【変わった癖がある人】もしかしてあなたも?大人のチック症の症状と治療法

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

子供の頃に発症したチック症が大人になってから再発するケースがあります。“変わった癖を持つ人”と思われがちですが、本人は悩んでいることも。大人のチック症についてご紹介します。

【変わった癖がある人】もしかしてあなたも?大人のチック症の症状と治療法

チック症は発達障害の一種

チック症とは、自分の意思に関係なく、体が動いてしまったり、声が出てしまったりするもの。まばたきや咳払いのほか、足が勝手に動いてしまい自転車に乗れないといったことまで症状はさまざまです。
チック症は、自閉症やADHDと同じ発達障害のひとつで、生まれつき脳の発達が通常と違っているために症状が起こります。幼少期から10歳くらいまでに発症することが多く、5〜10人に1人と比較的高い割合です。その95%は、脳の成長とともに症状が減少します。思春期まで続き慢性化したものは、「トゥレット症候群」と診断され、神経系疾患の難病に指定されています。

再発または慢性化すると大人のチック症に

大人のチック症は、幼少期に発症して一度治ったものが、なんらかの理由で再発している、または子供の頃のチック症が治らずに慢性化した状態です。症状も、軽度の人から重い人まで幅広いのも特徴のひとつ。まわりで、変わった癖のある人はもしかしたら大人のチック症の可能性があります。ですが、基本的に生活に支障が出ておらず、本人も気にしていなければ治療の必要はありません。芸能人や政治家でも、大人のチック症と思われる人もいますが、それぞれの特性を生かして活躍しています。

ストレスが多いとチック症を再発しやすい

チック症の原因は、脳の神経伝達物質のドーパミンが関係していることが研究でわかっていますが、それ以上のメカニズムは解明されていません。また、大人になってからチック症が再発する背景には、心理的要因が関係していると言われています。家庭、学校、職場などの環境の変化に伴い、ストレスが多いと症状が悪化、環境に慣れると症状が減るというケースも。

大人のチック症の症状も子どもと同じ

大人のチック症であっても、症状は子供のチック症と変わりありません。

◯音声チック

咳払い、突然奇声をあげる、暴言を吐くなど

◯運動性チック

首をかしげる、まばたきを多数行う、頭を振る、口の中を噛む・なめる、手や足が勝手に動くなど

大人のチック症はまだ認知度が低く、本人がまわりの人に理解を求めにくい傾向にあります。例えば、大切な会議の時に咳払いが止められないなどもチック症の症状としてはあり得ることです。中にはそうした症状がチック症と理解されず、それがストレスになり、精神的に不安定になってしまう人も。

チック症の人は、特に繊細な人が多く、プレッシャーを感じやすい傾向にあります。チック症が原因で、学校や仕事に行けないなどの場合は、心療内科や精神科の医師に相談をしてみましょう。軽度の場合は、カウンセリングなどで環境に対応できるよう心のケアをします。重度の場合は、必要であれば薬物治療を行う場合もあります。日ごろから、規則正しい生活をし、軽い運動などを取り入れ、ストレスを溜めない生活を心がけることも、大人のチック症の治療に有効とされています。




まばたきや咳払いが多いのはチック症の疑いがあるかも? 癖との違いは?

何気ないまばたきや咳払いをする回数が多くなってきた時、「うちの子、もしかしたらチック症では?」と心配になりませんか。癖との見分け方、医師への相談のタイミングをご紹介します。

まばたきや咳払いが多いのはチック症の疑いがあるかも? 癖との違いは?

本人の意思とは関係なく起こり、やめられない

まばたきや、首をすくめる動作、咳払いなど。癖のような症状が日常で多数おこるのがチック症です。癖と大きく違うところは、神経疾患であるため、本人の意思とは関係なく起こり、止めようと思ってもやめられないこと。
チック症の原因はすべて明快になっているわけではありませんが、ドーパミンなどの神経伝達物質がアンバランスになることが関係していると考えられています。逆に止めようとすると悪化したり、緊張状態になると強まることから、精神状態も影響が。そのため、小学校への入学、クラス替えのタイミングで症状がでる子供もいます。

10歳までの男の子に多く、成長とともに症状も改善する

チック症の症状が出るのは、6歳前後が多く、ほとんどが10歳まで。3:1の割合で男児に発症することが多く、子供の5~10人に1人が経験するとされるほど、身近な病気のひとつです。チック症を発症しても成長とともに症状は減りますが、大人になっても残るチック症もあります。

症状は「運動チック」と「音声チック」の2種類

チック症の症状は、大きく分けて2つあります。

◯運動チック

まばたき、肩をすくめる、頭をふる、顔をしかめる、ジャンプをする、手足の伸展など。

◯音声チック

咳払い、「フンフン」と鼻を鳴らしたり、相手の言った語尾を繰り返したり、同じ言葉を繰り返す。「バカ」「死ね」など汚い言葉を発したり、奇声を発する場合も。

運動チックと音声チック両方あり、1年以上続く場合は「トゥーレット症候群」と呼ばれます。これも15歳くらいまでに落ち着くことが多いといわれます。

無理に止めようとすると悪化することも

運動チックによる手の動きのせいで字を書くのが困難になる、音声チックで奇声を発してしまうので人からの注目を集め、本人が気にして登校を渋るといったケースもあります。気をつけたいのは、家族がその子の症状を癖かチックかわからないまま、治そうとすること。「やめなさい」などと子供に注意すると症状が悪化することが多数報告されています。

素人判断は禁物。日常生活に支障が出る場合は医師に相談を

前述した、運動チック、音声チックにも、動作の持続時間により、単純チック、複雑チックに分類されます。さらに、分類不明のものがあるほか、症状の個人差も。チック症は、医師でも診断が難しいとされている病気です。実際に、目の炎症によるかゆみでまばたきを多数していたのが、チック症のような習慣になってしまったという例もあるので、癖かチックかを素人が判断するのは避けた方がベター。その症状によって生活に支障が出た場合は、内科医や小児精神科に相談し、適切なアドバイスをもらうようにしましょう。
チック症と診断されても、基本的には薬物療法などは用いられません。ただし、症状が重い場合や、症状を本人が気にしすぎて悪化している場合は、薬が処方される場合もあります。

家族は見守りつつ、先生や友達にも理解を促す

家族は見守る姿勢で、決して子供にプレッシャーをかけないこと。そして、子供が症状のせいでつらい思いをしていないか、気にかけるようにしましょう。できれば、学校の先生や友達などにも話して理解してもらうことが有効です。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

続きを読む




診断されづらい、女性のアスペルガー症候群の特徴とは?

アスペルガー症候群は男性が多いため、女性の診断は症例も少なく診断されにくくなっています。男性とは特性も違う、女性のアスペルガー症候群についてまとめました。

診断されづらい、女性のアスペルガー症候群の特徴とは?

社会性が育ちやすい女性は診断されにくい

発達障害のひとつアスペルガー症候群。コミュニケーション力や社会性、想像力に問題があり、言語障害や知的障害はありません。そして、同じアスペルガー症候群であっても、その人の特性には個人差が大きく、人により症状は異なります。

一般的に、アスペルガー症候群は、男性に多いとされています。男性に多いのは、コミュニケーションが苦手なタイプ。そのため、こういった代表的な特徴は、男性のアスペルガー症候群を例にされたものでした。その診断基準に従うと、女性のアスペルガー症候群は診断されにくいのです。また、女性は男性と比べると、幼少期に社会性やコミュニケーション能力が育ちやすいという特徴があり、それも、女性が診断されにくい要因のひとつと考えられます。

注意しないと性的な被害にあうケースも

幼少期にアスペルガー症候群の特徴がわからなくても、成長すると同時に人間関係での悩みが出てきます。特に女性は、男性よりも複雑な人間関係になりやすい傾向があります。
中高生になると、女の子同士で長時間話すこともしばしば。いわゆるガールズトークですが、たくさんの情報が速いスピードで飛び交うので、アスペルガー症候群の人にとっては苦手な状況です。アスペルガー症候群の人は、自分の興味のある話では一方的にしゃべってしまい、興味のない話ではうまく相づちを打てず、また、相手の表情を読み取ることが苦手なので、空気の読めない発言をして相手を怒らせてしまうことも。通常、こういったことを経験すると、そこから人間関係や社会性を学ぶものですが、アスペルガー症候群の女性はそれがなかなか身につきません。
男性に対しても同様で、初対面の男性に声をかけられ、そのままついて行ってしまう場合も。男性が女性に声をかけるというのはどういうことなのか、また「食事をおごる」などの言葉の裏にどういった思惑があるのかなどを察知するのが困難です。そのため、性的な被害にあってしまうアスペルガー症候群の女性もいます。

生きづらさから二次障害にも

アスペルガー症候群は、症状に個人差があり、自己判断は難しいもの。アスペルガー症候群の女性は、不眠や倦怠感など自律神経失調症のような症状がでることも多くあります。男女ともにアスペルガー症候群の人は、通常の生活は送れるものの日常に生きづらさを感じます。せめて病院で診断を受けることができれば、まわりの人に説明し理解してもらうよう働きかけることも可能です。しかし、自分でもなぜ生きづらいのかがわからないと、つらさは解決されず、強いストレスを感じます。それにより、うつ病や摂食障害などの二次障害をおこすこともあります。もし、日常に生きづらさを感じたら一度、各都道府県にある「発達障害支援センター」に相談してみましょう。本人はもちろん、家族や関係者も相談が可能です。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

続きを読む




のび太のママは怒りすぎ? 親に怒鳴られてばかりの子どもはどう育つ?

マンガ「ドラえもん」にでてくる「のび太のママ」といえば、常にのび太に説教をしているイメージ。こんな風に怒鳴ってばかりの親に育てられた子どもは、どのように育つのでしょうか。その影響をまとめました。

のび太のママは怒りすぎ? 親に怒鳴られてばかりの子どもはどう育つ?

子どものミスを怒鳴っても解決には至らない

ほかの子はできているのに、自分の子はできない……。イライラして、つい子どもを怒鳴ってしまった経験はありませんか? アニメ「ドラえもん」でも、こういったシーンが多くあります。人と比べて少しおっとり、マイペースな性格ののび太は、寝坊や忘れ物など、日常でうっかりミスをたくさんします。そんなのび太を常に叱っているのが、のび太のママです。きっと、ママも怒鳴りたくて怒鳴っているわけではないでしょう。怒鳴りつけることで、のび太は反省したように見えますが、根本解決には至っていないのが現状。結局、また同じミスをしてしまい、またのび太のママが怒鳴るという繰り返しに。この悪循環をストップさせるためには、どうしたらいのでしょうか?

怒鳴られて育った子は、弱い存在に怒鳴りやすくなる

ここでまず、子どもを怒鳴るという行為が、子どもにどういう影響を与えるか考えてみましょう。怒鳴るという行為は、子どもに暴力を振るうのと同じくらい、子どもの精神的ダメージが大きいものとされています。決して、続けるべきことではありません。

子にとって親は絶対的な存在。大声で怒鳴られる恐怖心に加え、親に嫌われたくないという思いから、怒鳴られた子どもは萎縮します。これが、親から見ると「子どもが反省した」「自分の気持ちを理解してくれた」というように見えることも。しかし、実際には違います。怒鳴られることが日常的に続くと「ドラえもん」のび太のように、「僕はダメだから」と自分に自信がもてなくなってしまうのです。すると、失敗して怒られるのを恐れて、積極的に行動するのを避けるように。人の顔色を見て行動するのが癖になり、本音を話せなくなってしまいます。これが続くと孤立してしまったり、引きこもりなどになってしまう可能性も考えられるのです。

親と子のコミュニケーションは、人との関わり方を学ぶ場でもあるもの。その子が社会に出た時の基礎ともなります。幼少期のコミュニケーションが不十分だと、自分の意見が通らない時に怒ってしまう、自分より立場の弱い人に対して怒鳴ったり暴力を振るったりするなどの行為に走りがちになることも心配されます。

