執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

たかが咳や痰と思っていても、病気が潜んでいる可能性が。咳と痰からわかる病気についてまとめました。

咳が長引く・痰がからむ人は結核や心不全の疑いも?見逃せない病気のサイン

3週間以上続く咳には要注意を!

風邪は治ったはずなのに、咳だけがなかなか治らない。咳が出るのを放置して、大きな病気にいたったという例もあります。もし、咳が長引くようならほかの病気を疑った方がいいかもしれません。咳は、体に異物が入った時に、吐き出すために起こるもの。肺や気管、気管支を守る防御反応です。ほこりっぽい部屋に入った時や、喫煙者がよく咳をしているのは、このため。どれくらい咳が長く続いているか、痰が出るかなどによって、可能性のある病気が区別できます。気になる場合は、すぐ病院を受診しましょう。

◯咳が続く期間が3週間以内

風邪の諸症状を伴う場合や、咳の状態がしだいに軽くなってきている場合、膿がからむ痰がある場合で、3週間以内の咳は、インフルエンザや風邪のほか、マイコプラズマや肺炎クラミジア、百日咳菌などへの感染が考えられます。この場合は周囲の人や家族も同じような咳をしていることが多いはずです。
また、風邪の症状は治まったのに、起床時に黄白色の痰が混じった咳がよく出る場合は、鼻水がノドの奥に流れ込む「後鼻漏」の可能性があります。

<疑われる病気>

・ 風邪
・インフルエンザ
・気管支炎
・感染症の咳
・肺炎・結核・感染症以外の肺の病気
・後鼻漏

◯咳が続く期間が3週間以上

3週間以上の咳が続く場合は、胸のX線画像検査や、肺機能検査、血液検査などが行われます。

<疑われる病気>

・咳喘息
咳のみを症状とする喘息が咳喘息。夜中や明け方に咳が激しくなったり、寒暖の差のある時、長話をした後でも咳がでます。咳喘息を放置すると、咳以外の症状もある本格的な喘息になってしまいます。アレルギーのある人におこりやすいといわれます。

・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
タバコの煙など有害物質を長期にわたって吸引してきたことによって肺に炎症が起こる病気です。体を動かした時に息切れを感じたり、喘息のような喘鳴(ゼーゼーヒューヒューいうこと)や発作性呼吸困難などもみられます。

・アトピー性咳嗽(がいそう)
咳嗽とは咳のこと。ノドのイガイガ感に伴う、かわいた咳が特徴。気温の差、会話の後、就寝時や起床時、受動喫煙、運動、香水の臭いなどに反応して咳が出ます。

・アレルギー性鼻炎
咳や痰が起床時に発生しやすくなります。アレルギー性鼻炎で鼻水・鼻づまりが起こり、寝ている間にその鼻水がノドに流れます(後鼻漏)。ノドにたまった鼻水を吐き出そうとするため、咳や痰がでます。

・胃食道逆流症
胃酸がノドまで逆流してくるために、咳が出たり、声がかれたりします。胃酸が気道に入ってしまった場合は、喘息のような症状も。

・薬剤性咳嗽(がいそう)
ACE阻害薬という血圧を低下させる薬を服用した後に、痰のからまない咳が出るようになるもの。

・心不全
高血圧の人で、夜寝ている間に咳がひどくなる場合は、心不全が疑われます。起きると咳が軽くなるのが特徴で、足や顔のむくみなども症状のひとつ。「ピンク色の泡沫状の痰」が出た場合は心不全が進行している可能性が高いので、すぐに病院へ。

◯咳と痰が続く期間が3週間以上

胸のX線画像検査のほか、肺機能検査、気管支内視鏡検査のほか、痰の検査も行われます。

・喘息
咳喘息の症状に、痰が出たり、喘鳴や呼吸困難などの症状が加わったもの。

・気管支拡張症
なんらかの原因で、気管支が広がり、そこに細菌やカビが増殖して炎症を起こすもの。咳や痰のほか、痰に血が混じる、咳をした時に血が出ることも。

・副鼻腔気管支症候群
睡眠中に鼻水が気管支に入り、気管支炎の原因に。鼻水、鼻づまりのほか、咳、痰、息切れ、喘息などの症状が出ることも。

・慢性鼻炎
慢性鼻炎による鼻水がノドに流れ(後鼻漏)、それにより咳や痰が出るもの。

◯咳と痰が続く期間が8週間以上

・結核
はじめは風邪の諸症状と似ているため、気づきにくい病気です。重症にならないと診断がつかない場合が多く、人から人に感染し、集団感染にいたる場合も。

・肺がん
日本人の死因の第1位はがんですが、がんの中でも肺がんが男性では1位、女性で2位となっています。初期症状が出ても、風邪やタバコを吸っているせいと気づきにくいのが原因のひとつです。咳や痰のほか、呼吸困難、体重減少なども現れます。

おすすめ

  1. 息苦しい鼻づまり5つの解消法…いますぐ試せる方法と対策
    息苦しい鼻づまり5つの解消法…いますぐ試せる方法と対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 呼吸…
  2. 【いびきを治したい方に】舌の体操でいびきが改善できる!
    【いびきを治したい方に】舌の体操でいびきが改善!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 命の危険もある急性アルコール中毒ー酔いつぶれて寝た人を放置しないで!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 【お酒をよく飲む人は要注意!】お腹に激痛が襲う“急性膵炎”の恐ろしさ
    【お酒をよく飲む人は要注意!】お腹に激痛が襲う“急性膵炎”の恐ろしさ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お酒…
  5. 体に良さそうだけど実は健康に悪いこと|やめた方がいい生活習慣
    体に良さそうだけど実は健康に悪いこと|やめた方がいい生活習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 習慣…