どうしてやめられなくなるの? 制御ができない薬物依存症の恐ろしさ

(編集・制作 (株)法研

連用すると脳が侵され、精神と身体に大きなダメージが。
薬物乱用・依存は若者の「自由」・「尊厳」、そして「未来」を奪い、家族や身近な人の生活をも破壊していく。

10代の若者にも広がる薬物乱用

違法な薬物に手を染めるのは、一部の世界の人だけにとどまりません。記憶に新しいところでは、芸能人が相次いで逮捕された事件がありますが、最近は主婦、大学生や高校生、そして中学生の間にも薬物乱用が広がっています。

こうして一般の人や子どもにまで違法薬物の問題が広がってきたのは、インターネットや携帯電話、宅配便などを利用した新しい売買方法が普及したことも一つの理由です。しかし、中学生や高校生が、教室の中で薬物の受け渡しをしていた事実が明らかになり、違法薬物に対する敷居が非常に低くなっている実態が浮き彫りになりました。

「一度だけなら」という軽い気持ちが薬物依存の始まり

若者は、なにも最初から暴力団や薬物の密売人と接触して大麻などを使用するのではなく、普段つき合っている親戚のお兄さんや親しい友人の家に遊びに行った所が、たまたま大麻使用の場面であり、勧誘されて軽い気持ち、遊び感覚で使ってしまうといったことなのです。
これらの薬物乱用の場面では、即座に「自分はやらない」と宣告して、その場を立ち去る勇気を持つことが最も上手な断り方であると思われます。なぜなら、依存性薬物の勧誘に際し「イエス」と言って手を出すことは、その後の若者の人生においては、暴力被害を受けることよりも、「自由」・「尊厳」、そして「未来」をも奪われる危険性の高い重大な決断だからです。

法律で使用が禁じられている薬物には、有機溶剤(トルエン、シンナーなど)、覚せい剤(メタンフェタミン)、コカイン、ヘロイン、LSD、MDMAなど、さまざまなものがあります。また、病気の治療のために処方される鎮静剤や睡眠剤も、決められた用法や用量を守らなければ薬物乱用にあたります。覚せい剤やMDMAなどの規制対象薬物は、たった一度使っただけでも「乱用」になるのです。
「一度だけなら」という軽い気持ちが、「薬物なしではいられない」という薬物依存を招きます。

薬物依存はどのようにして起こるのか

これらの薬物は、乱用すると脳の中枢神経に作用し、気分の変容、幻覚、興奮、鎮痛、感覚変容などを引き起こします。たった一度のつもりでも、快感や高揚感などを味わってしまうと、それをもう一度経験したいという欲求を抑えることができなくなります。しかも続けて使用していると同じ量では効き目がなくなり、使用回数や量を増やしていくうちに使用のコントロールがきかなくなり、「薬物中心の生活」になっていきます。これが「薬物依存」という状態です。

依存症になるとどんな症状がでるの?

薬物依存には、精神的な依存と身体的な依存があります。

・ニコチン依存症

タバコを止めたくても止められない状態を「ニコチン依存症」といいますが、ニコチン依存症では、タバコを吸えないと集中力がなくなったり怒りっぽくなったり、あるいは焦燥感に駆られたりします。これが精神依存です。

・アルコール依存症

身体的な依存は、アルコール依存症の人が、アルコールが切れかかると手が震えるというような場合です。身体の中にアルコールがあるのが普通の状態であると、身体がみなすようになるため、切れると脈拍や呼吸が速くなったり、嫌な夢を見て寝汗を大量にかいたり、けいれん発作を起こしたり、身体が正常に機能しなくなります。

・薬物依存症

覚せい剤やコカイン、ヘロインの依存症では、依存の程度はニコチンやアルコールの比ではありません。
薬物が切れることによって現れる症状を「離脱症状」といます。離脱症状は、精神的にも身体的にも不快です。そこで、不快な離脱症状が現れないようにするためにくり返し薬物を使用するようになり、さらに薬物依存が進行していくという「悪循環」が生まれます。
こうなると、もはや止めようと思っても、自力では止められなくなります。意志の力だけではどうにもならないのです。

