食べすぎを防ぐコツ4つ!デザートは別腹・やけ食い・ドカ食いをやめるには

【お話を伺った人】新井 桂子先生

あらいクリニック院長 1959年長野県生まれ。85年弘前大学医学部卒業、89年弘前大学大学院修了。弘前大学第三内科医員、米国国立衛生研究所(NIH)交換研究員、東京女子医科大学第二内科助手、日本医…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

今年こそ健康的に、楽にダイエット! 「ゆっくり食べる」、「3食きちんと食べる」、「腹八分目を守る」。食べすぎを防ぐのは簡単!

自覚はなくても食べすぎているかも…

暮れからお正月にかけて、忘年会や新年会で飲みすぎ・食べすぎに。体重が増えてしまったという人も少なくないでしょう。そろそろ通常の生活に戻る2月は、ダイエットにとりかかるのに最適な時期といえます。

健康的にダイエットするには、きちんと食べて適度に運動すること。自分では普通に食べて普通に動いているつもりなのに、なぜか体重が増えてきたという場合、知らないうちに食べすぎているということも多いものです。
「食べるのが早い」、「おなかいっぱいでもデザートは別腹」、「朝食を抜くことがよくある」、「ストレス解消法は食べること」など…、一つでも思い当たることがあったら、食べすぎの傾向があるかもしれません。

満腹や空腹を感じるメカニズムとは?

私たちが空腹感や満腹感を感じるのは脳の命令によるもの。人間の脳の視床下部には「摂食中枢」と「満腹中枢」からなる食欲中枢があって、食欲をコントロールしています。食べて血糖値(血液中のブドウ糖の量)が上昇したり、胃に食べ物が入って胃が伸長すると、満腹中枢が刺激されて満腹感が起こり、「もう食べなくていい」と指令を出します。逆に、エネルギーが消費されて血糖値が下がったり、胃が空になると、摂食中枢が刺激されて空腹を感じ、「食べろ」と指令を出すといった具合です。

このように、空腹になると食べたくなり、必要量食べると満腹感が得られ食べるのをやめるという食欲の仕組みがうまく働いていれば、食べすぎることはないはずですが、どうしてつい食べすぎてしまうのでしょうか?

「デザートは別腹」になる理由

例えば前述の「デザートは別腹」ですが、もうおなかはいっぱいなのに、人がケーキを食べているのを見たらどうしても食べたくなって、実際に食べ、満足したという経験を持つ人は多いでしょう。

これは、食欲は食欲中枢にだけコントロールされているわけではなく、おいしそうに見える、おいしそうに臭う、といった感覚への刺激や、前に食べておいしかったという記憶なども加わり、「もっと食べよう」、「もうやめておこう」というように最終的に判断されるからです。おいしそうなものを見た、臭いをかいだ、あるいは想像しただけでも食欲は刺激され、それが満腹中枢からの「もう食べなくていい」という指令を上回るほど強ければ、「別腹」ということになるのです。

ほかにも、食欲を抑制するレプチンというホルモンが肥満の人では効きにくいとか、食欲を増進させる神経伝達物質ドーパミンは、精神的ストレスにさらされたときにも分泌が増加するため「やけ食い」が起こるとか……。食欲と食べるという行為にはさまざまな要素が複雑にからみ合っています。

食べすぎを防ぐのは難しくない! コツ4つ

こうしてみると、食欲をコントロールすることは難しそうにみえるかもしれませんが、そんなことはありません。下にあげるように、どれも当たりまえすぎて、かえって見すごされてしまいそうなことばかり。どうしてこれらのことが食べすぎを防ぐのかご説明しましょう。

1)ゆっくり食べる

早食いが太る原因になるのは、脳が満腹感を感じるまでには食べ始めてから約20分ほどかかり、それまでに食べすぎてしまうため。食事は20分以上かけてゆっくり食べたい。それには、いか、たこ、食物繊維の多い野菜など、かむ回数が多くなる食材や、尾頭付きの魚や骨付きの肉など、食べるのに時間のかかるものを選ぶとよい。

2)3食きちんと食べる

食事と食事の間隔を長くあけると空腹感が高まって、早食い、食べすぎになりがち。同時に中性脂肪の合成も高まり、食べたものが脂肪として蓄積されやすい。

3)腹八分目で食べるのをやめる

いつもおなかがいっぱいになるまで食べていると、たくさん食べないと満腹感が得られなくなってしまう。食べる量を減らすと、初めは辛いかもしれないがすぐに慣れ、腹八分目で満足できるようになる。

4)夜更かしをしない

夜更かしをして起きていると、ついなにか食べてしまうということになりがち。睡眠時間が短くなると、食欲を抑えるレプチンの働きが弱くなり、逆にグレリンという食欲を刺激するホルモンの働きが強くなることが最近わかってきた。夜更かしはダイエットの敵。早寝、早起きを心がけよう。

※この記事は2008年2月に配信された記事です



夕食に●●を食べるだけで脂肪が燃える!? 夜フルーツダイエット

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

フルーツを食べるだけで、寝ている間に脂肪が燃えてヤセられる! こんな楽ちんダイエット法をご紹介。

低カロでヤセ力UP! 3つのフルーツに注目

ヤセるためには「夕食後のデザートなんてNG!」と思っていませんか? たしかに夕食後、脂肪として体にたまりやすいものを食べれば太ってしまいます。でもその心配がなく、食べることで寝ている間にヤセやすくなるデザートがあるんです。それが「フルーツ」! これを教えてくれたのは、医師の日比野佐和子先生です。

夕食に●●を食べるだけで脂肪が燃える!? 夜フルーツダイエット

睡眠中、深く眠ることで体内では「成長ホルモン」が分泌され、細胞を修復しています。この働きがスムーズに行われることで代謝がアップし、ヤセやすく太りにくい体質に。この働きを促す成分を含み、かつカロリーが低くて脂肪がたまりにくいため、フルーツは夕食のデザートに最適なのです。なかでも近年、注目を集めているのがスイカ、グレープフルーツ、パパイヤの3つです。
どのフルーツも実や皮、香りにまで“寝ヤセ”パワーがたっぷり! 消化の時間を考えて、就寝3~4時間前までにとりましょう。冷えやすい人は、夕食でネギやショウガなど体を温める食材を合わせてとると、さらに効果的です。

“寝ヤセ成分”をおいしく注入できる3つのフルーツ

1)スイカ

高い抗酸化力があり、老化を防いで代謝を上げる「スーパーアミノ酸」として注目の成分「シトルリン」。このシトルリンは瓜類に豊富ですが、中でもダントツに多いのがスイカです。特に皮に多いので、白い部分まで食べると睡眠中の細胞修復力が大幅アップ。

●スイカの“寝ヤセ”成分
 
・シトルリン
血管を若返らせる効果抜群。寝ている間の細胞修復を促し、ヤセやすい体質に導く。血行をよくするため熟睡に入りやすく、成長ホルモンの分泌にも有効。

・カリウム
夏に多くなるのが、むくみ太り。スイカに豊富なカリウムは、体にため込まれた余分な水分と塩分を排出。めぐりのいい体にしてむくみを防ぎ、スッキリボディに!

2)グレープフルーツ

「ヤセる香り」として注目を集めているのが、グレープフルーツの香り。2つの香り成分があり、一方が体を温めて熟睡に導き、もう一方が脂肪燃焼を促す相乗効果でダイエットに働きます。

●グレープフルーツの“寝ヤセ”成分
 
・リモネン
かんきつ類に多く含まれる香り成分。血管を拡げて血流を促し、体温を上昇させる。上がった体温が下がるとき、眠気が訪れて熟睡に。これで成長ホルモンをしっかり分泌。

・ヌートカトン
グレープフルーツ独特の香り成分。脂肪燃焼を促すUCPというタンパク質の生成を促し、就寝中のダイエット効果を高める。疲労も軽減し、翌日も元気に動けてカロリー消費量がアップ!

