気になる、寝起きの口のにおい。人によってはパートナーに指摘されたという経験を持つ人も。口臭が気になる人におすすめの対策を紹介します。

【寝起きの口のにおい対策】簡単ですぐできて、翌朝の口臭が気にならない!

寝起きの口は、細菌が繁殖している

朝起きた時の口のにおい、気になる人も多いはず。歯科医によると、睡眠中はほとんど唾液がでないため、日中より口臭が強くなるのは一般的なのだそう。唾液には、口の中の自浄作用があり、その力のおかげで日中は口臭が防げているのです。ただし、寝ている間でも口臭がする人としない人がいます。その差は、口の中にいる細菌の数。寝ている間、口の中の細菌は、2から4、4から8というように、2乗のスピードで増えていきます。そのため、もともと口の中の細菌が多い人の口の中は、朝方とてつもない量の細菌になっているのだとか。また、口が渇くドライマウスや口呼吸も、口の中の唾液が少なくなるので、口腔内の細菌が増える元になります。

口のにおいを抑えるためには、就寝前に口の中の細菌を少なくしておくこと。歯磨きやうがいをきっちりおこない、水を飲んで細菌を胃に流しておきましょう。また、唾液は水分なので、就寝前の水分補給も有効です。

重曹うがいで口のなかを中性に保つ

そんな寝起きの口のにおいを予防する方法として、今話題なのが重曹うがいです。重曹は、重炭酸ソーダといい、スーパーやドラッグストアでも、低価格で購入が可能。調理、洗濯、掃除、消臭と万能な重曹は、昔から重宝されてきました。その重曹が、口臭にも効果的と言われているのです。

口の中は日中、唾液によって中性を保っています。でも、食事をすると口の中が酸性に。理由は、食品のほとんどが酸性で、口の中の虫歯菌が炭水化物(糖質)を乳酸に変えることもあげられます。この状態だと、虫歯にもなりやすく。それが、唾液の作用により食後30〜40分で、口の中は中性に戻ります。

一方、重曹はアルカリ性なので、酸性の物質を中和させることができます。口臭の元となっている物質はいろいろありますが、中でも大きな原因とされているのが「揮発性硫黄化合物(VSC)」。これも酸性の物質なので、重曹によって中和されると考えられます。

ただし、口臭が発生しているということは、前述のドライマウスのほか、歯周病なども考えられます。就寝前は、歯磨き、うがいにプラスするかたちで、重曹うがいを行ってください。また、重曹うがいは口臭の応急処置としてとらえて。口臭がひどい場合には、一度歯科医を受診しましょう。

<うがい用重曹水の作り方と使いかた>

口の中に入れるので、スーパーで調理用の重曹を購入しましょう。ペットボトルの水500mlに、重曹3gを入れて、よく混ぜたら完成。冷蔵庫で数日保存が可能です。重曹はナトリウムを含むため、うがいをしたら必ず吐き出しましょう。飲み込んでも問題はありませんが、ナトリウム(塩分)の取りすぎになる恐れがあります。濃くしたから効果が高いというわけではないので、濃度もこのバランスを守って使用してください。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

おすすめ

  1. 歯磨きは1日何回するのが正しいの? 一番いいタイミングはいつ?
    歯磨きは1日何回するのが正しいの? 一番いいタイミングはいつ?
    あなたは1日何回、歯を磨いていますか? 忙しくて昼食後磨けなかったり、…
  2. 口臭で分かるからだの不調|歯周病・虫歯・内臓の病気など
    口臭で分かるからだの不調|歯周病・虫歯・内臓の病気など
    「あれ? 臭うかも」と口臭が気になったことはありませんか? 口臭の原因…
  3. 睡眠中の歯ぎしりにご用心! 歯ぎしりが与える体へのダメージは?
    歯周病の悪化、顎の痛みや肩こりなど全身の不調にもつながる。 歯ぎしり…
  4. 成人の2人に1人が歯周病? 癌や病気、メタボを招く歯周病の原因とは
    全身の健康を守るにはまず歯の健康から。歯周病は、歯をむしばむだけではな…
  5. 歯茎のマッサージが簡単で効果大! 歯周病・口の乾燥やネバネバに効く?
    歯茎のマッサージが簡単で効果大! 歯周病・口の乾燥やネバネバに効く?
    美しい笑顔のカギは、歯以上に歯茎が重要なのをご存知ですか? 歯茎の血行…