婦人科検診を受けるときの服装は? 準備しておくと役立つもの

福本 由美子

【執筆者】福本 由美子先生

済生会奈良病院・松原徳洲会病院婦人科医 1986年奈良県立医科大学卒業。同大附属病院、東大阪市立総合病院、湘南鎌倉総合病院、松原徳洲会病院の産婦人科勤務を経て、大阪中央病院泌尿器科・ウロギネセンター…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

症状に気づいたらためらわずに受診してほしい

婦人科の病気が疑われる症状のなかで、「おりもの」や「不正出血」は自分だけが気づくことができるものです。ですから、そんな症状があれば積極的に相談に来ていただきたいのです。でも、やっぱり恥ずかしくて気後れするのが婦人科の診察だと思います。
「あの内診がいや」
「プライベートなことを根掘り葉掘り聞かれるかもしれない」
「痛い検査があるかもしれない」
と思うと尻込みしてしまう、という人が多いかもしれません。

しかし、受診を先延ばしにしているうちに病状が進んでしまい、生命が危険にさらされたり、妊娠や出産をあきらめなければならなくなることもあります。そんなときは、婦人科医としては「もう少し早く来ていただければ、治療の選択肢があったのに」と残念でならない気持ちになります。
たとえば子宮頸がんは、早い段階で発見して治療できれば、生命にかかわることはまずありません。そればかりか子宮そのものを残すような治療法が選択できる場合も多く、その場合は治療後に妊娠や出産が可能です。そのためには、症状に気づいたらすぐに受診してほしいのです。

前回は、婦人科で聞かれる質問にはどんな意味があるのかについてお話しました。今回は受診にあたっての工夫や、どんな準備をしていくとよいかお話したいと思います。婦人科診察のことをより深くわかっていただければ、受診へのハードルの高さが解消されるものと期待しています。

こんな服装で、こんな準備をして受診しましょう

婦人科の診察を受けるときは、服装はパンツスタイルでなく、ふわっとしたすそ幅の広いスカートが向いています。脱衣スペースから内診台に移動するときに、スカートが下半身を覆うので、むき出しにならずにすみます。また、和服は診察を受けるには向いていません。帯などが腹部の触診の妨げになることも多く、着崩れは避けられません。ウェスト近くまでたくし上げて診察を受けたあとなどは、帯などやり直すことになってしまいます。

内診は、外陰部や腟、下腹部、骨盤内などを目で見たり触診したりして調べる診察方法です。超音波検査やMRI、CT、血液検査などが進歩した現在でも、内診でないとわからないことや判断しにくいことがよくあります。診察を受けに来られた方の全員に行うわけではありませんが、素早く正確に診断するために必要です。

診察のときに持って行くと役立つものとしては、パッド(あてもの)、メモ用紙と筆記用具、スケジュール帳、これまでの検査結果、基礎体温表、お薬手帳などがあります。
パッドは、診察の影響でおりものや性器出血が起きた場合に対応するためです。診察後に念のために当てておけば下着や着衣を汚す心配がなくて安心できます。診察のときにタンポンを挿入する場合もありますので、看護師や医師の説明をよく確認しましょう。

メモ用紙と筆記用具は、医師や看護師への質問事項を書きとめたり、説明の内容を記録したりするのに使います。スケジュール帳は、今後の検査の予定や次回の診察の予約を取るときなどスムーズに日程調整ができます。

これまで受けた投薬内容(お薬手帳)や検査結果がわかるものをお持ちいただくと、診察の参考になります。胃薬や吐き気止め、抗うつ薬の中には月経の乱れを起こすものもありますし、新たに薬の処方を受ける場合にも、飲み合わせで副作用が出ないかどうかも確認できます。

症状の経過や治療、検査の結果、月経の様子(一番最近の月経やその前の月経の日付など)や、これまでの妊娠や出産の状況などについて、思い出して簡単なメモ書きの形にしておくと、問診の際スムーズにやりとりができ、短い時間で正確な情報を伝えることができます。
きちんと診断するためには、患者さんからの十分な情報提供が欠かせません。

基礎体温表が役立つ理由

月経不順や不正出血、無月経の場合には、基礎体温表を持参していただけるとすばやく診断できますし、治療もスムーズに開始できます。朝、目覚めて体を動かす前に口の中で体温を測り、毎日記録して折れ線グラフにしたものが基礎体温表です。測定には基礎体温専用の体温計を使用します。薬局やドラッグストアなどで購入できます。
睡眠時間が短いときや測定時間が普段と大きくずれ込んだときは、そのことをグラフの欄外に記録しておくといいでしょう。睡眠時間が4時間以下の場合には測定値の信頼性が低くなるからです。

血液で調べるホルモン検査は正確ですが、採血した時点でのホルモン値しかわかりません。基礎体温表では、日々のホルモン分泌の変化を推測することができますし、一回一回の周期で排卵がうまく起きているかどうかや、着床の条件を整えるホルモンが十分分泌されているかということも推し量れます。

基礎体温表から排卵日を推測するには

月経から排卵までの体温に比べて、排卵してから月経までの体温が高くなります。この温度差が少なくとも0.3~0.5度程度あって10日以上体温の高い時期が続くと、その周期の排卵はうまくいっていると考えられます。排卵がうまく起きていないときには、体温の変化がはっきりしません。
排卵は体温の低い時期(低温期)の最後の日に起こると考えられています。いつが低温期の最後かということは、後から振り返らないと判断できません。体温がぐっと上った日の前の日がその日ということになるので、体温を測定している途中では、いつが低温期の最後かが推測できないのです。妊娠を希望している人にとっても避妊したい人にとっても、基礎体温だけで排卵日を推定するのが難しいのはこのためです。

基礎体温表は少なくとも3~4週間分が記録されていないと判断しづらいのですが、症状があれば、まずは婦人科を受診して相談しましょう。そのときに、それまで記録している基礎体温表があればぜひお持ちください。
せっかくの機会が効果的で十分な診察となるよう、うまく婦人科を利用しましょう。

※この記事は2009年9月に配信された記事です



孤独は体に悪い|科学的に証明された、深刻な孤独のリスク

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

核家族化が進むとともに、一人暮らしの世帯も年々増加しています。孤独が与える体へのリスクをご紹介します。

ずっと一人で生活していける時代

核家族化が進み、単身者世帯が増加している昨今。内閣府の調査によると、65歳以上の一人暮らしの高齢者は、2015年で592万8千人、2025年には700万7千人になる見込みと、右肩上がりの増加傾向にあります。これに65歳以下の人も含めると、一人暮らしで孤独を感じている人の数はさらに増えるでしょう。

現在では、インターネットの普及もあり、人と関わりたくなければ、ずっと一人で生活していくことも可能な時代。気づけば、1日中誰とも話していないといったことも、珍しくないのでは。

孤独は体に悪い|科学的に証明された、深刻な孤独のリスク

一人だとウイルスに弱くなる

「一人でも大丈夫」と思っている人に、少しドキッとする研究をご紹介します。孤独についての研究を行っているシカゴ大学のカシオポ教授は、孤独な環境下にいると、ウイルス感染を予防する抵抗力を弱めると指摘しています。

孤独は敵の襲来にたった一人で立ち向かうようなもの。孤独な状態は脳をサバイバルモードにし、バクテリアなどの外敵と戦うモードにシフト。すると、体の中のウイルス耐性が下がるというメカニズムがあり、さまざまな病気リスクが高まるのだそう。

遺伝子の働きにも影響が

さらに、日常的に孤独な人は、ストレスの耐性が弱くなっています。そのため、他人の言葉に必要以上に過敏になり傷つきやすくなってしまうそう。それが、さらに人との交流を遠ざけ、孤独を深めるという悪循環にも。一度、孤独が慢性化すると、自分で抜け出すのはなかなか難しいようです。

このストレス耐性が弱くなっているということが、病気リスクを大幅に増加させることにもつながっています。

孤独が続いていると、体はストレス反応を過剰に刺激して、ストレスホルモンのコルチゾールを増加させます。これにより、高血圧や心臓発作のリスクも増加。そのほか、遺伝子レベルでも変化が起こり、孤独な人は炎症を起こす遺伝子が活性化し、反対に炎症を抑える遺伝子の働きが抑制されるそう。

感染症や喘息などの病気を悪化させるほか、炎症はさまざまな病気の大元となる症状のため、病気リスクが高まることが予想できます。

孤独のリスクは「1日1箱のタバコ」と同じ

アメリカ・ブリガムヤング大学のホルトランスタッド教授によると、孤独のリスクは「1日タバコ1箱を吸うこと」に匹敵すると言います。

孤独から抜け出すのは、勇気のいることかもしれませんが、新しい趣味にチャレンジしたり、共通の趣味の人を見つけるなどして、少しずつ人と交流する機会を増やし、社会や地域の人と関わるきっかけを作りましょう。近隣の人と会ったらあいさつをするという小さなことからも、変われる可能性が十分にあります。

出典:http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2017/html/zenbun/s1_2_1.html
https://www.livescience.com/52888-loneliness-health-inflammation-viral-infections.html
https://journals.plos.org/plosmedicine/article?id=10.1371/journal.pmed.1000316

続きを読む




乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方

【執筆者】岡野 匡雄先生

(財)東京都保健医療公社 東京都多摩がん検診センター副所長 昭和45年日本大学医学部卒業。内科研修後日本大学医学部病理学教室へ。昭和57年助教授となり米国へ留学。2年後日本大学へ復帰し、平成2年ま…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

早期発見のため毎月の自己検診と定期的な乳がん検診を習慣に。毎年4万人以上の日本人女性が新たに乳がんにかかっている。壮年層の女性ではがんの死亡原因のトップ。

早期発見には検査が必要

10月は「乳がん月間」です。乳がん啓発活動のシンボルマークである「ピンクリボン」を目にしたことがある人も多いでしょう。今年も全国各地で、乳がん検診の普及促進をはじめ、さまざまな啓発活動を行うピンクリボン運動が、患者団体や行政、企業などによって行われています。

もともと乳がんは欧米の女性に多く、日本人女性にはあまり多くありませんでしたが、1980年代ごろから急増しはじめました。その後も乳がんにかかる日本人女性は増え続け、死亡者も年々増加しています。今や乳がんは日本人女性がかかる最も多いがんとなっており、毎年4万人の女性が新たに乳がんにかかっていると推計されています。

多くのがんは60歳すぎから急増しますが、乳がんの場合は20代後半から増えはじめ、最も多いのが40代、50代で、60代、70代、30代と続きます。30~64歳の壮年層の女性では、がんの死亡原因のトップが乳がんですから、働き盛りの女性にとって、乳がんは最も危険ながんといえます。

ほかのがんと同じように、乳がんも早期発見、早期治療が大切です。早期に発見できれば治る確率が高く、幅広い治療法が選択でき、治療後の経過もよいのです。
乳がんは硬いしこりをつくるものが多いため、早期のうちに自分で触って気づくことができる唯一のがんですが、何気なくふれて気づいたような場合は進行していることが多いのも事実。しこりが小さい早期に発見するためには、正しいチェック方法で毎月自己検診を行うことと、定期的に乳がん検診を受けることが必要です。

乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方

しこりがわかる前に発見できるマンモグラフィ検査と超音波検査

しこりが2cm以下で転移もない状態で発見して治療すれば、10年生存率は約90%、それより早く、しこりとしてふれない段階に発見できれば約95%、つまりほとんど完治できるといえます。この、しこりとしてふれない乳がんを発見するのに役立つのが、マンモグラフィ検査と超音波(エコー)検査です。

マンモグラフィとは乳房専用のX線撮影のことで、視触診ではわからない小さながんだけでなく、しこりになる前の「微小石灰化」というごく初期にみられる病変も見つけることが可能です。乳房はそのまま写すと乳腺などの組織が重なって写ってしまうため、マンモグラフィ検査では透明なプラスティックの板で乳房をはさんで圧迫し、薄く引き伸ばして撮影します。圧迫により痛むこともありますが、緊張すると余計に痛みを感じやすいので、できるだけリラックスして受けるとよいでしょう。

欧米ではマンモグラフィによる乳がん検診の普及によって早期に発見されるがんが増え、死亡率も低下しています。日本では2000年から自治体の乳がん検診に導入され、40代と50歳以上の女性の「視触診とマンモグラフィの併用」は、有効性が高いことが証明されています(厚生労働省「がん検診の有効性評価」)。

超音波検査は、あまり小さい石灰化は、時に見つけることができませんが、指ではふれない数ミリ程度のしこりをみつけることができ、X線を使用しないため妊娠中でも検査が可能です。また、若い人や乳腺が発達した人の場合は、マンモグラフィよりも効果が高い場合もあります。

乳がんの危険因子をもつ人は早めに検診を

市区町村で行われる乳がん検診の場合、対象は40歳以上で2年に1回が目安ですが、自治体によって異なる場合もあるので、問い合わせてみるとよいでしょう。職場で受ける場合も実施状況は職場ごとに異なります。

乳がんは誰でもかかる可能性がある病気ですが、次のような場合はとくにかかりやすいといわれています。一つでも当てはまる人は、できれば30歳代から自主的に乳がん検診を受けましょう。

●近親者(とくに母、姉妹)に乳がんになった人がいる
●妊娠・出産・授乳の経験がない、または高齢出産である
●初潮年齢が早く、閉経年齢が遅い
●乳房が大きい
●肥満している(BMI:25以上)

自己検診は20歳代から習慣づけたいものです。月経5日目ごろから1週間以内に行うのがよく、閉経後の人は自分で日を決めて、毎月1回行いましょう。

(1)鏡で見て左右の乳房の形の違いやゆがみ、ひきつれ、乳首のへこみやただれなどがないかチェック。腕を上げた状態と下げた状態で行う。
(2)調べる乳房と反対側の手の指をそろえ、指のはらをすべらせるように、乳房の外から内に向かって全体を軽く触れていく。鎖骨の下からわきの下までまんべんなくチェック。入浴中、手に石けんをつけて行うと小さなしこりにも気づきやすい。乳房の大きい人はあお向けに寝て行うとよい。
(3)乳房や乳首を軽く絞り、分泌物が出ないかチェック。

もしも気になる異常を見つけたら、自己判断せず、すぐに乳腺科か乳腺外科を受診しましょう。

(「すこやかファミリー」法研より)

※この記事は2008年10月に配信された記事です

続きを読む




ハンドドライヤーは不衛生で雑菌をまき散らす!?ハンカチは大丈夫?

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

あなたはトイレで手を洗った後、ハンドドライヤーとハンカチのどちらを使いますか? 使い方次第では、逆に不衛生になっている可能性もあるので注意して!

温風が手に残った細菌をまき散らす!?

会社やレストラン、駅や商業ビルなどの公共トイレでも、必ず設置されているのが、温風で濡れた手を乾かすハンドドライヤー。強力な温風が手についた水滴を吹き飛ばし、数秒で手を乾かしてくれます。一方、ハンドドライヤーは使わず、手持ちのハンカチを利用している人も。どちらが、衛生的なのでしょうか?

まず、ハンドドライヤーの衛生状態からご紹介しましょう。英国リーズ大学の研究によると、高い出力で水滴を飛ばすタイプと、温風で手を乾燥させるタイプを検証。ペーパータオルで手の水滴を拭き取った時と細菌の数を比べました。すると、高い出力で水滴を飛ばすタイプは、ペーパータオルで拭き取った時より27倍、温風で手を乾燥させるタイプは4.5倍の細菌数になったそう。温風を手に当てることにより、自分の手についた細菌を広めてしまったり、人の手についた細菌ももらってしまう可能性が高いのだとされます。

ハンドドライヤーは不衛生で雑菌をまき散らす!?ハンカチは大丈夫?

ハンカチを何度も使う人は何枚か持ち歩いて

それでは、ハンカチはどうでしょう? ハンカチの場合、濡れた手を拭くと、湿った状態でバッグやポケットにしまうことになります。湿った状態は細菌にとって、繁殖するのに絶好な条件に。ハンカチは最低でも1日に1回、清潔なものに取り替える必要があります。そして何度も使う場合は、事前に何枚か用意しておきましょう。

しっかり手を洗うことが基本

しかし、もともと手には細菌がいるものですし、細菌はドアノブなどあらゆるところにいて、手に付着するもの。そして、トイレの後の手洗いは、手についた細菌をゼロにするのが目的ではなく、大腸菌など危険な菌を体に侵入させないことにあります。重要なのはトイレから出た後、石けんで手の指の間や爪の間まで丁寧に30秒ほどかけて洗い、菌を残さないことです。また、その後に菌がついても手が乾燥していれば、菌は繁殖することなく死んでいきます。ですから、ハンドドライヤーを使うときはしっかり乾かす、またハンカチは乾いたものを使う。これを守っていれば、神経質になりすぎる必要はないと言えます。

出典:http://www.leeds.ac.uk/news/article/3629/hand_dryers_can_spread_bacteria_in_public_toilets_research_finds