3)パパイヤ

重要な栄養素をオールマイティーに含み「ファンタスティックフルーツ」とされるパパイヤ。特にデトックス力は絶大。さらに、熟す前の青パパイヤには大量の酵素が。消化を促し熟睡をサポートするので、見つけたらぜひ食べて。

●パパイヤの“寝ヤセ”成分

夕食に●●を食べるだけで脂肪が燃える!? 夜フルーツダイエット

・イソチオシアネート
体内の有害物質を無毒化する“毒消し成分”。パパイヤはバツグンの含有量を誇り、200g(約1個)食べればデトックス効果が約3日持続するとか。体の機能を高め、代謝アップをサポート。

・β‐カロテン
β‐カロテンは、黄色やオレンジ色の野菜や果物に多い色素成分。体内の活性酸素を除去し、睡眠中の細胞修復を促して、太りにくい体に。

続きを読む




初心者でもできる!15分コアトレーニングで全身が引き締まる

【お話を伺った人】山岡 有美先生

Y.フィットネスコミュニティー代表 (社)日本フィットネス協会理事、日本女子体育大学非常勤講師。幼少よりバレエを学び、モダンダンサー、体育教師を経て、フィットネス界へ。日本のエアロビックエクササイズ…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

引き締まったボディラインをつくる山岡式エクササイズ。ストレッチと簡単な筋力トレーニングを組み合わせたボディコンディショニングを毎日15分間続けるだけで、引き締まったキレイなプロポーションがつくることができます。

初心者でもできる!15分コアトレーニングで全身が引き締まる

効率よく脂肪を燃焼させ、体のコアからバランスを整える

キレイなプロポーションをつくるためには、全身の筋肉や神経を総動員する運動が不可欠です。とくに、脂肪を効率よく落とすためには、姿勢を維持したり、ジョギングなどの軽い運動を持続的に行う際に使われる赤筋(遅筋)と、じっとしているときにも脂肪を燃焼させるピンク筋をきたえることが重要です。

また、最近、フィットネスの世界では、体の中心部にある筋肉からきたえ、全身のバランスを整えていく「コア(=芯)トレーニング」が、心のバランス感覚も養い、心身の状態を向上させていく点などから注目されています。

山岡式エクササイズは、これらの要素を取り入れるとともに、バレエ、モダンダンス、ヨガ、フィットネス、ピラティスなど、さまざまなエクササイズのメソッドを統合して生まれたものです。ちなみに、ピラティスとは、腰やおなかなど、体の中心部をきたえ身体のバランスも整えながら、しなやかな体づくりをめざす運動療法のことです。

15分トレーニングの流れ

 

 

15分トレーニングは、まったく運動経験のない人でも簡単に行える10のエクササイズで構成されています。一連の流れとして覚えて、日常生活のなかで気軽に行ってみましょう。

(「きれいになる15分トレーニング」山岡有美著、法研より/イラスト:上杉久代)

※この記事は2005年10月に配信された記事です

続きを読む




運動嫌いでもOK!太らない体になる4つの“ながら筋トレ”

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

トレーニングの時間をわざわざとる必要はなし。日常の“ながら運動”で筋力をアップさせる方法を紹介。

いつのまにか筋肉が増えて低下した代謝が復活!

アラフォーからヤセにくくなる大きな原因は、代謝が下がること。加齢により、筋肉量がじわじわ減るために起こります。筋トレで筋肉量を増やせば再び代謝はアップしますが、筋トレは大変そう……。
でも実は、筋力アップにハードなトレーニングは不要!と提案するのは、フィットネス研究所代表の長野茂先生です。運動に不慣れな人がキツい運動をしても、疲れてその後に休む時間が増え、差し引きゼロになるだけ。そもそも、ツラいことは続きませんよね。
そこでベストなのが、ふだんの生活での“ながら”筋トレ。家事、トイレ、歯みがきなどの生活で必ず行うことのついでに行えるので、運動嫌いの人でも知らず知らずのうちに続けられ、効果を実感できます。また、全身の筋肉の7割は下半身に集中していますが、今回ご紹介する“ながら筋トレ”は下半身を集中的に動かすものばかり。だから効率よく筋肉をつけて、代謝をアップさせてくれます。“ちり積も”で運動量がふくれ上がり、楽なのに効果絶大なのです。

運動嫌いでもOK!太らない体になる4つの“ながら筋トレ”

「ながら筋トレ」のやり方

○電話しながら「ひざ上げウォーク」

電話をしながらの筋トレです。片手で電話を持ちながら、その場で足踏みします。体勢は、両足を肩幅に開き、背すじを伸ばします。上体をまっすぐにキープしたまま、ひざを左右交互にできるだけ高く上げましょう。1秒1回のテンポで続けて。

○歯みがきしながら「お尻キック」

歯みがきしているときも、下半身を鍛えるチャンスです。洗面所で鏡に向かって立ったまま、両足を肩幅に開き、背すじを伸ばします。この体勢から足を後ろに蹴り上げ、かかとでお尻をキックします。1秒1回のテンポで、左右交互にお尻をキックしましょう。

○手洗いしながら「かかとアップダウン」

手洗いの間は、かかとの上げ下げでトレーニングを。手を洗いながら、両足を軽く開いて背筋を伸ばし、かかとを1秒1回、上げ下げします。次に手をふくときは、ふくらはぎのストレッチを。片足を軽く前に出し、かかとを支点につま先を上げて、ふくらはぎを気持ちよく伸ばしましょう。上体を軽く前に倒すようにすると、ストレッチ効果がよりアップします。

運動嫌いでもOK!太らない体になる4つの“ながら筋トレ”

○トイレの後に「静止スクワット」

トイレから立つ時が、筋トレのチャンスに。洋式トイレに座り、両足を手前に引いてひざに手を乗せます。その姿勢からお尻を軽く浮かせて10秒キープすればOK。トイレのたびにトレーニングすることで、ちり積で効果が得られます。

続きを読む



歳をとると疲れやすくなる原因は?若い頃の体力を蘇らせるスタミナアップ術

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

30歳を過ぎた頃から、スタミナが落ちたと感じることが増えるもの。でも、スタミナは何歳からでも増やすことが可能だそう。そのカギは「筋肉量」と、細胞の「ミトコンドリア」にありました。

少しキツい負荷で筋肉を増やす

ちょっと出かけただけでスタミナ切れ…。年齢を重ねると体力が落ちて疲れやすくなります。一般的に人の身体機能の多くは20~25歳でピークを迎え、その後低下していきます。30歳を超えたあたりから、体力が落ちてきたと感じる人も少なくないでしょう。30歳以降、筋肉量は年1%の割合で減少していくと言われています。つまり10年後には、1割もの筋肉が減ってしまうことに。

筋肉が少ないと、荷物を持って歩いただけで疲れやすくなるのは当然のこと。代謝も悪くなり、体の疲労物質が排出される力も弱くなります。すると、さらに疲れやすく、疲れが残りやすい体になってしまうのです。

筋肉量を維持するためには、その人の出せる最大筋力の30~40%の以上の力を出して運動することが必要とされます。早歩きのウォーキングでも、最大筋力の15%程度なので、筋肉を作るには不十分です。「ちょっとキツい」と感じる程度のスクワットなどを行うように心がけましょう。ちなみに、筋肉は何歳からでも作ることができます。70代、80代でも、その人にあった負荷をかけて運動をすれば、筋肉を増やすことができるのです。

歳をとると疲れやすくなる原因は?若い頃の体力を蘇らせるスタミナアップ術

ミトコンドリアを増やして体力アップに

また、もうひとつスタミナを左右するのが、人の細胞内にある「ミトコンドリア」です。ミトコンドリアは加齢により減少します。そのため、歳を重ねるとスタミナ不足になるといわれています。昨今の研究では、エネルギー不足の状態をあえて作ることで、ミトコンドリアを増加させることができると判明しました。

