201506_15_300

焼き肉の後で胃がもたれたり、便秘がちで肌荒れに悩んでいたり…。そんな人は「夜キウイ」をはじめてみませんか? ビタミンCが豊富な果物として知られるキウイは、夜食べると、女性にとってうれしいさまざまな効果があるようです。

ビタミンCで美肌!

ビタミンCといえば、抗酸化作用や抗炎症作用があり、美肌に欠かせない栄養素。果物の中でもビタミンCが豊富なキウイは、たった1個で1日に摂取することが望ましいとされるビタミンCの70%を取ることが可能です。

しかも、キウイはビタミンCだけでなく食物繊維も豊富で、便秘解消にも効果アリ。便秘などによって腸内環境が悪化していると、悪玉菌が増えて肌荒れの原因にもなりますが、ビタミンCが腸内の善玉菌のはたらきを活発にして、スッキリとしたお通じを助けるのです。

焼き肉の後はキウイで胃スッキリ

また、キウイに豊富に含まれている「アクチニジン」という酵素は、タンパク質を分解する働きがあります。脂っこい食事の後でも、この酵素が働いて消化を助け、胃腸への負担を軽減してくれるのです。

そのため、肉料理などタンパク質を摂ることの多い夕食後のデザートには、キウイを食べることがオススメです。また、アクニチジンの働きは、お肉を柔らかくすることにもなるので、肉料理の下ごしらえにキウイ果汁を振りかけたり、キウイソースを使った肉料理もあります。

ちなみに、最近では果肉が黄色いキウイもよく見られるようになりましたが、濃い緑色のキウイのほうがアクチニジンの含有量が多いといわれています。

夜食べることで腸の働きをサポート

夜にキウイを食べたほうがいい理由としては、「自律神経のバランスが整う」という効果もあります。副交感神経が優位になる夜間は腸の働きが活発になりますが、キウイが自律神経に働きかけ、腸内環境の改善を助けます。

お肌と腸の調子を整えるのに効果的な「夜キウイ」。体の中からキレイになるためにも、夕食後のキウイを習慣にしてみましょう!