お尻の周りが疲れてだるくなったら、中殿筋と梨状筋が硬くなっている

長時間デスクワークをする方や車の運転をする方は、肩や首がこるだけでなく、腰が曲がったり、両膝の間が開いて、股関節が外に開いてきてしまいがちです。
そうなると、大殿筋の奥にあって骨盤と股関節をつないでいる中殿筋が後ろに引っ張られ、おしりの周りが疲れてだるくなります。またこのとき、骨盤の後ろ側の仙骨と大腿骨のつけねをつなぐ梨状(りじょう)筋も、凝って硬くなっています。

この梨状筋が硬くなることで、梨状筋の下を走っている坐骨神経が圧迫され、太ももの後ろやふくらはぎにしびれが出る方もいます。また、中殿筋も梨状筋もお尻の外側にある筋肉群なので、お尻が横に広がってしまったりもします。

*中殿筋、梨状筋は、股関節を外側に開き、脚からつま先を外側に向けるなどの働きをしています。

ひざを抱えてお尻の横から後ろの筋肉を伸ばす

そこで今回は、硬くなった中殿筋と梨状筋(斜線部)のストレッチングを紹介しましょう。

(1)床に座って片ひざを立て、もう片方のひざは床につけておきます。立てたほうの足を、もう片方のひざを越えた位置に置きます。

(2)立てたひざを両手で手前に引き寄せることでストレッチします。このとき、首から頭を天井方向に伸ばし、お尻を床の中に沈み込むようにイメージすると効果的です。反対側も同様に行います。

デスクワークはお尻が疲れる? 開いたお尻と股関節をストレッチ

同様のストレッチを、いすに座って行うこともできます。
背筋を伸ばしていすに座り、片方の脚を抱えてひざを反対側の胸に引き寄せます。背筋は伸ばしたまま、お尻をいすにしっかりつけたまま行いましょう。

一度のストレッチングの時間は30~60秒間を目安にし、左右の足で3セット行います。勢いをつけたり、無理に伸ばすことは避けましょう。
なお、痛みやしびれが強いときは、腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の疑いもありますので、整形外科などを受診するほうがよいでしょう。

(編集・制作 (株)法研)
※この記事は2013年12月に配信された記事です
竹井 仁先生

【お話を伺った人】竹井 仁(たけい・ひとし)先生

首都大学東京健康福祉学部理学療法学科 准教授 昭和62年に理学療法士となる。平成9年3月に筑波大学大学院リハビリテーション修士、平成14年10月に東邦大学大学院医学研究科にて医学博士授与。公益社団法…

もっとみる

おすすめ

  1. ウォーキングで効果的に痩せるコツ|ボディメンテナンス・ダイエット7
    ウォーキングで効果的に痩せるコツ|ボディメンテナンス・ダイエット7
    ダイエット効果アップのウォーキングエクササイズ。 「歩く質」を高めて…
  2. 代謝いいと太りづらいの? あなたの代謝活性度をチェックしてみよう!
    代謝がいいと太りにくいの? あなたの代謝活性度をチェックしてみよう!
    無意識に進む「新陳代謝」と意識下に行われる「エネルギー代謝」。活性度を…
  3. 【肩こり解消ストレッチ】腕もほっそり、猫背改善、バストアップ効果も!
    【肩こり解消ストレッチ】腕もほっそり、猫背改善、バストアップ効果も!
    二の腕を引き締める肩と腕のエクササイズ! 腕のシェイプアップだけでな…
  4. 【朝起きるのがつらい・ぐっすり眠れない】寝不足解消のちょっとしたコツ
    【朝起きるのがつらい・ぐっすり眠れない】寝不足解消のちょっとしたコツ
    夜と朝の体操を習慣づければ、入眠・起床の儀式としても有効。 寝る前は…
  5. 冷え性を改善する一番の近道は? 女性の冷え対策のポイント
    冷え性を改善する一番の近道は? 女性の冷え対策のポイント
    本格的な寒さを迎える中、多くの女性の悩みは手足や体の冷え。冷え性を改善…