【執筆】ピースマインド・イープ 藤縄 理恵子

なかなかいい出来事にあえない、こんなに努力しているのに、どうして自分にはいいことが起こらないのだろう、なぜあの人ばかりついているのだろう・・・そんな思いにとらわれ、世の中は不公平だ!と嘆きたくなることがあるかもしれません。では、本当に“運のいい人”はいるのでしょうか?

運が悪いと感じている人の特徴とは?

イギリスの心理学者であるリチャード・ワイズマン博士が、10年にわたって幸運について調査した結果、運がいいと感じている人とそうでない人との間には、考え方や行動パターンの違いがあることが明らかになりました。
運が悪いと感じている人には神経質なタイプが多く、不安感が強くて不注意になりやすいことから、思いがけないチャンスに気づけなかったり、事故に遭遇してしまったりする傾向がありました。一方、運のいい人は、リラックスしていて心が開かれているため、意図していたこと以外のチャンスに気づきやすいという特徴がありました。
将来に対する期待にも大きな違いがあり、運のいい人は物事がうまくいくと期待しているため、目標に向けて努力する意欲が高いのに対し、運の悪い人ははじめからできないとあきらめてしまいがちです。これらの結果から、ワイズマン博士は、結局のところ気持ちの持ちようが運を左右している、という結論を導き出しました。
そして、誰でも運のいい人になれるための4つの法則について紹介しています。

運のいい人になれるための4つの法則

法則1:チャンスを最大限に広げること。

運のいい人は偶然のチャンスを創り出し、チャンスの存在に気づき、チャンスに基づいて行動する。

法則2:虫の知らせを聞き逃さないこと。

運のいい人は直感と本能を信じて正しい決断をする。

法則3:幸運を期待すること。

運のいい人は将来に対する期待が夢や目標の実現をうながす。

法則4:不運を幸運に変えること。

運のいい人は立ち直りが早く、不運を幸運に変える力を持っている。

今までできなかったこともあるな・・と思い当たる法則がありますか。ワイズマン博士の研究では、運が悪いと感じていた人たちがこの法則にしたがって行動したところ、実際に幸運度が向上したといいます。
チャンスを広げていくために、ネットワーク作りを大事にして、古い知人にも積極的に連絡を取る、あるいは新しいお店や食べ物を探していく、ということなら今日からでもできそうですね。
4つの法則を意識的に自分にとりいれて、自らの手で幸運を引き寄せてみませんか。

参考文献:リチャード ワイズマン『運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則』、矢羽野 薫、角川書店、2004年

※この記事は2010年7月に配信された記事です

おすすめ

  1. 人間関係がうまくいかない原因は自分にある?|ユング心理学シャドウとは
    人間関係がうまくいかない原因は自分にある?|ユング心理学シャドウとは
    【執筆】ピースマインド・イープ 若尾秀美 努力の結果が出ないのは…
  2. 不安神経症になりやすい人の特徴|発症しやすい年齢は20代~30代の女性
    不安神経症になりやすい人の特徴|発症しやすい年齢は20代~30代の女性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 今年こそ○○!! 『幸せ』になるための5つのコツ
    今年こそ○○!! 『幸せ』になるための5つのこころのレシピ
    【執筆】ピースマインド・イープ 藤縄 理恵子 『幸せ』とはなんだ…
  4. 自己評価が低いと新しいことに挑戦しずらくなる? 3つの高め方
    なりたい自分になるー自分に自信を持つ!自己評価の高め方
    【執筆】ピースマインド・イープ 藤縄 理恵子 自己評価は、生…
  5. 緊張やイライラしたときこそ笑顔で! 笑顔が脳に与える意外な影響
    【執筆】ピースマインド・イープ 松野 さおり 笑顔になるのは…