筋膜をさまざまな方向に伸ばすストレッチで、たるみも解消できる!

全身を筒のようにすっぽり包みこんでいる筋膜をじっくり伸ばすことで、筋膜がほぐれて筋肉の動きもよくなり、体の疲れやだるさがとれます。
以前のコラムでは、この筋膜と筋膜のストレッチについて解説し、寝起きの「のび」の要領で行うストレッチを紹介しました。(「疲れやだるさを感じたらじっくり伸びてみよう-筋膜ストレッチのやり方」

このストレッチが筋膜ストレッチの基本です。これをウォーミングアップに、さらに体を縦、横、斜めに伸ばすストレッチを行いましょう。
全身を縦、横、斜めに取り巻く筋膜のよじれや癒着が解消され、よりしっかりとほぐすことができます。立体的な筋膜を効果的にほぐすには、さまざまな方向に伸ばすことが大切なのです。

実は、筋膜のよじれはたるみの原因にもなっているため、筋膜ストレッチはたるみの解消にも効果的です。

体をさまざまな方向に伸ばす筋膜ストレッチで疲れやだるさをとり、肩こり・腰痛、むくみなど不快な症状を解消するとともに、たるみをとってきれいになりましょう!

よじれた筋膜の線維を縦、横、斜めにゆっくり、しっかり伸ばす

体を縦方向に伸ばすストレッチは、こちらで紹介したものと同じです。「日本人は腰痛になりやすい? 90秒でできる腰のリフレッシュ」をご参照ください。
ここでは、体を横方向と斜め方向に伸ばすストレッチを紹介します。

よじれた筋膜をしっかりほぐすには、90秒以上かけてじっくり伸ばすことが大切。90秒以上というと結構長いので、リラックスできる環境で、好きな音楽でもかけてゆったりした気持ちで行うとよいでしょう。最初は、30秒くらいから始めるとよいでしょう。
呼吸は止めずにゆっくり伸ばし、勢いをつけたり、無理に伸ばすことは避けましょう。

●横方向への筋膜ストレッチ

(1)しっかりしたテーブルを横にして立ち、右手で体を支え、左足を前に出して脚を交差させます。左腕を上に伸ばして上半身を右に倒し、お尻をテーブルから離して、体の側面をグーッと、体全体が弓なりになるように伸ばしましょう。

(2)ひざは伸ばして両足に体重をかけ、体全体を筒のように伸ばすイメージで、上半身と下半身を反対側に引っぱり合うように伸ばしましょう。両足が床から浮かないように、むしろ床の中に潜り込んでいくようなイメージで。気持ちがいいと感じるところで、そのまま90秒以上、ゆっくりしっかり伸ばしてください。

(3)反対側も同様に行いましょう。

●斜め方向への筋膜ストレッチ

(1)しっかりしたテーブルを前にして立ち、右手を置いて左足を前に出し、右足を後ろに引きます。左膝は軽く曲げておきます。左腕を天井に向って伸ばしながら体を左にひねり、顔を手の方向に向け、筋膜を斜め方向にグーッと伸ばします。

(2)ひざは伸ばして両足に体重をかけ、体全体を筒のように伸ばしたままひねるイメージで、上半身と下半身を均等にひねって伸ばしましょう。両足が床から浮かないように、むしろ床の中に潜り込んでいくようなイメージで。気持ちがいいと感じるところで、そのまま90秒以上、ゆっくりしっかり伸ばしてください。

(3)反対側も同様に行いましょう。

(編集・制作 (株)法研)
※この記事は2014年11月に配信された記事です

おすすめ

  1. 翌朝スッキリ!! 肩こりとストレスを一気に解消できるストレッチ
    翌朝スッキリ!! 肩こりとストレスを一気に解消できるストレッチ
    (編集・制作 (株)法研) 全身の血行を促進して自律神経を整え、体と…
  2. ウエスト・ヒップラインがキュッと引き締まる! 体のゆがみを整える体操
    ウエスト・ヒップラインがキュッと引き締まる! 体のゆがみを整える体操
    (編集・制作 (株)法研) 理想のボディーラインをつくる均整体操。 …
  3. 1日3分頑張れば効果大! 効率よく脂肪を燃焼するサーキットダイエット
    本当に太りにくい体の作り方とは? 基礎代謝UPに効果的な方法
    (編集・制作 (株)法研) 効果的に基礎代謝量を増やすには週2回の有…
  4. あなたの体の柔軟性をチェック! 体の硬さタイプ別ストレッチ
    あなたの体の柔軟性をチェック! 体の硬さタイプ別ストレッチ
    (編集・制作 (株)法研) 背中、腰、ももの裏側の筋肉をほぐして柔軟…
  5. バストアップの近道! 張りのある胸になるレベル別エクササイズ
    バストアップの近道! 張りのある胸になるレベル別エクササイズ
    (『きれいになる15分トレーニング』山岡有美著、法研より) 大胸…