胃腸の冷えと栄養失調を防げば猛暑の夏も健康で過ごせる!! 夏バテの原因は冷たいものの摂りすぎやエアコンによる胃腸の冷えとそれに伴う栄養失調。医師が予防法を紹介!

【医師が教える】猛暑も元気に乗り越えられる、夏バテの防ぎ方

夏バテは、胃腸の冷えと栄養失調が原因だった

今年もまた、過酷な夏がやってきました。だるい、食欲がない、やる気がない、ふらつくなど……夏バテが毎年恒例化してしまっている状況を、今年は解消しませんか?
夏バテは、高すぎる気温と湿度のせいだけではありません。その原因は、胃腸の冷えによる自律神経失調と、栄養失調なのです。

中からも外からも、胃腸の冷えを防ぐ

まずは、胃腸の冷えです。
胃腸の冷えは、冷たいものの飲み過ぎ食べ過ぎ、そして、エアコンによる冷やし過ぎと外気との気温差が原因です。夏になり、途端に冷蔵庫や冷凍庫のお世話になっていませんか? 胃腸は冷やすと、機能が低下します。胃腸は体の働きを自動的に調整する自律神経のうち、リラックスする方の神経である副交感神経の働きで動いていますが、胃腸機能低下に伴って副交感神経の働きも低下して、自律神経が乱れます。さらに、エアコンによる手足や内臓の冷えや、低すぎる室温とうだるような暑さの外気との気温のギャップに対応できず、自律神経はますます乱れてしまいます。この混乱が高じると、だるい・眠れない・ふらつく・めまいなどの自律神経失調の症状が現れてきます。つまり夏の胃腸は、中からと外から、ダブルで痛めつけられているのです。
胃腸を冷えから守るには、夏でもなるべく温かい飲み物や常温の飲み物を飲み、アイスクリームなどの冷たいものの食べ過ぎには注意したいものです。さらに、扇風機などを活用し、エアコンの設定温度は外気温との気温差を小さく、27〜28度程度までにする方が胃腸のためにも大切です。キンキンに冷えた職場などで、寒さが回避できない場合は、レッグウォーマーや腹巻き、カイロを活用しましょう。

食欲がない時こそ、たんぱく質のおかずを欠かさずに

【医師が教える】猛暑も元気に乗り越えられる、夏バテの防ぎ方

そして、胃腸機能が低下すると食欲も低下してきます。すると、喉越しのいい冷たい麺類だけで済ませてしまいがちになります。これらに不足する栄養素は、疲労回復やエネルギー産生のビタミンB群やたんぱく質、ミネラル類です。
これらが不足すると体のエネルギー代謝は上手くいかず、電池切れ状態になります。
また、ホルモンや神経伝達物質、酵素などの働きが上手くいかなくなり、体や心の働きやバランス、睡眠の質を悪化させます。昔から夏の滋養強壮食材の代表であるうなぎはビタミンB1を豊富に含んでいます。その他、豚肉やゴマ、雑穀、納豆なども優秀な食材です。
肉や魚、豆類や卵はたんぱく質の補給になりますので、食欲がない時ほど意識して摂るようにしましょう。また、汗で失われるミネラルは、バランスの良い食事と共に、複数のミネラルが同時に摂取できる自然海塩を料理に使うなど工夫してみましょう。
冷えと栄養失調に気を付けて、今年は、夏バテ知らずを目指しましょう!

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと