージを持ってもらうことができるんです! そのコツをご紹介します。

『話すスピード』と『声の高さ』を変えるだけで好感度アップ

声で自由自在に自分のイメージを変える

話す相手に、自分の声がどのように聞こえているかを意識したことはありますか? 留守電やビデオなどで自分の声を聞くと、ちょっと変に感じるものです。それは、ふだん私たちは自分の声を、体内を通して聞いているから。

実は、声も老化します。年齢を重ねていくと、低くなったり、かすれたり、聞き取りにくい声になってきます。でも意識的に声の出し方を変えれば、印象をコントロールすることは可能なのです。
そのために知ってほしいのは、話すスピードと声の高さを変えること。その組み合わせで、下記のようなイメージを与えることができるようになります。

話すスピードと声の高さで演出できる印象

○ 元気で明るいイメージを与える

話すスピード:早い口調
声の高さ:高い声
初対面の人と話すときや、会社の面接などに好印象。ハキハキと元気な印象になります。

○ 優しくおっとりしたイメージ

話すスピード:遅い口調
声の高さ:高い声
友人と話す時や、男性とのデートの時などに。親しみやすさを演出したいときにぴったりの声です。

○ 頭の回転がはやいイメージ

話すスピード:早い口調
声の高さ:低い声
仕事で指示を出す時や、会議の時に最適。声のトーンを抑えることで、相手に耳を傾けてもらいやすくなるため、自分の意向が相手に伝わりやすくなります。

○ 落ち着いたイメージ

話すスピード:遅い口調
声の高さ:低い声
仕事の商談や契約など、大事な話をするときに。話の内容に集中しやすくなり、相手に信頼感を持ってもらいやすくなります。子供に注意を促す時も、低い声でゆっくり話すと理解しやすく。

すぐできる「いい声になる」トレーニング

さらに、声そのものを「いい声」にする方法も。それには、たっぷり呼吸を吸うことができる腹式呼吸を取り入れましょう。

お腹をふくらませながら息を吸い、お腹をへこませながら吐き出します。これを何度も繰り返しながら、今度は息を吐くときに話すように練習してみましょう。声が通りやすくなり、相手が聞き取りやすくなります。まずは、お店でメニューをオーダーする時など、身近なところから取り入れてみて。「もう一度よろしいでしょうか?」と、オーダーを聞き返される機会が減るはずです。

すぐできる「声を出しやすくする」トレーニング

また、声をクリアにするために、滑舌トレーニングをするのもおすすめ。
「あ・え・い・う・え・お・あ・お」「か・け・き・く・け・こ・か・こ」と、鏡を見ながらできるだけ口を大きく開けて、発声しましょう。

日本人の場合、口の周りの筋肉がしっかり使われていない人が多く、声もどんどん衰えます。滑舌トレーニングをすることで、顔の表情筋も鍛えられるので、言葉が発しやすくなるだけでなく、顔の表情が豊かになり、顔のたるみ予防にも。コミュニケーションの基礎となる会話には、声の出し方がカギ。声をコントロールして、自分の印象をよりよく演出しましょう。

続きを読む




実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

外見年齢の差がぐっとわかるのが同級会などの集まり。同い年なのに、若くみえる人と、老けてみえる人がいるのはなぜでしょうか? その違いをまとめました。

実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?

同窓会でかつての同級生に見た目の差が!

「この見た目で実は○歳!」といろいろなメディアで見かけます。実際、同窓会に参加した経験がある人は、かつての同級生たちの見た目に大きな差がでるのを目撃しているはず。実年齢よりも、若くみえる人と老けてみえる人の差はどこにあるのでしょうか?

実年齢より「若くみえる人」と「老けてみ見える人」の違い

○姿勢がよい

すっと伸びた背筋は、それだけでイキイキとしてみえます。人は老けてくると、姿勢を保つ筋肉も弱り、すっとした背筋を保つのが難しくなるもの。そのため、背筋が伸びたキレイな姿勢はそれだけで、若くみえるポイントになるのです。日頃から、姿勢をよく保つことを意識して、姿勢を維持する筋肉を鍛えて。

○肌にハリとツヤがある

年齢を重ねると、肌はしぼみ、潤いからくるツヤも失われます。特に、肌のしぼみからくる顔のたるみは、見た目の印象をかなり老けさせるもの。シャープなフェイスラインを維持していると、若見え効果大です。

○髪がキレイ

残念ながら髪も肌と同様に、加齢とともに潤いが失われます。パサついた髪は、光が乱反射するので、美髪の人が持つ天使の輪のような輝きがでません。また、髪1本1本が細くなり、ボリュームがダウン。ごわついた、ボリュームのない髪になると、老けてみられます。トリートメントやヘアオイルなどで、うるおいをプラス。また、頭皮をマッサージなどでケアして、健康な髪が育つ環境を整えましょう。

○声が高い

声がかすれたり、以前より低い声になってきたと思ったら、声帯の老化のはじまりです。話し声が低く、ハリがなくなってくると、元気のない印象に。原因は声帯のほかにもあり、表情筋や滑舌が衰えることも老化に深く関係しています。割り箸を横にして口にくわえ「あいうえお」と発声すると、表情筋を鍛えられます。

○よく笑う

ふだんからよく笑っている人は、表情筋が刺激されているので、顔の筋肉が動かしやすく、繊細な感情も顔で表現することができるため、若々しくみえます。逆に、人と話すことが少なかったり、人のうわさや陰口ばかり言っている人は、その表情筋への刺激が少なく、陰口を言うせいで口角が下がる筋肉ばかりが発達。ほうれい線や、顔のたるみにつながり、見た目印象を老けさせます。

○体にメリハリがある

加齢とともに筋肉量が減り、脂肪がつきやすくなるもの。スポーツなどで筋肉をキープして、体のラインにメリハリがあると、シルエットが若々しくみえます。

また、世界各国の研究では、実年齢が若いと思っている人は実際に見た目年齢が若く、そう思っていない人は実年齢より老けてみえる傾向に。見た目年齢を左右するポイントはたくさんありますが、まずは「実年齢より自分は若い」と思うことが、自分の見た目年齢を引き下げるコツのようです。

続きを読む



肌年齢が若くなる食材8選。弾力&うるおいアップの組み合わせ

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

いつもの食事にこの8選の食材をプラスするだけで、美肌食に大変身。食べるだけで、お肌がウルウル、プルプルになる食材と組み合わせをご紹介します。

美肌力の高い食材をパワーアップさせる組み合わせ

食材には、さまざまな栄養が含まれています。お肌によいと言われる栄養素を余すことなく摂取するために、取り入れたいのが“組み合わせ”。それぞれの食材自体にも美肌効果がありますが、それをさらにパワーアップさせることができるんです。

カギとなるのが「抗酸化力」と「吸収力」。さまざまな病気の原因となる体のサビを取ることと、体に重要な栄養でも吸収されにくいものを、食材同士の組み合わせでサポートします。下記の組み合わせ例と、肌年齢が若くなる食材8選をメニューに取り入れて、うるおい&弾力ともにバツグンの肌を目指しましょう。

抗酸化をより発揮させて肌を若返らせる食材と組み合わせ

ビタミンCが豊富な野菜や果物と、ビタミンEを含む食材を組み合わせると、相互に作用して抗酸化力がアップします。
また、青魚に含まれるEPAやDHAは血流をよくし、美肌をサポートしますが、酸化しやすいため、抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンCを含む食材と一緒にとりましょう。これで肌を老化させる酸化物質を除去して、肌の弾力とうるおいをアップ!

【おすすめ食材と組み合わせ】

・赤パプリカ×アボカド
赤パプリカには「カプサンチン」という抗酸化成分がたっぷり。パプリカは赤を選んで! アボカドは、食べる美容液と言われるほど栄養価が高く、ビタミンA・B・C・Eなどが含まれます。それぞれ適当な大きさに切って、オリーブオイルと塩などで混ぜるだけで、弾力うるおいアップ効果の高いサラダが完成!

肌年齢が若くなる食材8選。弾力&うるおいアップの組み合わせ

・鯖×レモン
青魚に含まれる脂分のDHAやEPAは、血流をよくする働きが。肌の隅々まで栄養が届くようになり、ハリつやのある肌に。レモンはビタミンCが豊富で、肌のサビを取り白い肌に導きます。青魚はレモンをぎゅっとしぼってから食べて。脂ののった青魚とレモンは、美肌効果はもちろん味のバランスも最強です。

吸収率を高めて美肌効果アップする食材と組み合わせ

トマトのリコピンはオリーブオイルと、豚肉のビタミンB1はにんにくなどのアリシンと一緒にとると吸収がよくなります。このように、吸収力を高める組み合わせで、食材の美肌成分がより効果的に働くように。

【おすすめ食材と組み合わせ】

・トマト×オリーブオイル
トマトには抗酸化成分として有名な「リコピン」がたっぷり。オリーブオイルは抗酸化物質のほか、疲れた肌を回復されるビタミンEやβ-カロチンも。トマトを切ってオリーブオイルをかければ美肌サラダの完成! 揚げ物や炒め物などに使う油はすべてオリーブオイルに置き換えるのも◎。

・豚肉×にんにく
肌のつやや弾力を維持する「コラーゲン」は、豚肉にも豊富なタンパク質から構成される肌成分。また豚肉にはビタミンB群が豊富で、肌荒れや体の疲労回復に効果大! にんにくの辛味成分の硫黄化合物には、強い抗酸化作用が。ロースや細切れの豚肉をにんにくでソテーして組み合わせて。夕食やお弁当のおかずにもぴったり。

続きを読む



首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

隠しきれない年齢がでると言われる首のシワや二の腕。そんなエイジングスポットが10秒でスッキリする、若返りストレッチをご紹介します。

首シワは加齢による猫背とスマホの見過ぎが原因

“女優は首までが顔”という人がいるように、美意識が高い人は首まで顔と同じケアをするといいます。首は整形手術でもシワがとれないといわれており、そのため“実年齢が出るパーツ”とも。一度できた首のシワはなかなかとるのが難しいのに加え、最近ではスマホの登場でより、首シワができやすい状態に。スマホの見過ぎで首が前に突き出た“スマホ首”になることで、体と顔にゆがみが生じがちに。歳を重ねるごとに猫背になるのも首シワの原因です。日常生活を振り返ってみると、首を上に向ける姿勢をとることがほとんどないのでは?

首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ

肌にハリが出てシワ・たるみのない首に

そこで行ってほしいのが、10秒でできる若返りストレッチです。日々の生活の中で体はゆがんでしまうので、少しの時間でも筋肉を伸縮させることで筋肉を鍛え、ゆがみを取ることが大切です。

首のシワには、首だけでなく、首と腕を伸ばして筋肉を伸縮させるのが効果的。首を伸ばすと首にある大きな筋肉の「広頸筋」、あごにある「顎二腹筋」などを伸縮させることで筋肉が鍛えられ、肌にハリが出てシワ・たるみのない首に。

さらに、丸まった背中のクセをとり、猫背の矯正に働くことで、首シワができにくい姿勢のキープにもつながります。また、このストレッチは上腕三頭筋などを鍛える効果で、二の腕のムダ肉解消にも! 毎日の習慣にするために、トイレに入るたびに行うのがオススメです。

10秒で完了の若返りストレッチ

【若返りストレッチのやりかた】

1)イスに座りバンザイをする
背筋を伸ばしてイスに座ったら、手のひらを内側にして腕を上にまっすぐ伸ばす。脚のつけ根から手だと思って、上半身も伸ばすのがポイント。

2)天井を見上げて首を上に
上を向いて首を伸ばし、下あごと下唇も天井に向かって押し出します。爪の先までピンと10秒間伸ばしましょう。首が弱い人は、急に首を動かさず少しずつ上に向けるようにして、無理のない範囲で行いましょう。

トイレに座った時はもちろん、イスに座り直す度など、日常でこまめに行うのが首シワと二の腕肉をスッキリさせるコツです。

続きを読む



  1. 1
    【発達障害の特徴】指示がうまく理解できない理由とは?
    次に何をすべきか、わからない 出典:株式会社法研「子ども…
  2. 2 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  3. 3
    【発達障害の特徴】整理整頓が苦手・散らかしても気にならない理由と対処法
    何でもやりっぱなしの状態で、気づくとものに囲まれている …
  4. 4 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  5. 5
    【発達障害の特徴】「じっとしていられない」聴覚が敏感・ADHDの場合も
    自分の行動をコントロールできない 出典:株式会社法研「子ども…
  6. 6
    【発達障害の特徴】たとえ話が理解できない理由と対処法
    たとえや比喩(ひ ゆ)の意味がわからない 出典:株式会社…
  7. 7
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…
  8. 8
    おつまみの一品目はこれがベスト!お酒で太らない人になる5つのコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ビー…
  9. 9
    【発達障害の特徴】なんでも言葉通りに受け止めてしまう理由と対処法
    言外(げん がい)の意味がわからない 出典:株式会社法研…
  10. 10
    【発達障害の特徴】一方的に自分の話ばかりする子どもの対処法
    自分ばかりが話をして終わりがない状態 出典:株式会社法研…
  11. 11
    子どもの"かんしゃく"と発達障害ー対応の仕方と予防のコツ
    かんしゃくを起こすとみさかいがなくなる 出典:株式会社法研「子ど…
  12. 12
    目のお疲れ度をチェック。スマホ・PC 5時間以上使っている人は要注意!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 夕方…
  13. 13
    正月太りを7日でリセット!増えた脂肪を短期集中で落とすワザ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おい…
  14. 14
    【発達障害の特徴】興味のあるものが独特。好奇心は尊重すべき?
    なぜそんなものに熱中するかわからない場合も 出典:株式会社法研「…
  15. 15
    風邪なんか引いてられない人!寝るときに”濡れマスク”をやってみて
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  16. 16
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  17. 17
    【発達障害の特徴】注意力の不足は治る? 忘れ物が多い子どもの対処法
    注意をしても、言ったそばから忘れてしまう 出典:株式会社法研「子…
  18. 18
    【発達障害の特徴】みんなと同じ行動をとるのが苦手な子の対処法
    なぜみんなで同じ行動をとるのかが理解できない 出典:株式会社法研…
  19. 19
    バチバチっとくるのは老化のサイン?静電気をためやすい人の特徴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 乾燥…
  20. 20
    二日酔いでつらい…からだを即効チャージする4つのポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お酒…

一覧