丈夫な赤ちゃんを安全に産むために妊娠中に増加した体重。出産という大仕事を終えた多くのママが抱える困りごとではないでしょうか。
しかし、出産直後は交通事故にあったのと同じくらい体が損傷、消耗していると言われています。正しい知識を身につけて、無理せず産後ダイエットを成功させていただきたいです。
今回は、マタニティヨガの資格をお持ちのヨガインストラクター斉藤理子さんに知っているようで知らない産後ダイエットのアレコレを紹介してもらいます。

なぜ産後は体型が崩れる?

妊娠中は外部の衝撃・冷えから胎児を守るため皮下脂肪がつきやすくなります。
また、妊娠中は出産のためリラキシンというホルモンが分泌し続け、普段は固く閉じた骨盤を開かせます。よって、骨盤の歪みは帝王切開で出産しても起こります。
一度骨盤が開いてしまうと、骨盤周りの筋肉や靭帯も伸びきってしまうため、完璧に元に戻ることは難しく、歪みやすくなってしまいます。
骨盤が歪むと、骨盤の上にあるはずの内臓が落ち込んで、正常な代謝機能を果たせず産後太りに拍車をかけます。歪んだ骨盤まわりに余計な皮下脂肪を蓄えてしまうため下半身太りやO脚も起こりやすいのです。

なぜ自然体ではいけないのか?体型が戻らないのか?

妊娠中は妊娠維持のためプロゲステロンというホルモンの分泌が上昇します。このホルモンは水分や脂肪を蓄えやすく、妊娠中は太りやすくなります。
そのため出産後でも、一度増えてしまった脂肪は自然には落ちづらくなります。
また、妊娠中は安静にするため、筋肉量が落ちています。脂肪は筋肉の中のミトコンドリアで燃焼しますので、筋肉量が落ちた状態で何もせずにいると体型が戻りづらくなります。

産後ならではの気をつけないといけないこと

出産後の体の症状は、お腹周りの筋肉が緩む、骨盤のゆがみや弛緩、腰痛、関節痛、むくみ、疲労感などがあります。まずは、ゆっくりと休養をとり心身の回復に努めましょう。また、分泌されるホルモンも妊娠時期と出産後では大きく変化するために次の症状が出る場合があります。便秘になりやすい、尿の量が増える、体温や血圧変動、感情の変化も著しいため、うつ、育児や睡眠不足も重なりストレスを感じてしまう場合もあります。
乳房が大きくなり張って硬くなり、乳管の詰まりによる乳腺炎を起こす方もいます。
食事については母乳育児をしていると当然食欲が旺盛になり、必要以上の栄養を取ってしまいカロリーオーバーになることもあります。
良いこととしては、骨盤のゆがみの矯正にはチャンスです。出産によって広がってしまった骨盤は、産後3~4ヶ月かけて左右交互に少しずつ縮み、元の位置に戻っていきます。この時期、産後のじん帯というのは、かなり柔らかくなっているために骨盤を矯正させるのに有効な時期です。

どうすればいいの?

まず、食事はなるべく油を控え蒸し料理や焼き料理を。また、体を温める食材の根菜類などがお勧めです。
運動については、体調と医師に相談しながら産後すぐはじめることができる産褥体操からはじめましょう。ネットで検索するとでてきます。
産後1~2ヶ月経ち体調の回復が実感できましたら、少しずつ骨盤底筋(おしっこを我慢する時に使う筋肉)の強化や、骨盤のゆがみの矯正、腹筋・背筋の強化、乳腺炎防止のためのストレッチなどをしていきましょう。
上記の運動やストレッチを行うと、ストレスも軽減されます。

オンラインパーソナルトレーニングサービス「Fizit」

このように産後のダイエットについては、産後という特別な体の状態や出産方法の違いなどによる個人差から、その人にあったダイエット方法というのは千差万別です。
自分で情報を集める方法もありますが、育児で忙しい産後ママには体の専門家であるパーソナルトレーナーのサポートを受けるという方法もあるのではないでしょうか。
斉藤理子トレーナーも参加しているNTTレゾナントが提供するオンラインパーソナルトレーニングサービス「Fizit」ではオンラインで全国どこからでも専属トレーナーによるレッスンを受けることができます。
ご自宅で簡単に受けられるので外出しにくい産後ママにうってつけなサービスです。
斉藤トレーナー以外にも多彩なトレーナーが参加していますので、必ずやあなたの目標を達成することができる、あなたにあったトレーナーが見つかるはずです。
今なら新規登録ユーザーに3,000円分の無料クーポンを配布中ですので、この機会にぜひ体験ください!!

初回限定3,000円クーポンのご利用について

「Fizit」オンラインパーソナルトレーニングの詳細はこちら

おすすめ

  1. デスクワークによる肩こりを解消|ボディメンテナンス・ダイエット3
    デスクワークによる肩こりを解消|ボディメンテナンス・ダイエット3
    血液循環と代謝をよくするストレッチ&筋力トレーニング。動作中収縮する主…
  2. 太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    おいしく賢いおやつの楽しみ方。小腹が空いたときのエネルギー補給、時間は…
  3. ハイヒールは脚を太くするのか? 細くするのか?
    ハイヒールでかっこよく歩く女性は素敵なもの。脚の筋力を使うハイヒールは…
  4. 酢の健康パワーを取り入れよう! 1日大さじ1杯で8つの健康効果
    酢の健康パワーを取り入れよう! 1日大さじ1杯で8つの健康効果
    主な成分は有機酸。米酢、穀物酢、果実酢などがある 人類最古の発酵調味…
  5. お尻の筋肉を鍛えてヒップアップ|ボディメンテナンス・ダイエット2
    お尻の筋肉を鍛えてヒップアップ|ボディメンテナンス・ダイエット2
    ヒップアップ&太もも引き締めのエクササイズ 筋肉量の大きいお尻と太も…