心の問題が原因で食行動が異常になる。回復にはストレスとのつき合い方と家族のサポートが大切。

拒食症、過食症とはどんな病気?

摂食障害は先進国に多くみられ、日本でも若い女性に急増して大きな問題となっています。主に思春期から20代の女性にみられますが、最近は男性にも増えています。
摂食障害には主に拒食症(神経性食欲不振症)と過食症(神経性大食症)とがあります。拒食症は、異常にやせてもまだ太っていると感じて体重が増えることを強く恐れ、やせを維持しようとします。一方過食症は、食べたい衝動が抑えられず、短時間に大量の食べ物を食べますが、あとでそのことを後悔して憂うつになったり、太ることを恐れて吐いたり下剤を使ったりします。

拒食症、過食症とも症状は患者さんによってさまざまで、拒食症から過食症に移行したり、両方を周期的にくり返したりすることも少なくありません。いずれも心理的な問題が原因で食事のコントロールが困難となり、体や心にさまざまな問題を引き起こす、軽視してはいけない病気です。摂食障害の治療と改善には、この病気を理解することが大切です。ここでは、拒食から始まって過食と嘔吐(おうと)をくり返すタイプを中心にみていきます。

頑張り屋さん八方美人は注意!

摂食障害の発症にはストレスを適切に対処する能力が大きくかかわっています。ストレスによって血圧が上る、不眠や気分が落ち込むなど、体にも心にも異常をきたすことはよく知られています。進路や人間関係など思春期・青年期特有の挫折体験を乗り越えられないとき、やせることに没頭するとつらさから逃れられるような錯覚に陥ります。実際に、やせると、つらいと感じる感受性が鈍くなり、嫌なことにも耐えられるようになります。過食はアルコールにも似て、食べている最中は嫌なことを考えないで済むという一時的な逃避の効果が得られます。
負けず嫌いで完璧を求めやすい人は挫折をストレスと感じやすく、発病のきっかけになりやすいでしょう。八方美人でNoを言えない人もストレスをためやすいでしょう。やせると自信を持てるような社会的風潮があり、挫折を感じた女性がダイエットに走りやすいことも、近年の摂食障害患者の増加を後押ししていると考えられます。

拒食症患者の食への執念は深い―肥満の恐怖と飢餓

拒食症の約50%はダイエットがきっかけで発症し、ほかは過労や体調不良などで食欲不振になり、やせ始めてからは太るのが怖くて食べられなくなっていきます。しかし体は餓えているため、食べ物のことばかり考えたり、自分は食べないのに家族に無理に食べさせたり、大量の食べ物を隠し持ったりと、「食」に執着し生活すべてが「食」に振り回されるようになります。約半数は食欲に負けて過食をし、過食の後吐いたり下剤を乱用したりします。そして、肥満への恐怖と飢餓との間で悪循環が生じ、次第に抜け出せなくなっていきます。

痩せすぎ・過食嘔吐のからだへの影響

異常にやせたり過食と嘔吐をくり返したりすることで、体と心には次のようなことが起こってきます。

<やせすぎによる影響>

●体の問題

・無月経
・低血圧
・貧血
・冷え症
・うぶ毛の増加
・便秘
・むくみ
・しびれ
・腹部不快感
・肝臓や胃腸障害
・不眠

これらは体重が回復すれば改善するが、栄養失調状態が長期に及ぶと脳が萎縮したり、生殖器の発育や将来の妊娠に支障が出たり、骨粗しょう症の危険が高まる。成長期では低身長になることも。標準体重の55%以下(身長160cmの場合29.7kg以下)になると、全身が衰弱して命にかかわるため入院治療が必要。

●心の問題

・集中力や判断力の低下
・情緒不安定
・強い不安感
・カッとしたり、生きていることがつらい
・自分はだめな人間、生きている価値がないように思える

<過食・嘔吐による影響>

●体の問題

吐くときは食べた物だけでなく、胃液など大量の消化液、ナトリウムやカリウムなど体に必要な電解質も一緒に吐き出している。その際、胃酸で食道があれて逆流性食道炎になったり、胃酸が歯と歯ぐきを傷め、後に総入れ歯になる人もいる。また、低カリウム血症から不整脈やけいれん発作を起こし、死亡することもある。

●心の問題

大食中は何も考えない解放感があり、吐くと嫌なことがすべて排除できるような錯覚があるのでやめられなくなる。しかし、大食後の抑うつ気分は必ずセットで起こり、自己嫌悪や罪悪感に襲われる。