細胞の中のミトコンドリアは、私たちが食事でとった糖や、呼吸で取り込んだ酸素を元に「ATP」という物質を作ります。このATPがエネルギーの元となり、手足や内臓の筋肉などと深く関係します。少しキツめの運動をすることで、ATPが不足した状態を作ると、酵素の働きによりATPを作ろうとミトコンドリアが増えるのだそう。そしてミトコンドリアを増やすためには、1分程度の「ちょっとキツめ」のスクワットが◎。

短時間でOKなので、例えばエレベーターを使わずに階段をのぼるなどでも、ミトコンドリアを増やすことができます。また、空腹を感じることでもミトコンドリアが増えることもわかっているので、お腹が空いてから食事をする習慣をつけましょう。

スタミナの元となる、筋肉もミトコンドリアも、ちょっとキツめの運動がカギ。トイレに行く度にスクワットを10回することを習慣にするなど、こまめに生活にとりいれて、スタミナをアップさせましょう。

続きを読む



30秒で判明!炭水化物で太りやすい体質かわかる簡単テスト

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

炭水化物を減らすダイエットが流行中。ごはんやパン、麺などの炭水化物が自分にとって太りやすい食材なのかどうか、見分ける簡単なテストをご紹介します。

無塩のクラッカーを噛んで味の変化を観察

「グルテンフリーダイエット」に、「糖質オフダイエット」など、炭水化物を避けるダイエットが流行中です。とはいえ、それぞれの体質によって合うダイエットも違うもの。そこで、炭水化物抜きのダイエットが自分に合っているか、見分けるのに役立つ簡単なテストがあります。
これはイギリス人の医師、ザンド・ヴァン・タリケン氏が英紙「Daily Mail」で発表したもの(※1)。無塩のクラッカーを食べてから、何秒後に味の変化が感じられるかを計測することでわかるといいます。

やり方は、クラッカーを口に入れたら、ストップウォッチをオン。これと同時にクラッカーを噛みくだき「甘みを感じる」までの時間を計ります。人によっては、数秒後に甘味を感じる人もいれば、変化を感じない人も。これで30秒以内に甘みを感じたら、炭水化物で太りにくい体質。そして、30秒以上かかる人は、炭水化物で太りやすい体質と考えられるそう。

そのメカニズムは完全には解明されていませんが、炭水化物を糖に変換する能力が関わっていると考えられています。
唾液に含まれる消化酵素「アミラーゼ」は、炭水化物に含まれるでんぷんを分解して糖を作り出します。咀嚼しているうちにクラッカーが甘く感じられてくるのは、炭水化物から糖が作り出されたから。この反応が遅い人は、炭水化物をエネルギーとなる糖に変換するのが不得意と考えられるため、炭水化物がその人にとって太りやすい食材となるのだそう。

30秒で判明!炭水化物で太りやすい体質がわかる簡単テスト

炭水化物が好きな人はおにぎりを

とはいえ、炭水化物をガマンすると、その反動でドカ食いが起こることもあります。ごはん、パン、麺など炭水化物が大好きで、制限すると大きなストレスになる人は、ぜひおにぎりを活用してみて。昨今、注目されている成分「レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)」が味方になってくれます。
これは炭水化物でありながら、食物繊維をとった時のような働きをする成分で、体重増加や内臓脂肪の増加を抑制する働きが期待できるというもの。ほかにも、腸内環境を改善して、便秘の解消や、美肌への効果も。

レジスタントスターチは、炭水化物を調理後に冷やすことで増加します。再加熱すると減ってしまうので、やせたい人は、炭水化物を冷えたまま食べるのが正解。その点、おにぎりは冷えたままでもおいしく食べられるので、炭水化物が大好きな人におすすめの食材なのです。また、おにぎりを中心としたメニューにすることで、おかずも和食を選ぶようになり、野菜の摂取量が増え、油ものを控えることができるというメリットも。炭水化物で太りやすい体質の人は、ぜひ試してみてください。

※1)「mail online」

続きを読む



Sorry. No data so far.