ジメジメした季節は肌が不安定に…梅雨から夏のスキンケアのポイント

山崎 多賀子さん

【執筆者】山崎 多賀子さん

美容ジャーナリスト 美容、健康に関する幅広いジャンルで長年取材を続ける。自らの乳がん体験から、各種NPO団体でのサポート活動、講演やがん患者対象のメイクセミナーにも力を注ぐ。NPO法人CNJ認定乳が…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

じめじめした夏の「美肌的」快適生活術。室内の空気や肌に触れるものを清潔にして気分を爽やかに。質のよい睡眠をとり、お風呂で体を清潔に。

雑菌が活性化するじめじめした季節は、肌の環境づくりが大事

こんにちは。そろそろ梅雨時ですね。これからぐっと蒸し暑くなっていくことでしょう。

こんな季節、肌がむずがゆかったり、いやに毛穴が開いたり、ニキビができたりしませんか? 実は、湿気と温かい空気は、雑菌の大好物。空気中には活発化した雑菌がたくさん潜んでいるんです。その環境のなか、こまめにハンカチで汗をぬぐったり、たびたび顔を洗うと、肌表面にいて、外からの雑菌をプロテクトしている常在菌の数が手薄になり、かぶれたり、ニキビになるなどトラブルを起こしやすくなるんですって。

だからといって、汗にはかゆみの原因になる物質が混じっているので、汗をかいてそのままにしておくのもよくありません。もちろん、運動などで汗をたくさんかくことは体にとっていいことだけれど、じわじわとかき続けるのでは、肌がくたびれてしまいます。

ということで、じめじめ季節は乾燥はしないものの、肌は不安定になりがちです。こういうときは、スキンケアも大切だけれど、肌の環境づくりがとくに大事です。

気分がすっきりすると、肌もすっきり安定

たとえばエアコンよりも、除菌・消臭効果のある除湿器で室内の湿気と雑菌を吸い取るのは効果的。空気がカラッとするだけでずいぶん爽やかになるので、室温を下げなくても快適に過ごせますから、冷房病に悩まされることもありません。

また、ハンカチやタオル、枕カバーなど、顔に触れる寝具は、こまめに洗って清潔に保つこと。こまめにお掃除をして、室内のホコリを取り除いておくこと。こんなことでも、肌の状態は変わってくるものです。

また、シトラスやミント、ラベンダー、ユーカリなど、爽やか系の芳香剤やフレグランスで、気分を爽やかにするのも、じめじめ感をとるのに実はとっても効果的。肌と脳は連動しているから、気分がすっきりすると、肌もすっきり安定してくれるんです。

質のよい眠りこそ、美肌の最強エッセンス

寝苦しい夜などは、エアコンをガンガンに効かせるのではなく、リラックスできて爽やかなエッセンシャルオイルをコットンに一滴垂らして、パジャマのポケットに入れてみてください。ほのかな香りが暑さを軽減し、深い眠りへと誘ってくれるはず。
日中に負った細胞ダメージは、睡眠中、成長ホルモンなどが修復してくれるので、質のよい眠りこそ、美肌の最強エッセンスです。小さいニキビならひと晩で治ってしまう場合もあります。夏はとくに快適に眠れるよう、色々な工夫をするといいですね。

そして夏だからといって、入浴を烏の行水程度ですませてしまうのはもってのほか。冷房による冷え対策はもちろんですが、それ以外に雑菌・悪臭対策に入浴は欠かせません。
とくに夏、雑菌の温床になりやすいのが靴の中。だから足は、指の股や爪の甘皮、爪の内側に入り込んだ汚れもきれいに落とさないと、足臭がついて、なかなか取れません。ちなみに足の悪臭の元は、イソキッソウ酸という、垢など皮膚の老廃物が分解されたときに発生する悪臭物質です。悪臭はストレスの原因になることも明らかになっているんですよ。この物質が残った体で寝具に潜り込んだら……。言わずもがなですね。
そのほか脇の下など湿気がこもるところもお風呂で清潔に洗い流すことも、臭いの問題だけでなく美肌のために有効です。

できることからぜひ試してみてくださいね。

※この記事は2010年6月に配信された記事です



コスメ断捨離のススメ。30歳以上の女性に本当に必要な化粧品は?

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

コスメポーチがいつもパンパン。本当にそれ、すべて必要ですか? 時間がない朝にも役立つ、コスメを断捨離してメイクの質をあげる方法をご紹介します。

コスメ断捨離のススメ。30歳以上の女性に本当に必要な化粧品は?

少数精鋭のコスメを使い“抜け感”をあえて残して

忙しい朝、女性がメイクにかける時間は、5〜15分が多いそう。その短時間で、メイクを完璧に仕上げようと必死になったり、逆にあきらめて手抜き感のある顔で出かけていませんか? 実は旬のメイクは、全てを完璧に仕上げるのではなく、抜け感を残すもの。完璧にメイクすると逆に老けた顔になってしまいます。短時間でもキチンと仕上げるコツは、少数精鋭の厳選コスメをフル活用してメイクすること。短時間で仕上がるのに、手抜き感のない、おしゃれなメイクのコツをご紹介します。

30歳以上の人に本当に必要な5つの化粧品

○ピンク系下地

ぜひ取り入れてもらいたいのが、ピンク系の下地。30代からおこりがちな顔のくすみをとり、血色をよくしてくれます。顔の中心から外に伸ばすように塗りましょう。これでお疲れ顔が解消。乾燥肌の人は、美容液などが入った保湿効果の高いものを取り入れると、化粧もちもよくなります。

○コンシーラー

ピンク系の下地で、ある程度肌のベースは整っているので、次はコンシーラーで、気になる部分をカバーしていきましょう。ミニマムメイクでおすすめなのは、スティックタイプのコンシーラー。これで気になるクマ、シミ、鼻のまわりの赤みをカバーしていきます。目の下のクマを隠すには、クマの暗い部分と、頰の境目をぼかすのがコツ。少量を手にとり、境目にポンポンと指で置いていきましょう。その指に残った分で、鼻のまわりや気になるシミをカバーして。完璧に隠そうとすると、そこだけ厚塗りになって逆に目立つので、少量づつつけて、ぼかすようにして。あえてファンデーションは使わずに素肌感を残すことで、抜け感を作ります。

○ハイライト

肌になじみやすい練りタイプやスティックタイプのハイライトを1本用意。こちらも手にとって、鼻の高い位置や、頬骨に少量のせていきます。顔の高い部分に光を集めることで、顔にメリハリが。またツヤっと輝くことで、顔がイキイキして見えます。

○アイブロウ

高性能な2wayタイプがおすすめ。ペンシルとパウダーが1本になったアイブロウを用意して。眉がしっかり生えている人は、パウダー側でうっすら眉の輪郭を整える程度で十分。眉の生えてない部分がある人は、ペンシルで眉毛を1本1本書くようにし、その後パウダーでぼかしましょう。

○ティントリップ

昨今の流行アイテムのティントリップ。一度、つけると色味が長続きするので、塗り直す手間がいりません。ミニマムメイクを目指すなら、薄づきタイプのオイルティントを選んで。リップ感覚で塗れるし、多少はみだしても目立たないので、時間のない時は鏡を見ずに塗っても大丈夫なほど。1本持っておくと便利です。

たった5つのアイテムですが、短時間でも手抜き感のないおしゃれ顔が作れます。コスメポーチを見直してみて!

続きを読む




肌年齢マイナス14歳!アラフォー女性に聞いたお肌の乾燥対策

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

つや肌のアラフォー美女が自ら実践する、美肌ケアのコツをご紹介。

肌年齢マイナス14歳!アラフォー女性に聞いたお肌の乾燥対策

“クリーム密閉使い”で38歳だけど肌年齢24歳!

1児の母でアラフォーなのに、肌年齢が24歳(!)だったのが、矢野さん。美肌のワケは“クリーム使い”でした。化粧水をつけると、肌の深層部が乾く感じがするということで使うのをストップ。そして、ジェル状美容液を塗ったあと、たっぷりのクリームを使う“密閉ケア”に。肌の潤いが続くうえ、塗ったついでにリンパマッサージをすれば顔のむくみがたまらないとか。肌力の低下に気づいて早めにケアを変えたことで、シワひとつない若肌に!

矢野さんのハリ肌生活のコツ

○ “クリームなでマッサージ”でデコルテまでつやつやに

洗顔後は美容液とクリームで潤いを密閉。上→下へ弱い力で肌をなでて、鎖骨までリンパを流すことで、むくみ・たるみを防いでつや肌に。

○クリーム携帯で日中もしっとり感をキープ

日中は携帯用クリームを持ち歩き、小ジワの原因になる乾燥から肌をガード。目尻や口元につけ、指で温めて密着させればメイクも崩れません。

○ 乳液ひたひたコットンで角質オフしてたまご肌に

肌を柔らかくする乳液で、週1回角質オフ。コットンに乳液をひたして優しくクルクル。古い角質がとれ、ザラツキのないたまご肌に。

自分の手を美顔器代わりにしてトラブルゼロ肌

接骨院で働く骨格のプロで2児の母でもある、アラフォーの光永さん。平熱が36度6分と高いので、手がいつも温かく、この手が美顔器代わりに! もともと肌が弱いそうですが、ただ塗るだけでなく、手で肌を温めてコスメを浸透させるようにしたら、トラブルが減ったのだとか。さらに蒸しタオルで温めると肌の調子がアップ。

光永さんのハリ肌生活

○ 化粧水は手の温度で奥までじんわり浸透

化粧水を塗るたび、手のひら全体でプレス。肌の奥に美容成分を押し込むイメージで行うとしっとり。時間が経っても肌が乾燥しません。

○ 朝のねぼけ肌が蒸しタオルでふわり

朝は冷水で洗って目を覚ました後、レンジで温めた蒸しタオルでスチーム。冷たくて硬い朝の肌が、蒸気と温度でふっくら柔らかくなります。

○ メイク落とし&洗顔は湿度たっぷりのお風呂で

お風呂はまずシャワーを出して、浴室を湿度たっぷりにして、メイク落としを。蒸気でメイクを浮かせることで、肌への負担が軽くなります。

続きを読む




肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法

提供:gooヘルスケア

つらい「肌荒れ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

内臓をととのえて、早めに対処を
肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

「皮膚は内臓の鏡」と言う言葉をご存知でしょうか。”肌荒れは、臓器の状態のあらわれ”という考え方にもとづいた言葉です。

肌荒れには、ニキビなどの炎症が起こるタイプと乾燥によって皮膚がかさつくタイプがあります。

ニキビは、胃の不調から熱をため込み、その熱を発散させようとしてあらわれます。このとき、多くの場合は瘀血(お けつ)になっています。

かさつきは、栄養不足による血虚(けっ きょ)や、水分のバランスが悪くなる水毒(すい どく)などで生じます。

いずれのタイプも、ストレス、暴飲暴食、栄養や水分の偏りが原因として考えられます。肌のトラブルは、放置するとシミやシワが定着しやすくなりますので、原因を探り、早めに改善しましょう。

 

漢方処方

*肌荒れに加えて、胃の調子が悪い場合

暴飲暴食や、胃の働きの低下による消化不良で胃に負担がかかり、体の中に熱をため込んでしまっていると考えられます。熱を発散して気、血の巡りを改善するには、温めて熱を出させる作用のある桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や半夏厚朴湯(はん げ こう ぼく とう)が有効です。

*脂性肌で、赤みが強いニキビがある場合

芯のあるニキビがあり、顔面に熱がのぼって発散できていない可能性があります。肌の機能を正常にととのえる作用がある清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)を処方します。

*膿や熱を持った、痛みを伴うニキビがある場合

赤みだけでなく、化膿している場合は、薄墨色のような顔色の場合が多く、体内に毒素がたまっていると考えられます。このような症状には、十味敗毒湯(じゅう み はい どく とう)を処方します。

*月経前や月経中にニキビができる場合

月経周期に関連してニキビができる場合は、瘀血が原因だと考えられます。このような場合には、血の流れを改善し、月経不順の改善やニキビの改善に処方される桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)が有効です。

*乾燥とかゆみがある場合

水分が必要なところに行き渡らず、血も不足して肌に栄養が届いていない可能性があります。肌の湿疹や乾燥のかゆみを鎮める作用のある当帰飲子(とう き いん し)は、当帰(とう き)、地黄(じ おう)など血の巡りをよくし、水分を保つ作用の生薬(しょうやく)が配合されています。

*ストレスが多い場合

気の巡りが悪くなっている気滞が原因だと考えられます。環境の変化など、ストレスの原因がわかっている場合は、その原因をとりのぞきましょう。心身のバランスをととのえ、精神を安定させる作用のある、加味逍遥散(かみしょうようさん)がおすすめです。

西洋医学の考え方症状

ニキビには、毛穴が詰まる白ニキビ、酸化して黒ずむ黒ニキビ、黒ニキビが悪化して炎症を起こす赤ニキビ、さらに悪化した化膿ニキビなどがあります。

私たちの肌には、肌を正常に保つための常在菌があり、その常在菌の一つが、皮脂を好み、ニキビを発症させる性質があるアクネ菌です。このアクネ菌が活性化して繁殖すると、ニキビになると考えられています。このほか、ホルモンバランスや生活の乱れなどによっても、ニキビはできやすくなります。

 

対処法

ニキビを防ぐには、刺激の強くない石けんなどで洗顔して、毛穴の汚れをとりのぞき、皮脂の過剰分泌を抑えるために、しっかり保湿することが基本となります。スキンケアだけでは改善しないくらい悪化した場合には、ステロイド剤、抗菌薬の塗り薬や内服薬などを使って治療していきます。

続きを読む



ゴム手袋が”手荒れ”の原因になる!?意外と知られていない手荒れの元凶

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

冬の季節にひどくなる手荒れ。ハンドクリームを使ってもよくならない人に向けた手荒れ対策のコツをご紹介。

ゴム手袋が”手荒れ

手荒れ対策は原因を特定することが大切

冬場は、手荒れのトラブルが増える季節。もともと手肌は、曲げ伸ばしが多いことによる皮膚の伸縮や、さまざまな物との接触、ひんぱんな手洗いなどで、よく働かされる部位です。そのため、手肌のトラブルの場合、何かを塗ればおさまるとはいかないことがほとんど。全国から寄せられる手肌のトラブルの相談に答えている“手荒れのプロ”の浄弘(じょうぐ)貴子さんによると、どんなに効果のある治療を行っても、原因を特定してその対策を講じないと、すぐに再生や悪化を繰り返してしまうそう。まずは原因をつきとめて、症状に合ったケアを行いましょう。

ゴム手袋は素材を選んで

実は、ラテックス(天然ゴム)製のゴム手袋が原因による、手湿疹が急増中! ある日突然、ゴム手袋にアレルギー反応を起こして悪化するケースもあります。一度発症したら、「ラテックスフリー」などの素材のゴム手袋に替えましょう。ゴム手袋の下に綿手袋をしても、ラテックスアレルギーの原因物質は水溶性のため、汗や蒸れで溶け出してしまい、完全に防ぐことはできません。また、ゴム手袋を選ぶ際には、使用されている加硫促進剤にも注意を。製品の注意書きをしっかり確認することが大切です。塩化ビニール製手袋は、一部の薬品は透過してしまうため、状況に応じて使い分けましょう。

絆創膏は貼りっぱなしにしない!

パックリ割れた部分が痛むからと、絆創膏で常に覆っていたり、液体絆創膏でくっつけた状態にしていませんか? 絆創膏で痛みがやわらぐのは、患部を「蒸れた」状態にすることで、表皮がふやけた状態になって痛みが軽減されるだけ。絆創膏を外して乾いてくるとすぐに割れてしまい、パックリ割れの原因になります。対策には、こまめな保湿ケアで皮膚を柔らかい状態にキープすること。パックリ割れを繰り返すのは、乾燥して固くなった皮膚が、関節を曲げた時に裂けるからです。通気性のあるワンサイズ大きめの綿手袋で乾燥を防ぐのも効果的。

ジェルネイルのUVライトは要注意

ジェルネイルをしていて、水泡をともなった湿疹ができた場合、原因は紫外線である可能性が考えられます。UVライトを使う仕事や作業も同様で、歯科医が使う硬化剤も紫外線を当てるため、歯科衛生士や歯科医の症例もあります。対策にはUVライトの使用を控えること。これだけですぐ改善する場合が多いのです。外出時には手袋や日焼け止めを使用して、紫外線を防ぐように心がけましょう。

続きを読む



ボディーソープで肌荒れ!?清潔のつもりが皮膚を傷めることに…

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

清潔を気にしすぎると、逆に肌がボロボロに……。ボディーソープが原因で起こる肌荒れの危険性についてまとめました。

ボディーソープで肌荒れ!?清潔のつもりが皮膚を傷めることに…

薬用ボディーソープや石鹸は洗浄力が非常に強いものも

世界で一番清潔な国とも言われる日本。ドラッグストアにはたくさんの抗菌、除菌グッズのほか、体の消臭や殺菌グッズまでが売られています。清潔にしておくことは、マナーの一部ですが、逆にニオイや菌を気にしすぎて肌荒れを起こす危険性も。

特に、ボディーソープは全身に使うもの。洗浄力の強いものを使うと、全身が乾燥してかゆみを起こす可能性もあります。なかでも薬用ボディーソープや薬用液体せっけんは、効果が強すぎるものもあり、注意したいところ。最近では「体のカビやニオイを洗い流す」というキャッチコピーの商品も販売されています。「ミコナゾール硝酸塩」という成分を配合しているもので、もともとは水虫やカンジダ症などの塗り薬として使われている化学合成成分。それをボディーソープやせっけんに配合した製品です。殺菌効果がある分、肌への負担も大きく、皮膚が赤くなったり、かぶれ、かゆみなどを起こす可能性もあります。

