肌ダメージが増える夏のスキンケア…肌質に合う洗顔法のみつけかた

【お話を伺った人】赤須 玲子先生

赤須医院院長 皮膚科専門医、医学博士、日本美容皮膚科学会員。確かな臨床経験と美容に精通したきめ細やかな診療で多くの女性患者を集める。専門はしみ、しわ、にきび、ほくろなど。著書に「2週間でつるつる美…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

汚れはふんわり泡で包んでやさしく落とす。正しい洗顔、うるおい補給と紫外線対策であなたも素肌美人。

紫外線と汗、乾燥でいためつけられている夏の肌

じりじりと照りつける太陽にふき出す汗、ビルからの熱風、そしてクーラーによる乾燥……。夏の肌はいためつけられています。日焼けが肌にいけないことはいうまでもありませんが、汗もお肌の大敵です。

大量にかく汗が流れたり蒸発するとき、お肌のうるおい成分も一緒に奪ってしまいますから、そうならないうちにふき取ってしまいましょう。汗をかいたままにしていると、角質層が汗の水分を吸収し、ふやけてもろくなります。だからハンカチなどで汗をふくとき、こすってはいけません。そっと押しあて、汗を吸い取るようにしましょう。

うっかり紫外線を浴びてしまったら早めのお手入れを。まずはしっかり洗顔して、汚れや古い角質をとることが大切。肌に残った古い角質はメラニン色素を増加させ、シミの原因になるからです。汗によるダメージを最小限にするためにも、家に帰ったらすぐに洗顔しましょう。

肌ダメージが増える夏のスキンケア…肌質に合う洗顔法のみつけかた

メイクをした肌にはダブル洗顔を

メイクをしている人は、クレンジングと洗顔のダブル洗顔が基本です。夏は汗をかいても落ちにくい化粧品を選ぶ方が多いと思いますが、落ちにくいということは、落としにくいということ。でも、しっかり落とそうとゴシゴシこすったり、洗いすぎたりしては、肌に大きな負担がかかります。やさしく、短時間に、確実に落とすことが肝心です。

1.まずポイントメークを落とす

落ちにくいアイライナー、マスカラ、口紅などには専用リムーバーがありますが、肌への刺激も強いため注意が必要です。おすすめなのが、オリーブオイルやスクワランオイル(サメの肝臓から抽出したオイル)。コットンに含ませて目元や口元にのせておき、メークが浮き上がったらやさしくぬぐいます。

2.顔全体のメークを落とす

クレンジング剤は、洗い流せるクリームタイプやジェルタイプなど刺激が少ないものを。ごしごしこすらないように量はたっぷり使いましょう。まずTゾーン(額から鼻にかけて)にのせて、指の腹でなでるようにしてなじませます。次にUゾーン(ほほからあごにかけて)、最後に目元・口元の順になじませます。全体になじんだら、すぐに洗い流しましょう。

3.泡でやさしく洗顔

石けんや洗顔料をしっかり泡立ててから顔全体にのせます。のせる順番はクレンジングと一緒。汚れを泡で包んで落とすという気持ちで、指の腹でやさしく洗いましょう。小鼻、鼻筋、額などはとくにていねいに。ぬるま湯でしっかり洗い流したら、柔らかいタオルで押さえるよう水気を取ります。このときもこすらないこと。

肌質を見分けて正しい洗顔方法を

以上が洗顔の基本ですが、肌が乾燥気味な人と脂っぽい人では洗顔法も違ってきます。みなさんは自分の肌質がどのタイプか知っていますか? 見分け方は簡単です。洗顔後10分くらいそのままにして、肌質をチェックしてみましょう。

顔全体にテカリが出る⇒脂性肌
ノーメークの日もしっかりダブル洗顔を。クレンジング後、顔に蒸しタオルをのせると毛穴が開き、皮脂の汚れが落ちやすくなります。

ほおはつっぱるのに額や鼻にテカリが出る⇒混合肌
Tゾーンは念入りに、ほかの部分は軽めに、ゾーン別に洗い方を変えると効果的です。

顔全体がつっぱる⇒乾燥肌
朝の洗顔はぬるま湯でよごれを洗い流すだけで十分でしょう。洗いすぎて皮脂を落としすぎないよう注意。

つっぱらずテカリもない⇒普通肌
うるおいがあって理想的ですが、季節や体調で肌の状態は変わるので、その日のコンディションで洗顔方法を変えましょう。

洗顔後は保湿成分でうるおいキープ

洗顔後は、保湿効果のある化粧品でうるおいを補いましょう。セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、レチノールなどが配合されている美容液が効果的。ビタミンC誘導体は、皮膚の水分の蒸発を防ぎ、皮脂の分泌をコントロールするので、どんな肌質の人にもおすすめです。

紫外線対策には、メラニン色素の生成を抑えシミを予防する物質を配合した美白剤を使用するとよいでしょう。ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、ビタミンC誘導体などが有効です。ただし、長時間たってしまったシミには、あまり効果は期待できません。

化粧品は、自分の肌に合うものを選びましょう。サンプルなどで1週間ほど試してみるのがおすすめ。使用後にかゆみや赤みが出るようなら肌に合わない証拠ですから、すぐに使用をやめます。1~2カ月使ってみて効果が感じられないときは、別の成分のものを試してみるとよいでしょう。

(「すこやかファミリー」法研より)

※この記事は2007年8月に配信された記事です



肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法

提供:gooヘルスケア

つらい「肌荒れ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

内臓をととのえて、早めに対処を
肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

「皮膚は内臓の鏡」と言う言葉をご存知でしょうか。”肌荒れは、臓器の状態のあらわれ”という考え方にもとづいた言葉です。

肌荒れには、ニキビなどの炎症が起こるタイプと乾燥によって皮膚がかさつくタイプがあります。

ニキビは、胃の不調から熱をため込み、その熱を発散させようとしてあらわれます。このとき、多くの場合は瘀血(お けつ)になっています。

かさつきは、栄養不足による血虚(けっ きょ)や、水分のバランスが悪くなる水毒(すい どく)などで生じます。

いずれのタイプも、ストレス、暴飲暴食、栄養や水分の偏りが原因として考えられます。肌のトラブルは、放置するとシミやシワが定着しやすくなりますので、原因を探り、早めに改善しましょう。

 

漢方処方

*肌荒れに加えて、胃の調子が悪い場合

暴飲暴食や、胃の働きの低下による消化不良で胃に負担がかかり、体の中に熱をため込んでしまっていると考えられます。熱を発散して気、血の巡りを改善するには、温めて熱を出させる作用のある桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や半夏厚朴湯(はん げ こう ぼく とう)が有効です。

*脂性肌で、赤みが強いニキビがある場合

芯のあるニキビがあり、顔面に熱がのぼって発散できていない可能性があります。肌の機能を正常にととのえる作用がある清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)を処方します。

*膿や熱を持った、痛みを伴うニキビがある場合

赤みだけでなく、化膿している場合は、薄墨色のような顔色の場合が多く、体内に毒素がたまっていると考えられます。このような症状には、十味敗毒湯(じゅう み はい どく とう)を処方します。

*月経前や月経中にニキビができる場合

月経周期に関連してニキビができる場合は、瘀血が原因だと考えられます。このような場合には、血の流れを改善し、月経不順の改善やニキビの改善に処方される桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)が有効です。

*乾燥とかゆみがある場合

水分が必要なところに行き渡らず、血も不足して肌に栄養が届いていない可能性があります。肌の湿疹や乾燥のかゆみを鎮める作用のある当帰飲子(とう き いん し)は、当帰(とう き)、地黄(じ おう)など血の巡りをよくし、水分を保つ作用の生薬(しょうやく)が配合されています。

*ストレスが多い場合

気の巡りが悪くなっている気滞が原因だと考えられます。環境の変化など、ストレスの原因がわかっている場合は、その原因をとりのぞきましょう。心身のバランスをととのえ、精神を安定させる作用のある、加味逍遥散(かみしょうようさん)がおすすめです。

西洋医学の考え方症状

ニキビには、毛穴が詰まる白ニキビ、酸化して黒ずむ黒ニキビ、黒ニキビが悪化して炎症を起こす赤ニキビ、さらに悪化した化膿ニキビなどがあります。

私たちの肌には、肌を正常に保つための常在菌があり、その常在菌の一つが、皮脂を好み、ニキビを発症させる性質があるアクネ菌です。このアクネ菌が活性化して繁殖すると、ニキビになると考えられています。このほか、ホルモンバランスや生活の乱れなどによっても、ニキビはできやすくなります。

 

対処法

ニキビを防ぐには、刺激の強くない石けんなどで洗顔して、毛穴の汚れをとりのぞき、皮脂の過剰分泌を抑えるために、しっかり保湿することが基本となります。スキンケアだけでは改善しないくらい悪化した場合には、ステロイド剤、抗菌薬の塗り薬や内服薬などを使って治療していきます。

続きを読む




ゴム手袋が”手荒れ”の原因になる!?意外と知られていない手荒れの元凶

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

冬の季節にひどくなる手荒れ。ハンドクリームを使ってもよくならない人に向けた手荒れ対策のコツをご紹介。

ゴム手袋が”手荒れ

手荒れ対策は原因を特定することが大切

冬場は、手荒れのトラブルが増える季節。もともと手肌は、曲げ伸ばしが多いことによる皮膚の伸縮や、さまざまな物との接触、ひんぱんな手洗いなどで、よく働かされる部位です。そのため、手肌のトラブルの場合、何かを塗ればおさまるとはいかないことがほとんど。全国から寄せられる手肌のトラブルの相談に答えている“手荒れのプロ”の浄弘(じょうぐ)貴子さんによると、どんなに効果のある治療を行っても、原因を特定してその対策を講じないと、すぐに再生や悪化を繰り返してしまうそう。まずは原因をつきとめて、症状に合ったケアを行いましょう。

ゴム手袋は素材を選んで

実は、ラテックス(天然ゴム)製のゴム手袋が原因による、手湿疹が急増中! ある日突然、ゴム手袋にアレルギー反応を起こして悪化するケースもあります。一度発症したら、「ラテックスフリー」などの素材のゴム手袋に替えましょう。ゴム手袋の下に綿手袋をしても、ラテックスアレルギーの原因物質は水溶性のため、汗や蒸れで溶け出してしまい、完全に防ぐことはできません。また、ゴム手袋を選ぶ際には、使用されている加硫促進剤にも注意を。製品の注意書きをしっかり確認することが大切です。塩化ビニール製手袋は、一部の薬品は透過してしまうため、状況に応じて使い分けましょう。

絆創膏は貼りっぱなしにしない!

パックリ割れた部分が痛むからと、絆創膏で常に覆っていたり、液体絆創膏でくっつけた状態にしていませんか? 絆創膏で痛みがやわらぐのは、患部を「蒸れた」状態にすることで、表皮がふやけた状態になって痛みが軽減されるだけ。絆創膏を外して乾いてくるとすぐに割れてしまい、パックリ割れの原因になります。対策には、こまめな保湿ケアで皮膚を柔らかい状態にキープすること。パックリ割れを繰り返すのは、乾燥して固くなった皮膚が、関節を曲げた時に裂けるからです。通気性のあるワンサイズ大きめの綿手袋で乾燥を防ぐのも効果的。

ジェルネイルのUVライトは要注意

ジェルネイルをしていて、水泡をともなった湿疹ができた場合、原因は紫外線である可能性が考えられます。UVライトを使う仕事や作業も同様で、歯科医が使う硬化剤も紫外線を当てるため、歯科衛生士や歯科医の症例もあります。対策にはUVライトの使用を控えること。これだけですぐ改善する場合が多いのです。外出時には手袋や日焼け止めを使用して、紫外線を防ぐように心がけましょう。

続きを読む




ボディーソープで肌荒れ!?清潔のつもりが皮膚を傷めることに…

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

清潔を気にしすぎると、逆に肌がボロボロに……。ボディーソープが原因で起こる肌荒れの危険性についてまとめました。

ボディーソープで肌荒れ!?清潔のつもりが皮膚を傷めることに…

薬用ボディーソープや石鹸は洗浄力が非常に強いものも

世界で一番清潔な国とも言われる日本。ドラッグストアにはたくさんの抗菌、除菌グッズのほか、体の消臭や殺菌グッズまでが売られています。清潔にしておくことは、マナーの一部ですが、逆にニオイや菌を気にしすぎて肌荒れを起こす危険性も。

特に、ボディーソープは全身に使うもの。洗浄力の強いものを使うと、全身が乾燥してかゆみを起こす可能性もあります。なかでも薬用ボディーソープや薬用液体せっけんは、効果が強すぎるものもあり、注意したいところ。最近では「体のカビやニオイを洗い流す」というキャッチコピーの商品も販売されています。「ミコナゾール硝酸塩」という成分を配合しているもので、もともとは水虫やカンジダ症などの塗り薬として使われている化学合成成分。それをボディーソープやせっけんに配合した製品です。殺菌効果がある分、肌への負担も大きく、皮膚が赤くなったり、かぶれ、かゆみなどを起こす可能性もあります。

常在細菌のバランスが崩れると皮膚トラブルにも

そもそも体のカビは「真菌」といって、ふだんはほとんど無害。食品に発生するカビとは違い、殺菌する必要はありません。カビという不衛生なイメージだけにとらわれて、商品を使用するのは危険です。体の皮膚は、人体で最大の臓器ともいわれ、体を守る多くの常在細菌が存在しています。この細菌のバランスが崩れると、皮膚トラブルや感染症になる可能性もあります。皮膚の常在細菌のバランスが乱れると、逆にニオイが強くなるといったこともあるのです。こういった強すぎるボディーソープやせっけんで毎日体を洗うことは、自分の免疫力を弱めることにもつながります。

