望まない・意図しない妊娠は約4割|低用量ピルの避妊効果とは?

【お話を伺った人】松峯 寿美先生

東峯婦人クリニック院長・医学博士 東京女子医科大学卒。 専門は婦人科一般、不妊症治療など。 日本産婦人科学会専門医、思春期学会理事、東京女子医科大学非常勤講師など兼任。『マタニティホワイトブック』…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

ホルモンが作る女性のリズム。決めるのはあなた!避妊効果が高く副作用も少ないといわれるピル。あなたはどれくらい知っていますか?

自分のことは自分で決めたい

週刊誌やテレビで、芸能人の「できちゃった婚」のニュースをよく目にしますが、日本では避妊の失敗などによる「意図しない出産」や「望まない出産」が約40%弱もあるといわれています。問題なのは、望まない妊娠で仕事や学校を辞めざるを得なかったり、中絶したりする人が多いということです。

そういったことを避けるためにも、日ごろから避妊について考えておきたいものです。さまざまな避妊方法の中で何を選ぶのか、人任せにせず自分で決めるのが自立した女性!そのためには、十分な情報と正しい知識が必要です。

避妊効果が高く安全といわれるピルが広がらないのはなぜ?

1999年、アメリカから約40年遅れて低用量経口避妊薬=低用量ピル(以下ピル)が解禁され、避妊方法の幅が広がりました。でもピルについて、あなたはどれくらい知っていますか?

ヨーロッパを中心に、ピルは一般的に使われている避妊薬ですが、日本ではコンドームの利用が約8割と圧倒的に多く、ピルを利用している人はわずかです。ピルは避妊効果が高く、副作用も少ないといわれていますが、情報の少なさからか、なんとなく不安、ホルモンを飲むことに抵抗がある、などの理由で服用をためらう人が多いようです。

さらに、ピルの導入にあたってつくられた「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」によって、処方前にさまざまな検査が義務づけられたことも、ピルの利用が進まない原因の一つと考えられています。しかし2005年12月、日本産科婦人科学会などが同ガイドラインを改訂し、検査が大幅に簡素化されただけでなく、製薬会社などがピルの避妊以外の効用をうたってもよいことになりました。

妊娠を防ぐ3つの主な働き

女性には約4週間で1サイクルの月経周期があり、その間に月経と排卵が1回ずつ起こります。そして、排卵のときに出てきた卵子が子宮のほうへ運ばれる途中で精子と出会えば受精卵となり、子宮内膜に着床すると妊娠が成立します。ピルは、排卵を抑える、受精卵を子宮に着床しにくくする、精子を子宮に入りにくくするという、主に3つの働きで妊娠を防ぎます。

ピルは卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ成分を含む飲み薬で、これを飲むことで体が妊娠中に近い状態になり、排卵がストップします。また、ホルモンの働きで、精子が子宮に入りにくくなったり、受精卵が子宮内膜に着床しにくい状態になります。このように、何重にも避妊効果を高めているのです。

意外と知られていない、避妊以外のメリット

ピルを使ってみようと思ったら、また、ほかの避妊方法と比較するためにも、ピルのメリットとデメリットをしっかり押さえておきましょう。

メリット

●正しく使用すればほぼ100%の避妊効果があり、妊娠を希望するときは飲むのをやめればよい。
●月経周期をコントロールできる。ピルを飲むと月経周期がきちんと28日周期になり、いつ月経が来るかわかるため、スケジュールが立てやすい。ピルで月経をずらすこともできるため、たとえば、月経が旅行に重ならないようすることができる。
●女性の意思で避妊ができ、自分の体は自分で守る意識が生まれる。
●その他、月経痛が軽くなる、貧血が改善される、にきびがよくなる、子宮内膜症になりにくく悪化を防ぐ、長く飲み続けると子宮体がん・卵巣がんのリスクが減る、骨粗しょう症になりにくくなる、など。

デメリット

●毎日飲まなければならず、飲み忘れると避妊効果がなくなる。
●医師の処方が必要で、保険適用にならないため費用がかかる(月に約3000円~4000円程度)。
●飲み始めの2~3カ月は吐き気や頭痛、乳房の張りなどが起こることがある。
●血栓症のリスクの高い人は飲めない。
●性感染症は防げない(コンドームとの併用が必要)。

避妊だけでなく、健康面や月経周期の調整など女性のQOL(生活の質)をアップさせる効果が期待できるピルですが、上手に使いこなすためには正しい知識が必要です。
次回はピルの使い方についてご紹介しましょう。

※この記事は2007年1月に配信された記事です



妊娠中のつわりに効果のある漢方とは? 風邪やむくみなどの体調不良にも

提供:gooヘルスケア

つらい「妊娠・出産の症状」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

ストレスをためず、軽い運動を

妊娠中のつわりに効果のある漢方とは? 風邪やむくみなどの体調不良にも

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

妊娠中の女性の体の変化には個人差があり、とくに不快感はなく、心地よく過ごしている人もいますが、つわりになったり、切迫流産や早産になったりするなど、予想できないことの連続です。

つわりは、とくに、においや食の嗜好には敏感になりがちで、今まで好きだった食べ物がおいしいと感じなくなったり、ご飯を炊くにおいも気になったりするなど、さまざまな変化が起こります。

その原因には、気の巡りが悪いことや水の滞りがあることが考えられます。妊娠すると、妊婦さんは、ほぼ全員、水毒(すい どく)になります。そのため、むくみが出たり、ひどい場合は高血圧になったりします。

また、血虚(けっ きょ)もよくみられる症状で、貧血や立ちくらみなどが起こることがあります。

一方の切迫流産や早産は、おなかの張りが強くなることで起こると考えられます。そこで、緊張をゆるめる作用のある芍薬(しゃく やく)を含む処方を使うことになります。

つわりは、赤ちゃんからのメッセージだという考え方もあります。食べないで欲しいものや、食べて欲しいものを赤ちゃんが伝えてきていると言うのです。

また、それまでの食生活や生活習慣によって母体に出ている影響を、この時期にリセットしようとしているという見方もあります。

どちらにしても、つらいことには変わりがないので、症状を少しでも和らげるようにするのがよいでしょう。

なお、食べられないと胎児が育たないのではないかと心配する人もいますが、そんなことはありません。食べられるときに食べられる物を食べたらいいと気楽に考えることが大切です。

妊娠の症状には個人差があり、また、同じ人でも、一人目はつわりが重かったけれど、二人目はそうでもなかったなど、妊娠するたびに異なります。しかし、つわりや妊娠高血圧症候群などは二度目も出ることが多いので、一回目の妊娠で症状があった人は早めに漢方薬を飲むことをおすすめします。

漢方処方

*妊娠時の万能薬は、当帰芍薬散

妊娠時に、もっともよく使われるのが、婦人科系の病気の処方としても代表的な漢方薬、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。安胎薬(あん たい やく)と呼ばれ、もともとは、妊娠時の腹痛の薬として処方されていました。

血虚(けっ きょ)に対する漢方薬なので、貧血に効果があり、また、水毒の漢方薬として、むくみを改善する作用もあります。そこで、現在では、腹痛に加えて、妊娠時の貧血や高血圧症候群に対する漢方薬としても使われています。

妊娠の初期から出産時にまで使うことができる便利な処方なので、一回目の妊娠で高血圧症候群やむくみが認められた人は、早い時期から内服をおすすめすることがあります。

また、不妊や習慣性流産のある人などにも処方されます。まさに、女性のための万能薬と言えます。

*つわりがある場合

よく使われる漢方薬は、香蘇散(こう そ さん)です。つわりには紫蘇がよいとされており、この香蘇散にも入っています。

吐き気に対しては、半夏(はん げ)と茯苓(ぶく りょう)の組合せも有効で、小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)、茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)が使われます。

また、胃腸のもたれや体力回復に効果のある人参湯(にん じん とう)を処方することもあります。

ただし、つわりがひどいときは、エキス剤すら飲みたくないと感じることがあります。その場合は、生薬(しょうやく)を粉末にして内服すると飲める場合があります。それでもつらいときは、漢方薬ではなく、紫蘇酢(し そ ず)なども効果があります。ドラッグストアでも売っているので、ためしてみるとよいでしょう。

つわりは、悪化すると入院になることもある症状です。体調が悪いときには、無理をせず、主治医に相談しましょう。

*風邪を引いた場合

よく使われるのが、香蘇散(こう そ さん)です。現在では、気分が落ち込むなど、抑うつの傾向のみられる人に使うことで知られていますが、もともとは、風邪の処方です。

風邪とは、読んで字のごとく、風の邪(じゃ)であり、気の巡りをよくすることで風邪を追い出そうというものです。

なお、風邪で咳や喉の痛みが続く場合には、麦門冬湯(ばく もん どう とう)を使います。悪寒がして、風邪かなと思うようなときには、桂枝湯(けい し とう)がおすすめです。

*むくみや妊娠高血圧症候群がある場合

むくみや妊娠中の高血圧には、水毒が関係していることが多いので、余分な水分をのぞく作用のある漢方薬、五苓散(ご れい さん)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を処方します。悪くなってから飲むのではなく、早めの内服が効果的です。