家族や身近な人が薬物依存を悪化させる場合も

薬物依存の状態になると、どんな方法を使ってでも薬物を手に入れようとします。それを「薬物探索行動」といいます。例えば、家族など身近な人に平気でウソをついたり多額の借金をしたりして薬物を入手する、万引き・恐喝・売春・薬物の密売などの事件を起こすといった例も多くみられます。
とくに日本で主に乱用されている有機溶剤や大麻、覚せい剤などでは、現実にはないものが見えたり聞こえたりする幻視や幻聴といった幻覚症状が現れることが多く、被害妄想や嫉妬妄想から人間関係を悪化させたり、殺人や放火といった凶暴な事件につながることもまれではありません。

このような問題が起こったとき、家族など身近な人が、事件が表ざたにならないように尻ぬぐいをしたり、本人に要求されるままに現金を渡していることが少なくありません。こうした行為は、薬物依存者を立ち直らせるどころか、ますます深みにはまらせる結果になり、家族など身近な人もその中に巻き込まれることになります。決して本人のためになりません。

もし、身近な人の薬物乱用・依存が疑われるときは、精神保健福祉センターや地域の保健所の相談窓口を訪ね、相談してください。薬物を乱用していて、本人に止める気が全くないときは、地元の警察署や地方厚生局麻薬取締部などに相談するのがよいです。幻覚・妄想などの精神病症状が現れている場合は、早急に専門の精神科医療機関で治療を受ける必要があります。家族だけで抱え込んだりしないことが大切です。

※この記事は2010年6月に配信された記事です



ゲームがやめられない『ゲーム障害』とは?本人に自覚がない場合も…

ゲームにのめりこみ、生活に支障が出てしまう「ゲーム障害」。WHO(世界保健機関)が新たな疾患として追加したことが話題に。その疾患についてまとめてご紹介します。

「ゲーム障害」について世界ではさまざまな議論が

いま、インターネットのゲームに熱中しすぎて、生活に支障がでている人が急増しています。WHO(世界保健機関)が、新しい病気として「ゲーム障害」を国際疾病分類に追加したことが大きな話題に。定義としては、オンラインゲームなどに熱中しすぎて生活に支障がでるというもの。アメリカや韓国では、長時間ゲームを続けた結果、下半身がうっ血して、死亡した事例も報告されています。
ただし、ゲーム障害の研究は対象や方法に一貫性がなく、診断の判定ポイントも示されていないことから、今回のWHOの決定に異議を唱える専門家も。「ゲーム障害」に関して、世界でさまざまな議論が沸き起こっているのです。

ゲームがやめられない『ゲーム障害』とは?本人に自覚がない場合も…

子どもは大人より依存しやすい

ネット依存の専門診療を日本で初めてスタートさせた国立病院機構久里浜医療センターの発表によると、ネット依存の専門外来を受診する患者の90%は、ゲーム、それもほぼ全てが、オンラインゲームに依存しているとのこと。患者で最も多いのが中学生や高校生で、約半数にも及ぶそう。平均年齢は19歳で、さらに低年齢化するとともに、30代40代の患者も増えているといいます。
中高生に多いのは、大人に比べて理性がきかないということが背景にあります。理性を司る脳の部位は、年齢とともに成熟するもの。未成年の頃は大人に比べると理性の脳の働きが低いため、依存しやすいそう。依存行動がひどくなると、よりこの脳の働きが悪くなり、さらに依存しやすいという負の連鎖に陥ります。
また、ゲームに依存しやすい背景には、オンラインゲームの特徴である仲間と協力してゲームをクリアするというところにあります。仲間を作りプレイしていくと“自分は必要とされている”と感じやすくなります。実社会でうまく人間関係を構築できなかった人は、よりゲームにのめり込むようになるのだとか。また、ギャンブル性のある課金システムは高揚感を与え、依存につながる原因のひとつになります。

日常生活よりもゲームが優先になると障害に

ちなみに、「ゲーム障害」は、長時間ゲームをすること自体が病気というわけではなく、ゲームをやりすぎることで人間関係や仕事などに大きな問題が起きている場合にゲーム障害と診断されやすいとか。例えば、ゲームをする時間や頻度がコントロールできない、日常生活よりもゲームが優先で、家庭、会社、仕事、学業などに重大な支障がでているなど。こういった症状が1年以上も続くと「ゲーム障害」と診断される可能性が高いとされます。
しかし「ゲーム障害」や「ネット依存」は自己判断が難しいもの。新しい疾患だけに、診断基準も明確になっていません。
国立病院機構久里浜医療センターのHPでは、アメリカのKimberly Young博士によって作成された「インターネットの依存度テスト」の翻訳版が公開されています。気になる人は、チェックしてみましょう。

出展:http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/289702.html

続きを読む




女性は男性よりアルコール依存症になりやすい…その理由と対策方法

ノーイメージ

【お話を伺った人】重盛 憲司先生

洗足メンタルクリニック院長 慶応義塾大学医学部卒業後、同大学病院精神神経科専修医を経て、国立久里浜病院にて長くアルコール依存症等の治療に携わる。精神保健指定医、労働衛生コンサルタント。ストレスマネ…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

(「へるすあっぷ21」法研より)

適量なら百薬の長でも、飲みすぎが続けば……

古くから、お酒は「百薬の長」といわれ、心身の緊張を和らげてストレス解消に効果があるだけでなく、急性心筋梗塞のリスクを下げる効果もあることがわかっています。しかし、百薬の長であるのは、「適量を上手に飲めば」という条件つきです。飲みすぎれば、心身にさまざまな問題がおきて、「万病のもと」になってしまいます。

お酒の飲みすぎが引き起こす病気とは?

アルコールの害のうち、真っ先に思い浮かぶのは脂肪肝やアルコール性肝炎、肝硬変など肝臓障害でしょう。摂取されたアルコールの大部分は肝臓で分解され排出されます。毎日お酒を多量に飲み続ければ、肝臓には間違いなく大きな負担がかかり、障害がおこります。
ただし、肝臓は「沈黙の臓器」といわれるように、かなり障害が進まないと症状が現れにくいという特徴があります。つまり、自覚症状に頼ることはできないのです。それだけに、お酒を飲む人は、定期的に健康診断を受けて、肝臓の機能をチェックする必要があります。

肝臓以外にも、アルコールの影響はさまざまな臓器に及びます。例えば、脂肪やたんぱく質などの消化酵素を含む膵液を分泌している膵臓はアルコールによるダメージを受けやすい臓器です。慢性膵炎の50%以上がアルコールによるもので、その30%程度が糖尿病を合併しているといわれています。
また、空腹状態でお酒をたくさん飲むと、胃腸を強く刺激して粘膜を荒らし、急性胃炎や胃潰瘍をおこしやすいことがわかっています。また、空腹時はアルコールの吸収が早く、血液中のアルコール濃度が急激に上昇するため、悪酔いしたり、さまざまな障害がおこりやすくなります。

女性に増えているアルコール依存症

最近、女性にアルコール依存症が増える傾向にあり、問題視されています。その原因の一つは、男性より女性のほうがアルコールによる影響を受けやすいことです。

一般に女性のほうが男性より体が小さいため、体内の血液の量が少なく、アルコールを代謝する肝臓も小さくなっています。だから男性と同じ量を飲んでいると、女性のほうが血液中のアルコール濃度は高くなるのに処理スピードは遅く、アルコールが長い時間体内にとどまっている、つまり体へのダメージが大きいということになります。そのため、男性よりも女性のほうが、より「少量・短期間」の飲酒で、アルコール依存症になったり、肝臓や膵臓などの臓器障害をおこしやすいのです。

さらに悪いことに、女性ホルモンの分泌量が多い若いうちは、女性ホルモンがアルコールの代謝を長引かせるため、少量のアルコールでも依存症になりやすいことがわかっています。逆に、女性ホルモンが減少する閉経期以降は、アルコールの代謝が速くなるので、飲酒量が増えて、依存症や臓器障害の危険性が高まるという特徴があります。