常在細菌のバランスが崩れると皮膚トラブルにも

そもそも体のカビは「真菌」といって、ふだんはほとんど無害。食品に発生するカビとは違い、殺菌する必要はありません。カビという不衛生なイメージだけにとらわれて、商品を使用するのは危険です。体の皮膚は、人体で最大の臓器ともいわれ、体を守る多くの常在細菌が存在しています。この細菌のバランスが崩れると、皮膚トラブルや感染症になる可能性もあります。皮膚の常在細菌のバランスが乱れると、逆にニオイが強くなるといったこともあるのです。こういった強すぎるボディーソープやせっけんで毎日体を洗うことは、自分の免疫力を弱めることにもつながります。

体の菌を守りながら清潔に保つコツとは

では、皮膚の常在細菌のバランスを崩さずに、清潔にするにはどうしたらよいのでしょうか? 皮膚科医によると、やりがちなボディーソープをたくさんつけて、ナイロンタオルでゴシゴシ洗うやり方は強すぎ。また薬用ボディーソープを使っている場合は、より大きな負担が皮膚にかかっています。

ボディーソープは成分にばらつきがあるので、体にやさしいものを選ぶのが難しい商品のひとつ。無難ですが一般的な浴用せっけんのほうが、皮膚の負担になりにくくおすすめだとか。

また、せっけんは毎日使うと洗いすぎに。冬場であれば、2~3日に1回洗えば清潔さを保てるそう。皮膚の常在細菌はせっけんなどで洗うと9割方除去され、通常の量にもどるまで12時間かかるとか。1日何度もお風呂に入り、体を洗うと皮膚トラブルの原因になるので、注意して。汚れや余分な皮脂は、お湯で洗うだけでも大部分が取れます。さらに、肌荒れを起こしている人や、乾燥肌で悩んでいる人は、熱すぎる湯船に長時間つかるのも避けましょう。

続きを読む



  1. 1
    【発達障害の特徴】指示がうまく理解できない理由とは?
    次に何をすべきか、わからない 出典:株式会社法研「子ども…
  2. 2
    やる気が出ない・落ち込みがち・息苦しいなど…うつ症状の改善方法
    「気分が落ち込みがち」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 ストレスを…
  3. 3 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  4. 4
    【イラストで解説】ダイエットの効果を高める4種類の痩せるツボ
    ツボ押しプラス筋肉を大きく動かす生活で、きれいにやせる 「…
  5. 5 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  6. 6
    【発達障害の特徴】整理整頓が苦手・散らかしても気にならない理由と対処法
    何でもやりっぱなしの状態で、気づくとものに囲まれている …
  7. 7
    【発達障害の特徴】一方的に自分の話ばかりする子どもの対処法
    自分ばかりが話をして終わりがない状態 出典:株式会社法研…
  8. 8
    おつまみの一品目はこれがベスト!お酒で太らない人になる5つのコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ビー…
  9. 9
    正月太りを7日でリセット!増えた脂肪を短期集中で落とすワザ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おい…
  10. 10
    【発達障害の特徴】「じっとしていられない」聴覚が敏感・ADHDの場合も
    自分の行動をコントロールできない 出典:株式会社法研「子ども…
  11. 11
    子どもの"かんしゃく"と発達障害ー対応の仕方と予防のコツ
    かんしゃくを起こすとみさかいがなくなる 出典:株式会社法研「子ど…
  12. 12
    バチバチっとくるのは老化のサイン?静電気をためやすい人の特徴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 乾燥…
  13. 13
    【発達障害の特徴】注意力の不足は治る? 忘れ物が多い子どもの対処法
    注意をしても、言ったそばから忘れてしまう 出典:株式会社法研「子…
  14. 14
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…
  15. 15
    目のお疲れ度をチェック。スマホ・PC 5時間以上使っている人は要注意!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 夕方…
  16. 16
    二日酔いでつらい…からだを即効チャージする4つのポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お酒…
  17. 17
    【発達障害の特徴】みんなと同じ行動をとるのが苦手な子の対処法
    なぜみんなで同じ行動をとるのかが理解できない 出典:株式会社法研…
  18. 18
    【発達障害の特徴】たとえ話が理解できない理由と対処法
    たとえや比喩(ひ ゆ)の意味がわからない 出典:株式会社…
  19. 19
    足がクサくなる2大条件。コレさえ予防すればブーツでも臭わない!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ブー…
  20. 20
    【発達障害の特徴】興味のあるものが独特。好奇心は尊重すべき?
    なぜそんなものに熱中するかわからない場合も 出典:株式会社法研「…

一覧