血液から体の状態を診断する「新鮮血観察」で明らかになった、体を健康に保つ方法をご紹介!

病気になりたくない人は血液に良い食事を取り入れて!食生活5つのコツ

新鮮な血液を見て診断! 病気の兆候は、血を見ればわかる

「血を見ると、その人の生活がわかる」と言うのは、採りたての血液から体の状態を診断する「新鮮血観察」の第一人者、高橋弘憲先生です。健康な血液は「赤血球が丸い」、「大きさや形が揃っている」、「1個1個がバラバラに動く」、「弾性がありプリプリした感じ」。逆に、不健康な血液は、形が変形したり、溶けたりしてしまっているのだそう。例えば、ミネラル不足だと、丸いはずの赤血球は小型で薄くなり、楕円形になったりと変形。また、脂の多い食事をしている人は、血液に脂肪粒子が吹雪のように飛び散っているとか。また、食べたものにより、血液には脂肪や糖分のほか、カビなども浮いているというから驚きです。

医学界では型破りという「新鮮血観察」ですが、健診でわからない病気の兆候を発見することも可能です。話題の健康法を実践している人の血液が汚れていたり、ヘナヘナなこともあり、これは体に負担をかけているという証拠です。こうした血のままでいると、やがて病気を引き起こすことにもなりかねません。血液を健康にするには、基本的な食生活を整えること。汚れた血液なら1ヶ月、変形したものだと3ヶ月くらいかかりますが、地道に取り組めば改善できます。

長年の研究で解明! 良い血液をつくる食生活のコツ

良い血液をつくるには食生活がポイントになります。高橋先生が長年の研究の結果、突き止めた「血液によい食事」を取り入れて、きれいな血液を作りましょう。

・3食しっかり食べ、朝食には玄米がゆを
1日1食など不規則な食生活の人は、ヘナヘナ・ヨレヨレ血液だとか。必要な微量栄養素までしっかり摂るには、1日3食が必要です。主食には、ビタミン・ミネラルが豊富な「玄米」がオススメ。朝食には、消化しやすい玄米がゆを食べると良い血液作りに働きます。

・ぬるめの水を飲む
血液の90%は水分。血をキレイに保つには、新鮮な水=真水の補給が大切です。それには胃の粘膜からの吸収がよくなる「ぬるめの水」がベスト。水分は、尿や汗、呼吸で意外に失われるので1日2リットルを目安に補給して。お茶やコーヒーは利尿作用があり、脱水に働くので飲みすぎには注意しましょう。


・酵素食で血をキレイに

焼き肉など、脂っこいものを食べた後は、脂肪粒子が飛び散りドロドロ血液に。このとき「麹酵素」を飲むと、1時間も経たずにサラサラの血液になったとか。甘酒やヨーグルト、ぬか漬けなどの酵素の豊富な食品にはこうした効果が期待できるので積極的に摂りましょう。

・たんぱく質をしっかり摂る
血液の主な成分はたんぱく質。ダイエットと称して肉を食べなかったり、炭水化物に偏った食生活の結果、たんぱく質が不足し、ダメ血液になっている人も多いとか。肉は赤身など脂身の少ないものを。魚や大豆製品も積極的に摂って、健康な血液を作りましょう。

・寝る前の甘いものは避ける
不眠に悩む人の血液を見ると、大きさが不揃いで溶血も見られ、糖質に偏った食事や飲酒の習慣がある人が多いとか。砂糖を摂りすぎると、神経の安定に必要なビタミンB群が消費され、不眠につながります。ふだんから摂り過ぎはNGですが、寝る前も避けて。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

おすすめ

  1. 酢の健康パワーを取り入れよう! 1日大さじ1杯で8つの健康効果
    酢の健康パワーを取り入れよう! 1日大さじ1杯で8つの健康効果
    主な成分は有機酸。米酢、穀物酢、果実酢などがある 人類最古の発酵調味…
  2. おしっこを我慢しすぎると、体はどうなるの?
    おしっこを我慢しすぎると、体はどうなるの?
    トイレを我慢するのは体に悪いと思っていませんか? 我慢するのはもちろん…
  3. 女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    ふとした時に起こるまぶたの痙攣。これは、体からのSOSサインです。顔に…
  4. 太りたくない人のための賢いお酒の飲み方・おつまみの選び方
    太りたくない人のための賢いお酒の飲み方・おつまみの選び方
    「お酒=太る」というイメージを持っている人も多いはず。でも、お酒自体が…
  5. 炭水化物は太らない?! 糖質オフダイエットの誤解
    炭水化物は太らない?! 糖質オフダイエットの誤解
    ダイエットには炭水化物厳禁と思っている人も多いはず。はたして本当に炭水…