アルコール依存症になると、飲酒のコントロールが効かなくなり、適量でやめられないとか、飲んではいけない場所や時間に飲んでしまうといったことになります。また、体内にアルコールが切れてくると、手や体が震えたり、イライラや発汗、不眠などの離脱症状が出てきます。そのために飲酒がやめられなくなり、日常生活に支障が出て、仕事を失ったり、家庭が崩壊したりすることも少なくないのです。

自分にはそんなことは絶対おこらないと思うかもしれませんが、ある一定量を一定期間飲めば、ほとんどの人が依存症になるそうです。しかも女性は「少量・短期間」で……。「飲みすぎて、家までどうやって帰ってきたか記憶がない」という経験をもつ人は少なくないでしょう。これは、アルコール依存症のスクーリングテストで重要な項目になっています。それだけ、アルコール依存症の危険性は他人事ではないといえます。

アルコール依存症に陥った場合、この状態から抜け出すには「断酒」以外に方法はありません。しかし、アルコールの依存性は麻薬よりも強いといわれ、一度依存症になってしまうと、抜け出すのは非常に難しいとされています。

健康を保ちながらお酒を飲む6つのポイント

お酒を「百薬の長」として楽しむには、何といっても適量を上手に飲むことが大切です。といっても、酒好きにとっては、酒量がだんだん増えていくのが常で、歯止めが効きにくいものです。しかし、好きなお酒がわざわいして、結果的にお酒をやめなければならないことになったら、こんな不幸なことはないでしょう。そうならないためには、次のように節度ある飲酒を守ることです。

(1)お酒に弱い体質なら、無理して飲まないこと。たとえ強い体質でも、日本酒なら1日1合にとどめ、1週間に2日は休肝日をつくりましょう。
(2)アルコール度数の強いお酒は薄めて飲みましょう。
(3)ほかの人のペースに巻き込まれず、自分のペースでゆっくりと時間をかけて、つまみを食べながら飲むこと。ほかの人にお酒を無理強いしたり、あおって「一気飲み」を強要したりするのはやめましょう。
(4)薬を服用しているときは、お酒を飲まないこと。薬に含まれる成分が強く出て、非常に危険です。
(5)夜は12時までにお酒を切り上げましょう。長い時間お酒を飲んでいると、つい酒量が増えてしまったり、翌日までアルコールが残ってしまいます。
(6)女性の適量は男性の半分と心得ましょう。

※この記事は2008年12月に配信された記事です

続きを読む




  1. 1
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  2. 2 洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    洗ったばかりの洗濯物、干して出掛けたら急な雨が…。雨に濡れてしまった洗…
  3. 3
    乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方
    (編集・制作 (株)法研) 早期発見のため毎月の自己検診と定期的な乳…
  4. 4
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一度…
  5. 5 自律神経のダメージも防ぐ【スッキリ消臭術】
    家の中のくさい臭いの消臭法-イヤな臭いは自立神経を乱す?
    「ウチのニオイ」には慣れてしまうので気づきにくい 「家の…
  6. 6
    トイレでおしりを拭くときは『こすってはいけない』理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  7. 7
    わたしも当てはまるかも?『コミュ障』の人に多い5つの特徴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと コミ…
  8. 8
    運動ゼロで筋肉をつける!たるみ・ぜい肉の引き締め術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  9. 9
    捨てないで!使わない・残った化粧品の意外な使い道
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと シー…
  10. 10
    孤独は体に悪い|科学的に証明された、深刻な孤独のリスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 核家…
  11. 11
    本当はからだに良くない健康ドリンク6選
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  12. 12
    頭皮が臭いのはシャンプーのせい?芸能人もやってる『湯シャン』の効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  13. 13
    辛いものをたくさん食べたらヤセるの?ダイエットのウソとホント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 汗を…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  15. 15 心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    絶望的な気持ちの状態 誰でも人生の中で何度かは、「もう、どう…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  17. 17 太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    おいしく賢いおやつの楽しみ方。小腹が空いたときのエネルギー補給、時間は…
  18. 18 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  19. 19
    ヤセる秘訣は睡眠の質にある!? 寝るだけダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 眠り…
  20. 20
    年収が少ない人ほど肥満が多い現実…節約と健康は両立しないの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…

一覧