パニック障害の症状と治療法|動悸・息苦しい・不安・汗・めまい…

ノーイメージ

【執筆者】ピースマインド・イープ

■ピースマインド・イープ株式会社 高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルーム…

もっとみる

【執筆】産業カウンセラー 高栖 円カウンセラー

こんな症状に思い当たることはありませんか

突然、心臓がドキドキしてきて、息苦しくなってきた。ふらつきも感じるし、不安でたまらない。これはいったいなんだろう・・・
動悸、息苦しさ、冷や汗、ほてり、手足の震え・痺れ、吐き気、めまい、ふらつきなどのうち幾つかが同時に襲ってくる。
今にもどうにかなってしまうのではないか、気が狂うのではないか、気を失って倒れてしまうのではないか、死んでしまうのではないかという恐怖感を感じる。
これが、「パニック発作」の典型例。発作の持続時間や発作が起きる頻度・場所、現れる症状には個人差があります。

パニック障害の症状と治療法|動悸・息苦しい・不安・汗・めまい…

あまり知られていない病気

ずっと以前には「不安神経症」と呼ばれることもあったパニック障害は、100人に約1~3人の割合で発症すると言われます。この病名が一般にあまり知られていないために、周囲に理解されにくいという難点があります。
発作が起きて救急車で病院に搬送された頃には、すっかり症状がおさまって「異常なし」ということもありますし、誰かに相談しても「気のせいだよ」とか「やる気の問題だね」などと相手にされないことも。
このようなことから、親しい人にも打ち明けられず独りで悩んでいたり、病気(パニック障害)と気付かず、治療が遅れてしまうことも多いのです。

発作のほかにもこんな症状が

パニック障害の中心症状はパニック発作ですが、「また発作が起きたらどうしよう」と不安な日々を送り(予期不安)、逃げ場のない場所や身体を拘束される環境、人が大勢いる場所や、逆に独りでいることに恐怖感や不快感を持つようになること(広場恐怖)があり、外出や電車などの乗り物、歯医者や美容室などが苦手になる方も少なくありません。
症状が続くと、くよくよしたり、イライラしたり、やる気がなくなって、何も手につかないということにもなりかねません。このような「うつ状態」に陥ることもありますし、病気の経過とともに、激しい発作は軽減していっても、不快な自律神経失調症状として長く引きずっていくこともあります。

パニック障害の治療(薬物&行動&サポーター)

今日では、パニック障害は「脳の機能障害」として捉えられ、脳内の神経伝達物質(セロトニン)との関係などが解明されていたり、適切な薬の服用などにより、発作や不快な諸症状を抑えることができることもわかってきました。治療には、従来から「抗うつ薬」や「抗不安薬」などが用いられていますが、より副作用が出にくく、効果の高い薬剤もどんどん開発され、これらの薬を服用することで、大幅に症状が改善された方も大勢います。
しかし、薬との相性(種類や分量、副作用など)は人それぞれ。自分勝手な判断で用法や分量を変えたり、服用を中断したり、決められた分量を超える量を一度に飲んでしまったりしては、治らないだけでなく、危険な状態になることも予想されます。医師や薬剤師から十分に説明を受け、きちんと服用を続ければ、これらの薬は安全で、とても高い効果が期待できます。

一方、発作が軽くなったり、起きなくなってくることで不安感が薄れ、自然に外出や乗物への恐怖を乗り越えられることもありますが、ゆっくりとしたペースで苦手度の低いものから挑戦する「行動療法(障害を克服するため、少しずつ行動し、成功体験を積む療法)」に取り組むことも効果的です。パニック障害は、適切な治療にしっかり、じっくり取り組み、日々の生活の中でも過度の疲労やストレスを溜めないよう心がけていくことで、必ず発作や症状が軽減し、かなりの割合の方が治っていきます。

でも、独りで悩んだり、間違った知識や認識に惑わされていたりしては、治癒も困難となります。なるべく早い機会に専門医を受診しましょう。医師や薬剤師と十分に相談しながら、じっくり取り組んでいく心構えが大切です。また、必要に応じて、ご自身の状態を周囲よく説明し、自ら積極的に理解を求めることも大きな助けとなることでしょう。

