冷めたホットコーヒーがまずいのは、温度で味が変化するため。冷めたコーヒーをおいしく飲むワザとともに、その理由を解説します。

ぬるくなったコーヒーがまずい理由とは? 温度と味の関係

コーヒーが冷めると苦味が際立ってしまう

家事や仕事の合間のコーヒータイム、楽しみにしている人も多いのでは? でも、せっかくいれても時間が経つと冷めてコーヒーがまずくなってしまう……。これは、温度と味の関係によるものです。

一般的に、食べ物や飲み物には、そのものをおいしく感じられる最適温度というのがあります。例えば、ビールは夏場4〜6度、冬場は6~8度が最適。キンキンに冷やせばいいと思いがちですが、冷やしすぎると泡立ちが悪くなっておいしさが低下してしまいます。緑茶は、苦味とうまみのバランスがよく感じられる60〜70度がベスト。同様にコーヒーの味と香りが最大限楽しめるのも、60〜70度といわれています。コーヒーをドリップする時に、90度くらいのお湯を使うと、いれた時にちょうどこの温度になるそう。この温度の時は、コーヒーの味の苦味、酸味、甘味のバランスがうまくとれている状態です。

一般的に味を構成するのは、甘味、塩味、酸味、苦味、うま味。これを五味といいますが、中でも甘味、うま味、苦味は、持続性のある味。逆に、酸味や塩味は消えやすいといわれています。コーヒーの場合、時間が経つことで、酸味が消え、その代わり苦味が際立って感じられます。そのため、冷めたコーヒーがまずいと感じられるのです。また、人は「ホットコーヒーは温かいのがおいしい」、「アイスコーヒーは冷たいのがおいしい」という固定観念を持っています。そのため、そのイメージと違うものを飲むと、「まずい」と感じる傾向が。これも、冷めたコーヒーをまずく感じさせる要因のひとつです。さらに、熱いコーヒーは熱によって酸化することや、揮発性である香りの成分が失われることによっても、いれてから時間が経ったコーヒーはまずくなります。

鮮度のいい豆を使えば冷めてもおいしい

もし、今いれたコーヒーが飲みきれず、冷めてしまいそうな時は、冷める前に甘味を少しプラスすると、冷めてもおいしく飲めるそう。甘味は苦味と同様に、持続性のある味なので、冷めた時に甘味があると苦味とのバランスがよくなり、おいしく飲めるのだとか。また、コーヒーは焙煎の鮮度が味に深く関わっています。焙煎してから日の経っていない、新鮮なコーヒー豆を使っていれたコーヒーは、冷めても比較的おいしく飲めます。もし、どうしても冷めたコーヒーを温めたい場合は、沸騰させないように気をつけて。電子レンジで様子を見ながら数十秒だけ温めると、風味が飛ぶのを最小限に抑えられます。おいしくコーヒーを楽しむコツ、ぜひ試してみてください。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと