(編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月

普段と同じように生活していても、ほんの些細な動作でも起きてしまうのがぎっくり腰。今回はウィンタースポーツ中に発症したぎっくり腰について。激しく転倒したわけではないにも関わらず、かなりきつかったようです。

【体験談】スキー場でぎっくり腰(急性腰痛症)を発症|ケア方法と予防法

■晴天のゲレンデで楽しいスノーボード! しかし事態は急変…

真冬で寒い晴天のゲレンデ(尾瀬岩倉)をスノーボードで滑走していたときのこと。小さな段差を飛んで、着地した際に、背中から腰に掛けての背骨付近でピキっとした音を体で感じました。
学生時代からの腰痛持ちで一度ギックリ腰になって動けなくなったことがあったので、「ちょっとヤバイ」と思いつつも、そのまま1時間ほど滑走。

背骨あたりのピキっと感じていたものの、無意識のうちに腰を庇いながら滑走したためか、背中、腰、足にかけて全体の筋肉が緊張し、やがてパンパンに腫れたようになり、立っているだけで激痛が走るほどに悪化しました。

休み休み駐車場まで戻ろうとしましたが、ゲレンデでいうと車の止めた場所から一番遠い奥の方まで来てしまっていました……。処置を急ぐというよりも、這ってでも一人で車までなんと帰ろうと必死でした。今思えば、すぐにゲレンデ専属レスキューなどを呼べばよかったのですが、土地勘もない現地の病院に行くよりも自宅近くの病院にかかりたいという思いもありなんとか自力で滑って帰ろうと決意。這ったり、スノボーをソリのようにして座って下ったり2本のリフトもなんとか乗り継ぎ、凡そ3時間くらいかけて車まで戻ってきました。

■辛いぎっくり腰…即効性を重視して鍼灸院へ

自宅までどうにかたどり着きましたが、とにかく痛みが取れないので、鍼灸は即効性があるという情報と、土曜日の夜だったこともあり、自宅最寄りでこの時間でも診療している治療院を調べました。

触診の結果、腰の筋肉の肉離れで、背中から腰にかけて、筋肉全体が緊張してパンパンに腫れているとのことでした。鍼とお灸の処置を行ってもらうと、痛みが和らぎ、自立歩行が多少はできるようになりましたがまだまだ辛い。翌日は自宅往診を利用して、鍼と灸をしてもらいました。

■ぎっくり腰、整形外科での治療は?

休み明けは、鍼灸院でのすすめもあり、整形外科を受診しました。一般的なギックリ腰の類との診断でした。以前にも発症していたので、またか……。

整形外科では初診の際に痛み止めの注射をしました。肉離れをおこした患部の熱がとれた後は、温めて電気でマッサージをするリハビリテーションを受けました。これを2日間続け、鍼と灸、整形外科での痛み止め注射を併用しながら治療に専念しました。
発症から6日目より車で通勤して仕事を開始。電車移動はまだできませんでした。6日目までは、杖がないと歩くのはきつく激痛が走りました。いつもの速度の1/2くらいで歩けるようなったのが7日目以降。痛みは多少あるものの日常生活レベルで歩けるようになったのは2週間後のことでした。
完全に気にならなくなるまでは1か月ほど要しました。

■鍼灸治療と整形外科のダブル受診で回復へ

通院回数は 6回、かかった費用は、スポーツ保険や医療保険は入ってないことと、鍼灸院は自宅往診も含め3回で3万円程度。整形外科は健康保険範囲内の治療で7千円程度でした。

鍼灸院では、鍼と灸で痛みと緊張をとる治療を、整形外科では初診は痛み止め注射と、電気マッサージ以降、電気マッサージと赤外線みたいな器具で患部を温める治療をしました。
鍼は効果がすぐにでて、初日も施術後しばらくは自立歩行できるほどでした。ただ、時間がたつと痛みが戻ってしまい、一時的なものだが施術前と比べるとかなり腰回りの緊張がとれて楽になりました。

