加齢により目の水晶体が濁る白内障。それが今、若い人にも急増中。その背景には、生活に欠かせない◯◯の存在がありました!

30代でも白内障に! 原因は○○のやりすぎ? 危険な目の症状とは

目の水晶体が濁って視力が低下する、高齢者に一般的な病気

白内障といえば、高齢の人がなる目の病気。レンズの役割をしている目の水晶体が濁ることで、視界がぼやけたり、視力の低下、明るいところで目がチカチカするなどの症状が現れます。水晶体が濁る原因は、たんぱく質の付着。主な原因は加齢で、個人差がありますが誰でも歳をとると、水晶体がだんだん濁ってきます。そのため、高齢の人ほど白内障が発症するのです。これを「加齢性白内障」といいます。

若年性白内障は症状が悪化するのが早い

それが、昨今では生活スタイルの変化が影響し、20代や30代、中には10代で白内障を発症する「若年性白内障」増加しているのです。しかも、若年性白内障は加齢性白内障と比べ、症状が悪化するのが早いのも特徴です。
また、目が痛い、赤い、涙がでる、ゴロゴロするなど、ドライアイの症状だと思っていたら、白内障だったというケースも報告されています。

若年性白内障 セルフチェック

下のセルフチェックで半分以上当てはまる場合、または当てはまるものが半数以下でも、下記の症状で生活に支障が出ている場合は、すぐに眼科医を受診しましょう。

□ 外だとまぶしくて物が見えにくい

□ 暗い場所だと物が見えにくい

□ 物の距離感がつかめない

□ 物がだぶってみえる

□ 老眼鏡をかけてもよくみえない

□ 目がかすむ

□ 片目だけ視力が低下した

□ テレビのテロップが読みにくい

スマホの見過ぎで若年性白内障になりやすく

若年性白内障が増えてきた背景には、生活習慣の変化があります。白内障の原因は、目の水晶体にある、非常に小さいクリスタリンというタンパク質が大きくなり視界の邪魔をすること。加齢のほか、紫外線や酸化ストレスの影響により、タンパク質の異常変性が起こることで、白内障が引き起こされます。そして、最近の若い人が行っている生活習慣が、酸化ストレスを増大させていると考えられているのです。

酸化ストレスに影響がある生活習慣と考えられるものは以下の通りです。できるところから改めていくようにしましょう。

・スマホやパソコンなどの見すぎ

インターネットの登場で生活は一変。スマートフォンやパソコンのない生活は考えられません。それに伴い、目を酷使する時間も増加。眼精疲労が蓄積しています。眼精疲労は酸化ストレスに直結。スマホやパソコンを使う時間を制限するほか、1時間に1回は目を休めるなどしてケアを。

・食生活の乱れ

コンビニ食やレトルトの食品ばかりを食べていると、栄養不足になります。特に野菜不足になると、酸化ストレスを撃退する、抗酸化作用のあるビタミンやルテインが不足しがち。野菜や果物をたっぷり取り入れたバランスのよい食事をとって、体内の抗酸化力を高めましょう。

・生活リズムの乱れ

寝不足などによって生活リズムが乱れると、抗酸化成分のルテインの吸収が妨げられます。体はもちろん眼精疲労の回復もままならず、目は酸化ストレス過多の状態になります。睡眠時間をしっかり確保し、軽い運動を取り入れるなど、体全体の健康を整えることも、若年性白内障の予防になります。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

おすすめ

  1. もの忘れが増えてきたら…早めに始めたい『認知症』を予防する脳活テク4つ
    女性は50歳頃から脳が急速に衰える。脳活で老化をストップ! 年齢とと…
  2. 喉が渇く、疲れやすい…その症状、糖尿病予備軍かも?10のチェックリスト
    喉が渇く、疲れやすい…その症状、糖尿病予備軍かも?10のチェックリスト
    いまや日本人の国民病ともいわれる糖尿病。食の欧米化もあり患者数は年々増…
  3. 乳がんリスクを『ほぼ確実』高める行為とは?|乳がんの予防と治療の新常識
    選択肢が広がる乳がん治療 早期発見がより重要に。 最近20年で乳がん…
  4. ドライアイだけではない!目の充血の原因|すぐに病院へ行くべき症状は?
    目が疲れたときなど、目が赤く充血していることがありますよね? 目の充血…
  5. 検診受けてる?コンタクトレンズのトラブル‐アレルギー性結膜炎や角膜潰瘍
    10人に1人がコンタクトレンズのトラブル‐アレルギー性結膜炎や角膜潰瘍
    今や日常に欠かせないものになったコンタクトレンズ。需要の増加とともに、…