【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状

【お話を伺った人】天野 恵子先生

千葉県衛生研究所所長 千葉県立東金病院副院長  1942年生まれ。東京大学医学部卒業(医学博士・循環器内科専攻)。東京大学講師、 東京水産大学教授を経て、現在千葉県衛生研究所所長 兼 千葉県立東金…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日が安心です。どんな診察や検査をするの? 少しでも気になる婦人科系の症状は、早めに診察を受けましょう。

身体の不調をすぐに相談

「生理の周期が乱れている」「おりものが多くて心配」……日頃、婦人科系の不調があっても、診察を受けるのをついためらってしまいませんか?
その理由として、婦人科の診察や検査の内容がよくわからないことがあげられます。でも、そんな不安は、診察について知識をもつと、「なぁんだ」と解消できるもの。日頃から、信頼できる婦人科のドクターを決めておくと、気になる身体の不調をすぐに相談できます。

病気があっても早めにチェックして治療してもらえるから、毎日が安心ですね。では、婦人科ではどんな診察が行われるか、さらに、よいドクターをさがすコツなどをお話ししましょう。

はじめは問診から

婦人科をはじめて受診する場合、受付をすませると、問診表が渡されます。問診表には、既往症、月経の状態、月経周期、妊娠の経験、服用中の薬、気になる症状、症状のある部位などを記入します。また、基礎体温表をもっていくのも役立ちます。

診察室に入ると、問診表を参考に、医師がさらにくわしく質問する、問診が行われます。 問診では、性体験や妊娠経験など、デリケートなことも聞かれます。

医師とよりよいコミュニケーションをはかり、正確な診断を下してもらうためには、恥ずかしがらず正直に答えたいものです。また、問診表の質問事項になくても、気になる症状があれば、遠慮なく伝えるようにしましょう。

内診は開き直りがポイント!

婦人科ではもっとも大切な内診。でも、はじめての人にはとまどいが多いものです。
診察を受ける姿勢としては、内診台に座って足を広げます。最近では、電動式で、ゆっくりと自動的に両足を広げていく内診台もありますから、なるべくリラックスしたいもの。内診の時間そのものはそんなに長くかかりません。「検査なんだ」と割りきって、開き直ることが大事です。

婦人科では、内診の他に必要に応じて超音波検査や血液検査が行われます。検査結果が後日出る場合は、また訪問して、医師から病名や治療方針などを聞きましょう。

こんな症状がでたら訪問しよう

「どんな症状が出たら婦人科に行くといいの?」……そういう疑問を持っている人もいるでしょう。次のような症状のあるときは、ためらわず、訪れたいものです。
●不正出血や下腹部痛がある
●月経周期がおかしい
●月経痛が強い
●妊娠の疑いがある
●おりものがいつもと違う
●外陰部がかゆい、痛い
●性交痛が強い
●乳房の異常が気になる

さらに、定期検診を受けたい、妊娠を望んでいる、ピルを使ってみたい、月経予定日を変更したい、などのときも訪ねてみるといいでしょう。

信頼できるドクターさがしのコツ

よい婦人科医を見つけるには、次のような点を参考にするといいでしょう。
1、通院しやすい距離にあり、診療時間が自分の都合に合う。
2、病院の設備が清潔で、プライバシーが守られる。
3、医師や看護師、受付など、スタッフの印象や対応が、てきぱきしていて丁寧である。
4、医師と自分の相性がいい。じっくり話を聞いてくれ、症状などをきちんと説明してくれる。診断や治療の技術が的確である。
5、口コミやインターネットなども参考にする。女性医師のいるところ、待ち時間の少ないところなど、周囲の人の口コミ情報も参考にしましょう。また、インターネットでホームページを開設している病院もありますし、大きな病院の場合は、ランキングや治療成績が雑誌や医療関係のサイトに掲載されることもあります。
ただし、インターネットは古い情報や悪意のある情報も混在しているので十分注意しましょう。

婦人科系の不調は、他人に話しにくいだけに、とりわけ不安になるものです。信頼できる「マイドクター」をさがして、日頃から、いい「おつき合い」をしたいものです。

(「よくわかる 女性のからだ事典」、法研より)

※この記事は2006年7月に配信された記事です



上半身は温かくても下半身は冷えている…婦人科系トラブルと冷えの関係

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

体のさまざまな不調は冷えが原因に。冷えが起こす不調のしくみと改善のコツを解説します。

食生活や冷暖房の使い過ぎで体温調整機能が追いつかない

「日々、薬局でお客様と接していると、冷えが女性の健康と深く結びついていると実感します」と話すのは、漢方薬局の薬剤師である大林多津子さん。
なかなか改善しない不調を抱えている方には必ずと言っていいほど「冷え」があり、これによっていろいろな不調を招いていることが多いのだとか。

本来、人間の体には体温を一定に保つ働きがあり、暑いときには汗をかいて熱を放出し、寒いときには筋肉で熱をつくったり、毛細血管を収縮させて熱を逃さないようにしています。しかし、体を冷やす食生活や冷暖房の使い過ぎ、またストレスなどが重なると、体温調節機能が追いつかなくなり「冷え」がでるのです。

女性の体と関係が深いのが“下半身冷え”

冷えにもいろいろなタイプがあります。毛細血管の働きが悪く、手足が特に冷たくなる「末端冷え性」。手足はポカポカしているのに体の中は冷えている「内臓冷え」。下腹から太ももなど下半身が冷えて、上半身の熱とのバランスが取れずのぼせを感じやすい「下半身冷え」などがあります。

中でも生理痛や生理不順など、女性の体と関係が深いのが、下腹が冷えている下半身冷え。下腹には、子宮や卵巣など女性の体をコントロールする臓器があるので、この部分が冷えていると十分な血液が届かなくなり、ホルモンバランスの乱れにもなるのです。

冷えを改善すれば更年期も快適に過ごせる

そして、女性にとって気になる更年期症状も冷えと関係があります。
更年期は閉経による女性ホルモン低下が原因で、不快な症状が現れる時期。「体がほてって汗がとまらない」というホットフラッシュは、更年期の代表的な症状ですが、若い頃から冷えに悩まされてきた人ほど、症状が強く出る傾向があるのだそう。

下腹や下半身が冷えている人の多くは、上半身に熱がたまってのぼせ気味になっています。この上半身の熱をさますために汗をかきますが、体全体が熱いわけではありません。「冷え」と「多汗」は正反対のようで、実は原因は同じともいえます。冷えを改善すると、更年期につらい症状で悩むことも予防できます。

生活習慣で冷えを解消

こうした冷えの改善には、日常生活で行ってほしいポイントがあります。まず「冷たいもの・体を冷やす食品を控える」こと。暖房で部屋の中が温かいからと、冬でもアイスクリームを食べていませんか。口に入れるものは温かいものか、常温のものにすることを心がけて。白砂糖は体を冷やすとされますから、スイーツは控えめに。

また「入浴」は体を温め、めぐりをよくする最適の手段。39度くらいのぬるめのお湯に15分以上ゆっくり浸かるのがよいとされます。
そして「体を動かす」ことも大切。ウォーキングや軽いジョギングなどの、呼吸しながらできる有酸素運動が、めぐりをよくしてくれます。こうした習慣を心がけて、冷えない体をつくりましょう。

続きを読む




乳首がかゆくなる原因とは?乳がんの可能性もある?

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

たまに起こる乳首のかゆみ。少し長く続くと、これって病気? もしかして乳がん? と不安になります。原因は女性ホルモンの影響のほか意外なものが。乳首がかゆくなる原因をまとめました。

乳首がかゆくなる原因とは?乳がんの可能性はあるの?

相談しにくいと我慢して悪化することも

女性は生理前に乳房がはったり、乳首がかゆくなることがあります。人前ではかくことができないので、なかなかの困りもの。一時的なかゆみなら問題なさそうですが、しばらく続く場合は少し心配に。かゆみの原因は皮膚のトラブルなのか、何かの病気なのか。人に相談しにくい部分のため我慢してしまい、その結果、悪化する可能性も。そこで、乳首がかゆいといった症状から考えられる原因をまとめました。かゆみが長期にわたり続く場合には、すぐ婦人科に相談しましょう。

アレルギーやボディークリーム・下着が皮膚に合ってない場合も

○ ボディークリーム・シャンプー

普段使っている、ボディークリームが肌に合っていない場合があります。使用をやめても改善しない場合は、皮膚科に相談を。また、シャンプーやコンディショナーが皮膚に残り、それが乳首のかゆみにつながっている可能性も。お風呂に入る時は、頭の次に体という順に洗い、肌にヘアケア剤が残らないよう注意して。それでも改善しない場合は、そのシャンプーが肌に合っていないことも考えられるので、使用を中止してみましょう。

○ 女性ホルモンの変化

女性ホルモンの影響で、生理前や妊娠中は乳首がかゆくなる場合があります。そのため、毎月生理前に乳首がかゆくなるのであれば、問題ないはず。また、妊娠中の人は、乳腺炎の痛みが出る前にかゆみがでる場合もあります。

○ アトピー性皮膚炎・花粉症などのアレルギー

アレルギーというと、ひじやひざ、頭皮が起こりやすい部位ですが、実は乳首や乳輪も炎症が起こりやすい部位。アレルギゲンとなるものを取り除くほか、汗や下着によるこすれにも注意して。

○ カビの一種による可能性

「マセラチア」という皮膚の常在菌が、皮脂や汗をエサにして増殖することで、かゆみが生じていることも考えられます。いつまでもかゆみが引かない場合は、皮膚科に相談を。

○ 特殊な乳がん

50〜60歳の女性に多くみられる特殊な乳がんのひとつに「パジェット病」というものがあります。初期段階で乳首や乳輪にかゆみがでることもあり、その後、腫瘍やしこりができます。

また「炎症性乳がん」も考えられます。一見、乳腺炎と似ているため、抗生物質を処方されることもありますが、それでは治療できません。炎症性乳がんは、乳房が急に赤くはれてかたくなり、痛みやかゆみをともなうなどの症状があります。

皮膚科の薬を塗っても改善しない、かゆみが長期にわたり続く、急な炎症などは、すぐに婦人科または乳腺外科が近くにあればそちらへ相談を。

続きを読む




トイレでおしりを拭くときは『こすってはいけない』理由

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

トイレで小をした後、ゴシゴシこすって拭いていませんか? あなたのやり方は大丈夫? トイレでお尻を正しく拭く方法をご紹介します。

知らなかった人が多数の正しいお尻の拭き方

小さい頃「女の子はトイレにいったら雑菌の侵入を防ぐために後ろから前に拭くのはダメ。前から後ろに拭きましょう」と教えられた人が多いのでは?
なんと、これは正しい拭き方ではないのだとか! そもそも、こすって拭くというのも、おすすめできないそう。トイレでおしりを拭くときにこすってはいけない理由をまとめました。

トイレでおしりを拭くときは“こすってはいけない"理由

<トイレでおしりを拭くときは“こすってはいけない”理由>

1)臭いの元になる

入り口をゴシゴシこするように拭いていると、陰部の粘膜に小さな傷ができます。そこから尿の成分であるアンモニアが侵入して、炎症が起きると悪臭に。下着が臭うと悩んでいる人は、ゴシゴシ拭いているのが原因かも。

2)トイレが近くなる

ゴシゴシこすって拭くと、水を含んだトイレットペーパーの小さなクズが膣や尿道に入り込む可能性が。これが頻尿や尿もれの原因になってしまう場合もあるので要注意です。

3)尿の拭き残しが起こる

実は、下着が臭うと悩む女性のほとんどが、尿の拭き残しによるものなのだそう。尿は周辺の肌に飛び散ったり、体の細かな溝に入り込むことも。ゴシゴシ拭いていると、表面の尿だけ取り除いて、奥に潜む尿を取り逃がす可能性が高いのだとか。これが雑菌の繁殖を招いて、臭いの元になるのです。

知らなかった正しい拭き方とは?

では、正しい拭き方とは? それは「拭く」ではなく「押し当てて吸水する」のが正解なのです! 適量トイレットペーパーをとったら、尿道付近に5〜10秒押し当てて、尿を吸い取るのが正しいやり方なのだとか。
また、トイレで用をたす姿勢にも注意すると、尿の拭き残しを防ぐことができます。洋式トイレで足を閉じたまま排尿すると、一部の尿が逆噴射して膣内に入ってしまう可能性も。すると、トイレットペーパーだけではなかなか取り除けず不潔な状態に。洋式トイレでは、足を大きく開き、前傾姿勢で排尿すると、逆噴射することなくできるそう。今日からさっそく、正しい拭き方「押し当てて吸水する」を心がけて!

続きを読む



乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方

【執筆者】岡野 匡雄先生

(財)東京都保健医療公社 東京都多摩がん検診センター副所長 昭和45年日本大学医学部卒業。内科研修後日本大学医学部病理学教室へ。昭和57年助教授となり米国へ留学。2年後日本大学へ復帰し、平成2年ま…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

早期発見のため毎月の自己検診と定期的な乳がん検診を習慣に。毎年4万人以上の日本人女性が新たに乳がんにかかっている。壮年層の女性ではがんの死亡原因のトップ。

早期発見には検査が必要

10月は「乳がん月間」です。乳がん啓発活動のシンボルマークである「ピンクリボン」を目にしたことがある人も多いでしょう。今年も全国各地で、乳がん検診の普及促進をはじめ、さまざまな啓発活動を行うピンクリボン運動が、患者団体や行政、企業などによって行われています。

もともと乳がんは欧米の女性に多く、日本人女性にはあまり多くありませんでしたが、1980年代ごろから急増しはじめました。その後も乳がんにかかる日本人女性は増え続け、死亡者も年々増加しています。今や乳がんは日本人女性がかかる最も多いがんとなっており、毎年4万人の女性が新たに乳がんにかかっていると推計されています。

多くのがんは60歳すぎから急増しますが、乳がんの場合は20代後半から増えはじめ、最も多いのが40代、50代で、60代、70代、30代と続きます。30~64歳の壮年層の女性では、がんの死亡原因のトップが乳がんですから、働き盛りの女性にとって、乳がんは最も危険ながんといえます。

ほかのがんと同じように、乳がんも早期発見、早期治療が大切です。早期に発見できれば治る確率が高く、幅広い治療法が選択でき、治療後の経過もよいのです。
乳がんは硬いしこりをつくるものが多いため、早期のうちに自分で触って気づくことができる唯一のがんですが、何気なくふれて気づいたような場合は進行していることが多いのも事実。しこりが小さい早期に発見するためには、正しいチェック方法で毎月自己検診を行うことと、定期的に乳がん検診を受けることが必要です。

乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方

しこりがわかる前に発見できるマンモグラフィ検査と超音波検査

しこりが2cm以下で転移もない状態で発見して治療すれば、10年生存率は約90%、それより早く、しこりとしてふれない段階に発見できれば約95%、つまりほとんど完治できるといえます。この、しこりとしてふれない乳がんを発見するのに役立つのが、マンモグラフィ検査と超音波(エコー)検査です。

マンモグラフィとは乳房専用のX線撮影のことで、視触診ではわからない小さながんだけでなく、しこりになる前の「微小石灰化」というごく初期にみられる病変も見つけることが可能です。乳房はそのまま写すと乳腺などの組織が重なって写ってしまうため、マンモグラフィ検査では透明なプラスティックの板で乳房をはさんで圧迫し、薄く引き伸ばして撮影します。圧迫により痛むこともありますが、緊張すると余計に痛みを感じやすいので、できるだけリラックスして受けるとよいでしょう。

欧米ではマンモグラフィによる乳がん検診の普及によって早期に発見されるがんが増え、死亡率も低下しています。日本では2000年から自治体の乳がん検診に導入され、40代と50歳以上の女性の「視触診とマンモグラフィの併用」は、有効性が高いことが証明されています(厚生労働省「がん検診の有効性評価」)。

超音波検査は、あまり小さい石灰化は、時に見つけることができませんが、指ではふれない数ミリ程度のしこりをみつけることができ、X線を使用しないため妊娠中でも検査が可能です。また、若い人や乳腺が発達した人の場合は、マンモグラフィよりも効果が高い場合もあります。

乳がんの危険因子をもつ人は早めに検診を

市区町村で行われる乳がん検診の場合、対象は40歳以上で2年に1回が目安ですが、自治体によって異なる場合もあるので、問い合わせてみるとよいでしょう。職場で受ける場合も実施状況は職場ごとに異なります。

乳がんは誰でもかかる可能性がある病気ですが、次のような場合はとくにかかりやすいといわれています。一つでも当てはまる人は、できれば30歳代から自主的に乳がん検診を受けましょう。

●近親者(とくに母、姉妹)に乳がんになった人がいる
●妊娠・出産・授乳の経験がない、または高齢出産である
●初潮年齢が早く、閉経年齢が遅い
●乳房が大きい
●肥満している(BMI:25以上)

自己検診は20歳代から習慣づけたいものです。月経5日目ごろから1週間以内に行うのがよく、閉経後の人は自分で日を決めて、毎月1回行いましょう。

(1)鏡で見て左右の乳房の形の違いやゆがみ、ひきつれ、乳首のへこみやただれなどがないかチェック。腕を上げた状態と下げた状態で行う。
(2)調べる乳房と反対側の手の指をそろえ、指のはらをすべらせるように、乳房の外から内に向かって全体を軽く触れていく。鎖骨の下からわきの下までまんべんなくチェック。入浴中、手に石けんをつけて行うと小さなしこりにも気づきやすい。乳房の大きい人はあお向けに寝て行うとよい。
(3)乳房や乳首を軽く絞り、分泌物が出ないかチェック。

もしも気になる異常を見つけたら、自己判断せず、すぐに乳腺科か乳腺外科を受診しましょう。

(「すこやかファミリー」法研より)

※この記事は2008年10月に配信された記事です

続きを読む



女性が感じる体の乾燥。ドライシンドロームの原因とは?

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

40歳頃から体のいろいろな部位が乾燥してくる「ドライシンドローム」の原因と改善法を解説します。

ホルモンの減少で体のあちこちが乾燥しだす

年々ひどくなっていると思えるお肌の乾燥、のどのイガイガ、目のゴロゴロ、陰部の違和感……。これらはすべて加齢によって体の水分が減るなど、機能低下が及ぼす影響です。秋津医院院長の秋津壽男先生によると、これらの症状の主な原因は、更年期で女性ホルモンの「エストロゲン」が減ることなのだそう。
エストロゲンは、体のさまざまな機能を調整する役割を担っており、そのひとつが皮膚や分泌系を調整する働きです。そのため、エストロゲンの減少で、肌が乾燥するドライスキン、目が乾くドライアイ、口が乾くドライマウス、膣が乾燥するドライバジャイナが起こることに。それぞれの症状はこちらです。

女性が感じる体の乾燥。ドライシンドロームの原因とは?

主なドライシンドロームの症状

・ドライスキン

ドライスキンは、皮膚の内側は潤っているのに表面に皮脂が足りない状態。そのため、皮膚の油分を落としすぎないことが大切です。熱いお湯につかって、あかすり用のタオルでゴシゴシ洗うのは皮膚によくありません。石けんをよく泡立てて手で洗うか、石けんなどの洗浄剤を使わずにお湯で流すだけでもOK。その後、クリームなどで油分を補いましょう。

・ドライアイ

眼球の表面には常に涙が流れて、目を保湿し、角膜などが傷つかないように保護しています。ドライアイになると潤いがなくなるため目がゴロゴロします。また、目の表面についた汚れや細菌などを流すことができなくなるといった問題も。まばたきは、涙を眼球の表面に広げるために行われるので、ドライアイになると涙で眼球を潤そうと、まばたきの回数が増える傾向が。意識的にまばたきをするのもおすすめです。

・ドライマウス

口の中が乾く主な原因は、だ液の分泌量が減るため。また、鼻の詰まりや薬が原因でドライマウスになることも。まずは、どうしてドライマウスになったのか原因を知って、治療することが大事です。頰の内側を舌で刺激したり、マッサージするなどして、だ液の分泌を促すことは、ドライマウス解消に有効です。

・ドライバジャイナ

膣の中では粘液が常に分泌されて潤っていますが、女性ホルモンの分泌量が減ると、膣周辺の粘膜が乾いてきます。その結果、カサカサして痛みだし、雑菌も入りやすくなります。また、セックスのしすぎや、温水洗浄便座の使いすぎによっても起こりやすくなります。

ホルモン補充療法で改善効果が

女性ホルモンの減少で体のいろんな部位が乾燥しやすくなる、ドライシンドローム。婦人科を受診し「ホルモン補充療法」を行うことで、改善効果がみられます。また、ダイエット目的で脂質を極端に摂らない食生活を続けていると、ドライスキンに。食事でほどよく脂質を摂るのもおすすめです。
なお、こうしたさまざまな症状には、別の病気が隠れている可能性もあります。「シェーグレン症候群」という膠原病(=自己免疫疾患)で、目、口、鼻、皮膚、膣、関節など、全身のさまざまな分泌腺が侵されて乾くものです。気になる症状があったら眼科、口腔内科や口腔外科、皮膚科、婦人科、膠原病内科などを受診しましょう。

続きを読む



  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  7. 7 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  11. 11 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  14. 14
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  15. 15 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  16. 16 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  17. 17
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  18. 18
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  19. 19 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  20. 20
    バチバチっとくるのは老化のサイン?静電気をためやすい人の特徴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 乾燥…

一覧