座るとお尻が痛くなるのは坐骨神経痛かも? 原因と改善方法

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

坐骨神経痛というとお尻が痛い、しびれるというイメージですが、腰から下の下半身に症状がある場合も。その原因と改善方法をまとめました。

座るとお尻が痛くなるのは坐骨神経痛かも? 原因と改善方法

お尻だけでなく、下半身に痛みやしびれを感じることも

イスに座った時に、ゴリっと当たるお尻の骨が坐骨。「坐骨神経痛」というと、このお尻の骨の周りが痛むというイメージを持っている人も多いことでしょう。しかし、腰のほか、太ももの裏や足先が痛んだり、しびれるといった症状も坐骨神経痛の特徴です。坐骨神経は腰から膝あたりまで伸び、その先で2つに分かれて足先まであります。そのため、坐骨神経痛の症状は下半身全体に出る可能性があるのです。
ちなみに坐骨神経痛は、病名ではなく、症状の名前。何かの原因により、坐骨神経が圧迫されたり、刺激されたりすることによって痛みが発生すると考えられています。痛みは圧迫された部分に起こることもありますし、神経を伝わって離れたところに痛みが出る場合もあります。下記のような症状が出ている場合は、坐骨神経痛の疑いがあると考えられます。

・下半身(お尻、太もも、ふくらはぎ、すね、足)に痛みやしびれを感じる
・足に力を入れにくい
・痛みやしびれのせいで、座るのがつらい
・排尿・排便するのにも痛みやしびれが影響している
・お尻を触ると冷たい
・足を動かしたり、体をひねったりすると痛みやしびれが強くなる
・腰痛があり、腰にしびれも感じる。または、ほかの部分にしびれを感じる

痛みやしびれが強く、生活に支障が出ている場合は、すぐに整形外科を受診しましょう。

ストレッチで筋肉をしなやかに保ち予防を

坐骨神経痛の原因とされる病気は、腰椎椎間板ヘルニアがもっとも多く、腰椎すべり症、腰椎分離症、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)もよくみられます。20〜30代に多いのは椎間板ヘルニア、腰椎すべり症は40〜50代の女性、腰椎分離症や脊柱管狭窄症は60代以降に起こりやすいと言われます。ほかにも、坐骨神経痛には下記のような原因が考えられます。

・梨状筋性坐骨神経痛…お尻にある梨状筋という筋肉の下を通る坐骨神経が圧迫されることによるもの
・仙腸関節障害…骨盤の骨である仙骨と腸骨の間にある仙腸関節の不具合によるもの
・根性(こんせい)坐骨神経痛…脊髄の近くで神経根を刺激されたことによるもの
・腰椎性坐骨神経痛…腰椎の関節や靭帯、筋肉などに異常があるために、神経が圧迫されて起こるもの
・症候性坐骨神経痛…神経の圧迫が原因ではないため、原因が特定しにくいもの

残念ながら、整形外科を受診しても坐骨神経痛の原因が特定できるケースは少ないそう。その場合には、痛みや不快症状を緩和するため薬の処方や注射などが行われます。
筋肉を柔軟にして神経の圧迫をやわらげ、血流をよくすることで痛みやしびれを緩和する目的で、ストレッチなどのケアを指導する場合もあります。普段から寝る前などにストレッチを取り入れて、筋肉をしなやかに保つことは、坐骨神経痛の予防のために有効です。ストレッチのやり方は、仰向けに寝て片方の脚の膝を曲げ、曲げた膝を手で胸にぐっと引き寄せましょう。10秒キープしたら反対側の脚も同様に行います。お尻の筋肉が伸びるのを感じられるはずです。

すでに痛みやしびれが出ている場合は、自己流のストレッチを行うと悪化する可能性があります。必ず、医師の指導のもとで行うようにしてください。日頃から運動を取り入れて筋肉を鍛える、正しい姿勢を意識するなども坐骨神経痛の予防に有効です。特にデスクワークなどで長時間座っていることが多い人は、意識するようにしましょう。




住職が教える“脱力”の心地よさ『禅的体操』で体の歪みやコリを解消!

