【お酒のウソとホント】飲むほど強くなる?ちゃんぽんは悪酔いする?

ノーイメージ

【お話を伺った人】高木 敏先生

新町クリニック健康管理センター所長/医学博士

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

チャンポンで飲むと悪酔いしやすいってホント?巷で聞くお酒に関する常識はウソかホントかを専門家の眼で検証。

【お酒のウソとホント】飲むほど強くなる?ちゃんぽんは悪酔いする?

アルコールは飲めば飲むほど強くなる?

アルコールを常飲することによって、アルコールに強くなるのはホントです。

その理由のひとつは肝臓でのアルコールの処理量が増加することがあげられます。平均的な大人では、1時間に純アルコール7g(※アルコール1単位=純アルコール20g=日本酒で1合に相当)が代謝されますが、常時アルコールを飲み続けると、10gが代謝できるようになります。

もうひとつは、脳の神経細胞膜に変化がおこって、アルコールに対する感受性が鈍くなり、酔いにくくなると考えられています。ただし、詳しいことはまだ解明されていません。

ところで、アルコールは2割が胃で吸収され、残りの大部分が小腸で吸収されて血液中にとり込まれます。何も食べずに空腹の状態でアルコールを飲むと、すみやかに小腸に移行するため、小腸での吸収が早くなり、その結果、酔いやすくなります。

血中アルコール濃度の高い状態をくり返すことは、アルコール依存症になる要因のひとつです。悪酔いを防ぐためにも、食べながらゆっくり飲むようにしたいものです。

日本人は欧米人に比べてアルコールに弱い?

血液中のアルコールは肝臓のアルコール脱水素酵素によって、悪酔いの原因物質であるアセトアルデヒドという中間代謝物質に分解されます。この酵素の働き方によって酔いの早さが決まってきます。欧米人に比べて日本人のほうが、この酵素が活発に働くため、早く酔ってしまうのです。

さらに、欧米人と日本人とでは、二日酔いの原因にもなるアセトアルデヒドを体外に排泄するスピードが違います。アセトアルデヒド脱水素酵素が活発に働くと、酔いから醒めるのも早くなります。しかし残念ながら、日本人のアセトアルデヒド脱水素酵素の働きは非常に悪く、そのため、欧米人に比べて日本人はアルコールに酔いやすく、顔が赤くなり、悪酔いしやすいのです。

このように、日本人のお酒の弱さは民族的な“特性”であり、それゆえに良くも悪くもお酒に寛容な文化が育ったともいえます。

チャンポンで飲むと悪酔いしやすい?

さまざまな体重の人に同量のビール、ワイン、ウイスキーを、(1)空腹時(2)食事と一緒に(3)食事の1時間後に飲んでもらい、血中アルコール濃度を比較した実験で、(1)ではウイスキーが、(2)と(3)ではビールが高いという結果になりました。
この結果から、空腹時はアルコール度数の高いお酒が、食事中や食後はアルコール度数の低いお酒が吸収されやすいことが推測できます。しかし、通常の飲酒状態で異なる種類のお酒を飲ませる実験では、血中アルコール濃度の上昇率や最高濃度に差はみられませんでした。

このことから、いろいろな種類のお酒をチャンポンで飲むことが悪酔いにつながるとは考えられません。チャンポンによってお酒の味が変わることから、つい飲み過ぎてしまうことによるものだと考えられています。

迎え酒は二日酔いに効く?

迎え酒はアルコール依存症に発展するリスクが高く、アルコール依存症の診断基準にもなっている厳禁事項です。

もし迎え酒で気分がよくなるとしたら、すでにアルコールに対する身体的な依存傾向があると考えられます。

また、果物やハチミツなどの果糖がアルコール濃度を下げるとか、お茶や柿に含まれるカテキンやビタミンCがアルコールの分解を早めるなど、よく二日酔い対策としていわれていることは俗説にすぎません。

二日酔いのための治療はないため、静かに嵐の過ぎ去るのを待つしかありません。ただ、頭痛にはカフェインの入ったコーヒーが効果的で、酔い醒めの水も多少は気分改善に役立つでしょう。それより飲み過ぎないことを心がけ、12時前には就寝することが大切です。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

※この記事は2005年12月に配信された記事です



【お酒のウソとホント】お酒を飲んだ後ラーメンが食べたくなる理由は?

ノーイメージ

【お話を伺った人】高木 敏先生

新町クリニック健康管理センター所長/医学博士

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

飲んだあと、ラーメンが食べたくなるのはなぜ?知っているようで案外知らないお酒の話。正しい知識でお酒と上手につきあおう。

【お酒のウソとホント】お酒を飲んだ後ラーメンが食べたくなる理由は?

飲んだあと、ラーメンが食べたくなるのは気のせい?

アルコールを摂取したあと、一時的に低血糖の状態に陥ることがあります。原因としては、次の2つが考えられます。

1つめは、料理を食べずにお酒ばかり飲んでいると、糖をつくり出す機能がアルコールによって妨げられ、「空腹時低血糖」がおこるため。
2つめは、アルコールをソーダやジュースなど、甘味料の入った清涼飲料水で割って飲んだときにおこる「反応性低血糖」です。この場合、飲酒後3〜4時間以内に血糖値が50mg/dl以下に下がってしまいます。

原因はいずれにせよ、この低血糖を解消するために体が炭水化物を欲しがり、飲んだあと、「ラーメンがむしょうに食べたい」「お茶漬けがほしい」という状態になるわけです。低血糖をおこさないためには、飲酒後よりも飲酒中に炭水化物をとることが大切です。

ビールを飲むと太りやすい?

アルコール1単位(日本酒で1合に相当)で、ビールは247kcal、日本酒193kcal、ウイスキー134kcal、ワイン184kcalと、ビールは酒類のなかでもカロリーの高いお酒です。

加えて、ビールはアルコール濃度が薄いため胃酸の分泌がよくなり、食欲を増進させる働きもあります。ビアホールへ行くとわかるように、ビールを飲むとよく食べる人が多く、ビールそのもののカロリーの高さよりも、むしろ、この食欲増進効果による食べ過ぎのほうが「ビールは太る」といわれる主な原因と考えられます。

妊娠中にお酒を飲むと胎児に影響する?

妊娠中の飲酒は、流産の危険を高めます。また、妊婦の体内に吸収されたアルコールは、すみやかに胎児に移行します。最近の調査では、1日1〜2杯、週2回の飲酒によって、妊娠第2期の胎児に与える危険は2倍になると報告されています。

全国調査では、出生1000に対して、0.05〜0.1%程度の割合で、次のような胎児性アルコール症候群の赤ちゃんが生まれることがわかっています。

(1)発育障害は軽度だが、回復しにくい。
(2)眼裂が短い、人中(鼻の下の溝)がない、うわくちびるがうすいといった顔面の特徴があるが見逃されやすい。
(3)多動と言語発達の遅延した軽度の知能障害がある。

また、乳汁にもアルコールは移行し、その母乳で育った乳児は、運動能力の発達が遅れることが報告されています。妊娠がわかったら、授乳期間が終わるまでは禁酒することが、唯一の予防策といえます。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

※この記事は2005年12月に配信された記事です

続きを読む




お酒の適量はどのくらい? 悪酔いしない飲み方のポイント

【お話を伺った人】西崎 泰弘先生

東海大学医学部准教授 同大付属東京病院副院長・消化器肝臓センター長 1986年東海大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部大学院、UCLAリサーチフェローを経て、1997年東海大学医学部講師、2004…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

(「ジャストヘルス」法研より)

自分の適量を守って楽しく!低脂肪のつまみを食べながらゆっくり飲んで、週に2日は休肝日を。

適量はビールなら中ビン1本

「酒は百薬の長」といわれるように、昔から適量の飲酒が健康によいことは知られています。なによりお酒を飲むと楽しい気分になって、コミュニケーションが進んだり、ストレスが解消されるなどプラス面がたくさんありますが、これはあくまで適量を守ったときの話。
飲みすぎると悪酔いしたり、翌日は二日酔いで苦しむことに。また、適量を超える飲酒が習慣化すると、さまざまな病気の引き金となります。楽しいお酒にするために、上手なお酒の飲み方を知っておきましょう。

ところで適量とはどれくらいの量をいうのでしょうか? 個人差はありますが、厚生労働省「健康日本21」によると、「普通に飲める男性」の1日当たりの適度な飲酒量は、ビールなら中びん1本、ワインならワイングラス2杯、日本酒なら1合、ウイスキーならダブル1杯が目安。女性なら、一般的に男性の6割程度が適量と考えられています。

アルコールを飲むと胃や腸で吸収され、大部分が肝臓に運ばれて分解され、アセトアルデヒドという物質になります。顔を赤くしたり悪酔いや二日酔いを起こす元凶がこの物質で、いわゆるお酒の強さというのは、アセトアルデヒドを分解する酵素の分泌量で決まります。少し飲んでも顔が赤くなったり気分が悪くなる人は、分解酵素が少ない(お酒が弱い)人なので、無理に飲まないことが肝心です。

悪酔いを防ぐつまみはこれ

悪酔いしないためには、量だけでなく飲み方にも注意が必要です。「一気飲み」や「駆けつけ3杯」は論外。1時間に分解できるアルコール量は、普通に飲める人でもビールならコップ1杯程度なので、いきなり3杯も飲んだら肝臓での分解が追いつきません。最悪の場合、急性アルコール中毒を起こし命にかかわることもあります。

ほとんどつまみを食べずに飲む人がいますが、これも改めましょう。食べながら飲むことで胃腸の粘膜が保護され、アルコールの吸収が穏やかになるだけでなく、飲み方のペースを抑えることもできます。
アルコールはエネルギー源にはなりますが、それ以外にとくに栄養はないので、飲むときはつまみが食事と考え、栄養バランスにも気を配りましょう。良質のたんぱく質、ビタミン・ミネラル、食物繊維が十分にとれるよう、豆腐などの大豆食品や魚、野菜、海藻などのメニューを選ぶとよいでしょう。良質のたんぱく質は肝臓の働きを助けてくれ、食物繊維はアルコールの吸収を抑えてくれるのでとくにおすすめです。

お酒に合うからと脂っこいものや塩辛いものばかり食べていると、エネルギーや塩分のとりすぎに。また、つまみをたっぷり食べたうえにラーメンで締めくくるのは食べすぎです。習慣にしていると、肥満や脂肪肝の原因になるので注意しましょう。

健康的な飲み方のポイント

楽しいお酒も量がすぎれば害になります。アルコールの分解のほとんどは肝臓で行われるため、飲みすぎは肝臓にとって大きな負担となりますが、すい臓も深刻なダメージを受けます。連日のように大量に飲むと、アルコール性肝炎や脂肪肝、肝硬変、慢性すい炎を起こしたり、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高め、アルコール依存症になることも。また、強いお酒をストレートで飲むと胃腸に負担がかかり、胃かいようの原因になります。

お酒を健康的に楽しむために、飲むなら次のことを守りましょう。

(1)適量を守ってマイペースで飲み、早めに切り上げよう
(2)週に2日はお酒を飲まない休肝日をつくり、定期健診を欠かさずに
(3)つまみは栄養バランスを考え、エネルギーオーバーにならないように
(4)強いお酒はそのまま飲まず、氷や水で薄めて
(5)飲んだあとには水分補給を忘れずに

※この記事は2007年12月に配信された記事です

続きを読む




女性は男性よりアルコール依存症になりやすい…その理由と対策方法

ノーイメージ

【お話を伺った人】重盛 憲司先生

洗足メンタルクリニック院長 慶応義塾大学医学部卒業後、同大学病院精神神経科専修医を経て、国立久里浜病院にて長くアルコール依存症等の治療に携わる。精神保健指定医、労働衛生コンサルタント。ストレスマネ…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

(「へるすあっぷ21」法研より)

適量なら百薬の長でも、飲みすぎが続けば……

古くから、お酒は「百薬の長」といわれ、心身の緊張を和らげてストレス解消に効果があるだけでなく、急性心筋梗塞のリスクを下げる効果もあることがわかっています。しかし、百薬の長であるのは、「適量を上手に飲めば」という条件つきです。飲みすぎれば、心身にさまざまな問題がおきて、「万病のもと」になってしまいます。

お酒の飲みすぎが引き起こす病気とは?

アルコールの害のうち、真っ先に思い浮かぶのは脂肪肝やアルコール性肝炎、肝硬変など肝臓障害でしょう。摂取されたアルコールの大部分は肝臓で分解され排出されます。毎日お酒を多量に飲み続ければ、肝臓には間違いなく大きな負担がかかり、障害がおこります。
ただし、肝臓は「沈黙の臓器」といわれるように、かなり障害が進まないと症状が現れにくいという特徴があります。つまり、自覚症状に頼ることはできないのです。それだけに、お酒を飲む人は、定期的に健康診断を受けて、肝臓の機能をチェックする必要があります。

肝臓以外にも、アルコールの影響はさまざまな臓器に及びます。例えば、脂肪やたんぱく質などの消化酵素を含む膵液を分泌している膵臓はアルコールによるダメージを受けやすい臓器です。慢性膵炎の50%以上がアルコールによるもので、その30%程度が糖尿病を合併しているといわれています。
また、空腹状態でお酒をたくさん飲むと、胃腸を強く刺激して粘膜を荒らし、急性胃炎や胃潰瘍をおこしやすいことがわかっています。また、空腹時はアルコールの吸収が早く、血液中のアルコール濃度が急激に上昇するため、悪酔いしたり、さまざまな障害がおこりやすくなります。

女性に増えているアルコール依存症

最近、女性にアルコール依存症が増える傾向にあり、問題視されています。その原因の一つは、男性より女性のほうがアルコールによる影響を受けやすいことです。

一般に女性のほうが男性より体が小さいため、体内の血液の量が少なく、アルコールを代謝する肝臓も小さくなっています。だから男性と同じ量を飲んでいると、女性のほうが血液中のアルコール濃度は高くなるのに処理スピードは遅く、アルコールが長い時間体内にとどまっている、つまり体へのダメージが大きいということになります。そのため、男性よりも女性のほうが、より「少量・短期間」の飲酒で、アルコール依存症になったり、肝臓や膵臓などの臓器障害をおこしやすいのです。

さらに悪いことに、女性ホルモンの分泌量が多い若いうちは、女性ホルモンがアルコールの代謝を長引かせるため、少量のアルコールでも依存症になりやすいことがわかっています。逆に、女性ホルモンが減少する閉経期以降は、アルコールの代謝が速くなるので、飲酒量が増えて、依存症や臓器障害の危険性が高まるという特徴があります。

アルコール依存症になると、飲酒のコントロールが効かなくなり、適量でやめられないとか、飲んではいけない場所や時間に飲んでしまうといったことになります。また、体内にアルコールが切れてくると、手や体が震えたり、イライラや発汗、不眠などの離脱症状が出てきます。そのために飲酒がやめられなくなり、日常生活に支障が出て、仕事を失ったり、家庭が崩壊したりすることも少なくないのです。

自分にはそんなことは絶対おこらないと思うかもしれませんが、ある一定量を一定期間飲めば、ほとんどの人が依存症になるそうです。しかも女性は「少量・短期間」で……。「飲みすぎて、家までどうやって帰ってきたか記憶がない」という経験をもつ人は少なくないでしょう。これは、アルコール依存症のスクーリングテストで重要な項目になっています。それだけ、アルコール依存症の危険性は他人事ではないといえます。

アルコール依存症に陥った場合、この状態から抜け出すには「断酒」以外に方法はありません。しかし、アルコールの依存性は麻薬よりも強いといわれ、一度依存症になってしまうと、抜け出すのは非常に難しいとされています。

健康を保ちながらお酒を飲む6つのポイント

お酒を「百薬の長」として楽しむには、何といっても適量を上手に飲むことが大切です。といっても、酒好きにとっては、酒量がだんだん増えていくのが常で、歯止めが効きにくいものです。しかし、好きなお酒がわざわいして、結果的にお酒をやめなければならないことになったら、こんな不幸なことはないでしょう。そうならないためには、次のように節度ある飲酒を守ることです。

(1)お酒に弱い体質なら、無理して飲まないこと。たとえ強い体質でも、日本酒なら1日1合にとどめ、1週間に2日は休肝日をつくりましょう。
(2)アルコール度数の強いお酒は薄めて飲みましょう。
(3)ほかの人のペースに巻き込まれず、自分のペースでゆっくりと時間をかけて、つまみを食べながら飲むこと。ほかの人にお酒を無理強いしたり、あおって「一気飲み」を強要したりするのはやめましょう。
(4)薬を服用しているときは、お酒を飲まないこと。薬に含まれる成分が強く出て、非常に危険です。
(5)夜は12時までにお酒を切り上げましょう。長い時間お酒を飲んでいると、つい酒量が増えてしまったり、翌日までアルコールが残ってしまいます。
(6)女性の適量は男性の半分と心得ましょう。

※この記事は2008年12月に配信された記事です

続きを読む



命の危険もある急性アルコール中毒ー酔いつぶれて寝た人を放置しないで!

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

急激に血中のアルコール濃度が高くなった時に起こる、急性アルコール中毒。安全にお酒を楽しむために、急性アルコール中毒になった場合の対処法を知っておきましょう。

命の危険もある急性アルコール中毒ー酔いつぶれて寝た人を放置しないで!

アルコールは神経系の麻痺を起こす

新年会など、お酒を飲む機会が増える時季。「お酒はほどほどに」とわかってはいるけれど、ついつい飲み過ぎてしまうこともありますよね。

自分はお酒が強いと思っている人でも、その日の体調によって酔いが回りやすい場合もあります。特に、急性アルコール中毒は、命の危険もあるので周囲の人も自分も注意が必要です。

急性アルコール中毒とは、お酒を短時間にたくさん飲むことによって、血液中のアルコール濃度が上がってしまい、脳の機能が麻痺するもの。アルコールの主な作用は神経系の麻痺。普通に酔ったレベルでも、グラスをうっかり倒してしまう、足元がおぼつかない、呂律が回らないなど神経系の麻痺による現象が起こります。それが急性アルコール中毒になると、意識の低迷、血圧の低下、呼吸困難、脱力、嘔吐などの症状に。最悪の場合は、呼吸麻痺や嘔吐物がノドにつまることで死に至るというケースもあります。

一緒に飲んでいた人が酔いつぶれてしまったら

酔いつぶれて寝てしまった人は、ただ眠くなって寝ているのではなく、急性アルコール中毒の可能性があります。では、そんな人には、どう対処したらよいのでしょうか?

まず、寝ているからと放置せずに、意識があるかどうかを確認しましょう。意識がある場合は、水をたっぷり飲ませること。そして、締め付けの強い衣服の場合はゆるめて、横にして寝かせましょう。これは、万が一嘔吐しても吐瀉物がつまらないようにするためです。ブランケットなどをかけて体を冷やさないようにすることも重要。もし、意識がない場合は、救急車を呼びましょう。

急性アルコール中毒を防ぐ飲み方のコツ

急性アルコール中毒は、お酒を飲む人なら誰もがなる可能性のあるものです。予防のために意識して取り入れたいコツをご紹介します。

・お酒と同量の水を飲みながら飲む

血中のアルコール濃度を急上昇させないため。また、お酒は利尿作用があるので脱水症状になりやすくなります。水を飲むことで脱水症状を防ぐとともに、アルコール分解を助けることにもなるので、二日酔いの予防にも。

・お酒を飲む前に、水分補給をしておく

体に潤いが足りていないと、血中のアルコール濃度が高くなりやすくなります。夜にお酒を飲む予定がある日は、日中から十分な水分補給を。お茶やコーヒーは利尿作用があり、体の水分を排出することになるので、水分補給にはなりません。水や白湯を飲むようにしましょう。

・空腹時にお酒を飲まない

お腹が空いている時にお酒を飲むと、アルコールの吸収が早くなり酔いやすくなります。空腹時は、まず何か食べてから飲むこと。また、お酒を飲んでいる間も、おつまみを頼んで、お酒ばかり飲むのは避けましょう。

・疲れている日、睡眠不足の日は避ける

体に疲労が溜まっている時は、体がアルコールを分解する力も弱く、いつもと同じ量を飲んでも酔いやすくなっています。どうしてもお酒を飲まなければいけない時は、アルコール度数の低いものを選び、ゆっくり飲むようにしてください。水も一緒に飲むことを忘れずに。

続きを読む



太りたくない人のための賢いお酒の飲み方・おつまみの選び方

提供:gooヘルスケア

「お酒=太る」というイメージを持っている人も多いはず。でも、お酒自体が太るのではなく、その飲み方と、おつまみの選び方に原因がありました!

太りたくない人のための賢いお酒の飲み方・おつまみの選び方

蒸留酒を同量の水とともに楽しんで

ダイエット中だからとお酒を我慢していませんか? お酒は、リラックス効果はもちろん、人とのコミュニケーションも広がるツール。飲みたい気持ちを、無理に我慢しなくても、お酒を楽しみながら太らないコツがあります。

まず、お酒には太りにくい種類があります。それが蒸留酒。お酒には大きく分けて、醸造酒と蒸留酒があり、これは作り方によって分けられます。醸造酒は、果実や穀物などを酵母で発酵させることにより作ったもの。ワインや日本酒、ビールなどが醸造酒です。蒸留酒は、醸造したものを一定の温度で保管し、発するアルコールを集めたもので、比較的アルコール度数が高いお酒になります。ブランデー、ラム、ウィスキー、焼酎が蒸留酒です。これらの蒸留酒は、含まれる糖質の量が少ないために、太りにくいお酒といわれています。ただし、大量にお酒を飲んでは台無し。体は、アルコールが入ってくると優先的に分解しようとします。その分、食べたものは消化吸収が後回しになり、脂肪を蓄積させやすくなってしまうのです。お酒の分解には水分が必須。水で割って飲むか、チェイサーに水をオーダーしてお酒と同量のお水を飲みながら楽しむとよいでしょう。

高タンパク低カロリーなものを酔う前に頼む

そして、お酒のおともに欠かせないのがおつまみ。カロリーの高い揚げ物は、避け、ローカロリーで高タンパクなものを選ぶと満足感も得られるのでおすすめです。その代表的なメニューが冷奴。高タンパク、低カロリーな豆腐に、アルコールのデトックスを助ける薬味をたっぷりのせていただきましょう。また、肉系を頼むなら、ぜひ赤身肉を! たんぱく質が豊富なのはもちろん、脂肪が少なく、鉄分が豊富。同じ肉系のつまみでも、唐揚げと赤身肉のサイコロステーキでは、大きな差が出ます。また、青魚に含まれるオメガ3は、中性脂肪を減らしてくれる効果が。アジ、サバ、イワシなどがメニューにあったら、ぜひオーダーしましょう。刺身で食べるときは、たっぷりの薬味と一緒にどうぞ。

さらに、おつまみをオーダーするタイミングにもコツがあります。酔いがまわると、満腹中枢も麻痺。お腹が空いていないのに「なんとなく食べたい気がする」と、たくさんオーダーしてしまいます。おつまみのオーダーは冷静な判断ができる最初のうちに、すべて決めてしまい追加オーダーはなしに。テーブルにずらっとおつまみを並べて、「こんなに頼んだんだ!」と視覚情報を脳にインプットすると食べ過ぎを防げます。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

続きを読む



  1. 1
    布団の中のダニは数十万匹!?干しても叩いても死滅しない『ダニ』退治法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 今ま…
  2. 2
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…
  3. 3
    【発達障害の特徴】3.想像力の障害-こだわりが強い・特定の物事への興味
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典…
  4. 4
    放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原因と改善方法
    つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 万病のもと"未病…
  5. 5 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひ…
  6. 6
    【発達障害の特徴】1.社会性の障害ー他人の気持ちが理解できない
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  7. 7
    【発達障害の特徴】2.コミュニケーション障害-言葉の遅れやオウム返しなど
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  8. 8
    発達障害ってどんな障害なの?自閉症・学習障害・ADHDの特徴
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  11. 11
    生理前の不調の原因と改善方法|つらいPMSを助けてくれる食材とは?
    つらい「月経前緊張症(PMS)」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 …
  12. 12
    〇〇する人ほど幸せになる!?幸運を呼びよせる6つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 幸せ…
  13. 13
    洗えないセーターやニットの消臭法。汗臭・タバコ臭も洗わずに取れる!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 秋冬…
  14. 14 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  15. 15
    つらい生理痛がおこる原因とは?月経困難症に効果のある漢方
    つらい「月経困難症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血を巡らせて…
  16. 16
    肌年齢が若くなる食材8選。弾力&うるおいアップの組み合わせ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと いつ…
  17. 17
    小鼻にブツブツができる人は〇〇が乱れてる?原因と改善法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 皮脂…
  18. 18
    首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ
    隠しきれない年齢がでると言われる首のシワや二の腕。そんなエイジングスポ…
  19. 19
    痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 25…
  20. 20
    近頃、ツイてない?金運上昇のためにすべき6つの行動
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「今…

一覧