歯磨きは1日何回するのが正しいの? 一番いいタイミングはいつ?

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

あなたは1日何回、歯を磨いていますか? 忙しくて昼食後磨けなかったり、歯磨きする前に疲れて夜眠ってしまったり。歯の健康を保つために、1日何回歯磨きするのが正しいのか、まとめました。

歯磨きは1日何回するのが正しいの? 一番いいタイミングはいつ?

80歳で20本以上の歯を保つために虫歯と歯周病を防ぐ

「食事をしたら歯を磨こう」というキャッチコピー、誰もが一度は聞いた事あるはず。一度、生え揃った永久歯は、生え替わる事なく一生使うものです。厚生労働省が推進する口腔ケア「8020運動」では、「80歳になっても20本以上、自分の歯を保とう」といわれています。この20本は、入れ歯無しにものを食べられる目安です。
2016年の調査では、80歳で自分の歯が20本以上ある人は、口腔ケアの認知が高まったこともあり5割以上にのぼったそう。その一方で、日本人の成人の8割が歯周病にかかっているといわれています。歯周病は、口の中で細菌が繁殖し、歯茎を炎症させる病気。初期は自覚症状がありませんが、悪化すると歯茎以外にも炎症が広がり、歯が抜けてしまいます。歯周病は全身に影響を及ぼすことも知られており、脳梗塞や心筋梗塞など、脳や心臓の病気になるリスクを高めるという報告もあります。

回数よりも質 歯垢が落とせれば1日1回でもOK

では、歯の健康を保つためにも、できるだけ多く歯磨きを行った方がいいのでしょうか?

歯科医によると、歯の健康を保つために必要なのは、歯磨きの回数ではなく、質。1日に何度も歯磨きをしていても、歯垢が取れていなければ意味はないのだそう。逆に、しっかり歯垢が落とせているのであれば1日1回の歯磨きでもOK。ベストなタイミングは、夜寝る前です。就寝中は、唾液が減り、口の中の細菌が増える時間帯です。この時に歯垢があると、虫歯や歯周病が進行しやすくなります。寝る前に口の中を清潔にして、就寝中の細菌増殖をできる限り抑えましょう。

正しい歯の磨き方をおさらい

歯垢をきちんと落とすには、正しい方法で歯磨きすることが大切です。歯磨きの仕方は小学校の時に習って以来という人も多いのでは、今一度、見直してみましょう。

<正しい歯の磨き方>

1、 うがいをする

2、 歯ブラシはえんぴつを持つように軽くにぎる。

3、 歯ブラシの表面を歯に当て、1箇所20回以上細かく動かし、歯1本1本を磨いていく。歯茎に近い部分は、歯茎に対して45度の角度で歯ブラシを当てて磨く。

4、 歯並びの悪いところや、奥歯で歯ブラシが届かないところは、極小のヘッドがついた歯ブラシ(タフトブラシ)を使って磨く。

5、 デンタルフロスなど、歯ブラシではない道具を使って歯間の歯垢を取る。

6、 うがいをして終了

きちんと磨くと20分はかかる

ひと通り、正しい歯磨きを行うと、20分くらいはかかります。長時間磨くことがよいとは限りませんが、丁寧に磨くことで歯垢の磨き残しが減る可能性は高くなります。慣れてくると時短も可能になります。

ポイントは、力を入れずに小刻みに歯を磨くことと、歯ブラシだけに頼りすぎないこと。どんなに丁寧に磨いても、普通の歯ブラシだけでは限界があります。タフトブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどのグッズを用いることで、磨き残りがぐんと減少します。手で磨くのはおっくうという人は、電動歯ブラシを活用してみましょう。




炭酸飲料や酸っぱいもので歯が溶ける『酸蝕歯』にご注意!-予防と対処法

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

熱いものや冷たいものを食べた時に歯がしみる、知覚過敏。もしかしたら、歯が溶ける酸蝕歯の初期症状かもしれません。酸蝕歯の予防と対処法をご紹介します。

炭酸飲料や酸っぱいもので歯が溶ける『酸蝕歯』にご注意!-予防と対処法

健康志向の人は要注意! 酸で歯が溶けてしまう

酸っぱいもので歯が溶けてしまう「酸蝕歯(さんしょくし)」。健康に気を使っている人に多く見られる症状のひとつです。飲むお酢やグレープフルーツなどの柑橘類を毎日摂っている、運動後にスポーツドリンクを飲んでいる人は注意が必要です。

酸蝕歯は、口の中の歯全部が影響を受けるもの。歯の一部が蝕まれる虫歯よりも、歯には悪影響と言われています。年代に問わず見られる症状で、酸性の強い食品を頻繁に摂っていると、歯のエナメル質が溶け、歯が透明になってきます。歯は内側から溶け始め、透明に。鏡を見ながら歯の裏側に舌を当て、透けて見えたら酸蝕歯の疑いが。特に、歯の先端部分が溶けやすくなっているのでチェックしてみてください。
そのほか、知覚過敏、歯の表面が丸くなってくる、歯が黄色っぽいのも酸蝕歯の初期症状のひとつです。進行すると、これらの症状が強くなっていきます。

あなたは大丈夫? 酸蝕歯になりやすい生活習慣

通常、酸性の強い食品を食べても唾液が中和するので問題はありませんが、毎日のように摂っていると、唾液の中和作用が追いつかなくなってしまい、歯に影響を及ぼすように。下記にあてはまる人は、酸蝕歯になりやすくなっています。

・ お酢、柑橘系フルーツ、スポーツドリンク、ワイン、ソーダ飲料、乳酸菌飲料、ドレッシングなど酸性の強い食品を毎日摂っている

・ 唾液が少ない、またはドライマウスだ

・ お酒を飲んだ後、歯を磨かずに寝てしまうことがよくある

・ だらだらと飲食を続けることがよくある

・ 食後、30分以内に歯を磨かないと気がすまない

・ 病気などで、嘔吐することがよくある

口の中が酸性になっている時間を短くして

酸蝕歯は、酸性の強い食品の頻繁に摂ること以外にも、だらだら食べる、お酒を飲んだ後にそのまま寝るといった、口の中が酸性に傾いている状態を長時間続けることでもなりやすくなります。

予防のためには、口の中を中和させること。酸性の強い食品を食べた後は、水かお茶ですぐ口をすすぐ。ガムやシュガーレスの飴を食べて、唾液を出やすくしておくなどです。例えば、健康のためにお酢のドリンクを飲むのであれば、ストローを使って飲むことでも対策が可能です。
また、酸性の食品を食べた後は、歯のエナメル質がやわらかくなっているので、30分以内に歯を磨くと歯が削れてしまいます。やわらかい歯ブラシで、30分以上たってから磨くのがおすすめ。

そして、病気などで頻繁に嘔吐する場合も、酸蝕歯のリスクが高まります。胃酸はレモンと同等かそれ以上と言われるほど強い酸性。嘔吐した後は、すぐに口をすすぐなどして歯を守りましょう。

続きを読む




口臭で分かるからだの不調|歯周病・虫歯・内臓の病気など

「あれ? 臭うかも」と口臭が気になったことはありませんか? 口臭の原因と、口臭の陰にかくれた病気についてご紹介します。

口臭で分かるからだの不調|歯周病・虫歯・内臓の病気など

どんな人でも多少なりとも口臭がある

マウスウォッシュやガム、ミントタブレットなど、ドラッグストアはもちろん、コンビニや駅の売店でも口臭ケアグッズが販売されています。それほど口臭を気にする人が多く、口臭ケアは日常的に行われています。でも、どんなに気をつけていても、口臭をゼロにすることはできません。個人差はありますが、口臭は誰もがあるものなのです。

唾液の分泌量が減ることによる「生理的口臭」

特に、寝起き、空腹時、緊張してストレスを感じている時は、唾液の分泌量が減少するために、口の中の細菌が増殖して口臭が強くなります。これは「生理的口臭」といわれ、食事や水分を摂ったり、歯磨きなどで口腔内の細菌を減らせば改善します。

飲食物・嗜好品による「外因的口臭」

ニンニク、ネギ、酒、タバコなどによる口臭。これらは一時的で、時間が経てば自然になくなります。

病気が原因で起きる「病的口臭」

気になるのが、口臭の陰に隠れた病気です。舌や頬の粘膜にがんができる口腔がん、糖尿病、肝臓疾患、呼吸器、消化器系の病気、また、鼻やのどの病気を患っていると口臭が起こります。このように病気が原因で起きる口臭は「病的口臭」といわれます。ただし病的口臭の90%が口の中に原因があるもの。こうした口臭は歯科で相談すれば、原因に合った治療や改善法を提案してもらえるはずです。

●歯周病・虫歯

まず、疑われるのは歯周病で、歯茎が炎症を起こし、進行すると歯まで蝕まれる病気です。はじめは、歯を磨いた時に歯茎から血が出る程度ですが、進行すると膿が出るようになり、強い口臭に。そして、虫歯も虫歯菌が臭いを発するため口臭の原因になります。

●歯垢、歯石、舌苔

歯垢、歯石、舌苔(舌の表面に溜まる白っぽいもの)は細菌のかたまりのため、これらが溜まっていると、歯周病や虫歯になりやすいのはもちろん、口臭のもとにもなります。歯のかぶせ物が古くなって隙間ができている場合も、歯垢や歯石が溜まりやすくなるため注意が必要です。

●プラスチックの人口歯

入れ歯などに使われるプラスチックの人口歯は、臭いを吸着しやすいので、毎日掃除し消毒する必要があります。

●ドライマウス

口の中が乾くドライマウスも唾液が減少し、細菌が増えるため臭いが発生。ドライマウスは、腎機能の低下、高血圧症、パーキンソン病、膠原病、難病のシェーグレン症候群などのほか、薬の副作用でも起こるとされています。

気にしすぎによる「心理的口臭」

ただし気をつけたいのが、口臭を気にしすぎること。実際に口臭がないのに、口臭があると思い込んでしまう「心理的口臭」もあります。ひどくなると、自臭症という精神疾患に。自分の口臭を気にして、人と話せない、重度になると外出もおっくうになると生活に支障が起きる場合もあります。こういった場合は、心のケアも必要になりますので、精神科医に相談しましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

続きを読む




睡眠中の歯ぎしりにご用心! 歯ぎしりが与える体へのダメージは?

ノーイメージ

【お話を伺った人】菅野 直之先生

日本大学歯学部歯周病学講座准教授 同大付属歯科病院予防歯科科長 1988年日本大学歯学部卒業。92年日本大学大学院歯学研究科終了。同年日本大学歯学部助手。94年~97年米国スクリプス研究所研究員。…

もっとみる

歯周病の悪化、顎の痛みや肩こりなど全身の不調にもつながる。
歯ぎしりが疑われたら歯科医に相談し、マウスピースで保護。かみ合わせの調整やストレス対策が必要なことも。

ほとんどの人が無意識に歯ぎしりをしている

友人との旅行先などで夜中に「ギリ、ギリ、ギリ」と何やら不気味な音を耳にして、目が覚めてしまったことはありませんか? しばらく耳を澄ませて音の出所を探っていると、音源は歯ぎしりだということがわかり、音があまりに大きいことに驚いてしまいます。それなのに、当の本人はぐっすり眠っていて、目も覚めなければ、自分が歯ぎしりの音を立てていることも気づきません。誰かに歯ぎしりを指摘されない限り、自分で歯ぎしりに気づくことはほとんどないのです。

歯ぎしりには、寝ている間に無意識に上下の歯をこすり合わせるタイプと、寝ている間や緊張しているときに上下の歯をグッとかみしめているタイプがあります。前者では「ギリ、ギリ、ギリ」と大きな音を出し、後者ではほとんど音はしません。
いずれにしても、ほとんどの人が無意識のうちに歯ぎしりをしているといわれます。無意識に行われる歯ぎしりでは、起きているときには考えられないような大きな力が出て、体重と同程度か、それ以上の力が歯に加わることさえあります。

歯ぎしりの主な原因は精神的なストレスで、歯ぎしりをすることで無意識にストレスを解消しているといわれています。他にも顎の筋肉の緊張、上下の歯のかみ合わせが悪いことなども原因になると考えられますが、そのメカニズムはまだわかっていません。最近では、睡眠時無呼吸症候群と深い関係があるのではないかという指摘もあります。
ストレスや緊張が強くなったりかみ合わせが悪いほど、歯ぎしりの頻度や程度がひどくなるといわれています。

歯の寿命を縮め、顎のダメージから全身の不調の原因にも

歯ぎしりで問題なのは、歯を傷めて歯の寿命を短くしたり、顎にダメージを与えて全身に悪影響を及ぼしたりすることです。歯ぎしりの影響には、次のようなものがあります。

●歯のすり減りやひび割れ、歯の根もとの欠け

歯は、通常の生活を送っているうちに少しずつ摩耗(まもう)していきますから、成人の歯がある程度すり減っているのは普通のことです。しかし、ひどい歯ぎしりがあると、歯は病的にすり減っていきます。時には、歯がひび割れてしまうこともあり、冷たい水が歯にしみる知覚過敏を起こしたり、歯を抜かなければならないケースもあります。特に中高年の人や歯の神経を抜いた人は、歯がもろくなっていてひび割れやすいので注意が必要です。くり返し大きな力が加わることで歯の根もとが欠けて、知覚過敏を起こすこともあります。

●歯周病が進行する

大きな力が加わっても、歯ぐきが健康な状態であれば、ある程度は耐えることができます。しかし、歯周病が進んで歯を支える力が弱くなっていると、自分の体重ほどもある力に耐えることはできません。歯がグラグラしたり、歯が動いて歯並びが変わってしまうこともあります。歯周病に拍車をかけて、歯の寿命を一気に縮めてしまいかねないのです。

●顎関節症から頭痛、腰痛、めまいなども

歯ぎしりの影響は歯だけにとどまらず、歯を支えている顎にもダメージを与えます。顎の筋肉や関節に大きな負担がかかり、口を開けたり動かしたりするたびに顎の関節が音をたてたり痛んだりする顎関節症になることもあります。顎関節症を放置すると、首や肩のコリにつながり、頭痛、腰痛、めまいなどを引き起こすこともあります。

マウスピースで保護したり、かみ合わせの調整、ストレス解消の工夫も

こうして全身の不調を招きかねないのですから、「たかが歯ぎしりくらいで」と軽く考えることはできません。もし、家族や友人から歯ぎしりを指摘されたら、放置しないで歯科、あるいは口腔外科を受診し、相談してください。

よく行われる治療は、マウスピースを使った「スプリント療法」です。プラスチック製のマウスピースを上下どちらかの歯並びに合わせてつくり、夜寝るときに装着します。こうして歯が強くこすれ合うのを防いで保護します。マウスピースは健康保険でつくることができます。歯のかみ合わせが悪い場合は、かみ合わせを整える治療が必要です。

精神的ストレスや緊張が原因と考えられる場合は、できるだけストレスの原因を取り除き、十分に休養をとって、心身の疲れを解消するようにしましょう。趣味やスポーツを楽しむなど、気分転換を図るのも一つの方法です。ケースによっては、心療内科を受診する必要もあります。

なお、一人暮らしなどの場合、歯ぎしりを指摘される機会がなく、なかなか歯ぎしりに気づかないこともあるでしょう。朝起きた時に「歯が浮いた感じがする」「顎がだるい」といった症状があったら、歯ぎしりによるものかもしれません。一度、歯科医を受診したほうがよいでしょう。

(編集・制作 (株)法研)
※この記事は2011年6月に配信された記事です

続きを読む



【寝起きの口のにおい対策】簡単ですぐできて、翌朝の口臭が気にならない!

気になる、寝起きの口のにおい。人によってはパートナーに指摘されたという経験を持つ人も。口臭が気になる人におすすめの対策を紹介します。

【寝起きの口のにおい対策】簡単ですぐできて、翌朝の口臭が気にならない!

寝起きの口は、細菌が繁殖している

朝起きた時の口のにおい、気になる人も多いはず。歯科医によると、睡眠中はほとんど唾液がでないため、日中より口臭が強くなるのは一般的なのだそう。唾液には、口の中の自浄作用があり、その力のおかげで日中は口臭が防げているのです。ただし、寝ている間でも口臭がする人としない人がいます。その差は、口の中にいる細菌の数。寝ている間、口の中の細菌は、2から4、4から8というように、2乗のスピードで増えていきます。そのため、もともと口の中の細菌が多い人の口の中は、朝方とてつもない量の細菌になっているのだとか。また、口が渇くドライマウスや口呼吸も、口の中の唾液が少なくなるので、口腔内の細菌が増える元になります。

口のにおいを抑えるためには、就寝前に口の中の細菌を少なくしておくこと。歯磨きやうがいをきっちりおこない、水を飲んで細菌を胃に流しておきましょう。また、唾液は水分なので、就寝前の水分補給も有効です。

重曹うがいで口のなかを中性に保つ

そんな寝起きの口のにおいを予防する方法として、今話題なのが重曹うがいです。重曹は、重炭酸ソーダといい、スーパーやドラッグストアでも、低価格で購入が可能。調理、洗濯、掃除、消臭と万能な重曹は、昔から重宝されてきました。その重曹が、口臭にも効果的と言われているのです。

口の中は日中、唾液によって中性を保っています。でも、食事をすると口の中が酸性に。理由は、食品のほとんどが酸性で、口の中の虫歯菌が炭水化物(糖質)を乳酸に変えることもあげられます。この状態だと、虫歯にもなりやすく。それが、唾液の作用により食後30〜40分で、口の中は中性に戻ります。

一方、重曹はアルカリ性なので、酸性の物質を中和させることができます。口臭の元となっている物質はいろいろありますが、中でも大きな原因とされているのが「揮発性硫黄化合物(VSC)」。これも酸性の物質なので、重曹によって中和されると考えられます。

ただし、口臭が発生しているということは、前述のドライマウスのほか、歯周病なども考えられます。就寝前は、歯磨き、うがいにプラスするかたちで、重曹うがいを行ってください。また、重曹うがいは口臭の応急処置としてとらえて。口臭がひどい場合には、一度歯科医を受診しましょう。

<うがい用重曹水の作り方と使いかた>

口の中に入れるので、スーパーで調理用の重曹を購入しましょう。ペットボトルの水500mlに、重曹3gを入れて、よく混ぜたら完成。冷蔵庫で数日保存が可能です。重曹はナトリウムを含むため、うがいをしたら必ず吐き出しましょう。飲み込んでも問題はありませんが、ナトリウム(塩分)の取りすぎになる恐れがあります。濃くしたから効果が高いというわけではないので、濃度もこのバランスを守って使用してください。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

続きを読む



成人の2人に1人が歯周病? 癌や病気、メタボを招く歯周病の原因とは

全身の健康を守るにはまず歯の健康から。歯周病は、歯をむしばむだけではなく、病気やメタボまで引き起こす。そのメカニズムと予防法を解説します。

成人の2人に1人が歯周病? 癌や病気、メタボを招く歯周病の原因とは

気をつけて!成人の2人に1人は歯周病&予備軍

歯周病は、歯の下にある骨などが歯周病菌によって破壊され、歯を支えられなくなってしまう病気です。最初は、歯肉が炎症で腫れる程度ですが、放っておけば歯ぐきから膿が出たり、激しく痛んだりして、最後には抜け落ちてしまいます。なんと、成人の2人に1人、30歳以上では80%以上が歯周病あるいはその予備軍といわれます。

歯周病は歯をむしばむだけではなく全身にも影響を及ぼし、最悪の場合は死に至るケースもあります。歯周病菌は、口の中から喉を通り、気管支や肺に入り込んだり、歯ぐきの血管に潜り込んで、血液と一緒に全身の臓器に運ばれていきます。心臓に達すれば「心内膜炎」や「心筋梗塞」の原因になるといわれます。また妊婦の羊水に至れば「早産」や、胎児の成長に悪影響を及ぼす恐れも。「がん」との関係も問題視されています。

さらに、歯周病がメタボリックシンドロームを招くことも知られています。歯周病になると、食べ物を噛みにくくなります。すると食事の時に噛む回数が自然と減り、食べるペースは早くなりがちです。私たちは食事中、お腹がいっぱいになったことを脳の満腹中枢の情報によって確認しています。この情報が伝わるまでに、10~20分くらい要するのですが、早食いだとその情報をキャッチするまでずっと食べ続けてしまうので、必要以上にカロリー過多になります。その結果、肥満を引き起こしてしまい、メタボの原因になるのです。

歯周病を防ぐには3つの原因を知ることから

病気や肥満の原因になる歯周病を予防するには、まず原因を知りましょう。歯周病には、大きく分けて3つの原因があります。
1つ目は、直接の原因となるプラーク(歯石)。この中には、食べ物のカスと一緒に微生物が張り付いたり、潜り込んだりしています。この微生物の中には歯周病菌も含まれ、それらが毒素を出し、歯を支えている骨までも溶かしてしまいます。

2つ目の原因は、遺伝による歯周病体質です。親が重度の歯周病で歯を失っているなど、当てはまる人は、予防により力を入れる必要があります。

3つ目は、食生活の偏り。栄養バランスが崩れると体の免疫機能が低下、歯周病菌の活動が活発になります。また、不摂生な生活習慣や喫煙なども、歯周病菌が活発になる要素です。

まずは「食べた後はしっかり歯を磨く!」が歯周病予防の基本

成人の2人に1人が歯周病? 癌や病気、メタボを招く歯周病の原因とは

歯周病予防には、食後にしっかり歯を磨くこと。基本的なことですが、これが一番大切です。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスも使って、徹底的にプラーク(歯垢)を除去しましょう。歯周病は慢性疾患で、完治できるものではありませんが、お口のケアを正しく行っていれば、進行を遅くすることは可能です。また、体の免疫機能が強い時は進行が停止し、弱まると進行するので、日頃から食事のバランス、生活習慣を改善して、免疫機能を高めておくことも大切です。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

続きを読む



  1. 1
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4
    女性はお腹にガスが溜まりやすい? その原因と解消法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お腹…
  5. 5 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  6. 6
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  7. 7
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  8. 8
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  9. 9
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  10. 10 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  11. 11
    【足のむくみを解消するストレッチ】座ったまま、仕事の合間でOK!
    (編集・制作 (株)法研) デスクワーク中でも座ったままできる運動で…
  12. 12
    太りやすい・肌老化・免疫力ダウン…『腸体温』の低下が招く体調不良
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  13. 13
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  14. 14 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代謝…
  15. 15
    意外と知らない食べ合わせが悪い食品―知らずに食べているかも!?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 何気…
  16. 16 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…
  18. 18
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  19. 19
    快眠でパフォーマンスアップ! しっかり噛んでセロトニンを分泌
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 睡眠…
  20. 20 驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    脳や交感神経の作用のほかに、病気の一症状としても。 大脳皮質の一時的…

一覧