髪の毛の静電気は水分が足りていない証拠!? 乾燥によるフケに注意!

山崎 多賀子さん

【執筆者】山崎 多賀子さん

美容ジャーナリスト 美容、健康に関する幅広いジャンルで長年取材を続ける。自らの乳がん体験から、各種NPO団体でのサポート活動、講演やがん患者対象のメイクセミナーにも力を注ぐ。NPO法人CNJ認定乳が…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

ブラッシング時の静電気や乾いたパラパラのフケは乾燥が原因。
乾燥や寒さによるダメージを防ぎ、ツヤ髪と健康な頭皮を手に入れるには?

肌と同じように、髪や頭皮も乾燥によってダメージを受けている

洗顔後の肌がピキピキッとつっぱったり、手足がカサカサするなど、乾燥を自覚しやすい冬は、肌の保湿をいつもより入念にしますよね。ところが髪や頭皮についてはどうでしょう。肌ほど乾燥を自覚にしくいため、特別なケアをしていない人がとても多いのでは。

紫外線の量や汗、皮脂の分泌が少ない冬は、髪や頭皮のダメージが少ないと思ったら大間違い。髪も頭皮も肌と同じケラチン質からできていて、同じように乾燥でダメージを受けるんです。ブラッシングしたときに静電気が起こるのは、髪の水分が足りない証拠。乾いたフケがパラパラ落ちるのは、頭皮が乾燥して角質がはがれ落ちている可能性大なんです。

乾燥による髪の傷みは、トリートメントなどで守るのが基本

では、髪が乾燥するとどうなるのでしょう。まず髪の表面を覆って髪の内部を守っている鱗状のキューティクルが反り返り、はがれやすくなります。するとシャンプー時に内部の潤いを保つ成分が流れ出し髪がパサパサする。枝毛や切れ毛もできます。それくらいなら痛くも痒くもない、と思いますか? でも、肌質と同じくらい、髪質もあなたの見た目のイメージに深く深~くかかわっているんですよ。

ツヤのないパサパサの髪は老けて見える?

昔から「髪は女の命」っていうけれど、今も自分のアイデンティティを表現するヘアスタイルは重要です。昔、「緑の黒髪」という表現がよく使われました。それは女性のつややかで美しい黒髪を宝石のように称えた言葉です。もちろんカラーリングが一般的な現代に黒髪至上主義は通用しませんが、色はともかく、潤いのあるつややかな髪質は、やはり女性の武器としては特別です。
ツヤ肌にみんなが憧れているのと同じで、ツヤ髪のもつ威力は、みずみずしい女性の象徴として、スゴイのです。逆にツヤやハリがない髪は、疲れて老いて見える。それくらい髪質はイメージにかかわり、髪の傷みはマイナスのイメージに働く。一大事だと思いません? 髪の若々しさのバロメーターは、ツヤとハリ。トリートメントなどで乾燥から守るケアは基本なのです。

つや髪を作るヘアケアのポイント

最近はノンシリコン系やオーガニック系、エイジングケアに特化したものなど、さまざまなタイプのヘアケア製品が出ています。自分の髪が求めているものを吟味しましょう。
すでに髪の傷みやぱさつきが気になるならば、アウトバスタイプのヘアトリートメント(洗い流さないトリートメント)をシャンプー後のタオルドライした髪によーくすり込んであげてください。ツヤが足りないならば、ヘアオイルもおすすめです。ヘアオイルは少量を両手のひらにとり、キューティクルを整えるよう毛先に向かってつけていくのがポイントです。
また、ブラッシングの前に髪用の保湿剤をスプレーすれば、静電気が起こるのを防ぎ、摩擦による髪のダメージも防ぐことができます。

頭皮が乾燥するとどうなるの?

