【子宮筋腫を抱えて妊娠・出産】子宮筋腫合併妊娠の体験記ー産後の経過まで

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月

人間ドックで子宮筋腫が見つかり、経過観察中に想定外の妊娠が発覚。初めての妊娠でただでさえ不安なのに、アラフォーで子宮筋腫を抱えたままのハイリスクお産の一部始終を経験者の方にお話を聞きました。

■子宮筋腫の経過観察中にまさかの妊娠発覚…私の人生どうなるの?

体の異変に気付いたのは、真冬のこと。電車の中で気持ち悪くなることが続き、お酒を飲みたいという気持ちがどうしても湧かなくなりました。ずっと体がだるくて、頭もうまく回りません。その月の予定日になっても生理が来なかったため、これはもしやと妊娠検査薬を購入。尿をかけて1分ほど待つと、判定窓に陽性を表す赤い線がぼんやりと浮かび上がってきました。おお、本当に妊娠しているっぽい……という驚きと戸惑いで体が熱くなるのがわかりました。想定外の妊娠だったため、子どもができて嬉しいというより、「これから私の人生どうしよう」という不安のほうが大きかったです。

■まずは正常妊娠かどうかの確認、ハイリスクお産のリアル

妊娠検査薬で陽性であっても子宮外妊娠など妊娠を継続できない場合もありますし、初期は流産の可能性もあります。正常妊娠かどうかを確認するため、近所のクリニックに行きました。このクリニックでは以前子宮筋腫を診てもらったことがあり、診察がスムーズなのではないかと思って受診しました。
内診台に上がってドキドキしながらモニターを見つめます。画面に白黒のエコー画像が映し出されると、白い筋の中にぽっかり黒い丸が。「あー、大丈夫ですよ。子宮内に着床していますよ。これが胎嚢、これが赤ちゃん」と院長が示す先には豆粒のような小さな点が映っています。この小さな点が私の赤ちゃんなのか、これが人間に育つのかと思うと、不思議な気持ちがしました。プリントアウトしてもらったエコー写真を何度もじいっと見つめては、フワフワした興奮に包まれていました。

【子宮筋腫を抱えて妊娠・出産】高齢初産の不安との戦い…産後の経過まで

院長先生から「筋腫が大きいし高齢初産だから、うちでは診れない」と言われ、総合周産期母子医療センターに紹介状を書いてもらうことになりました。大きな病院じゃないと診れないということは、私はハイリスク妊娠ってことなのか……と少し落ち込みます。そのクリニックに来ている妊婦さんたちは、たしかに若くて健康そう。この人たちは選ばれし妊婦なんだなと、羨ましく思いました。

7週目、紹介状を手に周産期センターへ行き、エコーで胎児の心拍を確認しました。私の一番大きい筋腫は妊娠前で6センチ程度。妊娠中は血流が増えて筋腫が大きくなる傾向があること、お腹の痛みや張りが出やすいこと、出産時に産道の邪魔になる可能性があることについて説明を受けました。位置によっては帝王切開になる場合もあるので、臨月にMRIを撮って判断することになりました。

■いよいよ臨月……筋腫も大きく育っていた

臨月になった36週、筋腫は10センチ大にまで大きくなっていました。36週にもなると陣痛への恐怖がいよいよ現実化していて、痛みに弱い私は「もう帝王切開にしたい。帝王切開なら子宮筋腫も一緒に手術できて一石二鳥だし!」と思っていました。しかし、実際には筋腫を取ると出血多量で危険になるので、帝王切開の際に一緒に取ることは稀だということです。

エコーでは産道にかかるような位置ではないという診察だったのですが、念のためMRIも撮影して問題ないことを確認。通常の経腟分娩で出産することになりました。このときのMRIの費用は14,000円程度です。

【子宮筋腫を抱えて妊娠・出産】高齢初産の不安との戦い…産後の経過まで

経腟分娩でも、子宮筋腫がある人は出血多量になる傾向があるそうで、輸血が必要な場合に備えて自分の血液を2週にわたって採血(自己血採血)しました。1週間前から鉄剤を処方され、血液中のヘモグロビンを増やします。私は1回300mlの採血を2回行いました。

出産時には750mlほど出血し、出血多量で貧血になり意識を失ってしまいました。すぐに1パック(300ml)の自己血輸血を開始。産後3日経過しても貧血の値が戻らなかったため、再度もう1パックの自己血を輸血しました。産後はフラフラになっていたので、事前に自己血採血をしておいて本当に良かったと思いました。

■子宮筋腫との戦いは続く…産後の経過

産後の1ヶ月検診では、筋腫は変性(壊死)して3センチ程度まで縮小していました。筋腫に栄養が送られなくなり、自然に小さくなったようです。生理が再開したらまた大きくなる可能性があるので、今後も産婦人科で経過観察を続けるように言われました。

子宮筋腫合併妊娠の場合、通常の妊娠よりも不安を感じてしまうことが多々あると思います。私も「子宮筋腫 流産」「子宮筋腫 胎児 発育」といったネガティブなキーワードで検索しては、無事に育つかどうか心配になっていました。でも妊娠・出産は人それぞれ。信頼性の低いあやふやな情報に振り回されず、検診で医師に相談するのが一番だと思います。

■まとめ

女性特有の子宮筋腫。腫瘍の状態を自分で確認することが難しいこともあり、よほどの症状が出ない限りは後回しにしがちです。ネット検索などで自覚症状を照らし合わせては自己判断をしてしまいがちですが、筋腫の状態は年齢や体質によって異なります。妊娠を考えている・いないにせよ定期的な検診で状態を把握しておくことが大切と言えそうです。




不妊の原因になる子宮内膜症・子宮筋腫|生理痛・量が多い・下腹部痛に注意

提供:gooヘルスケア

つらい「子宮内膜症・子宮筋腫」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

治療の中心は西洋医学。漢方でうまくサポートを

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長

漢方医学の考え方

症状

子宮内膜症や子宮筋腫は、月経痛が強くなったり、月経の期間が長くなる、出血量が多くなるなどの症状があらわれます。

これらの症状や、ホルモン療法によって、イライラしたり、のぼせたりする症状をとるためには、漢方の治療を行います。

漢方では、子宮内膜症や子宮筋腫の原因は、血の巡りが悪くなっている瘀血(お けつ)によるものと考えられていて、どちらの病気であっても病気自体の改善のためには、瘀血を治療する漢方薬を使います。

また、冷えが関係して症状が悪くなっている場合もあるので、冷え症を改善する処方もよく使われます。

しかし、実際に漢方薬だけで、子宮内膜症や子宮筋腫を治療するのは難しいため、西洋医学的な治療が中心になります。そこでは、漢方薬はつらい症状の軽減や、治療による副作用の軽減のために用いられます。

漢方処方

*瘀血を改善する場合

まず、病気自体が瘀血によって引き起こされていると考えられることと、月経痛の原因となることから、血の巡りをよくして、瘀血を改善する処方がよく使われます。

代表的な漢方薬の処方は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)です。それ以外にも、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)や通導散(つうどうさん)や大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)などがありますが、副作用として下痢があるため、使用には注意が必要です。

このほか、長年続く瘀血に効果があるとされていて、不安感やイライラするなどの精神的な症状にも効果がある漢方薬、芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)を用いる場合もあります。

*冷え症が強い場合

冷えの代表的な処方である漢方薬、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)を使うことで、冷えに伴う痛みが改善する場合があります。

このほか、むくみや、胃の中でぽちゃぽちゃと水の音がする水毒(すい どく)の症状が強い人には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が有効です。

*出血が多い場合

止血効果のある漢方薬、芎帰膠艾湯(きゅう き きょう がい とう)を使います。

*治療のホルモン剤による副作用

代表的な処方は、婦人科系の病気の多くの症状に使われる加味逍遥散(かみしょうようさん)です。

ホルモン剤を使うと閉経に近い状態になるので、更年期障害症候群のようなのぼせ、イライラなどの症状が出やすくなります。そのため、更年期障害症候群の治療薬と同じ処方がよく使われます。たとえば、のぼせが強いときには、生薬(しょう やく)の当帰(とう き)、香附子(こう ぶ し)などを組み合わせた女神散(にょ しん さん)を用います。

 

西洋医学の考え方

症状

子宮内膜症のおもな症状は、月経痛、性交痛、下腹部の痛みなどです。一方の子宮筋腫の症状は、月経期間の長さ、多量の出血、下腹部のしこりや痛みなどで、いずれも不妊の原因にもなっています。

おもな原因は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が過剰になることで、生じると考えられています。

子宮内膜症とは、本来は子宮の内側にしかないはずの子宮内膜の組織が、子宮の内側以外の場所にできてしまう病気です。

通常、子宮内膜は、妊娠が成立しないとはがれ落ちて排出されますが、子宮内膜症の場合は、内膜の組織の一部が卵管を通っておなかの中にこぼれて落ち、その一部がおなかの中で増殖した状態になり、月経に伴って、炎症やほかの組織との癒着、出血を起こしたりします。

一方の子宮内膜症の種類には、卵巣の内側に子宮内膜の組織が入りこんで増殖したり、癒着したりする卵巣チョコレート嚢胞(のう ほう)、ダグラス窩(か)と呼ばれる子宮と直腸の間で、子宮内膜の組織が増殖したり癒着するダグラス窩閉塞などがあります。

子宮筋腫は、女性ホルモンの影響によって、子宮にできた良性の腫れ物のことで、一つだけできることもあれば何十個もできる人もいます。大きさは、顕微鏡で見ないとわからないくらい小さなものから、数十センチに及ぶものまであります。

子宮筋腫ができると、その周囲に新しい毛細血管が張り巡らされます。腫れ物は、その血管から栄養をもらって大きくなり、そのため、月経が長引いたり、月経血の量が増えたりするのです。また、子宮筋腫に子宮内膜症が合併して起こることもあります。

対処法

子宮内膜症の治療は、低用量ピルや黄体ホルモン製剤などで、内膜の増殖を抑える薬物療法や、手術療法があり、年齢や妊娠を希望するかどうかによって、治療法を選択することとなります。

なお、薬物療法には、痛みを抑えるための対症療法や、必要に応じて行うホルモン補充療法があります。

対症療法は、病気の進行を抑える効果はないので、定期的に受診しながら、経過を診ていくことになります。手術療法は、大きなサイズの卵巣チョコレート嚢胞が見つかった場合などに行います。

子宮筋腫の治療もほぼ同様で、ホルモン剤などの薬物療法で症状を抑えたり、手術で筋腫だけ、あるいは、子宮全部を摘出する場合などがあります。

 

「子宮内膜症・子宮筋腫」を食材で改善-女性ホルモンをととのえて、血の巡りを改善


イソフラボンでホルモンバランスをととのえる

ホルモンバランスを整える代表的な食材は、植物性エストロゲンとも呼ばれている大豆です。

大豆には、女性ホルモンに似た構造をしている栄養素、イソフラボンが含まれています。エストロゲン(卵胞ホルモン)が足りなければ補い、多すぎるときには減らそうとする作用があると言われています。

 

血を補う食材をとる

子宮内膜症は、子宮から大量の血液が排出され、月経量が増えることがあるので、貧血を起こしやすい傾向にあります。そのため、血の巡りを促す食材をおすすめします。鶏レバー、豚レバー、ホウレンソウ、春菊、ヒジキ、シジミ、牡蠣、黒キクラゲなどは、鉄分が多く含まれています。

 

カルシウムで骨を守る

エストロゲンは、骨をつくる働きもあります。ホルモンのバランスが崩れてエストロゲンが減少すると、骨量が減少するので、カルシウムも摂取することをおすすめします。実際、治療の際に、ホルモンバランスの調整などで、骨の中のカルシウムが失われる副作用が起こることも稀にあります。

カルシウムを多く含む食材は、チーズなどの乳製品、ワカメ、昆布、ヒジキなどの海藻類です。

なお、ホルモンのバランスを崩しやすい食材は、精製された白砂糖、白い小麦粉、白米。動物性脂肪が多く含まれる肉類、乳製品などです。

 

続きを読む




妊娠中のつわりに効果のある漢方とは? 風邪やむくみなどの体調不良にも

提供:gooヘルスケア

つらい「妊娠・出産の症状」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

ストレスをためず、軽い運動を

妊娠中のつわりに効果のある漢方とは? 風邪やむくみなどの体調不良にも

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

妊娠中の女性の体の変化には個人差があり、とくに不快感はなく、心地よく過ごしている人もいますが、つわりになったり、切迫流産や早産になったりするなど、予想できないことの連続です。

つわりは、とくに、においや食の嗜好には敏感になりがちで、今まで好きだった食べ物がおいしいと感じなくなったり、ご飯を炊くにおいも気になったりするなど、さまざまな変化が起こります。

その原因には、気の巡りが悪いことや水の滞りがあることが考えられます。妊娠すると、妊婦さんは、ほぼ全員、水毒(すい どく)になります。そのため、むくみが出たり、ひどい場合は高血圧になったりします。

また、血虚(けっ きょ)もよくみられる症状で、貧血や立ちくらみなどが起こることがあります。

一方の切迫流産や早産は、おなかの張りが強くなることで起こると考えられます。そこで、緊張をゆるめる作用のある芍薬(しゃく やく)を含む処方を使うことになります。

つわりは、赤ちゃんからのメッセージだという考え方もあります。食べないで欲しいものや、食べて欲しいものを赤ちゃんが伝えてきていると言うのです。

また、それまでの食生活や生活習慣によって母体に出ている影響を、この時期にリセットしようとしているという見方もあります。

どちらにしても、つらいことには変わりがないので、症状を少しでも和らげるようにするのがよいでしょう。

なお、食べられないと胎児が育たないのではないかと心配する人もいますが、そんなことはありません。食べられるときに食べられる物を食べたらいいと気楽に考えることが大切です。

妊娠の症状には個人差があり、また、同じ人でも、一人目はつわりが重かったけれど、二人目はそうでもなかったなど、妊娠するたびに異なります。しかし、つわりや妊娠高血圧症候群などは二度目も出ることが多いので、一回目の妊娠で症状があった人は早めに漢方薬を飲むことをおすすめします。

漢方処方

*妊娠時の万能薬は、当帰芍薬散

妊娠時に、もっともよく使われるのが、婦人科系の病気の処方としても代表的な漢方薬、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。安胎薬(あん たい やく)と呼ばれ、もともとは、妊娠時の腹痛の薬として処方されていました。

血虚(けっ きょ)に対する漢方薬なので、貧血に効果があり、また、水毒の漢方薬として、むくみを改善する作用もあります。そこで、現在では、腹痛に加えて、妊娠時の貧血や高血圧症候群に対する漢方薬としても使われています。

妊娠の初期から出産時にまで使うことができる便利な処方なので、一回目の妊娠で高血圧症候群やむくみが認められた人は、早い時期から内服をおすすめすることがあります。

また、不妊や習慣性流産のある人などにも処方されます。まさに、女性のための万能薬と言えます。

*つわりがある場合

よく使われる漢方薬は、香蘇散(こう そ さん)です。つわりには紫蘇がよいとされており、この香蘇散にも入っています。

吐き気に対しては、半夏(はん げ)と茯苓(ぶく りょう)の組合せも有効で、小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)、茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)が使われます。

また、胃腸のもたれや体力回復に効果のある人参湯(にん じん とう)を処方することもあります。

ただし、つわりがひどいときは、エキス剤すら飲みたくないと感じることがあります。その場合は、生薬(しょうやく)を粉末にして内服すると飲める場合があります。それでもつらいときは、漢方薬ではなく、紫蘇酢(し そ ず)なども効果があります。ドラッグストアでも売っているので、ためしてみるとよいでしょう。

つわりは、悪化すると入院になることもある症状です。体調が悪いときには、無理をせず、主治医に相談しましょう。

*風邪を引いた場合

よく使われるのが、香蘇散(こう そ さん)です。現在では、気分が落ち込むなど、抑うつの傾向のみられる人に使うことで知られていますが、もともとは、風邪の処方です。

風邪とは、読んで字のごとく、風の邪(じゃ)であり、気の巡りをよくすることで風邪を追い出そうというものです。

なお、風邪で咳や喉の痛みが続く場合には、麦門冬湯(ばく もん どう とう)を使います。悪寒がして、風邪かなと思うようなときには、桂枝湯(けい し とう)がおすすめです。

*むくみや妊娠高血圧症候群がある場合

むくみや妊娠中の高血圧には、水毒が関係していることが多いので、余分な水分をのぞく作用のある漢方薬、五苓散(ご れい さん)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を処方します。悪くなってから飲むのではなく、早めの内服が効果的です。

 

西洋医学の考え方

 妊娠初期は、つわり。後期は、むくみや妊娠高血圧症候群などの症状があらわれやすくなります。医師の指示に従いながら生活習慣をととのえますが、ひどいときは、漢方薬をすすめられる場合もあります。

 

症状

妊娠中は、短期間でホルモンのバランスが変わるため、さまざまな不調が起こります。

具体的な症状としては、初期は眠気、頻尿、食欲不振、食欲増加、便秘、貧血、つわりによる吐き気やむかつきなどがあります。妊娠4~6週目から12~16週目の時期は、胃のむかつきや吐き気を感じるつわりが起こります。

つわりの症状が強く、食べ物だけでなく、水も受けつけなくなって脱水症状を起こすなど、日常生活に支障をきたすような場合は、妊娠悪阻(お そ)と呼び、入院が必要になる人もいます。

また、妊娠中は、月経前に増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)が、普段の何倍も出ることが原因で、むくみやすくなります。

中期以降になると、切迫流産、妊娠に伴ってみられる高血圧、たんぱく尿、むくみ、1週間に500g以上の体重増加などの症状の一つ、もしくは二つがあらわれる妊娠高血圧症候群の症状が起こりうる可能性があります。

妊娠後期(6ヵ月以降)は、基本的には安定期に入りますが、さらにむくみやすくなります。これは、おなかの中で大きくなった子宮が血管を圧迫して、血液やリンパの流れが悪くなるためです。

ほかにも、内臓が圧迫されたような感覚になり、息苦しさや、胃もたれなどがあらわれることがあります。これを第二のつわり、と呼ぶ人もいます。

また、ホルモンの影響と、大きくなったおなかの負担により、腰痛を起こしやすくなります。食欲が増加して、食べ過ぎや妊娠高血圧症候群や、切迫早産などの可能性もあります。

そのほか、妊娠期間中に、風邪を引いたり、花粉症の症状が出たりする人もいると思います。風疹の感染なども、問題になっています。しかし薬の服用は、漢方薬であっても絶対に自分では判断せずに、担当の医師に相談してください。

続きを読む




痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

2500g未満の低出生体重児が増えています。将来の病気リスクと予防法について解説します。

お母さんの栄養不足などで低体重赤ちゃんが増加

グルメ大国といわれる日本で、お母さんの栄養不足による赤ちゃんの低体重が問題になっていると聞いたら驚くでしょうか? 低出生体重児とは、生まれた時の体重が2500g未満の赤ちゃんのこと。日本ではその割合が増え続け、今ではなんと約10人に1人が低出生体重児として生まれています。

出生体重は子宮内の栄養状態を示すひとつの指標として考えられているもの。最近では早産でなく、予定日近くでも小さく生まれる子供が多いのです。そして小さい赤ちゃんは、将来さまざまな生活習慣病になりやすい素因を持って生まれることがわかってきました。

痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める

将来は高血圧・脳梗塞・冠動脈疾患などになりやすい

低出生体重との関連がはっきりしている病気は、高血圧、脳梗塞、冠動脈疾患、脂質代謝異常、2型糖尿病、神経発達障害です。
しかし素因があるだけでは病気を発症しません。運動不足、栄養やストレス過多等の望ましくない生活をすると発症リスクが高くなります。
これを「成人病胎児期発症起源説(DOHaD<ドーハッド>説)」と言います。

生活習慣病といえば、長年の生活習慣が引き起こす病気と考えられていますが、その多くが胎児期の栄養不足などがひとつの原因ではないかという説が有力になってきているというから驚きです。お母さんが低栄養だと、赤ちゃんは、少ない栄養でも生きていけるよう遺伝子の働きを調節する仕組みを変化させて対応します。
胎児期に起こった低栄養による変化は元に戻りにくいのが特徴です。また、胎児は受精時からすでに子宮環境の影響を受けているため、妊娠がわかってからではなく、常日頃から栄養に注意しておくことも大事と言えます。

