上向きでボリュームのある欧米人のハート形のお尻。骨格が違う日本人でも、憧れのお尻を手に入れることはできるのでしょうか。

日本人は欧米人のようなハート型のお尻にはなれないの? 形が違う理由とは

欧米人と日本人では骨盤の角度が違う

私たち日本人は、体にメリハリがなく、お尻も平坦。それに比べ、欧米人は豊かなバストに、くびれたウエスト、プリッとした上むきのハート型のお尻と、メリハリのある体をしています。このハート型のお尻に憧れて、日々エクササイズに取り組んでいる人も多いのではないでしょうか? 日本人と欧米人では、明らかに違う骨格について、まずご紹介します。

諸説ありますが、この骨格の違いはもともと、日本人は農耕民族、欧米人は狩猟民族であったことによるものという説が有力です。農耕民族は、田植えをしたり、畑を耕したりと、体を前に倒して行う作業が多く、そのため日本人は猫背になりやすいといわれています。脚も太ももの前側の筋肉が発達するため、太くなりがちです。逆に、狩猟民族の欧米人は弓や斧などを使い獲物を狙うため、背中側の筋肉が発達。胸を開き、背筋をすっと伸ばして遠くを見るような姿勢で作業することが多かったと考えられています。脚は太ももの後ろ側の筋肉が発達し、瞬発力に優れています。

中でも大きく違うのが、骨盤の角度。日本人と比べ、欧米人の骨盤は5〜10度も前傾しているといわれています。太ももの後ろ側の筋肉が発達すると、必然的に骨盤が前傾。お尻の骨が後ろ側に張り出すために、上向きのハート側のお尻になるのです。日本人のお尻が平らなのは、このお尻の骨の張り出しが少ないから。骨盤の角度が違うと、幼い頃からの筋肉のつき方も変わってきます。

お尻の筋力をアップさせて憧れのハート型に

では、欧米人のようなハート形のお尻を日本人が手に入れることはできるのでしょうか? 現実的には骨格から変えることは不可能なので難しいのですが、極力近づけることは可能です。ただし、ハート型のお尻に憧れているからといって、腰をそらせてお尻を突き出すような姿勢をとることは厳禁。腰椎に負担がかかり、腰痛を起こします。ヒップアップのためには、スクワットをするなどして筋肉を鍛えましょう。特に発達させたいのは、太ももの後ろ側と、お尻の筋肉です。

日本人は欧米人のようなハート型のお尻にはなれないの? 形が違う理由とは

セクシーなお尻を目指し、海外の女性もヒップアップに励んでいます。中でも、効くと人気なのが「ブルガリアン・スクワット」。必要なのは、座面の固いイスや箱、本を数冊重ねてバンドなどで固定したものなどです。この台の高さが高いほど、強度が上がります。やり方は、用意したイスなどから60~90cm離れた状態で後ろ向きに立ち、足を肩幅に開きます。後方に置いたイスに片方の足のつま先または足の甲を置いたら、前に出した脚のひざが90度になるまでゆっくり曲げましょう。その後、同じ時間をかけてゆっくり元の姿勢に戻します。上体が前に倒れないように、目線はまっすぐ前を見てください。手は、腰に当てるか、両手を体の前で組むとやりやすくなります。これを片足10回×3セット繰り返してください。はじめは10回行うだけでもかなりハードに感じるはずです。
このエクササイズは、お尻の外側を覆っている大臀筋や中臀筋をバランスよく鍛え、高さとボリュームを出してくれます。憧れのハート形のお尻を目指すなら、毎日少しずつ回数を増やすとより効果的です。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと