細菌性の皮膚感染症、通称「とびひ」は、夏に感染者が増える病気です。予防はもちろん、人にうつさないためにも、初期症状などの基礎知識を身につけましょう。

夏にかかりやすい“とびひ”には大人も注意! 初期症状と予防法

とびひは、原因菌によって2種に分けられる

暑い季節にかかりやすい皮膚の感染症「とびひ」を知っていますか? 正式には「伝染性膿痂疹(でんせんしょうのうかしん)」という名前で、火の粉が飛ぶように感染することから「とびひ(飛び火)」と呼ばれるようになりました。

皮膚の浅い部分が細菌感染し、水ぶくれができる病気で、あせもや虫さされ、湿疹など、ひっかいたり、転んでできた傷から、感染して広がります。水ぶくれをかきむしると、名前の通りあっという間に全身に拡大。原因菌は、ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌です。これらは、もともと身近に潜んでいる菌です。鼻を触るクセがあると、鼻周辺からとびひが始まったり、その手であせもや虫さされを触ると、そこからとびひになります。

とびひには、原因となる菌によって2種類の症状があります。ひとつは、ブドウ球菌によるもので、0〜6歳の乳幼児に多い症状「水疱性膿痂疹」です。夏場に発生し、虫さされやすり傷から感染し、繁殖すると透明の膿をもった水ぶくれができます。かゆみをともなうので患部をかいてしまうと、水ぶくれから中の液体がしみ出て、症状が周囲に広がってしまいます。軽い場合は、抗菌の塗り薬で治療をするか、抗生物質が併用されることもあります。

もう一つは通年起こるもので、溶血性連鎖球菌が原因菌の「痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)」です。小さな傷や乾燥肌で、肌自体のバリア機能が落ちていると感染しやすく。症状は、肌が赤くはれたところに小さな膿ができ、のちに厚いかさぶたになります。発熱や、リンパ節腫脹、咽頭炎などになる場合も。痂皮性膿痂疹は、アトピー性皮膚炎などに合併することが多く、急速に発症します。大人がとびひに感染する場合は、ほとんどが痂皮性膿痂疹です。免疫力が低下したときに感染しやすくなります。

爪を短く切り、手洗いを徹底、体も清潔に

とびひの予防には、とにかく手洗い。子供に多い水疱性膿痂疹は、鼻・のど・耳の中に常在するブドウ球菌が原因菌です。普段から鼻をいじるクセがある子には注意をし、こまめに手を洗うようにうながしましょう。また、小さな傷から感染するので、爪は短く切り、ひっかき傷などを作りにくくしておきましょう。そして、毎日のシャワーで皮膚を清潔にしておくことも重要です。アトピー性皮膚炎がある場合は、特に感染しやすいので、常に肌の清潔を心がけ、肌バリアをサポートするために入浴後は保湿をしてください。とびひが発症しても、発熱などの全身症状がない限り入浴が可能です。泡立てた石けんで患部をやさしく洗い清潔にしましょう。入浴後は、患部から出た液がまわりにつかないように、くすりを塗った後にガーゼなどで保護してください。悪化している時は、保育園や学校の登校、プールや水泳も避けた方がよいでしょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと