執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

知らなきゃ損! 微量でも体内で大きな力を発揮する。
微量栄養素が欠乏すると太りやすく、やせにくくなることが判明。身近な食材から摂れる注目栄養素を紹介!

痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報

ダイエットしてもヤセない原因は、栄養不足だった!

いろんなダイエット法を試してもヤセない人、いませんか? そんな人は、栄養不足の可能性があるかもしれません。特に、カロリーばかりを気にして、食事量を減らしている人は要注意。食事量が減ると、食事から摂れる、ダイエットに必要な栄養まで不足してしまうからです。

例えば、脂肪を燃やす「微量栄養素」。体は炭水化物などの5大栄養素をメインに、微量栄養素を加えてエネルギーを作ります。エネルギーが燃えないと、脂肪細胞がどんどん溜まる一方に。かつての日本では、普段の食事で微量栄養素が十分に足りていました。でも、現代では食生活の乱れやストレスで微量栄養素が不足し、脂肪が燃えにくい体になっています。微量栄養素はサプリメントで補うこともできますが、食物から取った方が体への吸収がいいもの。ダイエットに必要なことがわかった最新の成分は、身近な食材から摂れるものばかりです。今日からさっそく取り入れてみましょう。

糖の代謝をアップさせる「クロミウムキレート」

ダイエット先進国アメリカで話題の成分。糖分や脂肪分をエネルギーに変えて、代謝をアップさせる効果があることがわかっています。炭水化物、スイーツ好きには必須の栄養素ですが、現代人に一番不足しているともいわれます。クロミウムキレートは、サバ缶や、昆布やひじきに豊富。エネルギーの元となるアデノシン三リン酸がストレスで低下するのを抑制し、疲れにくくしてくれる効果もあります。

体脂肪の燃焼効果をアップさせる「αリポ酸」

細胞のミトコンドリアの中で補酵素として働き、エネルギーを効率よく燃やし脂肪を分解する作用があるのがαリポ酸。体内でも作られますが、40歳頃から減少するので、食事で定期的に補給しましょう。ほうれん草やブロッコリー、ニンジンなど、色の濃い野菜に含まれています。また、αリポ酸は抗酸化力が高く、なんとビタミンCの400倍。驚異的なパワーで美肌効果まで得られて一石二鳥です。

痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報

イライラ太りを予防する「L-テアニン」

イライラしてストレスが溜まると、血中のコルチゾール値が上がり、脂肪が燃えなくなります。さらに、ドカ食いも招くので注意が必要。抹茶に豊富なL-テアニンは、コルチゾールのバランスを整え、脂肪が燃えやすい体にしてくれます。

白色脂肪細胞を分解「フコキサンチン」

脂肪を燃焼させる「褐色脂肪細胞」と同じ働きをして、ぜい肉の元である「白色脂肪細胞」を分解します。フコキサンチンは、ワカメから摂れるカロテノイドの一種で、熱に弱い成分のため、生で食べるのが最適です。

無駄食いを抑える「ナリンギン」

無駄な食欲を抑える効果が発表された成分。みかんなど柑橘類の皮の白い部分に含まれ、さわやかな香りとほのかな苦みがあります。ストレス解消、プラス思考になる作用もあり、朝摂るのがベストです。

おすすめ

  1. これなら続けられる! ダイエット効果をより高めるウォーキングの仕方
    短時間で効果を上げるウォーキングのフォーム―脂肪を燃やす歩き方
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 運動効…
  2. 食べすぎを防ぐコツ4つ!デザートは別腹・やけ食い・ドカ食いをやめるには
    (編集・制作 (株)法研) 今年こそ健康的に、楽にダイエット! 「ゆ…
  3. 食後に甘い物が食べたくなる5つの理由
    食後に甘い物が食べたくなる5つの理由
    ケーキやタルト、アイスにチョコレートなど。なんとなく、食事の後になんと…
  4. 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…