(編集・制作 (株)法研

髪に優しい生活習慣を! 誤ったダイエットや過度のストレスから抜け毛・薄毛に悩む女性が増えている。

30歳代の女性にも抜け毛の悩みが増えている

「ブラッシングやシャンプーのたびに髪がごそっと抜ける」「鏡に向かうと、なんとなく頭皮がすけて見える」―そんなことがありませんか? 実は、最近こういう悩みをもつ女性が増えているんです。しかも、30歳代なのに…。

人間の毛髪は全部で約10万本。これが、2~6年のサイクルで生え変わっています。1日に50~100本抜けたからといってあわてることはありません。でも、ブラシにごそっと巻きついた抜け毛は、やはり気になりますね。

女性の薄毛は遺伝から?

「まさか…。女性が、男性のようにはげちゃうの?」そんな声が聞こえてきそうですが、抜け毛や薄毛は、男性の専売特許とは限りません。一部の男性のように頭皮がテカテカ光ることはありませんが、特に遺伝的な素因のある人では、前頭から頭頂部にかけて薄くなることがあり、「女性型脱毛症(女性の男性型脱毛症)」と呼ばれています。ご両親、ご親戚に男性型脱毛症のある方にできやすいのですが、男性よりは軽い症状で済むことが多いので、これまであまり強調されてこなかったのです。

一方、男女ともに、老化現象としての薄毛はごく普通に出現し、「老人性脱毛」といわれています。「老人性」というと、60歳過ぎ?…かと思えばそうではありません。脱毛に限らず、さまざまな老化現象が、だいたい30歳代後半からくることが知られています。もちろん、症状の出方には、ご存知のとおり個人差があり、日常的なライフスタイルが大きくかかわってくるのです。なお、女性の脱毛の特徴は、毛が細くなったり、まばらになったりして、かつてあった髪の毛のボリュームがなくなってくることが一般的です。

女性の薄毛の三大原因とは?

異常な抜け毛や薄毛の原因はいろいろ。しかし、どのタイプでも、その症状を進行させないために、特に気をつけておきたいことが、ダイエット、ストレス、そしてタバコの3つです。

毛髪のもとになるケラチンをつくるには、ケラチンの主要成分であるたんぱく質はもちろん、ビタミン・ミネラルなどの栄養素が必要。ところが、極端なダイエットをすると栄養のバランスが崩れて、たんぱく質やビタミン・ミネラルが不足してしまいます。そのため、髪が育たなくなるのです。

過度のストレスも髪の大敵。精神的な緊張状態が続くと血管が収縮し、血液の流れが悪くなります。その結果、毛根部にあって髪を育てる毛母細胞が栄養不足になり、髪の寿命が短くなったり、髪が育たなくなったりします。タバコも、過度のストレスと同じ。吸い込んだ一酸化炭素によって、毛細血管に酸素が行きわたらなくなり、血流を悪くして抜け毛を増やしたり、髪の成長を邪魔したりします。

このほか、毛穴が皮脂や汚れでふさがれる、紫外線を過度に浴びる、ポニーテールにして髪を強く引っ張るといったことも、抜け毛の原因になります。

こんな症状があったら薄毛予備軍かも?

ある程度の髪の毛が抜けるのは普通のことですが、次のようなことがみられたら要注意です。

(1)ブラッシングやシャンプーのとき数十本が一度に、または1カ所からごそっと抜ける
(2)抜けた髪が極端に細い
(3)頭皮が猛烈にかゆい
(4)フケが多い
(5)髪の色が抜けて茶色くなる、など。

あなたはだいじょうぶ? 思い当たることがあったら、それは病的な脱毛症の前兆かもしれません。今すぐ、髪に優しいことをして、抜け毛、薄毛にストップをかけましょう。

薄毛を予防する為に大切なこと

まず、極端なダイエットはやめること。栄養のバランスがとれているかどうか、食事の内容をチェックしましょう。健康のためにやせたい人も、糖質、脂質、炭水化物を減量して、運動の量をふやしましょう。一方で、肉や大豆などのたんぱく質、野菜、海藻などのミネラルは、髪の成長に欠かせません。

次に、ストレス解消! 1日30分はリラックスする時間をつくって、心の緊張をほぐすこと。散歩をしたり、お風呂にゆっくりつかったり、自分なりにリラックスできる方法を考えましょう。適度に運動をして、徹夜や夜更かしをやめ、睡眠を十分とることも大事ですよ。タバコはスッパリやめましょう。女性の場合、男性よりも喫煙によるダメージが大きいことがわかっています。髪が薄くなるだけじゃ済みません。

そして、毎日の正しいヘアケアが元気な髪をつくります。ブラッシングは髪についた汚れをとり、適度な刺激が頭皮の血行を促進して髪の新陳代謝を促します。ただし乱暴なブラッシングでは逆効果。毛先がやわらかく毛の部分のすき間が大きいブラシを使って、やさしくブラッシングしましょう。

洗髪して4~12時間もたつと毛穴には皮脂がたまり、ホコリや整髪剤などで頭皮や髪の毛は汚れてしまいます。こうした汚れはさまざまな髪のトラブルを引き起こすため、毎日1回、寝る前にシャンプーして頭皮と髪の毛を清潔に保ちましょう。このときにおすすめなのが頭皮のマッサージ。指の腹で生え際から頭頂部へ、後頭部から頭頂部へと、もみ上げる感じでマッサージをしましょう。血行が改善されて、髪の成長を助けます。

※この記事は2008年1月に配信された記事です

おすすめ

  1. 若い女性に多いバセドウ病は予防できるの? 妊娠・出産への影響は?
    (編集・制作 (株)法研) (『バセドウ病 正しい治療がわかる本』吉…
  2. 老けない肌の作り方|肌の老化を防ぐ抗酸化物質を上手に摂ろう!
    (編集・制作 (株)法研) (『エプロンサイエンス お肌の美しさを保…
  3. なで肩の女性に多い胸郭出口症候群とは?腕のしびれやだるさ・肩こりに注意
    なで肩の女性に多い胸郭出口症候群とは?腕のしびれやだるさ・肩こりに注意
    (編集・制作 (株)法研) (「健康のひろば」法研より) 腕や…
  4. 【乳がん患者の体験談】告知のショックーまさか自分が乳がんになるなんて
    【乳がん患者の体験談】抗がん剤で脱毛して外見が激変…でも綺麗でいたい
    病気との付き合い方、私の場合。人ごとではないから知って欲しい乳がんにな…
  5. 【乳がん患者の体験談】告知のショックーまさか自分が乳がんになるなんて
    【乳がん患者の体験談】ホルモン療法と抗がん剤、治療の選択の難しさ
    前向きな闘病には、納得のいく治療の選択が大切です。 乳がんは初期の段…