さて、そもそも土壌である頭皮が乾燥していると、健康的な髪は生えてきません。頭皮は髪に守られ、ある程度の湿度は保たれているものの、空気が乾燥すれば乾きやすいし、髪が薄い人や、頭頂部など分け目は特に乾燥しがちです。さらに髪は血液から栄養をもらって育つので、寒さで血流が悪くなってもひ弱な髪になるなど、冬の頭皮環境は万全とはいえないのです。

頭皮の乾燥が進むと、痒みが出たり、パラパラ乾燥したフケが出やすくなりますが、それを頭皮が汚れていると勘違いして、必死でシャンプーする人がいますが、これは逆効果です。シャンプーの回数を増やしたり、ゴシゴシ頭皮を洗ってしまうと、さらに乾燥が進み、バリア機能がこわれて炎症を起こしやすくなります。

乾燥によるパラパラしたフケ対策

では、シャンプーはできるだけ控えたほうがいいのかというと、それも間違い。冬は皮脂の分泌量が減るとはいっても、頭皮は顔の2倍以上の皮脂が分泌しているので、雑菌のエサになる古くなった皮脂や角質は取り去り、頭皮を清潔に保つことはやっぱり大切。
決して頭皮を傷つけないように、毛穴に詰まった皮脂を押し出すイメージで指の腹でもみ洗いをして、すすぎもシャンプーが残らないようていねいにすすぐこと。あとは朝晩に、頭皮用のエッセンスで潤いを与えてあげると、痒みが落ちつき、フケも少なくなるはずです。

ちなみに、フケ用の薬用シャンプーは、過剰皮脂による雑菌の繁殖で起こるフケ対策用が多く、殺菌効果や脱脂力が強いため、乾燥によるフケにこのタイプを使うとさらに頭皮が乾燥する恐れがあるので要注意。パラパラしたフケなら、低刺激性の頭皮に優しいものを使って頭皮を落ちつかせることが大切ですよ。

また、長時間寒気のなかで過ごすときは、頭皮を冷気にさらさないよう、帽子などで守って血流環境をキープしておくことも有効です。

ストレスが頭皮に影響する

さて、精神的ストレスも頭皮の血流を妨げ、発毛環境を悪くします。湯船でしっかり体を温め、頭皮マッサージなどして緊張をゆるめることも頭皮ケアに有効です。
さらに最近話題のHSP(ヒートショックプロテイン)入浴法も効果的。HSPとは、体内のあらゆる傷ついた細胞を修復し、元気に再生させるタンパク質のことで、熱ストレスを与えると大量に体内から発生することが分かっています。入浴法は、40~42度のお湯に10~20分浸かり体温を平温+1.5度上げるという簡単なもの。これで免疫力が上り、肌も頭皮の細胞も修復。血行も良好。細胞が元気になればストレスも軽減されるとか。今夜からぜひ試してみてはいかがでしょう。

※この記事は2013年2月に配信された記事です



ちゃんと洗っているのに頭皮がかゆい理由は? 正しいシャンプーのやり方

【お話を伺った人】吉木 伸子先生

よしき皮膚科クリニック銀座院長 1967年東京都に生まれる。1993年 横浜市立大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院皮膚科学教室入局。1994年より浦和市立病院(現さいたま市立病院)皮膚科勤務、埼玉…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

(「へるすあっぷ21」法研より)

健康な髪と地肌は正しいケアから。泡立てたシャンプーで地肌をやさしくマッサージ、すすぎは念入りに!

洗いすぎは髪のパサつき、枝毛の原因にも

「朝シャン」という言葉が新語・流行語大賞を受賞したのが1987年。そのころから、毎日シャンプーする人がとても多くなったようです。「朝シャン」は日本人の清潔指向を示す言葉として問題視されることもあるように、日本人は髪を洗いすぎる傾向があると言われます。洗いすぎると地肌が乾燥し、髪がパサついて枝毛の原因になることもあります。まして、シャンプーを髪に直接つけてゴシゴシ洗い、熱いお湯ですすいでいたのでは、髪や地肌へのダメージは大きく、洗いすぎが原因で抜け毛を招くことだってあるのです。

しかしこれから夏も本番、気がついたら体だけでなく頭まで汗でびっしょり、なんてことも多くなります。汗をかいたら毎日でもシャンプーしたいですね。そこで、毎日シャンプーしても髪と地肌を傷めることなく美しく保つために、シャンプーやリンスの上手な使い方を知っておきましょう。