体の菌を守りながら清潔に保つコツとは

では、皮膚の常在細菌のバランスを崩さずに、清潔にするにはどうしたらよいのでしょうか? 皮膚科医によると、やりがちなボディーソープをたくさんつけて、ナイロンタオルでゴシゴシ洗うやり方は強すぎ。また薬用ボディーソープを使っている場合は、より大きな負担が皮膚にかかっています。

ボディーソープは成分にばらつきがあるので、体にやさしいものを選ぶのが難しい商品のひとつ。無難ですが一般的な浴用せっけんのほうが、皮膚の負担になりにくくおすすめだとか。

また、せっけんは毎日使うと洗いすぎに。冬場であれば、2~3日に1回洗えば清潔さを保てるそう。皮膚の常在細菌はせっけんなどで洗うと9割方除去され、通常の量にもどるまで12時間かかるとか。1日何度もお風呂に入り、体を洗うと皮膚トラブルの原因になるので、注意して。汚れや余分な皮脂は、お湯で洗うだけでも大部分が取れます。さらに、肌荒れを起こしている人や、乾燥肌で悩んでいる人は、熱すぎる湯船に長時間つかるのも避けましょう。

続きを読む



これさえやっとけば間違いない?キレイな人が実践している美肌のコツ

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

キレイな人がやっている美肌のコツを紹介。食事やスキンケアなど、今日から取り入れられるものばかり。

流行の美肌術は自分の顔でチェック

歳より若く見えるキレイな人は、何をやっているの? そんな“美の秘密”を暴くべく、キレイな人の食事や生活、ケアを徹底調査! すると、いろんな共通点を発見。流行のスーパーフードはすでに実践中。たるみを防ぐ頭皮ケアや洗わない洗顔法と、何人もが同じ美肌習慣を続けていました。健康情報誌「からだにいいこと」の読者がやっている口コミ美容術をご紹介します。

これがキレイな人の美肌のコツ

○発酵食

“美肌は腸から作られる”は本当でした。納豆、みそ、キムチ、漬け物など、発酵食を欠かさず食べることが、美人の元に。

【キレイな人の声】

  • ・自家製野菜で作ったぬか漬けを毎食。お通じが良くなり肌荒れ知らずに。たくさん食べても太りません。
  • ・”納豆+キムチ”。W発酵パワーは腸と肌に効きます。
  • ・黒酢たっぷりの手作りドレッシングで、くすみが解消!

これさえやっとけば間違いない?キレイな人が実践している美肌のコツ

○NO洗顔

美肌さんほど、朝は洗顔料を使わない「NO洗顔」が習慣に。天然の皮脂を上手にコントロールするのもコツのよう。

【キレイな人の声】

  • ・夜に毛穴をしっかり開いた状態で洗顔するので、朝は洗顔料なし。水すすぎだけで十分肌がキレイに。
  • ・朝、洗顔はしません。化粧水をバシャバシャ2度づけした後にクリームを塗るだけ。しっとり感が続きます!

○頭皮ケア

“オバサン顔”の元になるたるみを防ぐには“頭皮”がカギ。マッサージやシャンプーで血行促進することで、ハリ肌キープ。

【キレイな人の声】

  • ・たるみに効くのは、頭の中でも「側頭筋」のマッサージ!
  • ・セサミオイルでマッサージ。セサミンなどの抗酸化力で老化防止&毒素排出。肌は若くなり白髪もありません。

○スーパーフード

美容家や海外セレブがハマる「スーパーフード」。その劇的効果を、自らの肌で実感しているアラフォー読者がたくさん!

【キレイな人の声】

  • ・「ローストアマニ」は、ゴマの代わりに使えてGood。必須脂肪酸のオメガ3や食物繊維が豊富で、肌にいい。
  • ・「チアシード」は、ヨーグルトに。「ブロッコリースプラウト」はスムージーに入れて、美パワーチャージ!

続きを読む



小鼻にブツブツができる人は〇〇が乱れてる?原因と改善法

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

皮脂の分泌が多く化粧がくずれやすい小鼻まわり。ブツブツができて気になっている人は、今すぐスキンケアを見直して!