こうしたことが起こっても本人には病気という意識がなく、また無理に食べさせられて体重が増えるのを恐れ、受診をいやがりますが、進行すると脳や消化器の機能低下によっても食べられなくなります。月経が止まるほどやせた場合、周囲が早めに受診させることが大切です。受診先は精神科、心療内科のほか、摂食障害専門外来がある病院もあります。症状によっては、初めは内科や婦人科に相談してもよいでしょう。

治療にはカウンセリングなど心のケアが必要

摂食障害の治療は、背後にある心の問題に気づき、拒食や過食が不適切なストレスの対処行動であることを認知し、適切に対処する力を学ぶために、心理療法(カウンセリング)を行います。カウンセリングはこれまでの考え方や行動を変えるというつらい作業を伴うため、それに耐えられる体力と思考能力が必要です。そこでまず、病気のメリット、デメリットを説明し、栄養指導や栄養療法で体重を増やすことから始め、体重が35~40kgを超えてから、本格的に心の問題に取り組みます。
食べることへの強い不安やうつ症状に対して抗うつ薬が、胃もたれや便秘に対し胃薬、便秘薬が処方されることもあります。

患者の家族のサポートも重要

摂食障害の治療には、専門家が行う治療とともに、身近にいる家族(親)などのサポートが大変重要です。摂食障害から回復した人の多くが、家族や周りの人が見捨てず支えてくれたことが大変ありがたかったと言っています。
どうしても家族の場合、育て方が悪かったのでは、何がいけなかったのかなど原因探しをしてしまいがちですが、問題はどこの家庭にもあるようなささいなことであることが多く、過去の原因を探しても意味はありません。大切なのは、今困っている娘(息子)をサポートすること。その第一歩は、家族が病気と本人の気持ちを正しく理解することです。食べないのはわがままではなく、食べすぎるのは「意志が弱い」からではなく、病気(肥満への恐怖と飢餓の悪循環)のせいであること、そして症状の背後にある本人のつらい気持ちを理解する。それによって異常に見える行動を理解し、問題に対処しやすくなります。

黙って見守ることも大切―4つのポイント

子どもの行動を責めても効果がないばかりか、かえって追いつめてしまうことになります。ゆっくり休ませてエネルギーが満ちてくるまで待つという姿勢が大切です。ただ見守ることは家族としてはつらいことですが、一番効果があるといいます。
回復には年単位の時間が必要です。安心して休める療養の場に家庭がなれるよう、次のようなことを心がけ、ゆっくりあせらず病気とつき合うことが必要です。

●まずは当面のストレスを取り除いて休ませる
●食事と体重には口出ししない
●本人がほっとできる環境を整える
●甘えたい気持ちを受け止める

<参考ホームページ>
摂食障害の理解と治療のために

(編集・制作 (株)法研)
※この記事は2010年7月に配信された記事です

【お話を伺った人】鈴木(堀田) 眞理

政策研究大学院大学 保健管理センター 教授 1979年長崎大学医学部卒業後、東京女子医科大学の研修医を経て、1985年から2年間、米国ソーク研究所神経内分泌部門に留学。東京女子医科大学内分泌疾患総合…

もっとみる

おすすめ

  1. 『幸運を引き寄せる4つの法則』努力すれば運のいい人になれる!?
    『幸運を引き寄せる4つの法則』努力すれば運のいい人になれる!?
    【執筆】ピースマインド・イープ 藤縄 理恵子 なかなかいい出来事にあ…
  2. 『乾燥肌は老化の第一歩』どうして冬はお肌が乾くの? スキンケアのコツ
    『乾燥肌は老化の第一歩』どうして冬はお肌が乾くの? スキンケアのコツ
    (編集・制作 (株)法研) 真冬は肌のバリアケア強化の季節です。 …
  3. 年末年始を独りで過ごしても、ネガティブにならない心の持ち方
    年末年始を独りで過ごしても、ネガティブにならない心の持ち方
    【執筆】ピースマインド・イープ 水野俊樹 年末年始、世間では様々な場…
  4. 髪の毛の静電気は水分が足りていない証拠!? 乾燥によるフケに注意!
    ブラッシング時の静電気や乾いたパラパラのフケは乾燥が原因。 乾燥や寒…
  5. 痩せすぎの女性が出産すると…赤ちゃんが大人になっても健康に悪影響が
    痩せすぎの女性が出産すると…赤ちゃんが大人になっても健康に悪影響が
    自分のためにも赤ちゃんのためにも食生活の見直しを! 若い「やせ」女性…