 

西洋医学の考え方

 妊娠初期は、つわり。後期は、むくみや妊娠高血圧症候群などの症状があらわれやすくなります。医師の指示に従いながら生活習慣をととのえますが、ひどいときは、漢方薬をすすめられる場合もあります。

 

症状

妊娠中は、短期間でホルモンのバランスが変わるため、さまざまな不調が起こります。

具体的な症状としては、初期は眠気、頻尿、食欲不振、食欲増加、便秘、貧血、つわりによる吐き気やむかつきなどがあります。妊娠4~6週目から12~16週目の時期は、胃のむかつきや吐き気を感じるつわりが起こります。

つわりの症状が強く、食べ物だけでなく、水も受けつけなくなって脱水症状を起こすなど、日常生活に支障をきたすような場合は、妊娠悪阻(お そ)と呼び、入院が必要になる人もいます。

また、妊娠中は、月経前に増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)が、普段の何倍も出ることが原因で、むくみやすくなります。

中期以降になると、切迫流産、妊娠に伴ってみられる高血圧、たんぱく尿、むくみ、1週間に500g以上の体重増加などの症状の一つ、もしくは二つがあらわれる妊娠高血圧症候群の症状が起こりうる可能性があります。

妊娠後期(6ヵ月以降)は、基本的には安定期に入りますが、さらにむくみやすくなります。これは、おなかの中で大きくなった子宮が血管を圧迫して、血液やリンパの流れが悪くなるためです。

ほかにも、内臓が圧迫されたような感覚になり、息苦しさや、胃もたれなどがあらわれることがあります。これを第二のつわり、と呼ぶ人もいます。

また、ホルモンの影響と、大きくなったおなかの負担により、腰痛を起こしやすくなります。食欲が増加して、食べ過ぎや妊娠高血圧症候群や、切迫早産などの可能性もあります。

そのほか、妊娠期間中に、風邪を引いたり、花粉症の症状が出たりする人もいると思います。風疹の感染なども、問題になっています。しかし薬の服用は、漢方薬であっても絶対に自分では判断せずに、担当の医師に相談してください。

続きを読む




生理前の不調の原因と改善方法|つらいPMSを助けてくれる食材とは?

提供:gooヘルスケア

つらい「月経前緊張症(PMS)」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

気を巡らせて、イライラを抑える

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

腹痛や頭痛など、一般的に生理痛と言われている症状が月経困難症です。多くの女性にあらわれ、本人でないとわからないつらい症状が特徴で、日常生活に支障をきたす人もいます。

月経困難症の人の大半は、血の滞りである瘀血(お けつ)がある可能性があります。瘀血の程度はさまざまで、食養生や運動だけで、ある程度改善されるものから、漢方薬での治療が必要なものまであります。

痛みだけでなく、イライラ、倦怠感などがある人もいます。これは、ホルモンバランスの崩れやストレスなどによって気が滞る気滞(き たい)、冷え、水が滞る水毒(すい どく)などが複合的に起こることが原因だと考えられています。

イライラや気分が落ち込むなどの症状が出る理由は、血や気が滞ると、自律神経を司る肝の働きが低下するためです。肝は、血を貯蔵しておくところであるとともに、怒りの感情にも繋がっているからです。

このほか、冷えも月経困難症の症状を悪化させますので、冷えがある場合には、治療が必要です。

婦人科には行きづらいと感じている人が多く、またついついがん検診などもおろそかになってしまいがちです。しかし、もしも、月経痛に悩んでいるようなら、ぜひ一度、婦人科を受診することをおすすめします。この月経痛が、子宮筋腫や子宮内膜症、あるいは子宮がんなどの大きな病気のサインのこともあるからです。

実際に検査をして、具体的な病気が見つからない場合は、痛み止めなどの対症療法が主となります。このようなときに、漢方薬がよく用いられます。

漢方処方

処方の中心になるのは、女性の三大処方と言われる当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)です。

瘀血に対する効果の強さを順番であらわすと、「桂枝茯苓丸>加味逍遙散>当帰芍薬散」となりますが、漢方薬の効果の強さで決めるというわけではなく、ほかにみられる症状で処方を決めていきます。

原則的には、月経困難症の症状が出ている期間だけではなく、毎日内服してもらうことになります。その理由は、痛みを感じるのは月経のときだけだとしても、その原因となっている瘀血や冷えは、常にあると考えているためです。

