こってり味&甘い味が好きな人は太りやすいー好物と体型の恐い関係

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

大規模調査でわかった味の好みと体重増加のコワ~イ関係。味の好みでわかる肥満のリスク、年々増える肥満児、10代で味覚形成、早いうちからの対策が必要。

女性は甘い味にも注意が必要

食べものの好みと肥満との連想で、「こってり」味や「甘い」味を好きな人については、「何となく太りそうだな」というイメージがありませんか? 「いや、そんなのは偏見だ」という反論もあるかもしれませんが、実はそのイメージは正解です。

これは、厚生労働省の大がかりな調査で明らかにされたことです。厚労省の調査開始は平成2年。秋田・岩手・長野・沖縄の各県でアンケート調査に答えてくれた男女約3万人(年齢40~59歳)について、20歳から調査時までの体重増加(5kg以上)のリスクと味覚との関連を調べました。
その結果、こってり味が「好き」な人は「嫌い」な人に比べて男性1.45倍、女性1.28倍と肥満のリスクが高いことが分かりました。好き・嫌いの「どちらでもない」という人でも、それぞれ1.13倍、1.11倍と高くなっていました。甘い味については、女性では「好き」という人は「嫌い」という人よりリスクが1.22倍高く、男性では大きな差はありませんでした。

調査はまだあります。調査時からその後の10年間での体重の変化もみたのです。そうすると、こってり味では大きな差はありませんでしたが、甘い味については男女とも、「好き」な人と「どちらでもない」人は、「嫌い」な人より明らかに体重が増えていました。

これらの結果について調査をまとめた研究班の専門家は、20歳代30歳代でこってり味の好きな人は太りやすいこと、さらに女性は甘い味も要注意で、肥満対策は味の好みを考慮して20歳以前から行うべき、とコメントしています。

10代半ばで決まる味覚が生涯に影響を及ぼす

さて、この厚労省の調査結果を一番お知らせしたいのは、いま子育て中のお母さんです。というのは、人間の味覚は10代半ばくらいまでに発達し、そのころに決まった味の好みが、生涯にわたって影響を及ぼすといわれます。育ち盛りの子どもにどんな料理を食べさせるか、親の目の届かないところでどんなものを口にしているか、こういうことに目配りのできる人は、お母さんをおいてほかにはありません。

残念ながら、いまの日本の子どもの状況はあまり芳しくありません。文部科学省が毎年まとめている「学校保健統計調査」から、肥満の子が年齢別にみて全体の中でどれくらいの割合でいるか(「年齢別肥満傾向児の出現率」)を、昭和62年(1987年)、平成9年(1997年)、平成19年(2007年)と10年ごとに比べてみたのが下の表です。
この表を見れば一目瞭然、年を追うごとに肥満児が増えているのがよくわかります。

わが子を肥満にさせない味覚づくりを

人類の歴史はほとんどが飢えとの闘いだったので、高エネルギーで満腹感をもたらしやすい甘いものや、脂っこく、こってりした味の食べものが人類は大好きなのだ、という説があります。

飢えることなど考えられない現代の日本ですが、甘い味、こってり味の食べものは身の回りにあふれています。親が何の考えもなしに「育ち盛りだから」とこうした食べものを作ったり、買い与えたりしたら、また、そういう味覚が染みついてしまった子どもたちが買い食いなどしていたら、その結果は火を見るよりも明らかというものでしょう。

言い古された表現ですが、「肥満は万病のもと」はいまも真実です。お子さんを将来、肥満にさせないための味覚づくりを、子育て中から真剣に考える必要がありはしないでしょうか。

※この記事は2010年8月に配信された記事です



だらしないタレ尻が『理想のヒップ』に大変身!簡単小尻エクサ

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

体の後ろ側にあるお尻は、実は他人から見られている場所。ここがタルむと外見が老け見えに。そんな老け見えタレ尻を解消するエクササイズをご紹介します。

だらしないタレ尻が『理想のヒップ』に大変身!簡単小尻エクサ

座る時間が長いほどお尻はタレやすい

スリムパンツを履く時は、必ずトップスに長めのシャツやチュニックを着てお尻を隠していませんか? 体の背面にあるお尻は、鏡を使わない限り自分では見えないパーツ。ふとした時に鏡で確認したら、予想した以上に自分のお尻がタレていてショックを感じたり…。

特に、長時間座るのが習慣になっている人は、お尻がタレやすいと言われています。目安は1日6時間以上。座っている間は、お尻の筋肉が休んでいる状態のため、座る時間が長い人ほど、お尻がタレやすくなります。

お尻で文字を書くだけでタレ尻が引き締まる

そこでぜひ取り入れてほしいのが「お尻で文字を書く」簡単小尻エクサ。大きく縦、横にしっかりお尻を動かすことで「大臀筋」、「中臀筋」、「小臀筋」という3つの筋肉を効率よく鍛えられます。お尻は、主に筋肉でできているので、何歳からでも上向きの小尻になることは可能です!
さらに、大臀筋は筋肉の中でも2番目に大きな筋肉。大きな筋肉を動かすため基礎代謝量が上がって、脂肪が燃焼しやすい体になるそう。お尻を鍛えることでヒップアップできるだけではなく、全身のぜい肉が減るなど、ダイエット効果は抜群です。

<簡単小尻エクササイズのやり方>

左右の足とひざの間をこぶし1個分空けて立つ。猫背にならないように、姿勢はまっすぐに。ひざの間のこぶし1つ分のスペースを保ちながら、お尻で「こ」「じ」「り」と、空中に文字を書く。股関節をしっかり動かして大きく書くのがポイント。慣れないうちは、鏡を見ながら行うとやりやすい。

続きを読む




ホットフルーツで腸デトックス!温めるだけで驚異のお腹スッキリ効果

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

フルーツを温めて食べることで、腸によい栄養を効率よく摂取。調理法とその効果をご紹介します。

フルーツは腸の健康によい栄養素がたっぷり

もともとフルーツは腸の健康によい栄養素がたっぷり。その力をさらにアップさせるのが、ホットフルーツです。なかでも、バナナとりんごは食物繊維やオリゴ糖など、腸にうれしい成分が豊富。加熱して食べることで体が温まるうえ、腸の動きも活発に!

便秘外来の専門医で松生クリニック院長の松生恒夫先生は、あったかフルーツのおやつで、免疫力をアップさせることができると言います。また、ホットフルーツにオリーブオイルをかけて食べると、抗酸化作用でバナナとりんごのもつ本来の腸デトックス効果を増強。一緒に摂ることで、腸のすべりもよくなります。

果物を温めて食べてお腹スッキリ!ホットフルーツで腸デトックス

温めるとさらにおいしくなるのもポイント!

ホットフルーツの作り方は、超簡単。バナナやりんごをカットして、電子レンジで加熱するだけ。それぞれの効能と作り方をご紹介します。

○ホットバナナ

バナナは他のフルーツに比べて粘度が高く、保温性が高いのが特徴。電子レンジでチンしたバナナを食べると、その熱でじっくり腸を温められます。また、バナナには腸の善玉菌である「ビフィズス菌」を増やすオリゴ糖が豊富で、腸が超健康に! さらに温めることで糖度が約20%もアップするので、よりおいしく食べられます。

【作り方】
バナナの皮をむき、好きな大きさに切って耐熱皿に並べ、電子レンジ(600W)で30〜40秒加熱すればOK。フライパンでソテーしても。

○ホットりんご

りんごに含まれる水溶性の食物繊維「アップルペクチン」は、熱を加えることで、さらに整腸作用が強化されます。また、加熱することでりんごが柔らかくなり、皮もおいしく食べられるのもうれしいポイント。皮の近くに多い食物繊維を、効率的に摂れるように。さらに、ビタミンCは熱や空気に弱いものが多いですが、りんごに含まれているものはそれらに強い特性があるので安心です。

【作り方】
りんごは好みの大きさに切り、皮はむかずに耐熱皿に並べて電子レンジ(600W)で約1分加熱。シナモンパウダーをかけると保温効果がアップ。

続きを読む




ポッコリお腹がスッキリ!楽チンお風呂エクササイズのやり方

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

運動が苦手の人でもできる、湯船の中で行うエクササイズを紹介。浮力で体が軽くなるので負担がなく簡単!

ポッコリお腹がスッキリ!楽チンお風呂エクササイズのやり方

冷えて溜まった脂肪を温めて追い出す

ぽっこり下腹、デカ尻…。ドンッとついた“脂肪の塊”は、夜のお風呂エクササイズで流しましょう!

冷えている人ほど、ムダな脂肪を溜め込みやすいもの。このエクササイズは、体を温めながら行うので、温熱効果で脂肪をスルスル燃やすことができると、ダイエットエキスパートの和田清香さんは言います。

運動不足で筋力がない人でも、部屋でやるとキツイと感じるエクササイズが、水中だと浮力のおかげで簡単に。動きはラクになりますが、水圧による負荷でしっかりエネルギーを消費。また体温がすぐに上がって、血液やリンパの流れをスムーズにします。

お風呂で「水中エクササイズ」のやり方

お湯は、温かさが長く続く40〜41度で、胸下くらいまで浸かるのが最適です。始めは2〜3分間、肩まで浸かり、体を中まで温めてからエクササイズを行いましょう。

湯船に入り、お尻を浮かせた状態で、振り子のように左右にお尻をフリフリするだけ。速攻で汗がじんわり! 気になるお腹まわりのぜい肉を撃退できます。

1)お尻を浮かせる
湯船の中で、ひざを立てて体の後ろ側で手をつく。ひじを伸ばしたまま、お尻をこぶし1個分くらい浮かせる。

2)お尻を左右にゆらす
お尻をクイッと持ち上げ、ゆっくりと左右交互にふる。お腹や腰をツイストするイメージで。左右で1回とし、10回×2セット行う。呼吸は止めずに自然呼吸で。

続きを読む



辛いものをたくさん食べたらヤセるの?ダイエットのウソとホント

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

汗をじんわりかきながら食べると、なんとなくダイエットに効きそうな気がしますよね?でも辛いものは、本当にダイエットに効果的なのでしょうか?

唐辛子のカプサイシンは脂肪燃焼に効果が!?

辛いものを食べると、体が温まるし、汗をかきながら食事をした後は、なんだか気分もスッキリ! 辛い料理をたくさん食べたらヤセることができるのでは、と考えている人も多いはず。実際には、どうなのでしょうか?

辛いものをたくさん食べたらヤセる?ダイエットのウソとホント

まず、辛い料理に使われている香辛料として思い浮かぶのが唐辛子です。唐辛子に含まれる「カプサイシン」は、発汗のほか、脂肪燃焼促進効果があるといわれています。ダイエット成分として、サプリメントとしても販売されているほど。

ただし、カプサイシンは、脂肪燃焼“促進”効果があるもの。有酸素運動などのサポートとしてとると、より脂肪燃焼効果がアップするというものです。カプサイシン自体に脂肪を燃やす力はないので、唐辛子をとっただけではヤセません。

また、食べたときは一時的に体を温める作用がありますが、発汗後は逆に体が冷えることに。代謝を上げるほどの温め効果はなく、やはり唐辛子を使った辛いメニューを食べても、それだけでヤセることはできないと考えられます。

しょうがの成分「ショウガオール」は体を温める

もうひとつ、ダイエットによさそうな辛い食べ物がしょうが。しょうがと唐辛子では、辛さの成分が違います。しょうがに含まれる「ジンゲロール」という辛み成分は、しょうがを加熱したり、乾燥させると「ショウガオール」という成分に変化します。このショウガオールは、体の深部を温めてくれるとされる成分。そのため、乾燥させたしょうがは、古来から冷えを改善するために漢方薬としても使われています。毎日とれば体が温まり、平熱を上げる効果が期待できます。それにともない、体の代謝もアップするので、ヤセやすくなるという効果が。

毎日続けて体質改善を

自宅では、しょうがをスライスして乾燥させたり、市販のジンジャーパウダーを料理に使うなどすれば、手軽にショウガオールを摂取することができます。紅茶にしょうがのスライスを加えたり、スープにジンジャーパウダーをプラスすれば簡単。しょうがは、辛味成分の刺激が強いので1日の摂取目安は10gと言われています。すりおろしたしょうがなら、小さじ1杯程度。たくさん食べればヤセられるというものではなく、体質改善を目的に少量を毎日続けてとるのが理想。ヤセたい人は、試してみてください。

続きを読む



運動ゼロで筋肉をつける!たるみ・ぜい肉の引き締め術

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

加齢とともに筋肉は落ちるばかり。体に締まりがなく、たるみ・ぜい肉が目立つように…。でも運動はキライという人のために、運動ゼロで筋肉をつけるコツをご紹介します。

日常生活の動きだけでは筋肉は衰える

人はかつて、もっと体を使った生活をしていました。仕事はオフィスワークが増え、生活が便利になったいま、日常生活での体の動きだけでは、筋肉は落ちるばかり。筋肉が不足すると代謝が落ちて太りやすくなったり、疲れやすい体に。しかも、脂肪が垂れ下がってくるので、体がたるんだ印象に。老けて見えるし、生活習慣病の原因にもなってしまいます。
筋肉をつけるには、ツラい筋トレやジム通いが必須とイメージしがちですが、実は日頃の習慣を変えれば運動ゼロで筋肉をつけることも可能なのです。そのカギとなるのが、これから紹介する3つの習慣です。

運動ゼロで筋肉をつける!たるみ・ぜい肉の引き締め術

「日常動作」「マッサージ」「食」3つの習慣で“美筋”はつく!

1つめは「日常動作」。ふだんの動きを意識してちょっとだけ変えて、ほんの1分負荷をかける動きをするだけでも、筋肉は鍛えられます。たとえば、エレベーターを階段にしたり、自動車を徒歩にするだけでも効果あり。この小さな習慣の変化で、運動したような効果を得られるのです。

2つめは、強めのマッサージやストレッチで筋肉を動かすこと。筋肉は、強めの刺激により傷ついた細胞が修復されるときに強化されます。また、体はダメージを受けると「成長ホルモン」を分泌するのですが、成長ホルモンは筋肉の修復を促し、強化します。

そして3つめは、筋肉の材料となるタンパク質と糖質の摂取です。筋肉をつけるには、タンパク質が必要ですが、実は避けられがちな糖質を摂ることも大切。糖質が不足すると筋肉が合成されにくくなるので、タンパク質と糖質を一緒に食べることが大切です。これらの習慣を実践すれば、運動せずに筋肉がつけられます。

気づいた時に二の腕に力をいれるだけでたるみが引き締まる!

また、部分ヤセも、すき間時間で効果を出すことは可能です。たとえば、二の腕のたるみをなくして引き締めたい場合。やり方は、気づいたときに二の腕にギュッと力を入れるだけ。このとき、脇に紙をはさむように二の腕を脇に押し付けるのがポイントです。これで、“二の腕のふりそで”といわれる、上腕三頭筋が鍛えられます。日中いつでもできるのが、続けやすいポイント。買い物袋を持っているとき、通勤中、信号待ちなど、気づいたときにこまめに二の腕に力を入れて。

お腹と脚の引き締めにはつま先立ちを

また、お腹や脚を引き締めたい場合は、椅子に座るときにコツが。椅子には浅く腰かけて、つま先を立てておきましょう。すると、腹筋とふくらはぎの筋肉が同時に鍛えられます。下半身のむくみ予防にも効果的。
そして、ソファに座ってテレビを見ているときは、CMの間に足を床から浮かせて上下させましょう。これで下腹部が引き締まります。バランスが取りにくい場合は、両手をソファに置いて行ってください。できるところから取り入れて、運動する時間をわざわざ作らずに筋肉をつけましょう。

続きを読む



  1. 1
    近頃、ツイてない?金運上昇のためにすべき6つの行動
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「今…
  2. 2
    洗えないセーターやニットの消臭法。汗臭・タバコ臭も洗わずに取れる!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 秋冬…
  3. 3
    布団の中のダニは数十万匹!?干しても叩いても死滅しない『ダニ』退治法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 今ま…
  4. 4
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…
  5. 5
    発達障害ってどんな障害なの?自閉症・学習障害・ADHDの特徴
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  6. 6
    だらしないタレ尻が『理想のヒップ』に大変身!簡単小尻エクサ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 体の…
  7. 7
    失った肌のハリが戻ってくる!?おからパウダーが凄い理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  8. 8
    放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原因と改善方法
    つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 万病のもと"未病…
  9. 9 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  10. 10
    つらい生理痛がおこる原因とは?月経困難症に効果のある漢方
    つらい「月経困難症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血を巡らせて…
  11. 11
    常温保存の小麦粉類に注意!パンケーキシンドロームで救急搬送も
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 開封…
  12. 12
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  13. 13
    【発達障害の特徴】1.社会性の障害ー他人の気持ちが理解できない
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  14. 14
    ホットフルーツで腸デトックス!温めるだけで驚異のお腹スッキリ効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと フル…
  15. 15
    首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ
    隠しきれない年齢がでると言われる首のシワや二の腕。そんなエイジングスポ…
  16. 16
    生理前の不調の原因と改善方法|つらいPMSを助けてくれる食材とは?
    つらい「月経前緊張症(PMS)」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 …
  17. 17 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  18. 18
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一…
  19. 19
    年収が少ない人ほど肥満が多い現実…節約と健康は両立しないの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健…
  20. 20
    痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 25…

一覧