イラっとしたら、深呼吸を2~3回して心を落ち着けて

のび太のママを含め、誰だって子どもを怒りたくはないはず。しかし、仕事や家事に追われ、なかなか心の余裕のない時もあります。そんな時は、深呼吸を取り入れてみましょう。
怒鳴るというのは、衝動的な行為。怒鳴っている時は呼吸が浅くなり、交感神経が優位になっています。深呼吸は、副交感神経を優位にさせ、気持ちを落ち着ける作用があります。イラっとしたら、言葉を発する前に、ひと呼吸おきましょう。この時、息を吐き切るようにすると、自然に深い呼吸ができるようになります。さらに、子どもに注意を促したい時は、自分の目の高さが子どもと同じ目の高さになるようにしゃがんだりかがんだりして、子どもと対等に話すように心がけましょう。どうして自分はこういう気持ちになったのか、具体的に話すことで、子どもは親を怖がることなく、親の気持ちを理解してくれるようになるはずです。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

続きを読む



ジャイアンタイプ(多動性-衝動性優勢型)のADHDの特徴と関わり方

漫画『ドラえもん』に登場するジャイアンといえば「お前のものは俺のもの!」というセリフで有名。ジャイアンはADHDの多動性-衝動性優勢型タイプと言われています。

ジャイアンタイプ(多動性-衝動性優勢型)のADHDの特徴と関わり方

自分のやりたい気持ちを優先させてしまうのが特徴

「ADHD」とは注意欠陥・多動性障害のこと。注意力に欠け、落ち着きがなく、時に衝動的な行動をとるのが特徴です。漫画『ドラえもん』に出てくるジャイアンは、気に入らないことがあるとすぐスネ夫にゲンコツしたり、のび太とケンカしたりと、衝動が抑えられない少年。ADHDでは、多動性-衝動性優勢型に分類されるタイプです。

ジャイアンの口癖は「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの!」。このタイプは、人の持っているものが気になると手に取らずにいられません。スネ夫がパパに買ってもらったラジコンや、のび太がドラえもんに出してもらった道具も横取りしてしまいます。

また、ルールを無視してでも自分のやりたい気持ちを優先させます。公共の場など、静かにすべき場所でも静かにできません。例えば、ジャイアンのリサイタル。公共の場である空き地で、自分がやりたいという気持ちだけで勝手にリサイタルを開きます。友人には嫌がられ、毎回近所のおじさんに怒られるにも関わらず、大声で歌を歌ってしまうのです。

そして、ジャイアンといえばケンカ。スネ夫やのび太が少しでも気に触ることを言うと、ケンカをしてしまうのも特徴のひとつです。それでも自分が正しいと思える自己肯定感を強く持っています。

ルールはリスト化、否定することなく具体的に注意を

「ADHD」の注意欠陥・多動性障害・ジャイアンタイプは、言い換えるととてもエネルギッシュなタイプ。スポーツなど、その人が持つ有り余るエネルギーを発散させる場があるとベストです。大人になるとこのエネルギーが、貧乏ゆすりなどのクセに変換されていくことも。この場合は、無理にやめないようにしましょう。

ジャイアンが、ルールを無視して、自分の意思を通してしまうように、このタイプの人は物事の良し悪しの線引きが曖昧。ルールは、リストにするなどして、具体的に目に見えるようにすると伝わりやすくなります。守れたことには何かご褒美を、守れなかったことに対しては掃除などを提案してみるのもおすすめです。

また、ジャイアンタイプに何か注意をするときは、否定的に一括するのではなく、「声のボリュームを半分にするとみんな喜ぶよ」など、相手を否定することなく具体的に伝えると受け入れやすくなります。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

続きを読む



のび太は典型的なADHD? のび太タイプへの正しい接し方とは

『ドラえもん』にでてくるのび太といえば、よく宿題を忘れたり、みんなより出遅れたり。このキャラクターで、ADHDのタイプである「不注意優勢型」を説明することができます。

のび太は典型的なADHD? のび太タイプへの正しい接し方とは

のび太タイプはおっとりで、「うっかり」が多い

「ADHD」とは、注意欠陥・多動性障害のこと。ADHDには、3つのタイプがあり、そのうちのひとつ「不注意優勢型」は、漫画「ドラえもん」にでてくるのび太のキャラクターと似ています。

のび太の性格といえば、おっとりしていて、「うっかり」が多いこと。学校に毎朝遅刻、忘れ物もたくさんあります。テストではうっかりミスが多く、成績もよくありません。学校では先生から注意されることも多数。

