痛風は男性だけの病気ではない。閉経後の女性も要注意!
女性ホルモンのエストロゲンが低下すると女性も痛風にかかりやすくなる。予防するための生活習慣も紹介。

痛風には女性がなりやすい時期があるー注意したい食生活は?

痛風はどうやって起こるの? 尿酸値、プリン体とは?

風が吹いても痛い病気ということから、痛風と呼ぶようになったと言われるほど、激しい痛みを伴う「痛風」。この病気は、プリン体が分解されてできる尿酸が体の中に過剰に溜まり、その結晶を白血球が攻撃するために起こります。
もともとプリン体は体の中にある物質。エネルギーの消費や新陳代謝などで遺伝子が分解されることで生まれます。そのプリン体は過剰になると肝臓で尿酸に代謝され、腎臓と腸管を通って体外へ排出されるもの。しかし、この尿酸の作られる量と排出のバランスが崩れると、血中の尿酸値が上がってしまいます。

血中の尿酸値が高い状態になると、関節の中に尿酸の結晶ができやすくなります。それを異物と捉えた白血球が反応して、関節内で炎症を起こすため激痛に。人気芸人が「我慢できる痛みじゃない!」とネタにするほど、そのツラさは笑いごとではすまないほどなのです。

尿酸値が高いと痛風以外の病気リスクも高まる

痛風の要因は、肥満、ストレス過多、過剰なアルコール摂取、激しい運動、水分の摂取不足、プリン体の多い食事などです。プリン体が過剰に溜まった状態は、高尿酸血症といい、痛風だけでなく、心筋梗塞や狭心症、脳卒中などのリスクも高まります。

閉経後の女性は尿酸値の上昇に注意!

女性は、女性ホルモンであるエストロゲンに尿酸を排泄させる作用がありました。でも、エストロゲン量が減ると女性でも尿酸値が上昇するため、痛風にかかりやすくなります。患者の9割が男性なため、女性は自分には関係ないと思いがち。でも、閉経後の女性も、男性と同じように注意が必要なのです。

チェックしたいのが、健康診断の時に測定する「尿酸値」。これが、7.0mg/dlまでは「正常」、7.0mg/dl以上は「高尿酸血症」、8.0mg/dlを越えたら「動脈硬化などのリスクあり」と考えられます。つまり、7.0mg/dlを越えたら、いつ痛風になっても不思議ではないのです。

予防&改善にはプリン体だけでなくカロリーやアルコールの制限も

痛風を招く悪者と思われがちなプリン体ですが、エネルギーを消費したり、新陳代謝などを行うためには必要不可欠なものです。また、尿酸も活性酸素を消去するなどの抗酸化物質であることがわかっています。つまり、プリン体や尿酸を悪者扱いするのではなく、上手につきあっていくことが大事なのです。

体の中にある尿酸の30%は食事から摂取したもので、残りの70%は体の中で作られます。そのため、まず食事でプリン体の多いものを避けることが大事です。ただし、食品のプリン体の量を計算するのは大変。プリン体のみを避けることより、摂取カロリーやアルコールの量を同時に制限する方がプリン体の摂取量も自ずと減るはずです。さらに、ストレスの軽減や適度な運動も取り入れるとよいでしょう。

・プリン体が非常に多い食品

鶏レバー、イサキの白子、アンコウの肝酒蒸し、マイワシ干物など

・プリン体が多い食品

豚レバー、牛レバー、カツオ、大正エビ、マアジ干物、サンマ干物など

また、尿酸は尿のpHが酸性に傾くと結晶化し、尿路結石や腎障害などになりやすくなります。尿をアルカリ化させる食材を積極的に摂りましょう。おすすめは、乳製品。特にヨーグルトは、腸内の環境を整えながらデトックスしてくれるすぐれものです。そのほか、海藻や干し椎茸、大豆製品、野菜やフルーツなどもアルカリ性食品です。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

おすすめ

  1. 今年の冬は冷え知らず!“3・3・3”入浴法|むくみ解消、デトックスにも
    体を冷やす“水”が流れ出て、体の芯からポカポカに。 湯船に3分間入り…
  2. 意外と悩んでいる女性が多い『下着の汚れ…』原因はお尻に溜まった●●!?
    下着が汚れるのが悩みという女性は多いもの。便がつくのは腸や肛門の不調の…
  3. 細かい字が読みづらい…『老眼鏡』の選び方のコツ知ってますか?
    細かい字が読みづらい…『老眼鏡』や『メガネ』選び方のコツ知ってますか?
    誰もが避けることのできない老眼をメガネで快適に。老眼の症状が早く出る人…
  4. もう消毒やガーゼはいらない? 切り傷を早くキレイに治す方法
    もう消毒薬や絆創膏はいらない? 傷を早くキレイに治す方法
    傷口は乾かして治すといわれていましたが、現在では潤わせて治す方法が主流…
  5. 早い人は30代から…「老眼」の初期症状ー5つのセルフチェックと予防法
    スマホやパソコンの登場で目を酷使する作業が増えた分、老眼になる年齢も早…