口内炎ができると、食事が楽しめずとてもやっかい。できれば痛みはすぐに抑えて、治したいもの。口内炎の改善法をご紹介します。

口内炎の痛みを早く抑える方法ー市販薬の選び方|NGな食べ物とは?

ほとんどの口内炎が「アフタ性口内炎」

食事の時や、飲み物を飲むたびにしみて痛みを感じる口内炎。できてしまった場合は、できるだけ早く治したいもの。

口内炎にはいくつか種類があり、一番多いのが「アフタ性口内炎」。表面が白い口内炎でだいたい2〜10mmくらいの大きさです。食事中などにうっかり口の内側や下を噛んだり、硬いもので粘膜が傷ついたところに細菌ができるもの。免疫力の低下や栄養不足で、口の粘膜の再生力が弱っているとできやすくなります。

唇や舌、歯茎、頬の内側など、口腔内のあらゆるところにできるのも特徴。だいたい、1〜2週間で自然治癒も可能ですが、早く治したいひとは、薬局で処方箋に近い成分を含む飲み薬や塗り薬、貼り薬が購入できます。一部の薬には、アフタ性口内炎用と記載があるので確認してみましょう。飲み薬は、炎症を鎮める成分やビタミンなどが配合されています。塗り薬や貼り薬は、抗炎症成分のほか、粘膜の修復を助ける成分も。患部を直接カバーしてくれるので、食事の際の痛みを軽減してくれます。

「今すぐにでも治したい」という人は、歯科医でレーザー治療を受けることもできます。中には、1日で痛みがとれるということもあるそう。自費治療で、1回約500〜3000円と、金額は病院によって異なります。普段から、口内炎ができやすい人は、栄養バランスの取れた食事を心がけて体の免疫力を維持。また、口腔内の細菌を増やさないように、マウスウォッッシュやうがい薬などを活用しましょう。

主に物理的な刺激で生じる「カタル性口内炎」

歯の矯正器具や入れ歯で口の粘膜が傷つくことでできる「カタル性口内炎」は、アフタ性口内炎と違い、患部が炎症を起こして赤く腫れるのが特徴。アフタ性口内炎ほど痛みは強くありませんが、腫れが広がり、口臭も出てきます。改善には、歯科医で原因となっている器具を調整してもらいましょう。体調不良が原因で、カタル性口内炎ができる場合もあり、このような場合は体調が回復するとともに口内炎も改善します。

患部を刺激したり、ビタミンを消費する食べ物はNG

口内炎ができた時に避けたいのが、痛みを感じやすい食べ物です。辛い物、熱い、濃い味つけのものは、患部を刺激して痛みを生じさせるので控えて。また、皮膚や粘膜の健康を維持するのがビタミン。口内炎ができている時は、ビタミンを消費する食べ物を避けるようにしましょう。アルコール類や炭水化物などは、消化の際にビタミンを大量に消費するので、口内炎がある時は摂取を控えてください。タバコは粘膜を刺激する上、ビタミンを大量に消費するのでやめましょう。

2週間以上治らない、高熱をともなう場合は病院へ

食べ物に気を付けたり、市販薬を飲んでも口内炎が2週間以上治らない場合、病気の疑いもありますので、歯科医、耳鼻咽喉科、内科、皮膚科を受診しましょう。口内炎にこぶがある、歯茎に痛みがある、悪寒や高熱、倦怠感があるなどの場合は要注意です。また、水ぶくれを伴う口内炎は、ウイルス性の口内炎の可能性も。ウイルス性の場合、高熱などの全身性症状を伴うことが多いようです。治療には抗ウイルス薬が必要なので、病院を受診しましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

おすすめ

  1. 手首・足首にあるコブのような膨らみは、ガングリオンという腫瘤かも?
    手首・足首にあるコブのような膨らみは、ガングリオンという腫瘤かも?
    手首などにできる痛みのないコブをガングリオンといいます。放置しておいて…
  2. なかなか治らない口内炎は重い病気のせいかも…口内炎の種類と原因
    いつもの口内炎より治りにくい、痛みが強いなど、違和感があれば病気の可能…
  3. おしっこを我慢しすぎると、体はどうなるの?
    おしっこを我慢しすぎると、体はどうなるの?
    トイレを我慢するのは体に悪いと思っていませんか? 我慢するのはもちろん…
  4. 小さい粉瘤(アテローム)は自分で潰しても大丈夫? 市販薬は有効?
    皮膚にできた小さい粉瘤。触っていると気になって、ニキビのように自分で潰…
  5. 臭いの強いできもの“粉瘤”と“ニキビ”の見分け方
    ニキビのような感じなのに、なんだか臭うと感じたら、それは粉瘤かもしれま…