炭酸飲料や酸っぱいもので歯が溶ける『酸蝕歯』にご注意!-予防と対処法

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

熱いものや冷たいものを食べた時に歯がしみる、知覚過敏。もしかしたら、歯が溶ける酸蝕歯の初期症状かもしれません。酸蝕歯の予防と対処法をご紹介します。

炭酸飲料や酸っぱいもので歯が溶ける『酸蝕歯』にご注意!-予防と対処法

健康志向の人は要注意! 酸で歯が溶けてしまう

酸っぱいもので歯が溶けてしまう「酸蝕歯(さんしょくし)」。健康に気を使っている人に多く見られる症状のひとつです。飲むお酢やグレープフルーツなどの柑橘類を毎日摂っている、運動後にスポーツドリンクを飲んでいる人は注意が必要です。

酸蝕歯は、口の中の歯全部が影響を受けるもの。歯の一部が蝕まれる虫歯よりも、歯には悪影響と言われています。年代に問わず見られる症状で、酸性の強い食品を頻繁に摂っていると、歯のエナメル質が溶け、歯が透明になってきます。歯は内側から溶け始め、透明に。鏡を見ながら歯の裏側に舌を当て、透けて見えたら酸蝕歯の疑いが。特に、歯の先端部分が溶けやすくなっているのでチェックしてみてください。
そのほか、知覚過敏、歯の表面が丸くなってくる、歯が黄色っぽいのも酸蝕歯の初期症状のひとつです。進行すると、これらの症状が強くなっていきます。

あなたは大丈夫? 酸蝕歯になりやすい生活習慣

通常、酸性の強い食品を食べても唾液が中和するので問題はありませんが、毎日のように摂っていると、唾液の中和作用が追いつかなくなってしまい、歯に影響を及ぼすように。下記にあてはまる人は、酸蝕歯になりやすくなっています。

・ お酢、柑橘系フルーツ、スポーツドリンク、ワイン、ソーダ飲料、乳酸菌飲料、ドレッシングなど酸性の強い食品を毎日摂っている

・ 唾液が少ない、またはドライマウスだ

・ お酒を飲んだ後、歯を磨かずに寝てしまうことがよくある

・ だらだらと飲食を続けることがよくある

・ 食後、30分以内に歯を磨かないと気がすまない

・ 病気などで、嘔吐することがよくある

口の中が酸性になっている時間を短くして

酸蝕歯は、酸性の強い食品の頻繁に摂ること以外にも、だらだら食べる、お酒を飲んだ後にそのまま寝るといった、口の中が酸性に傾いている状態を長時間続けることでもなりやすくなります。

予防のためには、口の中を中和させること。酸性の強い食品を食べた後は、水かお茶ですぐ口をすすぐ。ガムやシュガーレスの飴を食べて、唾液を出やすくしておくなどです。例えば、健康のためにお酢のドリンクを飲むのであれば、ストローを使って飲むことでも対策が可能です。
また、酸性の食品を食べた後は、歯のエナメル質がやわらかくなっているので、30分以内に歯を磨くと歯が削れてしまいます。やわらかい歯ブラシで、30分以上たってから磨くのがおすすめ。

そして、病気などで頻繁に嘔吐する場合も、酸蝕歯のリスクが高まります。胃酸はレモンと同等かそれ以上と言われるほど強い酸性。嘔吐した後は、すぐに口をすすぐなどして歯を守りましょう。




熱中症になりやすいのはどっち? 汗が多い人と汗が少ない人

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

連日ニュースで注意喚起されている熱中症。汗が多いタイプの人と、少ないタイプの人ではどちらがなりやすいのでしょうか? 熱中症予防対策とともに解説します。

サラサラとした汗をかける人はなりにくい

高温多湿の夏で気をつけなければならないのが熱中症。こまめに水分補給したり、体を休めたりなど、体調管理が必要です。
熱中症は、気温と湿度が高い環境に体が適応できないときに起こる症状の総称。めまいや立ちくらみ、吐き気、筋肉痛や頭痛など、さまざまな症状があらわれます。すぐに対処しないと、死に至ることも。特に、真夏に屋外で1時間以上過ごす場合には、熱中症の予防に水分と塩分の補給が必須です。