3日目までは、寝ていても痛く、寝返りもつらい……。トイレに行く際は痛みを堪えて這って時間をかけて移動するのも大変でした。なにより辛かったのはパートナーは、ぎっくり腰の経験がなく、症状や痛みに無理解だったこと。冷たい視線と家事もしない役立たずな旦那が一人いるという感じで、家にいて邪魔扱いされたことです(笑)

■ぎっくり腰経験者としてのアドバイス

ぎっくり腰を発症してしまったら場合のケア方法のコツです。

・氷嚢でのアイシング

ぎっくり腰など、肉離れの際は、2~3日は患部を氷嚢でしっかりと冷やす(アイシング)こと。湿布は効果がありませんでした。保冷剤は冷たすぎて身体に悪いので必ず氷水で冷やすのがおすすめです。氷水を入れる氷嚢(アイスバック)はあると便利、最近のものはまわりの布が結露でぬれたりせず、衣服や身体が濡れないで済みます。

・腰のサポーター

つけると腰回りがホールドされるので、歩いたり座るのがかなり楽になります。

・杖

歩行が安定するので不安が軽減されるのと、通勤通学時に杖をついて電車にのると席を譲ってもらえる可能性が高く、体が随分と楽でした。
自由に歩けることは、なんと素晴らしいことかと実感。体を大切にしようという心が生まれました。

続いて再発の予防について実践していることです。

・日頃より腰を冷やさないする

毎日、お風呂での入浴をして腰回りの冷えをとります。冬場は腹巻などをして、
夏は冷房で冷えるので腰の露出をできるだけ避けるようにしました。

・椅子の座り方の癖、浅く座らず、背筋をピンとする

・着席時は、こっそりかかとを浮かせての貧乏ゆすり

筋肉の緊張がほぐれ、足腰の血行がよくなるって、回りから見苦しくない程度におすすめ。

・腰回りの筋肉増強

1分くらいでいいので、腹筋を毎日鍛えています。できれば柔軟体操もお風呂のあとにやると良いです。

上記予防を行えば、かなりの確率で再発は防げるとおもいます。その後、上記ほどではないが何度か発症して整体や病院にも行ったが結局、どれも対症療法で根本的な治療ではないので、発症しないように体づくりが大切だと痛感しました。
「上田式腰痛革命プログラム」というDVDと資料がネット販売されており、試しに購入しました。症状の具体的な説明と対処法、予防法などが述べられており日頃から腰痛でお困りの方にはオススメです。実践してからは、ぎっくり腰で動けなくなることはなくなりました。これに限らず自分にあったトレーニングを取り入れるといいかもしれません。

■まとめ

楽しいレジャー中に発症したぎっくり腰。準備運動などをしていたつもりでも、気候や疲労度合い、姿勢などの様々な条件が重なったことで発症してしまう意外と身近な疾患です。今回のケースのように、特に大きく転倒したわけでもないのに、全治一ヶ月の腰痛にみまわれることになるとは思いもよりません。
腰痛の原因は、背筋と腹筋のバランスなど様々な要因が影響しているといわれています。経験者さんも語っているように、日頃から適度な運動を取り入れるなどして予防につとめたいものです。
体の中心に位置する腰、年齢/性別を問わず鍛えておいて損はなさそうです。

おすすめ

  1. 盲腸(虫垂炎)と似た症状の『憩室炎』―4度も発症した男性の激痛体験
    (編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月 腹痛の原因は腸にできた…
  2. 産後の体重減少や激しい抜け毛の原因は「産後無痛性甲状腺炎」だった!
    産後の体重減少や抜け毛の原因は「産後無痛性甲状腺炎」だった!
    (編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月 出産後の体重減少に抜け…
  3. 【体験談】口唇ヘルペス(単純疱疹)を悪化させ入院。症状、発症~回復まで
    【体験談】口唇ヘルペス(単純疱疹)を悪化させ入院。症状、発症~回復まで
    (編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月 唇の周りに水ぶくれのよ…
  4. 強烈に足が臭い!水虫とは違う「点状角質融解症」革靴の営業マンは要注意
    (編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月 革靴を履いて一日中外回…
  5. 寝ても立っても痛い!腰椎椎間板ヘルニアはストレッチと理学療法で改善
    (編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月 何をしても痛む、しつこ…