また、ぼ~っと自分の好きなことを考えてしまい、人の話を聞いてないようにも見られます。のび太といえば、授業中に給食のことを考えていることもしばしば。大好きなしずかちゃんと話しているときでも、うっかり他のことを考えて「のび太さん、聞いているの?」と怒られることも。

そして、コツコツ積み重ねるのが苦手で、すぐ飽きてしまいます。今日からしっかり勉強すると宣言した3分後には、漫画を読んでいるといったシーンもよく描かれています。このタイプは、コツコツ努力を積み重ねることが苦手です。のび太が、自分で努力を重ねて解決することはせず、すぐドラえもんの道具に頼るのも特徴的です。

自信を失くしがちなのび太タイプはサポートが大切

ADHDの不注意優勢型、のび太タイプの人は、これらの症状のせいで人に叱られたり、成績が振るわなかったりすることが多く、自分に自信をなくしがち。のび太は、学校で先生に怒られ、家に帰ればママにダメ出しされます。挙げ句の果てに、天敵のジャイアンにはいつも「のび太のくせに生意気だぞ!」と、ケンカをふっかけられ、ドラえもんに泣きつく始末。ドラえもんにも「いつもそうやって頼るんだから~」と愚痴をこぼされます。そのため、どんどん自分に自信がなくなっていくのです。

そんなのび太タイプにはどのように接すればよいのでしょうか。

まず、のび太タイプは自己評価がかなり低いので、他人と比べての評価はせず、あくまで本人が達成できたことに対して、ほめるようにしましょう。また、このタイプの人は、スケジュール管理が苦手。アポイントを忘れたりするうっかりミスが多く発生します。口頭で注意しても改善しにくいので、どうやったら本人が理解しやすいか調整しましょう。口約束だけで予定を決めるよりも、メモで渡したり、確認のメールを送ったりすると伝わりやすくなります。付箋やアプリのリマインダーを活用するのも手です。

さらに、のび太タイプはすぐに自分の好きなことを考えてぼ~っとしがち。自分の好きなことには集中して取り組めますが、それ意外の作業は苦手です。何か作業を頼む時は、気が散りやすい窓際の席は避けること。また机の上を片付けられるように、物の定位置をすべて決めておきましょう。また、「この作業が終わったら休憩」など、目標が具体的に見えると、集中しやすくなります。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

続きを読む



  1. 1
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  2. 2
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一度…
  3. 3
    乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方
    (編集・制作 (株)法研) 早期発見のため毎月の自己検診と定期的な乳…
  4. 4
    頭皮が臭いのはシャンプーのせい?芸能人もやってる『湯シャン』の効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    おいしく賢いおやつの楽しみ方。小腹が空いたときのエネルギー補給、時間は…
  6. 6
    捨てないで!使わない・残った化粧品の意外な使い道
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと シー…
  7. 7
    運動ゼロで筋肉をつける!たるみ・ぜい肉の引き締め術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  8. 8 洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    洗ったばかりの洗濯物、干して出掛けたら急な雨が…。雨に濡れてしまった洗…
  9. 9
    本当はからだに良くない健康ドリンク6選
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  10. 10 心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    絶望的な気持ちの状態 誰でも人生の中で何度かは、「もう、どう…
  11. 11
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  12. 12
    孤独は体に悪い|科学的に証明された、深刻な孤独のリスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 核家…
  13. 13
    わたしも当てはまるかも?『コミュ障』の人に多い5つの特徴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと コミ…
  14. 14 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  15. 15 ストレスが余計に増える考え方のクセ5つ|ストレスコントロールのコツ
    ストレスが余計に増える考え方のクセ5つ|ストレスコントロールのコツ
    あなたはどのような思考のクセがありますか? 自分の「思考のク…
  16. 16
    不幸体質の原因とは?幸せを呼びこむ人になる秘訣
    【執筆】岡部淳子カウンセラー ついてないな、と思う時、あなたはど…
  17. 17
    ヤセる秘訣は睡眠の質にある!? 寝るだけダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 眠り…
  18. 18 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  19. 19
    辛いものをたくさん食べたらヤセるの?ダイエットのウソとホント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 汗を…
  20. 20
    老化をSTOP!肌の衰え・疲れやすさ・病気予防に役立つ食事
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと スー…

一覧