ノーイメージ

【お話を伺った人】樺島 勝徳氏

薬師禅寺住職 1949年福岡市生まれ。生来の難治性ぜんそくと闘う中で仏教に出会う。花園大学仏教学科卒業後、天龍寺専門道場での修業を経て薬師禅寺住職となる。宗門にとらわれない宗教活動、講演活動を続け…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

禅僧がすすめる楽ちんエクササイズ。“脱力”をコンセプトとした「禅的体操」で、体のこりや歪みを心地よく解消する。

“脱力”の心地よさに身をまかせる

私たちの体は、日頃気づかないうちにストレスや疲労を溜めこんでカチカチに硬くなっています。その体をゆるめ、自律神経の疲れをとろうというのが、樺島勝徳禅師が提唱する「禅的体操」です。

キーワードは“脱力”。臨済宗の源となった臨済義玄のことばに「全体作用」とありますが、頭脳偏重の暮らしの中で、体の声にも耳をかたむけ、リラックスすることで、トータルに健康になっていこうとするのです。

「脱力」の心地よさを味わうために、「禅的体操」は柔らかいマットの上で行います。一日が終わって眠りにつくとき、ベッドの上で試してみるのもいいですね。ゆるやかで静かな動きが多いので、ひとつひとつの動きをじっくり味わいながら行います。

体操を続けていると、しだいに集中力がアップしてきます。全身の免疫力が高まり、体の歪みが改善されるので、顔の左右のバランスが整うなど、美容面でも効果が期待できます。ここでは基本メニューの中から「放下(ほうげ)運動」と「立ち魚運動」をご紹介します。

放下(ほうげ)運動
一日の生活で生まれた体のこわばりや歪みを消して、柔軟性をとり戻す運動。肩こり、腰痛、初期の股関節変形などに効果があります。上肢と下肢に分けて行います。「放下(ほうげ)」とは放り投げること。投げやりな態度で手足をのびのび動かすことがポイントです。

<上肢の放下>

まずおヘソを閉じる。ヘソを閉じるとは、腹筋に少し力を入れ、ヘソが閉じて見える状態をいう。ヘソを閉じながら、両腕を頭の上から下までパタンと落とす。これを一瞬のうちに行う。力が抜け、軟体動物の動きのように見えたらOK。


逆の動きで、両腕を下から頭上に放下する。脱力を意識すると効果がアップするので、投げやりな動作を心がける。1、2を1日10回行う。

住職が教える“脱力”の心地よさ『禅的体操』で体の歪みやコリを解消!

<下肢の放下>

両腕をま横に広げ、息を吐ききりヘソを閉じる。「下肢の放下」は椎間板ヘルニアの起こりやすい動きなので、それを防ぐため、かならずヘソを閉じて行う。両方の足をそろえて右から左に床すれすれに動かし、パタンと落とす。


左から右に同じように動かす。3、4を1日に10回行う。

住職が教える“脱力”の心地よさ『禅的体操』で体の歪みやコリを解消!

立ち魚運動
片足で立って、背骨を左右に細かく振る運動。体の中心線を刺激することで、生命力を導きだします。バランス感覚や内臓機能を高め、胃弱、腰痛などにも効果が。片足で立つことがむずかしい人は、毎日片足30秒を目安に練習するといいでしょう。この運動はマットの上でなく、平らな床に立って行います。

住職が教える“脱力”の心地よさ『禅的体操』で体の歪みやコリを解消!

両手を組んで頭の上に置き、まっすぐ立ったまま片足を上げる。片足は前へ、床上10センチくらいの高さに上げる。その姿勢のまま、背骨を左右に細かく振り、それを1分間続ける。バランスがくずれそうになるが、自然体で行うこと。一方が終わったら、もう片方の足を上げ、また1分間続ける。

(「絵を見てできる禅的体操」2005年12月刊、樺島勝徳著、法研より/イラスト:上村一樹)

※この記事は2006年1月に配信された記事です

続きを読む




これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

お尻が垂れていると、それだけで実年齢よりもかなり上にみられます。あなたは自分のお尻に自信がありますか? 垂れ尻かどうか診断できる20秒の筋力チェックをご紹介します。

お尻を隠すファッションは垂れ尻が加速!

顔やバストと同じように、年齢があらわれるお尻。大きくなったり、垂れてきたり、四角くなったり。気づかないうちに少しずつ変化し「おばさん化」していきます。
お尻が垂れ下がる原因は、加齢で筋力が低下し、脂肪が支えられなくなること。土台となる筋肉が衰えると、垂れ尻になるのです。そのため、デスクワークや車移動が多い人など、運動習慣がない人は垂れ尻になりやすくなります。また、お尻を隠すファッションを好む人も垂れ尻予備軍。お尻への意識が減るので、お尻にキュッと力を入れることが少なくなり、お尻が垂れやすくなります。
下の項目が、垂れ尻になりやすい生活習慣や体の状態なので、チェックしてみて。

・ 1日中座っている
・ 移動はもっぱら車で、15分以上歩くことはほとんどない
・ 定期的な運動習慣がない
・ お尻を触るととても冷たい
・ 電車やバスでいつも空いた座席を探す
・ 猫背だ
・ チュニックや長めのシャツなどお尻を隠す服が好き
・ お尻と太ももの境目にシワが入る

これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック

お尻の筋力チェック!

まずは、筋力チェックで垂れ尻か確認しましょう。

うつ伏せに寝たら、手を顔の前で重ねてその上におでこをのせます。頭からお腹まで、床についていることを確認して。足を肩幅に広げたら、片足を床から20cmほど浮かせて20秒キープしましょう。この時、ひざを曲げずに股関節あたりから脚全体を浮かせます。もう一方の脚も同様にチェックを。両足ともに、20秒以上できたら合格です。

このチェックはそのままエクササイズにもなるので、20秒以上脚を浮かせられなかった人は、毎日行って20秒以上キープできるように練習しましょう。垂れ尻改善はもちろん、ハート型のきれいなお尻が手に入ります。

お尻の筋力アップが垂れ尻予防のカギ

ほかにも、日頃からできる垂れ尻予防法はたくさんあります。お尻の筋力アップを意識して生活するのがカギに。デスクワークの人は、お尻の血行が悪くなりがちなので、トイレなどで立ち上がるたびに、スクワットやかかとの上げ下げなどをして、下半身の血行をよくしましょう。脂肪は冷えたところにたまるので、直接お尻をマッサージして温めるのもおすすめ。
またエレベーターではなく、できるだけ階段を使うなど、動く機会を増やしましょう。
また、外出が少ないなら、部屋のなかでつま先立ちを。O脚にならないよう注意しながら、足の親指のつけ根に重点を置いてつま先立ちをします。モデル歩きのように、足が地面につくときは、ひざを曲げないように意識して。つま先立ちで、家事や仕事をすると、お尻から下半身全体を鍛えることができます。これが垂れ尻の予防や改善に。ぜひやってみて。

続きを読む




手軽な市販薬に要注意!20代以上の女性に多い『酒さ様皮膚炎』

ノーイメージ

【お話を伺った人】古賀 道之先生

古賀皮ふ科院長・東京医科大学名誉教授 1962年 長崎大学医学部卒業後、東京医科大学皮膚科学教室入局 。1971年、東京医科大学講師。立正佼成会佼成病院皮膚科部長、都立大久保病院皮膚科医長、東京医…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

(「ヘルス&ライフ」法研より)

ステロイドの入ったかぶれ止めを顔に常用すると起こりやすい。ニキビ状のブツブツ、ピリピリ感、強いほてりを伴い、腫れて赤ら顔になる。

ステロイド外用薬の長期使用が原因

あなたは、化粧品やヘアケア用品でかぶれやすいほうですか? そんなとき、ステロイドの入った市販のかぶれ止め薬を使うこともあるでしょう。はじめは炎症が抑えられて湿疹はすぐに治りますが、使い続けるうちに赤ら顔になって、ニキビ状のブツブツができるようになります。このときステロイド薬をやめると、それまで抑えられていた炎症が一気にあらわれ、顔が赤く腫(は)れ上がって、ピリピリしたりほてりを感じたり、かゆみが出ることもあります。これがしゅさ様皮膚炎です。

しゅさ様皮膚炎は、20~50代の女性に多くみられます。もともと顔がほてりやすい、発赤(ほっせき)を繰り返しやすいといった素因のある人が、脂漏性皮膚炎や、化粧品、シャンプー、リンスなどによるかぶれを副腎皮質ステロイドの入った塗り薬で治療しているうちに起こってくる皮膚炎です。

ステロイド外用薬を長期間使い続けると、皮膚が薄く弱くなり、血管が拡張して毛包(毛根を包んでいるところ)を刺激するため、むしろ炎症を起こしやすい条件が整ってしまいます。一般に薬の副作用の症状が出たときにはその薬の使用を中止するのが原則ですが、しゅさ様皮膚炎の場合、ステロイド薬の使用中止後2~3週間は症状が悪化します。このとき、またステロイド薬に頼るとふりだしに戻り、悪循環に陥ってしまうので注意が必要です。

ステロイド薬の使用を中止し、皮膚科を受診する

症状を自覚したときには、直ちに皮膚科を受診してください。皮膚科では、まずステロイド薬の使用をやめ、そのときの症状に応じた適切な外用薬を用いながら、ニキビの治療に使われるテトラサイクリン系の抗生物質を内服します。一時的に症状が悪化しますが、必ず治るので、医師の指示どおりに薬を服用してください。症状がひどく精神的苦痛や不安を伴い、社会生活に支障がある場合は、入院をすすめられるかもしれません。

日常生活では、香辛料などの刺激物を避け、アルコールも控えたほうがよいでしょう。また、化粧品は、腕などの目立たない部分につけて、かぶれがないかどうか、試してから使うようにしたいものです。

ステロイド薬は用法を守って使用することが大切

ステロイド薬は、上手に使うと大変有用な薬ですが、使い方を誤ると副作用を起こしてしまいます。まさに「両刃の剣」といえる薬です。それだけに、皮膚科専門医の指示に従って、正しく使うべきです。

化粧品かぶれなどを起こしたとき、「わざわざ皮膚科を受診するのは面倒だから」という理由で、市販のステロイド外用薬に頼ってしまうこともあるでしょう。しかし、ストロイド薬は使い方しだいで、「薬にもなれば毒にもなる」ものなのです。手軽なはずの市販薬が原因で、何カ月も顔面の炎症に苦しむことにもなりかねません。

ステロイド薬には強さの異なる製剤がたくさんあります。中には、弱い抗炎症作用がありながら血管拡張作用がほとんどないものもあって、症状によってはしゅさ様皮膚炎の治療にさえ使うことができるものもあります。「ステロイドは怖い」という人もいますが、間違った使い方に問題があるのです。ステロイド薬を使うときは、用法をきちんと守って使用することが大切です。

※この記事は2007年12月に配信された記事です

続きを読む



足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

ふくらはぎなどの血管が青く透けて見えていたら、女性に多い「下肢静脈瘤」かもしれません。病気の基礎情報と、原因、症状についてお伝えします。

足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状

40歳以上の女性に多くみられる病気

足の血管がボコボコと浮き出て見えるのが「下肢静脈瘤」の特徴です。良性の病気に分類されるので、急に悪化したり、命の危険があるわけではありませんが、重症化すると手術の必要も出てきます。
「下肢静脈瘤」は、特にふくらはぎの静脈がふくらんでしまう病気です。足の表面に血管が浮き出るため、見た目が気になるのはもちろん、日常的に足のむくみやだるさを感じ、不快感が続きます。ほかにも、足がつる・ほてる、ムズムズするなどの症状が出る場合も。40歳以上の女性に多く見られる病気で、10人に1人の割合で起こります。

血液は、心臓から動脈を通って体の末端まで送られ、静脈を通って心臓に戻される仕組みです。
このとき、血液が足先から心臓に戻る場合には、重力に逆らって下から上に流れることになります。そのため、送られた血液が戻らないよう、逆流を防ぐための「静脈弁」というものがあります。この静脈弁が何かの理由で壊れると、血液が元に戻ってしまい、足にたまって血管がふくらみ、下肢静脈瘤になります。

立ち仕事の女性がなりやすい傾向に

誰もがなる可能性のある病気ですが、なかでも男性に比べて筋力の弱い女性、立ち仕事の人、肥満の人などがなりやすい傾向にあります。
遺伝の影響もあると言われており、両親ともに下肢静脈瘤の場合には、90%子供にも発症すると言われています。
また、販売員や、美容師など、長時間立ちっぱなしになりやすい仕事の人は、静脈内の血液が重力の影響を受けやすく、下肢静脈瘤になりやすい傾向が。
長時間立つことになる場合、ふくらはぎを下から上にマッサージしたり、足の指でグーパーをするエクサなどを行い、血液の流れをよくする対策を。また「弾性ストッキング」という圧がかかるストッキングを着用するのも役立ちます。
できるだけ、ふくらはぎの筋肉を使って静脈の流れをよくしたいので、こまめに動くことも必要です。家に帰ったら、足の血液が心臓に戻りやすいように、足の下にクッションを入れて横になりましょう。湯船でふくらはぎをマッサージするのも、むくみ解消や下肢静脈瘤予防に役立ちます。

女性で足のむくみを感じる人も多いと思いますが、むくんだ足を指で押して、戻らないほどのむくみの場合、下肢静脈瘤の可能性が高いと考えられます。
見た目が気にならない場合でも、血管外科のある病院を受診して一度医師に相談しましょう。症状が辛い場合や足の見た目が気になる場合、下肢静脈瘤が原因の皮膚炎が起こっている場合は手術になることも。最近では、治療法の幅も広がり、日帰りで入院が不要の手術もあります。

続きを読む



ゲップの正体とは? 原因と対策|ゲップに隠された病気

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

お腹がいっぱいになった時などに出るゲップ。生理的な現象だから問題ないと思っていませんか? ゲップが頻繁に出る人は、病気が隠れている場合があります。

ゲップの正体とは? 原因と対策|ゲップに隠された病気

ストレスや消化器管が原因でゲップが出やすく

満腹になった後や、炭酸飲料をたくさん飲んだ時「ゲホッ」と出るゲップなら、心配ありません。このゲップは、胃に溜まった空気がまとまって出てきたもの。人は、食事や飲み物を飲む時に、食べ物と一緒に空気も飲み込んでいます。そのため、食後にゲップが出やすくなるのです。ゲップの70%が吸い込んだ空気によるもので、30%が腸など消化器管から発生するものだといわれます。

人前でゲップをするのは、マナーに反する行為。そのためゲップを無理に止めようとする人がいますが、体によくありません。席をはずすか、横を向く、ハンカチを口に当てるなどで、音が相手に聞こえないように対処しましょう。

ただし、もし、1日中ゲップが出るなら、下記のような原因によるものかもしれません。

・副鼻腔炎

鼻のまわりの骨にある空洞「副鼻腔」の粘膜に細菌やウイルスが感染することによって炎症が起こり、鼻づまりや鼻水などさまざまな症状が出る病気。副鼻腔炎があると、鼻で息ができないため口呼吸になります。すると、息を無意識のうちに飲み込むことでゲップになりやすくなります。

・胃酸過多症

胃酸が多く出すぎている症状です。ストレスのほか、カフェイン・香辛料・アルコールの摂りすぎでも胃酸が分泌しすぎてしまいます。その理由は、ストレス、カフェインなどは、自律神経の交感神経を刺激して興奮状態にするもの。すると、交感神経のバランスを取るために、副交感神経を活発に。これは、体をリラックスさせるもので、副交感神経が優位になると胃酸が分泌されます。そのため、胃酸過多に。ゲップのほかに、胸焼けや胃痛、口臭がある場合も。

・逆流性食道炎

強い酸性の胃液や、消化途中の食べ物が食道に逆流してしまい、食道に炎症がおこるもの。ゲップ、胸焼け、喉のつまりなどの症状が現れます。胃腸の働きが低下することにより、ガスが発生しやすくなり、ゲップに。

・便秘

便秘になると、腸に溜まった便が発酵してガスを発生。通常はおならとして体外に排出されますが、あまりにひどい便秘でおならとして出せなくなると、今度はゲップとして排出されます。ゲップが出るほどの便秘は重症。ゲップのせいで、逆流性食道炎を併発する可能性も。自分で解消できないほど便秘の場合は、医師に相談をしましょう。

・ストレス

ストレスにより体が緊張し、無意識のうちに歯を食いしばります。すると、自然と唾液がたくさん分泌されるので、唾液を飲み込むと同時に空気も飲み込むことに。そのため、消化器管に空気が溜まりやすくなり、ゲップに。職場の人と一緒にランチを摂る時、相手のペースに合わせるため早食いしたり、食事をしながら会話をすることも、空気を飲み込みやすい状態になります。ストレスは病気ではありませんが、さまざまな病気のリスク要因であることがわかっています。ゲップになるほどのストレスがたまっているなら、対応を考えたほうがよいでしょう。

続きを読む



  1. 1 これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お尻…
  2. 2
    自己中・プライドが高い・かまってちゃん…面倒な人のかわし方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人間…
  3. 3
    あなたのパートナーは大丈夫? 相手のモラハラ度をチェック!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「モ…
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    「なるほど~」が多い人は話を聞いてない? 口ぐせで分かる相手の本音
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人が…
  6. 6 飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  8. 8 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    爪の状態をみればからだの不調が分かる!こんな爪の人は要注意
    (編集・制作 (株)法研) (「よくわかる女性のからだ事典」天野恵子…
  9. 9
    女性ホルモンを増やす5つのコツ!不調の原因はホルモンの減少かも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ホル…
  10. 10
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  11. 11
    大豆イソフラボンは納豆1パックに何mg? 毎日どれぐらい摂るといい?
    (編集・制作 (株)法研) 女性の強い味方、大豆・大豆製品を毎日の食…
  12. 12 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  13. 13
    カサカサの唇は胃が荒れている?唇の色やトラブルから分かる体のSOS
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 唇が…
  14. 14
    洋菓子を食べすぎると体調が悪くなる!? 困った症状7個
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  16. 16
    骨粗しょう症になる女性とならない女性の差とは?骨粗しょう症の予防法
    (編集・制作 (株)法研) 閉経前後から起こる骨量減少。まずは自分の…
  17. 17 【医師が回答!】目の下のクマを治す方法を教えてください
    目の下のクマの原因は寝不足だけじゃない?体調不良のサインとは?
    それは単なる寝不足のせい?それとも重い病気の前ぶれ?クマが出る原因と理…
  18. 18 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  19. 19 女性は痩せる努力より、太らない努力をすべき5つの理由
    女性は痩せる努力より、太らない努力をすべき5つの理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  20. 20 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    キレイに整えられたネイルは、女性らしくてとってもおしゃれ。その反面、ネ…

一覧