なんだかヘンだ、体調がおかしい・・・クリニックに行くのは敷居が高いと感じる方もいるでしょう。そんなときには、まずはご相談されてみてはいかがですか。

※この記事は2006年12月に配信された記事です



心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法

ノーイメージ

【執筆者】ピースマインド・イープ

■ピースマインド・イープ株式会社 高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルーム…

もっとみる

心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法

絶望的な気持ちの状態

誰でも人生の中で何度かは、「もう、どうしたらいいのか分からない」、「八方ふさがりだ」と感じることがあるのではないでしょうか。「こうなったらいいのに、道がない」、「こうしたいのにできない・・・」。そう思うと絶望的な気持ちになりますよね。あまり長い間、そのようなストレスを感じていると、時に、うつ状態に陥ってしまうことさえあります。

恋愛や結婚、仕事や友人関係、さまざまな悩みを抱えて私たちは生きています。自分ひとりの力じゃどうにもならないことがたくさんあるからです。いくらたくさんの人が周りにいても、自分の気持ちを分かってくれる人がいない、そう感じた途端、いろいろなことが苦しく感じられませんか?そんなとき、自分の気持ちひとつで逃げ出すことができたら、現状を変えることができたら、どんなに楽でしょう。でもそれが、とっても難しいことなんですよね。

「暗闇」の中で周りを見るということ

ところで、身近な体験として、夜仕事から帰ってきて、明かりのない部屋に入った瞬間や、明るい部屋にいるとき、突然電気が消えて真っ暗になってしまったときなど、何を感じますか?多くの人は「暗い」、「何も見えない」と感じますよね。見慣れた部屋にいて、何がどこにあるのか分かっていても、「暗闇」の中では不安になったり心細くなったり、得体の知れない恐怖などがこみ上げてくるかもしれません。「見えない」ということが与える心理的影響は、かなり大きいと言えそうです。この「暗闇」での状態は、行き詰って「先が見えない」と感じてしまう状態と似ていると思いませんか?

たとえば恋人や家族、親戚に職場の人間や友人、仕事、取引先、自分の周りには顔見知りだったり親しかったり、身近なことだったりと、自分の生活に慣れた「しがらみ」ばかりあります。しかしその中で、どうすることもできないと感じてしまうとき、つまり「強く孤独を感じてしまうとき」や「気持ちの行き場がない状態」など、「暗闇」と同様、とても強い「不安」や「息苦しさ」を感じることと思います。もし暗闇なら光が少しあるだけで安心できるでしょうし、孤独感や行き場のない苦しさは、誰か一人でも心から信頼できる人がいれば、かなり和らぐことでしょう。進む道がないという八方ふさがり状態だって、自分の心に一筋の希望が持てれば、また状況は変わっていくことでしょう。

言うのは簡単!と、思われるかもしれません。でもちょっと試してみてください。夜、明るかった部屋の電気を消した瞬間、そこが本当に「何も見えない暗闇」なのかどうか。不安な気持ちのままでもかまいません、じっと数分目を開けたまま周りをよく見渡してみましょう。「暗闇」に目が慣れてきて、うっすらいろんなものが見えてくるようになります。普段気にしないような音やかすかな光にさえ、きっと気がつくことでしょう。そんなころ、気持ちは少し落ち着いてきて、「さて、どうしようか」と考えられるようになるかもしれません。そして今度電気をつけたときは、消す前よりももっと明るく感じることでしょう。それが「道を見つけたとき」の気持ちに似ているように思います。

一筋のかすかな光

普段気がつかない一筋の光に気づくこと、それがきっと「行き詰まり」の状態から抜け出す方法なのではないかな、と私は思っています。そのためには、どんなときでも「必ず目を開けて、周りを見ながら落ち着いて待ってみる」ことが大切なのかもしれません。どんな憂鬱な「しがらみ」の中にも、きっと一筋のかすかな光があるはずです。あなたにとってのその「光」を、焦らず、心を落ち着かせて、目をじっと開きながら探してみてほしいと思います。

続きを読む




ストレスが余計に増える考え方のクセ5つ|ストレスコントロールのコツ

ノーイメージ

【執筆者】ピースマインド・イープ

■ピースマインド・イープ株式会社 高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルーム…

もっとみる

ストレスが余計に増える考え方のクセ5つ|ストレスコントロールのコツ

あなたはどのような思考のクセがありますか?

自分の「思考のクセ」について考えたことはありますか?ストレスの原因は様々ですが、「思考のクセ」がストレス源になっている場合があります。合理的に考えられなくなると、ストレスを溜めてしまうことが多いようです。「ネガティブな思考は、性格だから変えられない・・・」とあきらめてしまわずに、まずは自分のクセを発見していきましょう。

1.全か無か

物事を何でも極端に、白か黒のどちらかに分けてとらえ、一つミスがあればすべて失敗してしまっていると思っていませんか?自分に対しても人に対しても足りない部分に目が向いているために、いつまでたっても満足が得られません。

「完全に失敗だ」「ぜんぜんダメだ」「全くうまく行かない」と考えてしまったら、失敗したことより、その状況でもうまくいった部分に目を向けてみましょう。「これだけできている」と自分を認めてから、うまく行かなかったことを今後の課題としてとらえていきましょう。

2.一般化のしすぎ

たまたまよくないことが起きると、いつもそうなると感じてしまい、それにこだわっていつまでもクヨクヨしてしまうことはありませんか?悪い出来事を必要以上に大きいこととして受けとめるため、ネガティブな感情も必要以上に大きくしてしまうようです。

「いつもうまく行かない」と思ってしまったら、本当にいつもうまく行かないのか、立ち止まって考えて見ましょう。過去にはうまくいったことも沢山あったはずです。よくない出来事だけを大げさにとらえるのではなく、「いつもそうとは限らない」「よいこともある」と唱えてみましょう。

3.こころのフィルター

よくない事実にばかりこだわる結果、その他のよい事実がみえなくなってしまうことはありませんか?何事もネガティブにとらえるため、自分には不幸しか起きないと感じて、つい憂鬱な気分に陥りやすくなってしまいます。

「いいことなんてまったくない」「私は不幸だ」と思ったら、ネガティブに偏った関心にとらわれずに、現実の出来事を公平に、そして客観的にとらえていきましょう。悪いことばかりではありません。「不幸なできごとばかりに気をとられすぎなのかもしれない」と振り返ってみましょう。

4.マイナス思考

良いことや自分の成果を過小評価したり、無視してしまうことはありませんか?マイナス思考になっていると、何でもないことや良い出来事まで、悪い出来事にすり替え、すべて否定的に考えてしまうのです。

「こんなの、たいしたことない」「まぐれだから」と考えそうになったら、自分の努力を素直に評価し、よいできごとを積極的に認めて、肯定的に受け入れてみましょう。もっと素直に自分の成果を喜びましょう。「がんばってるじゃない」「うまくできてうれしい」など、声に出して言ってみませんか?

5.先読みのしすぎ

相手が自分を嫌っているのではないか、悪く思っているのではないかと勝手に思い込み、相手を遠ざけてしまうことはありませんか?相手の気持ちの先読みをしてしまうと、相手がどう見ているのか、その評価ばかり気にしてしまいます。「きっと相手は~と考えてるに違いない」「~と思われているのでは・・」と不安になったら、一旦その思考をストップして、自分に対して肯定的に考えるようにしてみましょう。「相手が~と考えているかどうかはわからない」「(もし相手が自分を悪く思おうと)自分には自分のよさがある」など、自分を評価する基準を自分に戻してみましょう。

あなたはどんな思考のクセを持っているでしょうか。自分が陥りがちな思考のクセを知っておくと、いざというときのストレスコントロールに役立ちます。同じ出来事に遭遇しても、とらえかたは人それぞれ。自分を責めて、苦しくさせてしまうのではなく、自分を成長させるための出来事ととらえられるようになるると良いですね。

※この記事は2007年10月に配信された記事です

続きを読む




不幸体質の原因とは?幸せを呼びこむ人になる秘訣

ノーイメージ

【執筆者】ピースマインド・イープ

■ピースマインド・イープ株式会社 高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルーム…

もっとみる

【執筆】岡部淳子カウンセラー

ついてないな、と思う時、あなたはどうしてますか?

「なんとなく最近ついてないな」とか、「この頃うまくいかないことばかりで…」などと思うことってないですか?
ちょっとした不運の連続や、思い通りに事が進まない時期というのは、誰にだってあるものですよね。生まれてから死ぬまでずっとバラ色に彩られていたとしたら苦労はないけれど、そんなことなど、どんな人の人生にもあり得ないのではないかと思います。

そんな時をあなたはどう過ごしていますか? 少し休暇をとって心も体もリフレッシュさせるのもいいですし、自分の大好きなものに触れて元気のパワーをもらうこともできますよね。時には、占いのページを開いたりバイオリズムに説明を求めて、自分を納得させることもあるかもしれません。そしてたいていは、そんなふうにして自分を元気付け、心に力を蓄え、再び訪れる“良い時期”を迎えることができるものだと思います。

けれどもし、そのように自分の心を元気付けたり納得させたりしても、前へと進む力が出なくなってきているとしたら・・・“ちょっとした不運”や“少しの間だけの辛抱”で説明できないくらいに、どんどんとひどい状況に自分が引き込まれていっているのだとしたら・・・そんな時は、少し立ち止まって考えてみてほしいなと思います。その悩みや辛さは、もしかしたら、最初のほんのささいな不運な出来事に、あなたが必要以上に落ち込んでしまい、そのことがきっかけでその後プラスの考え方ができなかったり、前向きな展望を持てなくなったことが原因で、起こっているのかもしれないからです。

あなた自身が自らを不幸の磁石にしていませんか

たとえば、ある時合コンに出かけたとします。好みの男性が参加していたので、勇気を出してアピールしてみたけれど、彼は他の女性のほうに興味があるらしく、そっけない対応が返ってきてしまいました。それは本当にたまたまであって、あなたにとっては長い人生のなかでのささいな不運でしかないのですが、そこで、「ああ、やっぱり私は魅力がないんだ。」「私になんかどうせ彼氏はできないわ。」といったように考えてしまったとしたら、その後の考え方も行動も狭められてしまいますよね。自分に魅力がないと思ってしまっているあなたは、輝かなくなってしまいますし、彼氏ができないと思い込んでいるあなたには、恋愛のチャンスはなかなかやってこないかもしれません。

そして、こういったことは、恋愛に限らず仕事にも他の人間関係にも、同じように起こりうることなのではないでしょうか。自分は駄目だと思い、何が起こってもマイナスに考え否定してしまう・・・それはまさに、あなたが自分自身を、“不幸の磁石”にしてしまっているということなのだと思います。そしてまた、こういった状況は、「不幸が不幸を呼び…」とか「不幸体質」などと、表現されたりもします。何かひとつ不幸が自分に訪れると、それが他の不幸の引き金となってしまっているような、あるいは、なぜか自分にばかり不幸がどんどんと吸い寄せられているような、そういった状況を言うのだと思います。

けれどもしそのように、不幸が不幸を呼んでしまっていたら、その輪を断ち切ればいいのですし、不幸体質ならば、その体質を改善すればいいのではないでしょうか。あなたには、何か理由もなく自分が不幸の磁石になっているかのように思えるかもしれませんが、実際は、他でもないあなた自身が、自分をそのようにしてしまっているに過ぎないのだと思います。つまり、こういった状況は、いくらでも自分の考え方次第で変えることができるはずなのです。

あなた自身が幸せ磁石になる方法

先ほどの例で言えば、一番最初のほんの小さな不運の時点で、考えをマイナスの方向に向けるのとは反対に、「今回はだめだったけど、次があるわ。」と思い、「私の魅力が伝わらなかっただけ。わかってくれる人はまたどこかにいるはず。」と思うようにしてみるのです。(極端かもしれませんが、「私の魅力がわからないなんて、たいしたことないわね。」くらいに思ってもいいかもしれません。) そして更には、「今回うまくいかなかったのは、もっと素敵な人に出会うためなのかな。」とまで思えるようになるのであれば、最初の不運に負けて自分のこれからの可能性を閉じてしまうようなことは、きっと起こらないはずではないかと思います。

つまり、幸せを引き付ける“幸せ磁石”になればいいのですよね。幸せは、「やっぱり、どうせ、~なんか」と、自分の可能性に対して心を狭めている人のところには、なかなかやって来ないのかもしれません。そういった考え方を捨て、人生に起こる辛い出来事苦しい出来事にも、何か感謝できることや学べることを見つけて、明るい気持ちで歩き続けることができる人には、幸せは引き寄せられてくるはずだと思います。幸せといったものが形としてあるのではなく、幸せを感じ取れる心があるかどうかで、幸せになれるかどうかが決まるのですものね。人生に起こるいろいろな出来事から、マイナス要因ばかり見つけて暗い気持ちになるか、プラス要因を見い出して明るい気持ちになるかは、あなた次第。幸せに満たされたあなたの心が、また別の幸せを呼ぶ・・・そういった幸せ磁石に、あなた自身がぜひなってくださいね。