*色白でむくみやすく、冷えやすい場合

虚弱な女性のさまざまな症状に用いることができると言われている当帰芍薬散を用います。処方される人に、竹久夢二の絵に出てくるような儚げな感じの美人が多いことで知られていて”当芍美人(とうしゃくびじん)”と言う言葉があるくらいです。

また、むくみの原因となっている水毒があるために、全体的にはほっそりしていますが、足首は引き締まっていないことが多いです。むくみによって、めまいや手足のだるさを訴えたり、冷え症があらわれる人もいます。

このほか、のどが渇きやすかったり、トイレに行く回数が人より少なかったりするのも水毒の徴候の一部です。

当帰芍薬散は、もともとは、妊娠時の腹痛の薬なので、腹痛に対する効果も定評があります。

*イライラしたり、症状がいくつもある場合

イライラなどの精神症状を伴う場合には、加味逍遙散(かみしょうようさん)を用います。

また、「イライラだけでなく、頭痛もあって、体がだるい」など、不調の種類が多い場合に対応するのも、この処方の特徴の一つです。不調の種類が多いと、医学的に説明の難しい不定愁訴だと言われがちですが、この不定愁訴こそが、加味逍遥散を使う目的の一つなのです。

漢方薬の名前についている逍遥とは、いろいろと移り変わるという意味で、この移り変わる症状に使う処方だからこそ加味逍遥散という名前がついています。症状がいろいろあって、なおかつ移り変わるというのがポイントなのです。

このほか、イライラが強くてキーッとなってしまう人で、下腹部が痛む人には、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)がおすすめです。

*にきびや肩こりを伴う生理痛で、瘀血の症状が中心の場合

血の滞りによる瘀血で、にきびや肩こりがみられる場合には、桂枝茯苓丸を使います。瘀血があると、気の滞りも合併することが多く、のぼせを伴いやすくなります。

瘀血のある人は、おへその周りや舌の部分を押すと不快な感じや痛みがあることが多いので、自分で押してみるのもいいでしょう。舌や唇の色が暗くくすんで見えたり、眼の下にくまが見られるというのも瘀血の症状です。

また、桂枝茯苓丸は、別名、催生湯(さい せい とう)とも言われ、子宮筋の緊張を促す可能性があることから、妊娠中は飲むことができません。

このほか、ちょっと意外な処方としては、胃薬だと思われている安中散(あんちゅうさん)があります。これは、安中散に含まれる生薬(しょうやく)、ウイキョウとエンゴサクに痛みをとる効果があるからです。もともと胃腸虚弱があり、胃痛を伴うような生理痛に用います。ウイキョウは、ハーブではフェンネルとも呼ばれ、消化促進などにも使われている植物です。

*生理痛がひどいときの頓用(症状が出たときや、つらいときなど、必要に応じて薬を服用)

月経中に痛みがあるときには、右記に紹介した処方と併用して、漢方薬の芍薬甘草湯(しゃく やく かん ぞう とう)や呉茱萸湯(ご しゅ ゆ とう)を用います。芍薬甘草湯は、おなかが引きつれるように痛むときに、呉茱萸湯は冷えや胃痛を伴うときに用います。

 

西洋医学の考え方

症状

PMS(premenstrual syndrome)は、月経が始まる3~10日前の時期にあらわれるさまざまな症状のことを言います。

症状は、頭痛、腰痛、乳房やおなかの張り、むくみ、肌荒れやニキビ、便秘、眠気、倦怠感、そして、甘い物がいつも以上に食べたくなる人もいます。

その原因は、月経の約2週間前から排卵の時期までにプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加して、女性ホルモンの分泌のバランスが大きく変化することだと考えられています。

このほか、ストレスが多い人、生活が不規則になっている人も、ホルモンのバランスの崩れによって症状が強く出やすくなります。

 散歩や買い物、外食などで、気分転換をして、楽しむ時間をつくりましょう。

 

対処法

基礎体温をつけることで、女性ホルモンのバランスをある程度チェックすることができます。

また、月経前には、無理なスケジュールを組まず、ビタミンやミネラルをたくさんとり、睡眠や休息をたくさんとるようにしましょう。

痛みが強い場合には鎮痛薬、むくみには利尿薬、イライラや落ち込みなどメンタルの症状が強い場合には、抗うつ剤や精神安定剤など、精神科の薬を使うこともあります。

 

つらい「月経困難症、月経前緊張症(PMS)の食養」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

血を巡らせて、自律神経の安定を促す食材をとる

 

月経困難症、月経前緊張症(PMS)は、いずれも血を巡らせて、体を温め、自律神経や女性ホルモンのバランスをととのえることがポイントとなります。

 

月経困難症の場合

月経血に黒い塊が混じる瘀血タイプ

月経血は、正常であれば鮮紅色(せん こう しょく)でサラッとしていますが、月経血が黒ずんでいたり、血の塊のようなものが混じっていたりする人は、血が滞っている瘀血(お けつ)の状態だと考えられます。

血行が悪いので、月経の子宮収縮時に月経痛が起こりやすくなります。このような人は、血の流れをよくする食材をとりましょう。

代表的な食材は、タマネギ、サフラン、ウコンなどです。タマネギは、温性で胃腸を温め、消化を促し、利尿作用や気の巡りを改善する作用があると言われています。また、血栓を溶かす作用もあります。加熱するとうまみ、甘みが増し、価格も安定していて、和食にも洋食にも使え、とても優れた食材と言えるでしょう。

サフランは、パエリアの色づけなどで知られていますが、お湯に入れればサフランティーに、ご飯を炊くときに加えればサフランライスになり、普段の食事に手軽にとりいれることができます。

冷えやむくみなどがある水毒の場合

冷えには、鶏肉や生姜などの食材がおすすめです。同時に、利尿作用のある小豆、トウモロコシ等の食材でむくみを改善しましょう。鶏肉、生姜、トウモロコシを入れたスープなら、冷えとむくみの両方に有効です。

*月経前緊張症(PMS)の場合

ストレスやホルモンバランスの乱れから、気逆(きぎゃく)や気滞(き たい)になっていると考えられます。気逆は、中枢から下に流れるべき気が、上へと逆行している状態で、動悸や冷えのぼせなどの症状があらわれます。

このような場合は、気の巡りをよくする大根、のぼせて上昇した気を降ろす作用のあるソバなどをとり、気の流れを戻してあげましょう。さらに、精神を安定させる作用を持つユリ根やハスの実などをとるとよいでしょう。

自律神経のバランスをととのえて、肝の機能を助ける作用のあるレバー、牛筋、シジミ、ウナギ、トマトもおすすめです。また、ピーマン、クレソン、菊花には、肝の余分な熱を収める働きがあると言われています。

 

月経困難症、月経前緊張症のお助け食材

熱性・温性 鮭、羊肉、鶏肉、鶏レバー、ニラ、ウド、桃、杏、ヨモギ、紅花、ウコン、生姜、松の実、シナモン
平性 玄米、うるち米、小豆、黒豆、豚肉、黒キクラゲ、山芋、ウズラ、烏骨鶏、イカ、トウモロコシ、サフラン、ユリ根
涼性・寒性 ソバ、ハマグリ、ナス、トマト、キュウリ、冬瓜、大根

 

続きを読む




痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

2500g未満の低出生体重児が増えています。将来の病気リスクと予防法について解説します。

お母さんの栄養不足などで低体重赤ちゃんが増加

グルメ大国といわれる日本で、お母さんの栄養不足による赤ちゃんの低体重が問題になっていると聞いたら驚くでしょうか? 低出生体重児とは、生まれた時の体重が2500g未満の赤ちゃんのこと。日本ではその割合が増え続け、今ではなんと約10人に1人が低出生体重児として生まれています。

出生体重は子宮内の栄養状態を示すひとつの指標として考えられているもの。最近では早産でなく、予定日近くでも小さく生まれる子供が多いのです。そして小さい赤ちゃんは、将来さまざまな生活習慣病になりやすい素因を持って生まれることがわかってきました。

痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める

将来は高血圧・脳梗塞・冠動脈疾患などになりやすい

低出生体重との関連がはっきりしている病気は、高血圧、脳梗塞、冠動脈疾患、脂質代謝異常、2型糖尿病、神経発達障害です。
しかし素因があるだけでは病気を発症しません。運動不足、栄養やストレス過多等の望ましくない生活をすると発症リスクが高くなります。
これを「成人病胎児期発症起源説(DOHaD<ドーハッド>説)」と言います。

生活習慣病といえば、長年の生活習慣が引き起こす病気と考えられていますが、その多くが胎児期の栄養不足などがひとつの原因ではないかという説が有力になってきているというから驚きです。お母さんが低栄養だと、赤ちゃんは、少ない栄養でも生きていけるよう遺伝子の働きを調節する仕組みを変化させて対応します。
胎児期に起こった低栄養による変化は元に戻りにくいのが特徴です。また、胎児は受精時からすでに子宮環境の影響を受けているため、妊娠がわかってからではなく、常日頃から栄養に注意しておくことも大事と言えます。

妊娠する前・妊娠中・生まれた後の食生活が大切

遺伝子の働きの調節には、さまざまな栄養素が関わっていることがわかってきています。食事の量が減ると、そうした大事な栄養素は十分に摂ることが難しくなるので、妊娠したい人は無理なダイエットをしないこと。

しかし、低体重で生まれても、食生活や生活習慣に注意すれば、生活習慣病のリスクを低下させることは可能であることもわかってきました。子供の食習慣は、母親の食習慣の影響を多大に受けるもの。ですから、まずは女性が自分の食生活を整え、栄養・健康に気をつけることがとても大切なのです。

参照元
低出生体重児 | e-ヘルスネット 情報提供
マニュアル等厚生労働科学研究成果|厚生労働省

続きを読む



つらい生理痛がおこる原因とは?月経困難症に効果のある漢方

提供:gooヘルスケア

つらい「月経困難症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

血を巡らせて、冷えを改善

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

腹痛や頭痛など、一般的に生理痛と言われている症状が月経困難症です。多くの女性にあらわれ、本人でないとわからないつらい症状が特徴で、日常生活に支障をきたす人もいます。

月経困難症の人の大半は、血の滞りである瘀血(お けつ)がある可能性があります。瘀血の程度はさまざまで、食養生や運動だけで、ある程度改善されるものから、漢方薬での治療が必要なものまであります。

痛みだけでなく、イライラ、倦怠感などがある人もいます。これは、ホルモンバランスの崩れやストレスなどによって気が滞る気滞(き たい)、冷え、水が滞る水毒(すい どく)などが複合的に起こることが原因だと考えられています。

イライラや気分が落ち込むなどの症状が出る理由は、血や気が滞ると、自律神経を司る肝の働きが低下するためです。肝は、血を貯蔵しておくところであるとともに、怒りの感情にも繋がっているからです。

このほか、冷えも月経困難症の症状を悪化させますので、冷えがある場合には、治療が必要です。

婦人科には行きづらいと感じている人が多く、またついついがん検診などもおろそかになってしまいがちです。しかし、もしも、月経痛に悩んでいるようなら、ぜひ一度、婦人科を受診することをおすすめします。この月経痛が、子宮筋腫や子宮内膜症、あるいは子宮がんなどの大きな病気のサインのこともあるからです。

実際に検査をして、具体的な病気が見つからない場合は、痛み止めなどの対症療法が主となります。このようなときに、漢方薬がよく用いられます。

漢方処方

処方の中心になるのは、女性の三大処方と言われる当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)です。

瘀血に対する効果の強さを順番であらわすと、「桂枝茯苓丸>加味逍遙散>当帰芍薬散」となりますが、漢方薬の効果の強さで決めるというわけではなく、ほかにみられる症状で処方を決めていきます。

原則的には、月経困難症の症状が出ている期間だけではなく、毎日内服してもらうことになります。その理由は、痛みを感じるのは月経のときだけだとしても、その原因となっている瘀血や冷えは、常にあると考えているためです。

*色白でむくみやすく、冷えやすい場合

虚弱な女性のさまざまな症状に用いることができると言われている当帰芍薬散を用います。処方される人に、竹久夢二の絵に出てくるような儚げな感じの美人が多いことで知られていて”当芍美人(とうしゃくびじん)”と言う言葉があるくらいです。

また、むくみの原因となっている水毒があるために、全体的にはほっそりしていますが、足首は引き締まっていないことが多いです。むくみによって、めまいや手足のだるさを訴えたり、冷え症があらわれる人もいます。

このほか、のどが渇きやすかったり、トイレに行く回数が人より少なかったりするのも水毒の徴候の一部です。

当帰芍薬散は、もともとは、妊娠時の腹痛の薬なので、腹痛に対する効果も定評があります。

*イライラしたり、症状がいくつもある場合

イライラなどの精神症状を伴う場合には、加味逍遙散(かみしょうようさん)を用います。

また、「イライラだけでなく、頭痛もあって、体がだるい」など、不調の種類が多い場合に対応するのも、この処方の特徴の一つです。不調の種類が多いと、医学的に説明の難しい不定愁訴だと言われがちですが、この不定愁訴こそが、加味逍遥散を使う目的の一つなのです。

漢方薬の名前についている逍遥とは、いろいろと移り変わるという意味で、この移り変わる症状に使う処方だからこそ加味逍遥散という名前がついています。症状がいろいろあって、なおかつ移り変わるというのがポイントなのです。

このほか、イライラが強くてキーッとなってしまう人で、下腹部が痛む人には、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)がおすすめです。

*にきびや肩こりを伴う生理痛で、瘀血の症状が中心の場合

血の滞りによる瘀血で、にきびや肩こりがみられる場合には、桂枝茯苓丸を使います。瘀血があると、気の滞りも合併することが多く、のぼせを伴いやすくなります。

瘀血のある人は、おへその周りや舌の部分を押すと不快な感じや痛みがあることが多いので、自分で押してみるのもいいでしょう。舌や唇の色が暗くくすんで見えたり、眼の下にくまが見られるというのも瘀血の症状です。

また、桂枝茯苓丸は、別名、催生湯(さい せい とう)とも言われ、子宮筋の緊張を促す可能性があることから、妊娠中は飲むことができません。

このほか、ちょっと意外な処方としては、胃薬だと思われている安中散(あんちゅうさん)があります。これは、安中散に含まれる生薬(しょうやく)、ウイキョウとエンゴサクに痛みをとる効果があるからです。もともと胃腸虚弱があり、胃痛を伴うような生理痛に用います。ウイキョウは、ハーブではフェンネルとも呼ばれ、消化促進などにも使われている植物です。

*生理痛がひどいときの頓用(症状が出たときや、つらいときなど、必要に応じて薬を服用)

月経中に痛みがあるときには、上記に紹介した処方と併用して、漢方薬の芍薬甘草湯(しゃく やく かん ぞう とう)や呉茱萸湯(ご しゅ ゆ とう)を用います。芍薬甘草湯は、おなかが引きつれるように痛むときに、呉茱萸湯は冷えや胃痛を伴うときに用います。

 ●症状がいろいろあって、なおかつ移り変わる人は加味逍遥散タイプ

 

 ●色白でほっそりしているけれど、むくみがちならば当帰芍薬散タイプ

 

 ●にきび、肩こり、のぼせがあるならば桂枝茯苓丸タイプ


西洋医学の考え方

症状

月経が始まる前、あるいは月経時に伴う月経痛で、薬を飲んだり、日常生活に支障をきたすほどの痛みがあるものを月経困難症と言います。月経困難症には、ホルモンのバランスによるものと、子宮筋腫・子宮内膜症などによるものがありますが、ここでは、ホルモンバランスによる月経困難症について説明します。

月経困難症の痛みの原因には、子宮の強い収縮、骨盤内のうっ血、自律神経の乱れなどが挙げられます。そのなかでも、主たる原因と考えられているのが、子宮の収縮です。

月経になると、プロスタグランジンという生理活性物質が子宮内膜でつくられます。この物質が子宮の平滑筋という筋肉を強く収縮させることで、いらなくなった子宮内膜がはがれ、外に排出されます。これが月経です。このときの収縮が、過度だったり、収縮に対して過敏だったりすると、それが原因で痛みとして感じてしまうのです。

子宮が未発達で子宮口(月経血の通り道)が狭い場合や、子宮後屈など子宮の位置が正常ではない場合は、とくに痛みが起きやすいようです。

 月経困難症は、ストレスなどによる気の異常を伴うのが特徴です。

 

続きを読む



生理前のイライラや体調不良(PMS)との上手な付き合い方とは?

【お話を伺った人】天野 恵子先生

千葉県衛生研究所所長 千葉県立東金病院副院長  1942年生まれ。東京大学医学部卒業(医学博士・循環器内科専攻)。東京大学講師、 東京水産大学教授を経て、現在千葉県衛生研究所所長 兼 千葉県立東金…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

月経前の不快な症状は、月経前症候群(PMS)と呼ばれます。月経前症候群は、働く女性の7~8割が体験するといわれます。上手に対処して、快適に過ごしましょう。

働く女性の7~8割が体験

生理が始まる3~10日前から、なんとなくイライラする、ゆううつな気分になる、腹痛や腰痛が起こる。でも、生理が始まると、ケロリと治ってしまう…こんな体験をした人はないですか? これらの症状は月経前症候群(PMS)と呼ばれます。
人によって、症状が続く期間や現れかたに差がありますが、PMSは働く女性の7~8割が体験しているといわれます。「自分では自覚していなかったけれど、そういえば思い当たる…」という人も多いのではないでしょうか。
イライラして、つい、まわりの人にあたってしまい、後で自己嫌悪におちいる…こんなこともPMSが原因で起こることが多いのです。
必要以上に自分を責めず、PMSについて知識を持って、上手に対処したいものですね。

心身にさまざまな症状が

PMSが起こる原因は、ホルモンバランスの乱れや脳内神経伝達物質であるセロトニンの失調などが考えられます。
一般的には、月経開始の3~10日前から症状が現われ、月経が始まると軽くなる人もいますが、開始後も続いて、徐々に軽くなっていく人もいます。
身体的な症状で現れやすいのは、下腹痛、腰痛、頭痛、肩こり、めまい、乳房のはり、冷え、下痢・便秘など。食欲が亢進したり、逆に減退することもあります。さらに、むくみ、にきび、肌荒れ、疲れやすい、眠くなる、などの症状も起こります。
精神的な症状としては、イライラする、怒りっぽくなる、ゆううつ、無気力、涙もろくなる、不安感、性欲亢進または減退などです。
さらに、仕事、家事などに集中できなくなり、攻撃的になって口論が増える、人づきあいが悪くなる、などの社会的な影響もみられます。

このようなPMSを克服するには、いつどんな症状が現われるかを自分で自覚していることが大事。「生理前には不安定になる」と自覚しているだけで、いくらか苦痛がやわらぎますし、気持ちも前向きになります。
「今、生理前でイライラしてるの。ゴメンね」と、友達や周りの人にあらかじめ断っておくのもひとつの手でしょう。

治療は対症療法がメイン

PMSの治療は、症状に応じた対症療法が行われます。頭痛には頭痛薬、腹痛・腰痛には鎮痛剤、むくみには利尿剤、イライラには精神安定剤とそれぞれの症状をおさえる薬が処方されます。
鎮痛剤がクセになりそうで心配だ、という人もありますが、月に数日、鎮痛剤を服用する程度では、まったく心配ありません。痛みを放置してストレスを増幅させる方が、心身ともに負担が大きくなります。
ただし、月経痛が強すぎる場合は、婦人科を受診しておきましょう。日常生活に支障が出るほどの月経痛は「月経困難症」と呼ばれ、治療の対象になっています。また、子宮の発育不全や子宮筋腫、子宮内膜症、感染症による癒着などが背景にある場合もあります。

さらに、前述の対症療法に加え日頃から、生活習慣をととのえて、適度な運動をすることも重要です。ウォーキングやジョギングだけでも、背中や腹部に筋肉がついて血行がよくなり、腰痛がやわらぎます。
もちろんバランスのとれた食生活をすることも大切。ビタミンE、ビタミンB6(ナッツ類、豚肉、レバー、新鮮な魚、アボカド、プルーン、レーズンなどに豊富)を積極的にとりましょう。逆にカフェイン、塩、砂糖などは控えるようにしましょう。

PMSは、排卵があって、月経がくる人なら、誰でもかかる可能性があります。知識を持って、自分でうまくコントロールしたいものですね。また、症状が強い場合は、気軽に婦人科を受診して、少しでも不快感をやわらげたいものです。

※この記事は2006年11月に配信された記事です

続きを読む



  1. 1
    発達障害と共に現れやすい障害|ADHD・解離性障害の症状とは?
    発達障害と併存が多い障害(ADHD、運動能力障害、解離性障害、適応障害…
  2. 2
    乳首がかゆくなる原因とは?乳がんの可能性もある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと たま…
  3. 3
    更年期障害ってどんなことがおこるの?つらい症状は薬で改善できる?
    つらい「更年期障害症候群」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 気を巡…
  4. 4
    かぜを早く治すには?|食欲がないなら食べなくてもいいってホント?
    つらい「風邪」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 早めの対処で、悪化…
  5. 5
    目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因と改善法
    つらい「目のクマ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 温めて、血を巡…
  6. 6
    実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    朝食を変えれば『ヤセ体質』になれる!食べてヤセる食事法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  8. 8
    【発達障害の特徴】幼児期に視線があわないことがあったー理由と対処法
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  9. 9
    めまい、立ちくらみ…女性に多い貧血の症状。鉄分が摂れる食材とは?
    つらい「貧血」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 鉄分をとり、血を補…
  10. 10
    手作りケーキの生クリームに注意!安価な植物性ホイップは体に悪い?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 張り…
  11. 11
    背中の肉がつまめるのは太っている証拠?スッキリ後姿の作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気づ…
  12. 12 ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと むし…
  13. 13
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  14. 14
    やる気が出ない・落ち込みがち・息苦しいなど…うつ症状の改善方法
    「気分が落ち込みがち」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 ストレスを…
  15. 15
    うちの子発達障害かも?と思ったら…早目の支援が社会適応のカギ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  16. 16 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  17. 17 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  18. 18
    【発達障害者支援センター】とはどんなところ?専門家のアドバイスや訓練も
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  19. 19
    肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法
    つらい「肌荒れ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 内臓をととのえて…
  20. 20
    肩こり・首の痛みの治し方。めぐりを良くする食材で改善!
    つらい「肩こり・首の痛み」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血行を…

一覧