妊娠する前・妊娠中・生まれた後の食生活が大切

遺伝子の働きの調節には、さまざまな栄養素が関わっていることがわかってきています。食事の量が減ると、そうした大事な栄養素は十分に摂ることが難しくなるので、妊娠したい人は無理なダイエットをしないこと。

しかし、低体重で生まれても、食生活や生活習慣に注意すれば、生活習慣病のリスクを低下させることは可能であることもわかってきました。子供の食習慣は、母親の食習慣の影響を多大に受けるもの。ですから、まずは女性が自分の食生活を整え、栄養・健康に気をつけることがとても大切なのです。

参照元
低出生体重児 | e-ヘルスネット 情報提供
マニュアル等厚生労働科学研究成果|厚生労働省

続きを読む



ピルの入手方法や飲み方・ピルの基礎知識|ピルを使用できない人とは?

【お話を伺った人】松峯 寿美先生

東峯婦人クリニック院長・医学博士 東京女子医科大学卒。 専門は婦人科一般、不妊症治療など。 日本産婦人科学会専門医、思春期学会理事、東京女子医科大学非常勤講師など兼任。『マタニティホワイトブック』…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

正しく使って自分の健康は自分で守る!確実な避妊にはピル、性感染症の予防にはコンドーム!ダブルブロックで自分を守りましょう。

ピルはどこで手に入るの?

低用量経口避妊薬=低用量ピル(以下ピル)は、日本ではかぜ薬などのように薬局などで買うことができません。使用には医師の処方が必要です。一般的には婦人科や産婦人科を受診して医師による問診や血圧測定を受け、問題がなければ処方してもらいます。以前は多くの検査が必要でしたが、2005年12月の「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」の改訂により、基本的には問診と血圧測定だけで入手できるようになりました。

まず問診でリスク因子がないかを確認し、リスク因子があれば必要な検査を行います。子宮がんや性感染症の検査などは健康管理のために重要ですが、ピルの処方に必要というわけではありません。ただ、せっかく産婦人科を受診するのですから、検査を受けていない人はこの機会に検査しておくのもよいことです。
ピルについてわからないことがあればささいなことでも質問し、きちんと説明してくれる医師を選びましょう。これをきっかけに、体のことを何でも相談できる「かかりつけ医」ができるとよいですね。

ヘビースモーカーはピルを使えない!

ピルは月経が始まる10代から50代で閉経するまで、ほとんどの女性が使うことができますが、なかには飲むと危険な人もいます。次のような人はピルの使用を避けるか、注意して使う必要があります。

●血栓症の人、あるいは血栓症にかかったことのある人
●脳・心血管系の病気にかかっているか、かかったことのある人
●乳がん、子宮体がん、子宮頸がんにかかっている人
●肝機能障害、高血圧、糖尿病、高脂血症にかかっている人
●妊娠、授乳中の人
●35歳以上で1日15本以上喫煙する人

血栓症のリスクの高い人はピルを使用できません。また、タバコを吸う人がピルを服用すると、血栓症や乳がんなどのリスクが高くなるといわれています。健康のためにもぜひ禁煙を! また、結核やてんかんの薬、ある種のサプリメントには、ピルの避妊効果を低下させるものがありますから、何か薬を服用している人は医師に相談しましょう。

二つのタイプと服用開始日が選べる

ピルは1カ月分(1周期分)が1シートに入っていて、シートに指示された順番どおりに飲んでいきます。「21錠タイプ」と「28錠タイプ」があり、服用開始日も自分で決めることができます。

服用期間はそれぞれ21日間と28日間で1周期です。「21錠タイプ」の服用方法は、1日1錠を21日間連続して飲み、22日目から7日間休薬し、8日目から新しいシートのピルを飲みます。「28錠タイプ」は、飲み忘れを防ぐため7日間は偽薬(ホルモンの含まれないプラセボ錠)を飲み続けます。飲み終ったら、翌日から新しいシートのピルを飲みます。

服用開始日は通常、月経の第1~2日目ですが、サンデースタートピルといって、月経が始まって最初の日曜日(月経が日曜日に始まった場合はその日)から服用を始めることもできます。サンデースタートピルのメリットは、月経が週の半ばに来るため、週末に用事がある人には便利なことです。しかし、服用を開始して最初の1週間は避妊効果がなかったり、少量の出血が続くことがあるので注意しましょう。

大切なのは飲み忘れしないこと。毎日同じ時間帯に飲むのが望ましいので、例えば朝食時や歯みがきのときなど、毎日の習慣と結びつけると忘れにくいでしょう。携帯電話にアラームをセットするのも一法です。飲み忘れは妊娠と不正性器出血(月経以外の出血)の可能性を高めますから注意しましょう。
それでも飲み忘れた場合は、24時間以内なら気づいたときただちに1錠飲み、その日の分も通常通りに飲みます(計2錠服用することになる)。24時間以上たってしまったら、次の月経開始日から新しいシートの錠剤を飲みます。月経周期を崩したくなければピルを続けて飲みますが、飲み忘れた日から新しいシートを飲み始めるまでは避妊効果がありませんから、別の避妊法との併用が必要です。プラセボ錠の飲み忘れは問題ありません。

性感染症予防にはコンドームを忘れずに!

ピルを飲んでいれば性感染症にもかからないと思っていたら大変! クラミジアやエイズなど、性行為でうつる性感染症はピルで予防することはできません。性感染症を予防するのはコンドームだけです。
性感染症は感染初期には症状のないものが多く、気がつかないうちにうつしたり、うつされたりすることがあります。しかも多くは女性のほうが感染しやすく、腹膜炎や不妊の原因になるなど被害も大きくなってしまいます。ピルはあくまで避妊用のため。性感染症予防にはコンドームを正しく使用して、自分の健康は自分で守りましょう。

※この記事は2007年2月に配信された記事です

続きを読む



望まない・意図しない妊娠は約4割|低用量ピルの避妊効果とは?

【お話を伺った人】松峯 寿美先生

東峯婦人クリニック院長・医学博士 東京女子医科大学卒。 専門は婦人科一般、不妊症治療など。 日本産婦人科学会専門医、思春期学会理事、東京女子医科大学非常勤講師など兼任。『マタニティホワイトブック』…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

ホルモンが作る女性のリズム。決めるのはあなた!避妊効果が高く副作用も少ないといわれるピル。あなたはどれくらい知っていますか?

自分のことは自分で決めたい

週刊誌やテレビで、芸能人の「できちゃった婚」のニュースをよく目にしますが、日本では避妊の失敗などによる「意図しない出産」や「望まない出産」が約40%弱もあるといわれています。問題なのは、望まない妊娠で仕事や学校を辞めざるを得なかったり、中絶したりする人が多いということです。

そういったことを避けるためにも、日ごろから避妊について考えておきたいものです。さまざまな避妊方法の中で何を選ぶのか、人任せにせず自分で決めるのが自立した女性!そのためには、十分な情報と正しい知識が必要です。

避妊効果が高く安全といわれるピルが広がらないのはなぜ?

1999年、アメリカから約40年遅れて低用量経口避妊薬=低用量ピル(以下ピル)が解禁され、避妊方法の幅が広がりました。でもピルについて、あなたはどれくらい知っていますか?

ヨーロッパを中心に、ピルは一般的に使われている避妊薬ですが、日本ではコンドームの利用が約8割と圧倒的に多く、ピルを利用している人はわずかです。ピルは避妊効果が高く、副作用も少ないといわれていますが、情報の少なさからか、なんとなく不安、ホルモンを飲むことに抵抗がある、などの理由で服用をためらう人が多いようです。

さらに、ピルの導入にあたってつくられた「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」によって、処方前にさまざまな検査が義務づけられたことも、ピルの利用が進まない原因の一つと考えられています。しかし2005年12月、日本産科婦人科学会などが同ガイドラインを改訂し、検査が大幅に簡素化されただけでなく、製薬会社などがピルの避妊以外の効用をうたってもよいことになりました。

妊娠を防ぐ3つの主な働き

女性には約4週間で1サイクルの月経周期があり、その間に月経と排卵が1回ずつ起こります。そして、排卵のときに出てきた卵子が子宮のほうへ運ばれる途中で精子と出会えば受精卵となり、子宮内膜に着床すると妊娠が成立します。ピルは、排卵を抑える、受精卵を子宮に着床しにくくする、精子を子宮に入りにくくするという、主に3つの働きで妊娠を防ぎます。

ピルは卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ成分を含む飲み薬で、これを飲むことで体が妊娠中に近い状態になり、排卵がストップします。また、ホルモンの働きで、精子が子宮に入りにくくなったり、受精卵が子宮内膜に着床しにくい状態になります。このように、何重にも避妊効果を高めているのです。

意外と知られていない、避妊以外のメリット

ピルを使ってみようと思ったら、また、ほかの避妊方法と比較するためにも、ピルのメリットとデメリットをしっかり押さえておきましょう。

メリット

●正しく使用すればほぼ100%の避妊効果があり、妊娠を希望するときは飲むのをやめればよい。
●月経周期をコントロールできる。ピルを飲むと月経周期がきちんと28日周期になり、いつ月経が来るかわかるため、スケジュールが立てやすい。ピルで月経をずらすこともできるため、たとえば、月経が旅行に重ならないようすることができる。
●女性の意思で避妊ができ、自分の体は自分で守る意識が生まれる。
●その他、月経痛が軽くなる、貧血が改善される、にきびがよくなる、子宮内膜症になりにくく悪化を防ぐ、長く飲み続けると子宮体がん・卵巣がんのリスクが減る、骨粗しょう症になりにくくなる、など。

デメリット

●毎日飲まなければならず、飲み忘れると避妊効果がなくなる。
●医師の処方が必要で、保険適用にならないため費用がかかる(月に約3000円~4000円程度)。
●飲み始めの2~3カ月は吐き気や頭痛、乳房の張りなどが起こることがある。
●血栓症のリスクの高い人は飲めない。
●性感染症は防げない(コンドームとの併用が必要)。

避妊だけでなく、健康面や月経周期の調整など女性のQOL(生活の質)をアップさせる効果が期待できるピルですが、上手に使いこなすためには正しい知識が必要です。
次回はピルの使い方についてご紹介しましょう。

※この記事は2007年1月に配信された記事です

続きを読む



  1. 1
    発達障害と共に現れやすい障害|ADHD・解離性障害の症状とは?
    発達障害と併存が多い障害(ADHD、運動能力障害、解離性障害、適応障害…
  2. 2
    乳首がかゆくなる原因とは?乳がんの可能性もある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと たま…
  3. 3
    更年期障害ってどんなことがおこるの?つらい症状は薬で改善できる?
    つらい「更年期障害症候群」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 気を巡…
  4. 4
    かぜを早く治すには?|食欲がないなら食べなくてもいいってホント?
    つらい「風邪」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 早めの対処で、悪化…
  5. 5
    【発達障害の特徴】幼児期に視線があわないことがあったー理由と対処法
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  6. 6
    発達障害の小学生|クラスの問題児『困った子を何とかして』という教師
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  7. 7
    手作りケーキの生クリームに注意!安価な植物性ホイップは体に悪い?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 張り…
  8. 8
    目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因と改善法
    つらい「目のクマ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 温めて、血を巡…
  9. 9
    めまい、立ちくらみ…女性に多い貧血の症状。鉄分が摂れる食材とは?
    つらい「貧血」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 鉄分をとり、血を補…
  10. 10
    背中の肉がつまめるのは太っている証拠?スッキリ後姿の作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気づ…
  11. 11 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  12. 12
    実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  13. 13
    やる気が出ない・落ち込みがち・息苦しいなど…うつ症状の改善方法
    「気分が落ち込みがち」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 ストレスを…
  14. 14
    【発達障害の特徴】こだわりが強い子どもの場合ー理由と対処法
    特定のものや習慣に異常に固執する 出典:株式会社法研「子どもの発…
  15. 15 ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと むし…
  16. 16
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  17. 17
    朝食を変えれば『ヤセ体質』になれる!食べてヤセる食事法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  18. 18
    カロリーゼロはヘルシーでも健康的でもない?人口甘味料の落とし穴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  20. 20
    発達障害の支援ー医療・福祉・教育機関の連携『浜松方式』とは?
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…

一覧