※この記事は2007年1月に配信された記事です

続きを読む



ゲームがやめられない『ゲーム障害』とは?本人に自覚がない場合も…

ゲームにのめりこみ、生活に支障が出てしまう「ゲーム障害」。WHO(世界保健機関)が新たな疾患として追加したことが話題に。その疾患についてまとめてご紹介します。

「ゲーム障害」について世界ではさまざまな議論が

いま、インターネットのゲームに熱中しすぎて、生活に支障がでている人が急増しています。WHO(世界保健機関)が、新しい病気として「ゲーム障害」を国際疾病分類に追加したことが大きな話題に。定義としては、オンラインゲームなどに熱中しすぎて生活に支障がでるというもの。アメリカや韓国では、長時間ゲームを続けた結果、下半身がうっ血して、死亡した事例も報告されています。
ただし、ゲーム障害の研究は対象や方法に一貫性がなく、診断の判定ポイントも示されていないことから、今回のWHOの決定に異議を唱える専門家も。「ゲーム障害」に関して、世界でさまざまな議論が沸き起こっているのです。

ゲームがやめられない『ゲーム障害』とは?本人に自覚がない場合も…

子どもは大人より依存しやすい

ネット依存の専門診療を日本で初めてスタートさせた国立病院機構久里浜医療センターの発表によると、ネット依存の専門外来を受診する患者の90%は、ゲーム、それもほぼ全てが、オンラインゲームに依存しているとのこと。患者で最も多いのが中学生や高校生で、約半数にも及ぶそう。平均年齢は19歳で、さらに低年齢化するとともに、30代40代の患者も増えているといいます。
中高生に多いのは、大人に比べて理性がきかないということが背景にあります。理性を司る脳の部位は、年齢とともに成熟するもの。未成年の頃は大人に比べると理性の脳の働きが低いため、依存しやすいそう。依存行動がひどくなると、よりこの脳の働きが悪くなり、さらに依存しやすいという負の連鎖に陥ります。
また、ゲームに依存しやすい背景には、オンラインゲームの特徴である仲間と協力してゲームをクリアするというところにあります。仲間を作りプレイしていくと“自分は必要とされている”と感じやすくなります。実社会でうまく人間関係を構築できなかった人は、よりゲームにのめり込むようになるのだとか。また、ギャンブル性のある課金システムは高揚感を与え、依存につながる原因のひとつになります。

日常生活よりもゲームが優先になると障害に

ちなみに、「ゲーム障害」は、長時間ゲームをすること自体が病気というわけではなく、ゲームをやりすぎることで人間関係や仕事などに大きな問題が起きている場合にゲーム障害と診断されやすいとか。例えば、ゲームをする時間や頻度がコントロールできない、日常生活よりもゲームが優先で、家庭、会社、仕事、学業などに重大な支障がでているなど。こういった症状が1年以上も続くと「ゲーム障害」と診断される可能性が高いとされます。
しかし「ゲーム障害」や「ネット依存」は自己判断が難しいもの。新しい疾患だけに、診断基準も明確になっていません。
国立病院機構久里浜医療センターのHPでは、アメリカのKimberly Young博士によって作成された「インターネットの依存度テスト」の翻訳版が公開されています。気になる人は、チェックしてみましょう。

出展:http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/289702.html

続きを読む



人間関係が楽になる!ネガティブな感情のコントロール方法

ノーイメージ

【お話を伺った人】菅野 泰蔵先生

東京カウンセリングセンター所長 臨床心理士。ベストセラーとなった「こころの日曜日」(法研)ほか、著書多数。

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

自分の中のネガティブな感情とつき合うコツ。自分のなかの困った部分を楽しく擬人化し、客観視できるように。他人を好意的に解釈するためにも活用!

自分の否定したい部分を擬人化

世の中には感情に振り回される人が少なくありません。こうした人たちに共通するのは、自分のなかのネガティブな感情とつき合うのが上手ではないということ。そんな人に勧めたいのが、ネガティブな感情を上手に受け止める「擬人化セラピー」です。

あなたのネガティブな感情が邪魔をして、周りの人との関係がうまくいかないのなら、自分のなかのネガティブな部分とも上手につき合っていくしか方法はありません。そのためには、その否定したい人格を擬人化し、客観的に見つめてしまおう、というのが「擬人化セラピー」なのです。

人間関係が楽になる!ネガティブな感情のコントロール方法

他人を好意的に解釈する術にも

実は、私のなかにも何かあるとすぐスネてしまう「スネオくん」がいるのです。「スネオくん」は面白くないことがあると、すぐにそれが表情や態度に出てしまう性分です。
でも、この「スネオくん」とうまく折り合いをつけないと、人間関係はうまくいかない。そう思って、自分の中の「スネオくん」について研究してみたところ、彼には、「ミエ子さん」という親しい友だちがいることがわかってきました。それは、私のなかの見栄っ張りな“困った自分”なのです。

このように擬人化セラピーのコツは、簡単につかむことができると思います。擬人化セラピーは、自分のなかのネガティブな部分だけではなく、ポジティブな部分に目を向けたり、他人を好意的に解釈するのにも有効です。

泣き虫のA子さんは「いつも(グスン)、周りの人が(グスグス)、自分を軽蔑したり(グスグス)、笑っているような気がするんです(グスグス)」とべそをかきながら話します。
そこで、「ところで、なぜそんなにつらい仕事を今までがんばってこられたのかな?」と聞いてみると、「それは執念深いから。私って結構しつこいんです」という返事が返ってきました。

つまり、A子さんのなかには、粘り強い「ネン子さん」もいて、泣き虫の「グズ子さん」をいつも慰めたり、励ましたりしながら、これまでがんばってきたのです。彼女のなかには、まだまだいろんな自分がいるはずです。 そのことをA子さんに伝えると、「そうですね。いろんな私に名前をつけてみます」と明るい表情に。

こんなユニークな方法でも、自分と向き合うことができるのです。ネガティブな自分も受け入れて、上手につき合っていくために、あなたも擬人化セラピーを試してみませんか。

(「なんとかなるさと思える本」菅野泰蔵著、法研より)

※この記事は2006年5月に配信された記事です

続きを読む



  1. 1
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一度…
  2. 2
    乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方
    (編集・制作 (株)法研) 早期発見のため毎月の自己検診と定期的な乳…
  3. 3
    頭皮が臭いのはシャンプーのせい?芸能人もやってる『湯シャン』の効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4 太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    おいしく賢いおやつの楽しみ方。小腹が空いたときのエネルギー補給、時間は…
  5. 5
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  6. 6
    運動ゼロで筋肉をつける!たるみ・ぜい肉の引き締め術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  7. 7
    捨てないで!使わない・残った化粧品の意外な使い道
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと シー…
  8. 8
    本当はからだに良くない健康ドリンク6選
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  9. 9 心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    絶望的な気持ちの状態 誰でも人生の中で何度かは、「もう、どう…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  11. 11
    ヤセる秘訣は睡眠の質にある!? 寝るだけダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 眠り…
  12. 12 ストレスが余計に増える考え方のクセ5つ|ストレスコントロールのコツ
    ストレスが余計に増える考え方のクセ5つ|ストレスコントロールのコツ
    あなたはどのような思考のクセがありますか? 自分の「思考のク…
  13. 13 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  14. 14
    不幸体質の原因とは?幸せを呼びこむ人になる秘訣
    【執筆】岡部淳子カウンセラー ついてないな、と思う時、あなたはど…
  15. 15 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  16. 16
    孤独は体に悪い|科学的に証明された、深刻な孤独のリスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 核家…
  17. 17
    老化をSTOP!肌の衰え・疲れやすさ・病気予防に役立つ食事
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと スー…
  18. 18
    あなたのからだの歪み&おデブサインが靴のすり減り方で分かる!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと から…
  19. 19
    辛いものをたくさん食べたらヤセるの?ダイエットのウソとホント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 汗を…
  20. 20
    睡眠中の"よだれ"に潜む意外な健康リスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝、…

一覧