シャンプーはお湯で薄めて泡立ててから

髪についた汚れやホコリは、こすったりしなくても泡の力だけで落ちますから、髪よりも地肌を洗うつもりでシャンプーしましょう。

(1)洗う前に、髪を軽くブラッシング。余分な皮脂やフケを浮き上がらせるとともに、髪がからまずスムーズに洗うことができる。

(2)38度くらいのぬるめのお湯で地肌と髪全体をすすぎ、軽い汚れやヘアケア剤を落とす。熱すぎるお湯は必要な油分まで奪ってしまい、地肌がカサカサになったり、髪のキューティクルがはがれやすくなる。

(3)少量のシャンプーをお湯で薄め、軽く泡立ててから、後頭部の生え際から全体につけていく。(後頭部は比較的外部からの刺激に強いため)

(4)頭全体にシャンプーがついたら、指の腹を使って、地肌をやさしくマッサージしながら洗う。爪を立てるのは、地肌を傷めるので厳禁。髪の毛をこすり合わせると、キューティクルがはがれてダメージの原因に。

(5)ぬるめのお湯で、よく洗い流す。

(6)リンスは地肌ではなく、毛先を中心に髪だけにつけ、よく洗い流す。

シャンプーもリンスも、化粧品より刺激が強いため、肌に残らないようすすぎは十分に行います。フケやかゆみ、抜け毛などはすすぎ残しが原因とも言われます。時間に余裕のない「朝シャン」では、急いでゴシゴシこすったり、すすぎ残したりして、髪と地肌を傷めがち。朝シャンプーするなら、十分に時間がとれるように早起きを。「髪の栄養はバランスのよい食事から」ですから、朝食を抜いて朝シャンするのは避けましょう。

ドライヤーのかけすぎはダメージのもと

シャンプーの後、髪が濡れたまま寝ると、髪が傷みやすいだけでなく、雑菌が繁殖していやなにおいの原因にもなります。

乾かすときも、髪を傷めないように正しいやり方で。まずタオルで髪をはさみ、両手で押さえるようにしてできるかぎり水気を取ります。タオルで十分に水気を取ることで、ドライヤーの時間を短くすることができます。

ドライヤーはなるべく頭から離し、髪に風を送り込むようにして乾かします。ドライヤーの使いすぎは、地肌や髪を乾燥させるだけでなく、地肌や髪の表面のケラチンたんぱくを傷つけ、パサつきや傷みの原因になるので注意しましょう。

きちんと洗ってもかゆいのは脂漏性皮膚炎かも

毎日洗っても地肌がかゆい、べたっとしたフケが出るという人は、「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」の可能性が。脂漏性皮膚炎は皮脂分泌のバランスが崩れることで肌の表面に雑菌が増え、赤みやかゆみを生じる皮膚炎です。ひどくなると毛根にダメージを与え、脱毛につながることも。思い当たる人は早めに皮膚科を受診しましょう。
ストレスや過労、食生活の乱れが原因で起こることが多いので、ストレスや疲労をためないようにして、十分な睡眠と規則正しい生活を心がけましょう。

また、いくらシャンプーが完ぺきでも、髪に栄養が行き届かなければ美しい髪は望めません。極端なダイエットや偏食は、髪への栄養も不足させてしまいます。栄養バランスのよい食事内容にしたうえで、髪によい食べ物を積極的にとりましょう。

たんぱく質:髪の主成分はたんぱく質なので、不足すると髪が細くなる。肉や魚、牛乳、豆類などに豊富。
鉄分:不足するとパサパサした髪に。プルーンやレバー、あさりなどに豊富。
ビタミンE:地肌の血行を促進する。ごまやアーモンドなどに豊富。

地肌の血行不良も髪の大敵です。タバコやアルコールの量を控えたり、運動不足を解消して体を活性化させましょう。美容院でいま人気のスカルプ(地肌)ケアをしてもらうのもいいですね。

※この記事は2007年7月に配信された記事です

続きを読む




美容師に聞いた! ぺたんこ髪をふんわり仕上げるスタイリングのコツ

【お話を伺った人】きたむら まさきさん

美容師 東京マックス美容専門学校卒業後、’97年に「ALPHA」入社。2012年、東京・下北沢「ananda」を共同設立。現在、同店クリエイティブディレクター。

もっとみる

(編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月

昔に比べて髪が細くなった、ボリュームがないー髪のボリュームに悩む人も多いかもしれません。頭頂部にふくらみがなくなると、どうしても老けた印象になってしまいます。

そこで、今回は東京・下北沢でサロンを経営する美容師のきたむらさんに髪のボリュームが失われてしまう原因と、自宅でできるボリュームアップのコツについてお聞きしました。

ボリュームアップのためにパーマをかけるのは悪循環!

年齢と共に髪のボリューム不足に悩む人も多いのですが、主にどんな原因が考えられるのでしょうか。

まず、年齢とともに頭皮のハリを支えるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が減少します。頭皮の厚み、弾力、潤いが低下することで、毛穴が広がり、髪が根元から立ち上がらなくなってしまいます。
また、髪が細くなる原因の一つとして、髪の成長に欠かせない、VEGF-A(※VEGF-Aとは血管細胞増殖遺伝子)の減少も挙げられます。
毛包周辺の毛細血管が萎縮することで、毛包及び髪に栄養が届かず、細くて短い髪になりがち。これらの原因により髪全体のボリュームが減少していくと考えられています。

地肌と髪が健康とは言えない状態で、パーマをかけてボリュームを出すケースもありますが、人によっては悪循環に陥ってしまうケースもあるのだとか。

一時的にボリュームアップしたように見えますが、地肌が整っていない、髪に栄養が行き渡っていないところへパーマをかけるのはダメージが大きく、あまりおすすめしません。もちろん、パーマで解決するケースもありますが、地肌と髪が健康とはいえない状況ではセットが崩れやすかったり、整髪料で重たくなりペタンとしてしまったりと、根本的な解決には至らないケースも多々あります。

お金をかけなくてもできるボリュームアップ方法

では、髪のボリュームを出すために、具体的にどんなことをしたらいいのでしょうか。自宅でできる方法について教えてもらいました。

<自宅でできるケアの手順>

まずは基本のシャンプーから。

1)髪を濡らす前にブラッシングをして髪についた汚れを落とす
2)お湯で髪をしっかり濡らし、湯シャンをする
3)シャンプーをしっかり泡だてて、頭皮から髪全体にまんべんなく塗布。指の腹で頭皮を動かすように、揉みながらマッサージシャンプーをします。
4)しっかり洗い流し、トリートメントで仕上げる
5)続いてドライヤー。ここからが肝心!ボリュームアップのコツは乾かす前に分け目をつけないこと。つい、いつものように分け目をつけてしまいますが、ここではガマン。

乾かす前に分け目を整えるのはNG。

美容師に聞いた! ぺたんこ髪をふんわり仕上げるスタイリングのコツ

 

ぴったりと分けてから乾かしていたのが、ペタンコになる原因だった……。

ドライヤーを当てるのはこの状態。タオルドライのあとに、手でパラパラと振り分けただけ。ここからドライヤーの風を当てていきます。

 

美容師に聞いた! ぺたんこ髪をふんわり仕上げるスタイリングのコツ

 

ドライヤー。手を開いて指の腹で髪を前後・左右にシャカシャカと動かします。この時も地肌を動かすようにするとマッサージにもなって一石二鳥。

 

美容師に聞いた! ぺたんこ髪をふんわり仕上げるスタイリングのコツ

 

髪が乾いた頃には、自然と分け目に沿って髪が流れるので、潰さないよう適度に整えて完成。

 

美容師に聞いた! ぺたんこ髪をふんわり仕上げるスタイリングのコツ

 

CAP/炭酸入りの泡でマッサージシャンプー。サロンならではの施術です。

スカルプケア

頭皮を活性化する炭酸シャンプーや泡のシャンプーなどサロン専用のシャンプーで汚れを徹底的に洗浄。ハンドソープや洗顔フォームでも「泡」が重視されているように、キメの細かい泡が汚れを包んで落としてくれます。

毛穴の汚れや詰まりをしっかり洗い流し、頭皮の状態を整え、健康な髪を育てやすくするための土台を作ります。野菜に例えるならば、土壌を耕して、肥料で栄養を与えるイメージ。定期的にサロンを利用して、スカルプケアに力を入れてみるのもおすすめです。

朝のセットにも一工夫

夜にシャンプーをした場合、朝には寝癖がついたり押し潰されてペタンコになってしまうことも多いもの。
そんな時には、髪に水をつけて、前述のとおりシャカシャカと前後・左右に髪を動かしながらドライヤーの風を当てるとふんわりと仕上がります。寝ぐせを解消するスタイリング剤などには油分が入っているため、髪が重たくなりペタンコになる原因に。100円ショップなどで売られている霧吹きボトルに水を入れ、髪に噴きかけるだけで十分です。整髪料を使う場合は、完全に乾かしたあとに少量使うようにしましょう。

ベースとなるカット技術が命!美容室の選び方

近所だから、クーポンでお得だから、といったように、髪よりも他の条件で決めてしまいがちなヘアサロン。どこに着目したらよいのでしょうか。

髪の悩みを解決するためには、技術力の高い美容師を選ぶのも一つの手です。今回のテーマ、髪のボリュームアップもカット技術で随分と違ってきます。髪を梳きすぎても、重たすぎてもボリュームは失われてしまうため、髪質や毛量、長さに合わせた絶妙なカットは欠かせません。

ボリュームのアップ、ダウンなど髪の悩みは多々ありますが、自己判断で高額なシャンプーやトリートメントなどを購入するよりも、まずは技術にこだわりのあるサロン・美容師に相談してみることをおすすめします。髪質を見極めたカット技術一つで随分とケアが楽になるケースもあります。

美容室を変えるのは勇気の要ることですが、地肌と髪のためにスカルプケア専門のサロンを利用するなど、用途に応じてサロンを変えてみるのも手です。

続きを読む




女性の薄毛、抜け毛の悩み…医師に聞いた「ヘアロス」の原因とケア方法

【お話を伺った人】浜中 聡子(はまなか さとこ)先生

ウィメンズヘルスクリニック東京 院長。 医学博士。北里大学医学部卒業。 米国抗加齢医学会専門医、国際アンチエイジング医学会専門医、米国先端医療学会専門医など多数の資格を取得。 女性ホルモンに着目…

もっとみる

(編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月

地肌が透けてみえるほど髪が薄くなった……。薄毛の悩みは男性に限ったことではありません。抜け毛や薄毛に悩んでいる女性は意外と多いもの。どのような理由で薄毛になるのか、原因の解説とケア方法について、ウィメンズヘルスクリニック東京の浜中聡子院長にお話をお聞きしました。

女性の薄毛の原因は多種多様

薄毛や抜け毛に悩む女性も多いものですが、原因は主にどんなことが挙げられるのでしょうか。

女性の薄毛の原因は多様で複雑です。「原因はこれ」とひとつに特定できないことがほとんどで、一筋縄ではいきません。「男性型脱毛症(AGA)」は男性ホルモンや関与する遺伝子がある程度特定されているので治療方針も定めやすいのですが、女性の場合は男性以上に様々な要因がからみ、原因を特定しにくい傾向にあります。

女性の薄毛、抜け毛の悩み…医師に聞いた「ヘアロス」の原因とケア方法

多くの女性に共通している原因として、頭皮の血流の低下とホルモンバランスの乱れが挙げられます。更年期に近づくにつれて髪の悩みが出てくる人もいれば、妊娠、出産を機に髪が薄くなったケース、はたまた10〜20代で薄毛に悩むなど、人それぞれです。