熱中症になりやすいのはどっち? 汗が多い人と汗が少ない人

また、日頃から熱中症予防に意識したいのが汗のかきかた。汗が多い人と汗が少ない人、どちらが熱中症にかかりやすいと思いますか? 正解は、汗が少ない人なんです。それは、汗をかくと体から熱が放出されるため。ふだんからしっかり汗をかける体にしておくことが、熱中症予防対策にもなります。しかし、昨今ではエアコンが完備された室内にずっといることで、汗を出す汗腺が退化し、自分で体温調節ができない体になっている人が多くなっています。

また、汗には2種類あり、サラサラした汗と、ベタベタした悪い汗があります。いい汗は、さらっとして蒸発しやすく、効率的に体温調節ができます。しかし、ベタベタした悪い汗は、蒸発しにくいため体温調節がうまくできません。また、汗に体のミネラルなどが入っているため、こうした必要な成分を失いやすいという問題も。こうした理由で、悪い汗の場合は、汗をかいていても熱中症になりやすくなります。

汗を出せる体をつくるために今日からできること

熱中症予防に、いい汗をかける体を作るためには、汗腺がしっかり働くようにトレーニングするのがおすすめです。ふだんから、30分程度でいいので汗ばむ程度の運動をするように心がけましょう。

また、暑くて運動できない、運動が苦手な人は、お風呂で行う「手足高温浴」を。湯船に、42〜44度の高めのお湯を15cmくらい張り、手からひじまでと、足先からひざまでの体の末端をお湯につけます。四つんばいのような姿勢で10分ほどつかり、一番汗腺が衰えやすい体の末端を温めましょう。この体勢がつらい場合は、ひざ下だけを温める足湯でもOKです。その後、さらに37〜38度のぬるめのお湯で半身浴をすると◎。体の深部が温まり、いい汗をかけるようになります。

そしてお風呂上がりは、うちわや扇風機の弱い風で自然に汗がひくのを待ちましょう。どうしても冷房が必要な場合は、27度以上に設定を。またトレーニングの前後は、水分補給を忘れずに。ただし、冷えた飲み物は脳のセンサーが反応して汗をとめてしまうので避けて。常温の水がベストです。この手足高温浴や半身浴を3週間ほど続けると、体の汗腺が活性化していい汗をかけるように。暑いからとシャワーですませず、湯船を活用して熱中症予防を行いましょう。

続きを読む




傷口に消毒液は使ってはいけない? キズの治療の新常識

(編集・制作 (株)法研

【取材協力】夏井 睦先生 傷の治療センター長

食品用ラップを使った閉鎖療法。「傷にはガーゼ」という常識を打ち破る新療法。別名「ラップ療法」、「湿潤療法」ともいわれる「閉鎖療法」とは。

消毒薬とガーゼは禁物! 自然治癒力を生かした閉鎖療法

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?

ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥させます。傷口が乾燥すると体液が固まってかさぶたになって、傷の治癒が遅れたり化膿する原因にもなってしまうのです。

閉鎖療法は、傷口に消毒薬やガーゼをいっさい使わず、フィルム状の被覆材で覆うのが特徴です。傷口から出てくる体液を被覆材で覆い、湿った状態にしておくことによって自然治癒を高め、新しい皮膚が傷口を覆う体の働きを早めるのです。

傷口に消毒液は使ってはいけない? キズの治療の新常識

傷から出る体液が傷を治すしくみ

けがが治り傷口に新しい皮膚ができるまでは、複雑なプロセスをたどります。

けがなどで皮膚が破壊されると、まず傷口に血小板が集まり血を凝固させ止血します。次に好中球やマクロファージなどの白血球が局所に集まり、死んだ細胞や雑菌を除去します。そして繊維芽細胞が集まって傷口を閉じ、最後に表皮細胞が集まり、新しい皮膚が傷口を覆っていきます。

閉鎖療法では、被覆材で覆われた傷口から、ジクジクした黄色っぽい体液が分泌されます。一見すると膿のようなこの分泌液には傷を治す成分が含まれています。最初は大量に分泌される体液はしだいに少なくなり、3~4日で新しい皮膚が再生されます。

とっさのときに役立つラップを使った閉鎖療法

「目からウロコ」の閉鎖療法。けがは時間と場所を選ばず起こるものです。いざというときのために、身近な材料でできる治療法を紹介しておきましょう。

治療に使うのは食品用ラップ、白色ワセリンかプラスチベースといった市販の安価な軟膏、ラップを止める絆創膏、包帯、タオルかガーゼ。いずれも家庭にあるか、手軽に入手できるものばかりです。

まず、このラップを使った閉鎖療法のポイントは、傷口をしっかり水洗いすることです。異物が残っていると化膿したり、跡が残ることがあります。ラップは傷よりふたまわりほど大きめに切り、軟膏があればラップの傷口にあたる部分に塗ります。軟膏を塗ると痛みが早く引きます。

ラップをかぶせたら、四方を絆創膏で固定します。ラップは1日1〜2回をめどに交換します。ラップを交換するときには、傷口を洗うようにしましょう。さらに、自己治癒力によって傷口に体液が分泌されますので、ラップの上から包帯を巻きます。傷が深く多くの体液が分泌された場合は、包帯を巻く前にタオルやガーゼで体液の漏れを防ぎます。

こうした手順で治療をすれば、3〜4日で新しい皮膚が再生されてくるでしょう。子どもの場合、痛がって暴れるなど、うまく洗えないときには医師に診てもらいましょう。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

※この記事は2005年11月に配信された記事です

続きを読む




アウトドアで注意すべき虫|こんな症状がでたら病院へ!刺された時の対処法

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

夏休みシーズン到来! 都会の喧騒を離れて、大自然に身をおくアウトドアはこの時期の一大イベント。でも、ふだん出会わない虫もいるので注意を。

刺されたり噛まれたりした時の対処法

アウトドアは大自然を満喫できる一方、都会ではあまり見ることのない虫もたくさんいます。昨今では、外来種の虫も多く生息し、より注意が必要になってきました。そこで危険な虫とその症状、対処法をまとめました。

アウトドアで注意すべき虫|こんな症状がでたら病院へ!刺された時の対処法

<症状別・刺された時の対処法>

○ ヒアリ

ニュースでもよく取り上げられているヒアリは、南米原産のもの。赤茶色の体で、体長は2.5〜6mm、お尻に毒針を持つのが特徴。2017年に国内で発見されて以来、貨物船のコンテナが出入りするところで見られています。

(症状)
毒針に刺されると激しい痛みがあります。患部を冷やし、虫刺され用の薬を塗っておけば1〜2週間で治ります。ただし、過去にハチに刺されてハチ毒のアレルギーがある人は、ヒアリの毒でも反応を起こす可能性が。30分ほど様子を見て、呼吸が苦しい、気分が悪いなどの症状がある場合は、すぐに病院へ。

○ アブ・ブヨ

ミツバチやハエによく似ている虫。きれいな川や渓流の近くに多く生息します。

(症状)
ハリで刺すのではなく、皮膚を噛み切るので痛みがあります。噛まれたら、きれいな水で流すか、消毒液があれば、消毒を。患部を押して、虫から注入された液体を出すと症状が軽くなりますが、無理にしなくても大丈夫。症状が長引く場合は、皮膚科を受診しましょう。

○ マダニ

草むらにいるダニがマダニ。動物の血を吸って生きているので、マダニに噛まれると、まれに感染症を起こすことがあります。予防のためには、森や草むらに入る時、長袖、長ズボンを着用すること。

(症状)
マダニが噛んでいる時、無理に引きはがすと皮膚内にマダニの体の一部が残る場合が。無理に引きはがさず、医療機関を頼るのがベター。

○ スズメバチ

黄色と黒の体をした大きなスズメバチ。特に夏場は巣が大きくなることもあり、攻撃性が高まっています。黒などの濃い色の服や、整髪料や香水などに反応することがわかっているので、アウトドアへ行く時は避けて。

(症状)
刺されてしまったら、毒が体にまわるのを防ぐために、患部の根元(手の場合は腕、足の場合は足の付け根など)をタオルや手ぬぐいで縛りましょう。患部を冷やしながら、呼吸困難などの症状がないか確認を。苦しそうだったり、意識が朦朧としていたら、ただちに救急車を呼んで。

○ トビズムカデ

日本では最大級のムカデといわれており、8cmくらいから大きいもので20cmくらいのものも。雑木林などに生息しており、夜間エサを求めて民家やテントに入ってくる場合もあるので注意を。

(症状)
噛まれると毒が皮膚に入り激痛に襲われます。患部を冷やして経過観察を。まれに激しい反応が出る場合もあります。その場合は、すぐ病院へ。

アウトドアでは、「気づいた時には刺されていた」と何の虫に襲われたかわからない場合も。山奥に入る場合は、長袖と長ズボンを着用し、虫除けスプレーや消毒液を準備しておきましょう。患部が赤く腫れてしまった場合は、冷やすことで応急処置ができます。症状がひかない場合は、近くの診療所や病院をすみやかに受診しましょう。

続きを読む



暑いとやりがちになるけど…夏バテになりやすい生活習慣

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

冷たいものをガブのみして、冷房のきいた部屋でだらだら過ごす。夏にやりがちなその生活、夏バテになりやすくなるので気をつけて!

暑くても“冷やしすぎる”と体がバテる

猛暑の日が続き、体がだるく食欲もなくなりがち。特に今年は夏バテになる人が続出しそう。そんな中、暑いからとバンバン冷たいものを飲んだり、いつも通りに不規則な生活をしていませんか? 夏バテは、体が冷えすぎたり、汗をたくさんかいたりして自律神経のバランスが乱れることで起こります。夏バテになりやすい生活習慣を知って、猛暑を元気に乗り越えましょう。

暑いとやりがちになるけど…夏バテになりやすい生活習慣

<夏バテになりやすい生活習慣>

・アイスやジュースなどをよくとる

暑い日は冷たいものが欲しくなりますが、冷たいもののとりすぎは胃腸を冷やし、消化吸収力を弱めます。食事でとった栄養も、消化吸収できないとエネルギーを作れず夏バテに。

・食欲がないので冷たい麺類を食べる

うだるような暑さで食欲がわかない時は、つるつると食べやすい麺類ばかり食べがち。しかし、もりそばやそうめんだけだと、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養が足りず、夏バテに。肉、魚、卵などのタンパク質を補給する食材は必須です。また、野菜のおかずを1品増やしたり、麺類には大葉やしょうがなどの薬味類をたっぷり添えて食べるよう心がけましょう。

・起床と就寝時間が不規則

夏は、暑さで常に汗をかいている状態。それに加えて、室内と屋外との温度差で、自律神経が1日中酷使されています。そのため、だるさや食欲不振などの症状が起こるのです。自律神経を整えるには、規則正しい生活を送ることが大切。これ以上、自律神経を酷使しないためにも、起床&就寝時間は一定に保つことを心がけましょう。

・朝ごはんを食べない

食欲がないからと朝ごはんを抜いていませんか? 朝ごはんは、自律神経の交感神経のオンにして、自律神経のバランスを整える大切なスイッチです。食欲がなくても、何か口にするように習慣をつけましょう。フルーツやヨーグルトなど軽い物でもOKです。

・お風呂はシャワーだけで済ませる

疲れている時、お風呂はシャワーだけでさっとすませがち。でも、夏バテを予防するなら、38〜40度のぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。夏場は、冷房に加え、冷たい飲み物やアイスなどで体の芯が冷えています。その冷えを解消するのはもちろん、ぬるめのお湯は自律神経の副交感神経のスイッチをオンにして、眠りやすくする効果も。湯船に浸かる時間は、軽く汗ばむくらいの5~10分で十分です。

・眠る時はエアコンを切る

「冷房は体によくない」と、眠る時にエアコンを切っていると、寝苦しくて睡眠の質が低下します。睡眠時間は、自律神経の副交感神経が優位になりますが、汗だくで寝ていると活発な活動を司る交感神経がオンに。体の疲労を回復させることができず寝起きにだるさが残ります。冷房でキンキンに冷やすのはよくありませんが、弱めの冷房なら朝までつけていても体がだるくなりません。体に冷風が当たらないよう、風の角度にも気を配って。

続きを読む



たくさん食べてないのに太るのは『モナリザ症候群』かも?原因と症状

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

加齢で代謝が落ちると、太りやすくやせにくい体になるのは事実。でも、その原因は加齢ではなく、「モナリザ症候群」かもしれません。

肥満の日本人の7割が「モナリザ症候群」

たくさん食べても太らない人がいる一方、大食いではないのに太る人がいます。スリムになりたくていろいろ努力するけど、報われない…。あてはまる人は、「モナリザ症候群」かもしれません。

モナリザといえば、誰もが知るあの名画を思い浮かべると思いますが、それとは関係ありません。「モナリザ症候群」とは「Most Obesity kNown Are Low In Sympathetic Activity」の頭文字をとって作られた言葉。体の働きをコントロールする「自律神経」である「交感神経」の機能が低下することで、食べていないのに太りやすく、やせにくい体になってしまうことを言います。肥満者の7割が「モナリザ症候群」ともされています。

たくさん食べてないのに太るのは『モナリザ症候群』かも?原因と症状

自律神経の働きとは?

自律神経とは、生命維持のための器官をコントロールしているもの。たとえば、呼吸や内臓の働きなどが、意識しなくてもスムーズに行われているのは、自律神経のおかげです。そしてこの自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つで成り立っています。交感神経は、心身を緊張状態にさせるもの。一方、副交感神経は体をリラックスさせるものです。
交感神経と副交感神経は、1日のうちでバランスを変化させながら、体をコントロールしており、活動が活発になる日中は、交感神経が優位になり、夕方から夜は、体を休めるために副交感神経が優位になります。しかし「モナリザ症候群」の人は、自律神経のバランスが乱れ、日中に交感神経の働きが低下している状態。そのため活動量が落ち、消費カロリーが減って太りやすくなってしまうのです。

自律神経を整えてやせやすく太りにくい体に

太っている人に限らず、現代人は自律神経のバランスが乱れている人が多いと言われています。自律神経が乱れる大きな原因が、不規則な生活です。夜更かしして、朝起きる時間がバラバラ、食事の時間もその日によって違うなど。
自律神経を整えるには、規則正しい生活を心がけることが大切です。寝る時間と起きる時間を一定にし、食事は3食できるだけ決まった時間にとることを心がけましょう。また、常に強いストレスを感じている場合も、自律神経に乱れが生じます。自分の趣味の時間を定期的に作ってストレス発散を。
そして、日中は交感神経を優位にするために、できるだけ体を動かしましょう。車に乗るのを控えて歩く時間を増やす、エレベーターを使わず階段を使うといったことで、運動する時間をあえて作らなくても体を動かせます。
さらに、夜は副交感神経を優位にするため、お風呂はぬるま湯に浸かって体をほぐしましょう。寝る前のストレッチも効果的です。パソコンやスマホが発するブルーライトは、脳を刺激してスムーズな入眠の妨げになるので、寝る1時間前から使わないように心がけて。乱れた自律神経を整えるには、少し時間が必要です。できるところから規則正しい生活にシフトして、モナリザ症候群を防ぎましょう。

続きを読む



Sorry. No data so far.