小鼻にブツブツができる人は〇〇が乱れてる?原因と改善法

ブツブツの原因は皮脂や汚れによる「角栓」

つるんとした小鼻になりたいけれど、化粧ではカバーしきれず、隠そうとするほどブツブツが目立ってしまいがち。

小鼻にできるブツブツの原因は、角栓です。角栓とは、皮脂の過剰分泌や古い角質、メイクなどの汚れが毛穴につまったもの。この角栓が毛穴に詰まったままだと、アクネ菌が繁殖しやすくなり、ニキビの原因に。また、角栓の表面に出ている部分が酸化して黒くなると、目立ってしまいます。
誰もが毛穴に多少なりとも角栓はもっており、ゼロにする必要はありません。ただケアをしてできるだけためないようにすると、毛穴も小さくなり、目立たなくなります。

長時間のメイクも原因に

角栓ができる原因は大きく分けて3つ。まず、ひとつめは、皮脂の過剰分泌によるもの。皮脂は天然の美容液といわれるほど、皮脂は肌の潤いにとって重要なものですが、肌が乾燥していると逆に過剰に分泌されてしまいます。特に、体の中心は皮脂が出やすいところ。小鼻は皮脂がでやすく、たまりやすいために角栓ができるのです。ふたつめは、肌のターンオーバーが乱れていることで、角質がたまり角栓になっていること。そして、3つめは、長時間メイクをしていることで毛穴をふさぐ時間が長くなり、角栓がたまってしまうことです。これらが複合的に合わさって角栓を作る原因になっています。

肌に優しくしっかり汚れを落として角栓ケア

まず皮脂の過剰分泌を抑えるために、保湿を心がけましょう。皮脂が出るからと、保湿を控えめにする人もいますが、逆効果。スキンケアでは、化粧水や美容液をしっかり肌に入れ込んで。皮脂が気になる人は、フタをする役目のクリームは薄めにつけるか、さっぱりしたタイプを選ぶといいでしょう。
メイクは帰宅したらすぐに落として。この時、クレンジングの前に、蒸しタオルを小鼻に当てて、毛穴を開かせてから行うと、汚れやメイクが毛穴に残ることなくきれいに落とせます。
そして、年齢とともに肌のターンオーバーが乱れてくるので、古くなった角質の除去をサポートするべく、酵素洗顔を取り入れましょう。週に1〜2回、酵素洗顔を使うことで、肌をやさしくピーリングすることができます。肌のごわつきが解消し、もっちりした質感に。

はがす毛穴パックは肌に負担が大きい

小鼻の角質ケアといえば、はがすタイプの毛穴パックを思い浮かべる人も多いと思いますが、これらは肌への負担が大きいもの。肌の乾燥が激しい人や、アレルギー鼻炎などでよく鼻をかむ人は避けた方がよいでしょう。どうしても行いたい場合は、肌の状態をよく確認してからにして。また、毛穴パックをした後は、角栓がとれたまま、毛穴が広がっています。収れん化粧水などを使って、毛穴を引き締めることを忘れずに。

続きを読む



  1. 1
    肩こり・首の痛みの治し方。めぐりを良くする食材で改善!
    つらい「肩こり・首の痛み」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血行を…
  2. 2
    朝食を変えれば『ヤセ体質』になれる!食べてヤセる食事法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    肉ばかり食べると体が臭くなる…糖質制限ダイエットの落とし穴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4
    実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5
    冬のお洗濯は夜にすると時短になる!乾きにくいニットもOK
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 天気…
  6. 6
    足にむくみがある人は筋肉が少ない?むくみの原因と解消法
    つらい「むくみ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 余分な水分をとり…
  7. 7
    発達障害の子どもに注意するとき、褒めるときのコツ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  8. 8
    発達障害の子どもこそ『ほめて伸ばす』が大事な理由
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10
    お腹がポチャポチャするのはなぜ?胃の症状の原因と改善法
    つらい「胃もたれ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 胃を温めて、消…
  11. 11
    目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因と改善法
    つらい「目のクマ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 温めて、血を巡…
  12. 12
    うちの子発達障害かも?と思ったら…早目の支援が社会適応のカギ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  13. 13
    ゴム手袋が”手荒れ"の原因になる!?意外と知られていない手荒れの元凶
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 冬の…
  14. 14 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  15. 15
    肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法
    つらい「肌荒れ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 内臓をととのえて…
  16. 16
    ボディーソープで肌荒れ!?清潔のつもりが皮膚を傷めることに…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 清潔…
  17. 17 ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと むし…
  18. 18
    やたらと正論を押しつける『モラハラ男』の見分け方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 他人…
  19. 19
    1分だけ頑張ればいい!ウエスト・二の腕がほっそり『振り子エクササイズ』
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  20. 20
    感情的に叱ってはいけない!発達障害の子どもへの接し方のポイント6つ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…

一覧