女性は、妊娠、出産、更年期、閉経など女性特有のライフイベントと、ストレスなどの外的要因が複雑に絡み合っていることもあり、原因を特定しにくい傾向にあります。

「ヘアサイクル」が乱れると抜け毛の原因に

髪が抜けたまま生えない?どのような状態で薄毛になっていくのでしょうか。

女性の薄毛、抜け毛の悩み…医師に聞いた「ヘアロス」の原因とケア方法

髪は1日に80本〜100本くらいは自然に抜けているといわれていますが、薄毛は髪が抜けて、新たに生えてくるまでの「ヘアサイクル」が乱れることに起因します。
ヘアサイクルはおおまかに説明すると、成長期(2年〜6年)、退行期(2〜3週間)、休止期(3〜8ヶ月)を経て抜けていきます。しかし、このサイクルが何らかの原因によって狂うことで、通常は長くて太くかたい髪が抜けていくのに対し、髪が成長しないまま休止期に入ってしまい短くて細く、やわらかい抜け毛が目立つようになり、薄毛へとつながっていきます。

女性の薄毛・抜け毛、ケア方法は?

 女性の薄毛、抜け毛の悩み…医師に聞いた「ヘアロス」の原因とケア方法

薄毛や抜け毛の予防のとしてまず大切なのが、バランスのとれた食事と質の良い睡眠。また有酸素運動もおすすめです。体に良いことは髪にも良いこととして覚えておきましょう。頭皮ケアですとまずはシャンプーの見直しから。様々な効果を謳ったヘアケア商品がたくさんありますが、まずは頭皮の状態に合わせたシャンプー選びから始めてみてください。目安として、頭皮の乾燥が気になる方や肌が弱い方はアミノ酸系を、普通肌〜オイリー肌な方は石鹸系や高級アルコール系を、と覚えておくと良いでしょう。

続いては育毛剤について。使用した経験のある方に感想を伺うと、必ずしも効果が出るというものでもなく、答えはまちまちです。育毛剤には、頭皮の保湿を目的とするもの、血行促進、頭皮の炎症を抑えることを目的とするものなど、謳っている効果も様々です。発毛効果が唯一認められている成分はミノキシジルに限られます。発毛を目的として育毛剤を使用するのであれば、この「ミノキシジル」が配合されているかどうかがポイントとなります。

髪は毛根部分のいちばん下にある毛球という部分。ここにある毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで髪が成長していきます。育毛剤は浸透率があまり高くないものもあり、なかなか髪の製造工場(=毛球)まで行き渡らず効果が見込めないものもります。また、刺激の強いものだと頭皮の負担になるため、シャンプー同様に地肌の状態をみながら使用するようにしましょう。

生活習慣の改善や自宅でのケアを見直すことで解決できる場合もあれば、治療によって改善しなければならない場合もあったりと様々です。頭髪専門のクリニックで治療する場合は、栄養を補う点滴やサプリメント、内服薬、外用薬、ホルモン補充療法など、一人ひとりにあった治療法を組み合わせた提案が可能であるため、治療の幅も広がります。

「髪は女の命」と言われるほど、見た目を大きく左右するものであり大切なものです。年齢のせいだからと諦めたり、自己判断で済ませてしまうのではなく、気になったらまずは頭髪治療を専門とするクリニックで相談してみるのも手です。

続きを読む



女性の脱毛症で一番多い『びまん性脱毛症』女性ホルモンと髪の毛の深い関係

【お話を伺った人】浜中 聡子(はまなか さとこ)先生

ウィメンズヘルスクリニック東京 院長。 医学博士。北里大学医学部卒業。 米国抗加齢医学会専門医、国際アンチエイジング医学会専門医、米国先端医療学会専門医など多数の資格を取得。 女性ホルモンに着目…

もっとみる

(編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月

分け目が広がった、頭頂部の毛が薄くなったなど、薄毛に悩む女性は少なくありません。女性の脱毛症について、ウィメンズヘルスクリニック東京の浜中聡子院長にお話をお聞きしました。

女性の脱毛症で最も多い「びまん性脱毛症」とは?

女性の脱毛症で最も多いとされている「びまん性脱毛症」。どのようなことが原因でおこるのでしょうか。

頭頂部から少しずつ広がり、分け目から全体的に薄くなっていくのが「びまん性脱毛症」です。原因は多種多様で一つに絞り込むのが難しいのが実のところ。
女性の薄毛の主な原因は、ホルモンバランスの乱れと、血流の低下によるものです。そして他にも生活習慣の乱れやストレス過多、過度なダイエット、喫煙、誤ったヘアケア方法など考えられる要因が多々あり、びまん性脱毛症以外の脱毛症であっても、薄毛の原因をどれか1つに絞ることは難しいと言えます。

ホルモンバランスが一つの目安に!

女性の脱毛症で一番多い『びまん性脱毛症』女性ホルモンと髪の毛の深い関係

 

女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があり、髪に影響を及ぼすのがエストロゲンです。
エストロゲンは20代後半をピークに、それ以降は減少していきます。30代までは緩やかなカーブを描く形となりますが、更年期に差し掛かると急激に減少します。

 

女性の脱毛症で一番多い『びまん性脱毛症』女性ホルモンと髪の毛の深い関係

 

また、年代を問わず女性ホルモンの分泌量に変化が現れるのは妊娠・出産時期です。妊娠中は女性ホルモンの分泌が盛んで、ヘアサイクルにおける成長期が続きます。妊娠していないときよりも抜け毛が少ないのはこのためです。一方、出産後には女性ホルモンの分泌が通常に戻るため、長い間成長期だった毛が一斉に休止期を迎え、一時的に抜け毛が増えます。通常であれば1年~1年半程で元に戻りますが、高齢出産や多胎出産などリスクが大きい出産の場合はなかなか戻りずらい傾向にあります。

また、FAGA(女性における男性型脱毛症)と呼ばれるものもあり、これは更年期前後の女性ホルモンの低下によって男性ホルモンが優位となり、男性型脱毛症の様な症状が現れる脱毛症です。このように、女性はライフイベントと共にホルモンバランスが乱れやすく、薄毛に悩まされやすい傾向にあると言えます。

薄毛は専門医に相談を

薄毛が気になり始めると、まずはシャンプーを変えたり育毛剤を使ったりと自宅でできるケアからはじまり、続いて育毛サロンなどに通うなど、クリニックの受診は後回しという人も多いようです。

病院を受診する場合も、明らかな皮膚トラブルであれば皮膚科へ相談してみるのも手です。ただし、皮膚科は皮膚トラブルにおける治療は可能ですが、薄毛を改善するには限界があるため、頭髪専門のクリニックを受診することも選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

続きを読む



女性の薄毛の原因は遺伝orストレス? 薄毛になる7つの原因

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

髪がぺたっとしてしまう、分け目が気になるなど薄毛で悩む女性は年々増加しているといわれています。そこで、女性の薄毛の原因をまとめました。

女性の薄毛の原因は遺伝orストレス? 薄毛になる7つの原因

栄養不足やストレスが女性の薄毛を引き起こす

髪型が決まらないと1日気持ちも沈みがちに。加齢により、髪のボリュームがない、うねる、パサつくといった悩みは増加。実際に、女性向けの発毛専門クリニックを訪れる人も、年々増加しているといわれています。
下記にその原因を挙げますが、薄毛は多くの場合、これらの原因が複合的に影響しあうことで発症します。女性の薄毛は男性より改善しやすいといわれているので、根気よく取り組みましょう。

1)ストレス

ストレスで白髪が増えるなど、ストレスが髪に悪影響を及ぼすのは有名です。ストレスを感じると、体は交感神経を優位にして自分を守ろうとします。交感神経が優位になると、血管が収縮。頭皮の血行が悪くなるため、毛髪に栄養が届きにくくなり、髪が細く、コシがなくなります。また、極度のストレスで一部の髪だけが抜けてしまう円形脱毛症になったり、無意識に自分の髪を抜いてしまう抜毛症になることも。ストレスをゼロにするのは至難のワザなので、ストレスを発散する自分なりの方法を見つけて。

2)ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンのエストロゲンは、髪を豊かに保つ働きがあります。妊娠や出産など、ホルモンバランスが変わる時には、薄毛になることが。これらは、しばらくすると回復します。また、多忙やストレスなど、生活習慣が原因で、女性ホルモンのバランスを乱す人も増えています。こういったことも薄毛の要因のひとつです。

3)食生活の乱れ

無理な食事制限を行うダイエットなどにより、栄養不足になると薄毛になりやすくなります。体は、まず内臓など生命維持に重要な臓器に栄養を送り、髪や爪などは栄養を送る順番としては最後になります。そのため、毎日十分な栄養を摂っていないと、髪にはいきわたりません。髪にいいといわれる食材はありますが、まずは3食バランスよく食べるように心がけて。

4)髪型

ポニーテールやお団子など、長期間髪を強く引っ張る髪型などをしていたことによって起こるのが牽引性脱毛症。髪が引っ張られていた部分の毛根がダメージを受けて、髪が生えてこなくなってしまうものです。引っ張ることを止めれば回復します。最近では、ヘアエクステンションを長期間つけている人、ヘアアイロンで髪を常に引っ張ってスタイリングする人などにも見られるようです。

5)紫外線

体の一番上に位置する髪は、顔の何倍もの紫外線を浴びています。同様に、分け目などの頭皮も紫外線ダメージが。髪を同じ位置で分けている人は、その部分の頭皮だけ紫外線ダメージが大きいので、そこから薄毛になりやすく。夏など、紫外線の強い日は帽子をかぶったり、髪や頭皮に使えるスプレータイプの日焼け止めを活用しましょう。日焼け止めを使った後は、必ず、夜シャンプーをして洗い流すのを忘れずに。

6)乾燥

洗浄力の強いシャンプーや、シャンプーの時に頭皮をこすりすぎる、エアコンによる空気の乾燥によって、髪はドライになっています。乾燥は、髪のパサつきを招くだけでなく、頭皮の乾燥も招きます。頭皮が乾燥すると、皮膚のターンオーバーが遅くなり、髪の老化に。熱いお湯で洗うことでも過剰に皮脂を取りすぎることになるので注意して。あまりに乾燥する時は、頭皮用のエッセンスを使ったり、ぬるま湯で流すだけにして、シャンプーを使うのは2日に1回などに調節するのも手です。

7)遺伝

親が薄毛だから、自分も薄毛になるのではと悩む女性も多くいます。女性の場合、男性よりも遺伝による薄毛への影響は少ないとされています。遺伝と諦めず、食事やヘアケアなどを試してみて。女性の薄毛を専門にしたクリニックもあるので、相談をしてみましょう。

続きを読む



  1. 1 これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お尻…
  2. 2
    洋菓子を食べすぎると体調が悪くなる!? 困った症状7個
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    「なるほど~」が多い人は話を聞いてない? 口ぐせで分かる相手の本音
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人が…
  4. 4
    カサカサの唇は胃が荒れている?唇の色やトラブルから分かる体のSOS
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 唇が…
  5. 5 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  6. 6 飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    女性ホルモンを増やす5つのコツ!不調の原因はホルモンの減少かも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ホル…
  8. 8
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  9. 9
    老化防止には体幹力が必須!あなたの体幹力を診断
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 動く…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  11. 11
    ストレスを生みやすい考え方|なんで自分ばっかり…て思ってない?
    ものごとの受け止め方は、人それぞれ違うものです ものごとに対する見方…
  12. 12 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    キレイに整えられたネイルは、女性らしくてとってもおしゃれ。その反面、ネ…
  13. 13 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  14. 14
    【痩せるための朝食レシピ】お腹をスッキリさせる3大成分を摂ろう!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 生理周期の体調変化
    生理周期の短い、こない、長い。生理周期からわかる体調不良。
    毎月の生理、正しい周期や期間できていますか? 30代半ばから40代前半…
  16. 16
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  17. 17 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  18. 18
    口ぐせやしぐさで分かる、ちょっと面倒な人の見抜き方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 悪い…
  19. 19
    つい食べすぎちゃう…アラフォー女性の食欲をコントロールする6つのコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 40…
  20. 20 【医師が教える】やればやるほど老ける運動・若返る運動
    【医師が教える】やればやるほど老ける運動・若返る運動
    体を動かすのもおっくうだった冬の峠を抜け、「久しぶりに運動でも…

一覧