続きを読む



恋愛するとキレイになるのは本当?からだに与える意外な影響

【お話を伺った人】松下 祥先生

埼玉医科大学免疫学教授、医学博士 九州大学医学部卒業。日本では珍しいライター病の症例との出合いを契機に遺伝学・免疫学の研究者に。熊本大学大学院助教授を経て2001年より現職。アレルギー、自己免疫な…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

自律神経がバランスよく働くとき免疫力もアップする!恋愛には、自律神経の交感神経と副交感神経を適度に働かせ、免疫系を活性化させる効果があります。

免疫力に影響を与える自律神経

ステキな恋をしていると免疫力が高まる!? これは本当のことです。恋愛と免疫力という一見何の接点もないようなこの2つが、実は根本の部分で深くかかわっているのです。白血球は、免疫系で重要な役割を果たしていますが、その免疫細胞の働きに大きな影響を与えているのが自律神経です。

自律神経は私たちの思いとは無関係に、呼吸、血液の循環、消化・吸収などにかかわる内臓の働きをコントロールしています。それによって、私たちの命を守り、生命活動を維持しているのです。

重要なのは交感神経と副交感神経のバランス

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、状況に応じてどちらかが優位になるように、うまく切り替わっています。

たとえば、仕事や勉強などで緊張感を保たなければならないときは交感神経が優位になっています。また、怒りや恐怖を感じて身を守る必要があるときにも、交感神経が優位になって、体が次の行動を起こしやすいように準備体制を整えます。反対に、休息して、心身がリラックスしているときや安心感に包まれているときには、副交感神経が優位になります。

免疫系をよく働かせるためには、どちらか一方が優位になりっぱなしという状況は好ましくなく、この2つの自律神経が適度にバランスよく働いている環境が望ましいといわれています。

緊張とリラックスの切り替えが免疫力を活性化させる

では、なぜ恋愛は免疫力を高めることにつながるのでしょうか。その効果は、交感神経と副交感神経がタイミングよく切り替わることにあると考えられています。切り替えによって自律神経が活性化され、その刺激を受けた免疫系も活動的になるということです。

ステキな恋愛の最中は、いつも彼(彼女)のことで胸がいっぱいで、次のデートへの期待に胸をワクワクさせたり、彼(彼女)の言動に一喜一憂したり。幸福感と満足感に包まれる一方で、ハラハラ、ドキドキもして、交感神経と副交感神経が適度に切り替わりながらバランスよく働いているのです。だから、心も体も充実し、免疫力もアップするというわけです。

というわけで、ステキな恋をしている人は免疫力が高まり、心身ともに充実し、メリハリのある生活を送ることができるのです。

(「免疫力がアップする50の法則」松下 祥監修、法研より)

※この記事は2006年4月に配信された記事です

続きを読む



歩くとツライ、外反母趾。大きめの靴を履くのはOK?正しい靴の選び方

【お話を伺った人】井口 傑先生

慶応義塾大学医学部総合医科学研究センター・整形外科教授 昭和45年、慶應義塾大学医学部を卒業。平成2年に慶應義塾大学医学部整形 外科講師、平成17年から慶應義塾大学医学部総合医科学研究センター・整…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

外反母趾の靴選び、自宅でできる運動療法などを紹介します。親ゆびの関節が変形して起こる外反母趾。自分でできる診断法を紹介します。チェックしてみましょう。

親ゆびのつけ根部分が出っぱって、靴を履いて歩くと痛む…

そんな方は、外反母趾を疑ってみるといいでしょう。外反母趾は、足の親ゆびが小指の方に曲がる(外反する)病気です。親ゆびのつけ根の関節が飛び出して靴に当たり、痛みが生じます。はじめのうちは、靴を脱げば痛みが治まりますが、そのうち歩くだけでも曲がりが進行するようになり、ひどくなると親ゆびが第2指の下にもぐり込んでしまいます。

外反母趾の診断には、X線撮影が行われます。親ゆびの関節の出る角度(外反母趾角)が15度以上が外反母趾です。20度では軽症、20~40度は中等度、40度以上は重度の外反母趾といわれます。

また、外反母趾を自分でチェックする簡単な方法もあります。紙の上に体重をかけて立ち、足の内側のラインに線を引きます。親ゆびの一番出っぱった位置で交差する、親ゆび寄りの前側の線と後ろ側の線を分度器で測ると、つけ根の出ている角度がわかります。自宅測定の場合は、X線より角度を大きく判断し、20度以上を外反母趾と呼びます。

歩くとツライ、外反母趾。ゆるい靴を履くのはOK?正しい靴の選び方

先のとがった靴はダメ! でも幅広の靴でも痛みが

外反母趾の原因は、素質、女性、ハイヒールの3つ。外反母趾は遺伝的な疾患ではありませんが、足の形状の特徴などから、親から子へと受け継ぎやすい病気です。さらに女性の場合、筋肉が柔らかく、外反母趾に冒される割合は、男女で1対10と差があります。そして、ハイヒールなど先細の靴を履くことで、後天的に症状が悪化します。

それでは、外反母趾の症状のある人は、どんな靴を選べばいいのでしょうか。

外反母趾の人は、幅広の靴を選びがちですが、これは間違いです。ゆるすぎると、靴として足を支える力が失われ、一時的には痛みが減っても、かえって変形を進行させることがあります。

靴選びのポイントは、出っぱった部分に幅を合わせず、元の足の幅で選ぶこと。そして、出っぱった部分があたっても痛まないよう、お店でその部分の革を器械で伸ばしてもらったり、革が柔らかくなる柔軟剤を塗ってもらいましょう。

症状がひどい場合の治療法

外反母趾は、日常生活に支障がない程度なら、とくに治療は必要ありません。しかし症状が改善されないときは、装具などを使った治療を行います。 装具は、足底板や痛みを和らげるためのフットケア用品として市販されています。

足底板は靴の中敷きのようなもので、足の裏のアーチを支えます。こうした靴に入れて使う装具は、靴のゆとりに十分気をつけ、装着したとき、足に合っている状態で使用することが大切です。装具が合っていないと、かえって外反母趾の症状が進行させてしまうことがあります。 どうしても変形を治したいというときは、中足骨を切る手術が行われます。4~10日くらいの入院が必要ですが、この手術によって足の変形はほぼ治ります。

最後に、自宅でできる外反母趾の簡単な運動療法をご紹介しておきましょう。根気よく続けて、外反母趾の進行を防ぎたいものです。

[タオル寄せ運動]

椅子に座って、床に敷いたタオルを足のゆびでたぐり寄せます。足の筋肉を強化するので、へん平足などの予防にもなります。

(「クリニックQ&A」、法研より)

「歩くとつらい!外反母趾の対処法」
井口傑先生(慶応大学医学部総合医科学研究センター)
日本靴医学会

※この記事は2006年7月に配信された記事です

続きを読む



  1. 1
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  2. 2
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一度…
  3. 3
    乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方
    (編集・制作 (株)法研) 早期発見のため毎月の自己検診と定期的な乳…
  4. 4
    頭皮が臭いのはシャンプーのせい?芸能人もやってる『湯シャン』の効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    おいしく賢いおやつの楽しみ方。小腹が空いたときのエネルギー補給、時間は…
  6. 6
    捨てないで!使わない・残った化粧品の意外な使い道
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと シー…
  7. 7
    運動ゼロで筋肉をつける!たるみ・ぜい肉の引き締め術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  8. 8
    本当はからだに良くない健康ドリンク6選
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  9. 9 心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    絶望的な気持ちの状態 誰でも人生の中で何度かは、「もう、どう…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  11. 11
    孤独は体に悪い|科学的に証明された、深刻な孤独のリスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 核家…
  12. 12 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  13. 13 ストレスが余計に増える考え方のクセ5つ|ストレスコントロールのコツ
    ストレスが余計に増える考え方のクセ5つ|ストレスコントロールのコツ
    あなたはどのような思考のクセがありますか? 自分の「思考のク…
  14. 14
    不幸体質の原因とは?幸せを呼びこむ人になる秘訣
    【執筆】岡部淳子カウンセラー ついてないな、と思う時、あなたはど…
  15. 15
    ヤセる秘訣は睡眠の質にある!? 寝るだけダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 眠り…
  16. 16 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  17. 17
    わたしも当てはまるかも?『コミュ障』の人に多い5つの特徴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと コミ…
  18. 18
    辛いものをたくさん食べたらヤセるの?ダイエットのウソとホント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 汗を…
  19. 19
    老化をSTOP!肌の衰え・疲れやすさ・病気予防に役立つ食事
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと スー…
  20. 20
    睡眠中の"よだれ"に潜む意外な健康リスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝、…

一覧