執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

熱いものや冷たいものを食べた時に歯がしみる、知覚過敏。もしかしたら、歯が溶ける酸蝕歯の初期症状かもしれません。酸蝕歯の予防と対処法をご紹介します。

炭酸飲料や酸っぱいもので歯が溶ける『酸蝕歯』にご注意!-予防と対処法

健康志向の人は要注意! 酸で歯が溶けてしまう

酸っぱいもので歯が溶けてしまう「酸蝕歯(さんしょくし)」。健康に気を使っている人に多く見られる症状のひとつです。飲むお酢やグレープフルーツなどの柑橘類を毎日摂っている、運動後にスポーツドリンクを飲んでいる人は注意が必要です。

酸蝕歯は、口の中の歯全部が影響を受けるもの。歯の一部が蝕まれる虫歯よりも、歯には悪影響と言われています。年代に問わず見られる症状で、酸性の強い食品を頻繁に摂っていると、歯のエナメル質が溶け、歯が透明になってきます。歯は内側から溶け始め、透明に。鏡を見ながら歯の裏側に舌を当て、透けて見えたら酸蝕歯の疑いが。特に、歯の先端部分が溶けやすくなっているのでチェックしてみてください。
そのほか、知覚過敏、歯の表面が丸くなってくる、歯が黄色っぽいのも酸蝕歯の初期症状のひとつです。進行すると、これらの症状が強くなっていきます。

あなたは大丈夫? 酸蝕歯になりやすい生活習慣

通常、酸性の強い食品を食べても唾液が中和するので問題はありませんが、毎日のように摂っていると、唾液の中和作用が追いつかなくなってしまい、歯に影響を及ぼすように。下記にあてはまる人は、酸蝕歯になりやすくなっています。

・ お酢、柑橘系フルーツ、スポーツドリンク、ワイン、ソーダ飲料、乳酸菌飲料、ドレッシングなど酸性の強い食品を毎日摂っている

・ 唾液が少ない、またはドライマウスだ

・ お酒を飲んだ後、歯を磨かずに寝てしまうことがよくある

・ だらだらと飲食を続けることがよくある

・ 食後、30分以内に歯を磨かないと気がすまない

・ 病気などで、嘔吐することがよくある

口の中が酸性になっている時間を短くして

酸蝕歯は、酸性の強い食品の頻繁に摂ること以外にも、だらだら食べる、お酒を飲んだ後にそのまま寝るといった、口の中が酸性に傾いている状態を長時間続けることでもなりやすくなります。

予防のためには、口の中を中和させること。酸性の強い食品を食べた後は、水かお茶ですぐ口をすすぐ。ガムやシュガーレスの飴を食べて、唾液を出やすくしておくなどです。例えば、健康のためにお酢のドリンクを飲むのであれば、ストローを使って飲むことでも対策が可能です。
また、酸性の食品を食べた後は、歯のエナメル質がやわらかくなっているので、30分以内に歯を磨くと歯が削れてしまいます。やわらかい歯ブラシで、30分以上たってから磨くのがおすすめ。

そして、病気などで頻繁に嘔吐する場合も、酸蝕歯のリスクが高まります。胃酸はレモンと同等かそれ以上と言われるほど強い酸性。嘔吐した後は、すぐに口をすすぐなどして歯を守りましょう。

おすすめ

  1. 睡眠不足による体のダメージは予想以上!|睡眠負債の危険な兆候とは
    睡眠不足による体のダメージは予想以上!|睡眠負債の危険な兆候とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  2. 【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 運動…
  5. お酒・たばこ好きな人【慢性咽頭炎】に注意! 喉の痛み・イガイガ・違和感
    お酒・たばこ好きな人【慢性咽頭炎】に注意! 喉の痛み・イガイガ・違和感
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …