おしゃれのつもりがはた迷惑に…アレルギーを起こす香りつき柔軟剤

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

香りのマナーに今、注目が集まっています。自分では、お気に入りの香りだと思っていても、人に迷惑をかけたり、アレルギーの元になっていることも! あなたは、大丈夫ですか?

おしゃれのつもりがはた迷惑に…アレルギーを起こす香りつき柔軟剤

強い香りで頭痛やめまい、手足のしびれを感じる人も…

洗濯石鹸売り場にズラリと並ぶ香り付きの柔軟剤。数種類の香りをそろえて、その時の気分によって使う香りを変える人もいるほど人気の商品になっています。
柔軟剤はもともと、洗濯物をふんわり仕上げたり、静電気を防ぐなどの効果を狙ったもの。従来は、洗濯物に近づけてかげばわかるほどの香りが、現在ではすれ違うとふわっと香る、汗に反応して香るなど、以前よりも香りが強くなっているよう。

一方、香り付き柔軟剤の人気とともに、香りで困る人も急増しています。例えば、「電車やバスで気分が悪くなる」、「隣の家の洗濯物のにおいでめまいがする」、「柔軟剤のにおいが強い人がいてレストランで食事できなかった」など。症状が重症化すると、頭痛や倦怠感、不眠、筋肉のこわばり、手足のしびれといったことまで起こります。

これは、化学物質過敏症によるもの。壁紙の接着剤など、建築材から発生する化学物質によって不快な症状が起きるシックハウス症候群も、化学物質過敏症のひとつです。アメリカでは10人に1人の割合、日本でも推定70万人はいるとみられています。化学物質過敏症は、一度に大量の化学物質に接触した後や、微量の化学物質を継続して触れた時に出てくるもの。はじめは、1種類の化学物質のみに反応していたものが、ほかの化学物質にも反応するようにもなります。これは、アレルギーと似ており、スギ花粉のみに反応していた人が、ブタクサや猫などにも反応するようになるのと同様です。

強い香りは「毒ガス」と同じと感じる人も

化学物質過敏症の人にとって、柔軟剤の強い香りは「毒ガス」と同じと表現する人も。柔軟剤に限らず、洗剤、消臭スプレー、芳香剤、シャンプー、リンス、化粧品、マニキュア、ヘアスプレーなど。身近なところに、化学物質はたくさんあります。
これに気づかずに放置すると重症化し、外出もままならなくなる場合も。化学物質過敏症は、自分の許容量を超えた時に突然発症します。誰もが発症する可能性があるもの。普段から、できるだけ化学物質に触れないようにすること。また、添加物の入っている食品やアレルギー反応のでる食品は避けるなどして、化学物質を解毒する力を増やすということも予防のひとつになります。

“香害”の加害者にならないためには

また、香りのマナーとして、香りの強い柔軟剤を使用する時は、商品に記載されている使用量を守ることも大切。人は、同じにおいを嗅ぎ続けると、臭覚が鈍り、より強い香りでないと感じなくなってしまいます。これにより、規定の量より多く柔軟剤を使っている人もいるそう。電車やバス、学校や会社など、人がたくさんいる場所では、化学物質過敏症の方がいる可能性もあります。また、化学物質過敏症ではなくても、香りには好みがあり、自分の好きでない香りの中で過ごすのは辛いもの。まわりに配慮しながら、自分の好きな香りを楽しみましょう。




スーっとして気持ちいい!ハッカオイルの活用法|臭いや汗に便利!

【お話を伺った人】佐々木 薫

AEAJ認定アロマテラピープロフェッショナル (株)生活の木プランニングマネージャー。ハーブ・アロマテラピーの研究に携わり、ハーブ製品・ショップ・ハーブガーデンの企画・開発を担当。アロマテラピーや…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

鎮痛作用や冷却作用のあるミントの効能。部屋の芳香剤から、歩き疲れたときのフットスプレーまで。幅広い活用ができるミントのリフレッシュコロン。

特徴的な芳香と刺激的な清涼感

ラベンターとともに、北海道で精油生産の歴史をもつハーブのひとつが薄荷(ハッカ)です。開拓時代、入植した屯田兵がハッカを育てたのが北海道におけるハッカの歴史の始まりといわれています。

そのハッカの仲間がペパーミント。シソ科ハッカ属の多年草です。一般に「ミント」とよばれるものは、ペパーミント、スペアミント、ジャパニーズミント(和種ハッカ)などに代表され、さらにアップルミント、パイナップルミント、オーデコロンミントなど、たいへん多品種です。

7月から8月頃に花を咲かせ、つぼみがつく頃に精油の含有量が最も多くなります。特徴的な芳香があり、刺激的な清涼感は世界中で人気があります。

ミントの精油は、乾燥した葉を水蒸気蒸留して採ります。主成分はL−メントール。そのほかピネン、リモネン、メントンなどを含み、歯磨きやチューインガム、薬品やお菓子など、幅広い製品に活用されています。

幼い頃から親しんできた懐かしい味と香り

アロマテラピーによる鎮痛作用や冷却作用を利用して、筋肉痛やかぜの予防のためのマッサージに使ったり、頭が痛いときには希釈した精油をこめかみに塗ったりします。

また、殺菌効果も期待され、アロマポットで香りをくゆらせれば、空気清浄のための室内香となります。

日本のハッカは、平安時代に中国から持ち込まれたといわれますが、自生する種もあるとされ、疲れたときにはハッカの葉をちぎってこめかみに貼るという民間療法もあります。ハッカ飴やハッカパイプなどの清涼菓子として幼い頃から親しんできた味と香りは、子どもからお年寄りまで、幅広く親しまれています。

旅先で重宝するミントのリフレッシュコロン

ミントの効果を利用したリフレッシュコロンは、ミントと同じように広範囲に活用できます。部屋の匂いが気になるときにひと吹きして空気をさわやかにしたり、乗り物に酔ったとき、ハンカチにつけて香りを吸入したり、汗ばんだときのデオドラントスプレーとして、歩き疲れたときのフットスプレーとしてなど、心身ともにリフレッシュしてくれます。

無水エタノールまたはウォッカ小さじ1に精油を6滴入れてよく混ぜ合わせたあと、精製水大さじ2を加えて、さらに混ぜ合わせます。それをスプレー容器などに移して携帯するのもよいでしょう。とくに旅行先では重宝します。ただし精油をブレンドしたり、ブレンドしたものを保存するときは、かならずガラスまたは陶器製の容器を使ってください。また、原液を肌に直接つけないように注意しましょう。とくにペパーミントは肌や神経系への刺激が強いので、注意が必要です。入浴などでの連続使用は避けてください。

(「へるすあっぷ21」、法研より )

※この記事は2005年11月に配信された記事です

続きを読む




油断できない加齢臭より強烈なミドル脂臭|女性もやるべき体臭対策

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

中年男性のニオイとされてきた「加齢臭」。なんとそれよりも強烈といわれる「ミドル脂臭」が、女性にも発生しているとか。40歳をすぎたら、体臭のケアが必須かも!?

加齢臭よりも強いニオイの「ミドル脂臭」とは

女性も加齢とともに、体臭が臭うのを知っていますか? 加齢で臭うのは男性だけだと思っている人も多いのですが、女性も年齢を重ねるとともに、ニオイのリスクが高まってきます。それが「ミドル脂臭」。古い油のようなニオイで、広まる力が大きいのが特徴です。せっかくヘアメイクやファッションをきれいにしても、このニオイがしては台無し。
この「ミドル脂臭」は男女関係なく、40歳以降から発生すると言われています。主に後頭部から首の後ろに発生するのですが、その原因となるのが「ジアセチル」という物質。メカニズムとしては、汗に含まれる乳酸が、ジアセチルを作り出すことがわかっています。また、不規則な生活習慣によっては、20代で「ミドル脂臭」が出てしまう場合も!

油断できない加齢臭より強烈なミドル脂臭|女性もやるべき体臭対策

ちなみに、50代頃から臭うといわれる「加齢臭」も女性に発生します。原因は脂肪酸と過酸化脂質が結びついて生まれる「ノネナール」という物質。背中や耳の裏、胸元からニオイがでるといわれています。男性の場合は男性ホルモンの低下とともに、「加齢臭」も減っていくのに対し、女性は年齢を重ねても「加齢臭」が継続するのだそう。女性は、更年期を境に女性ホルモンが減少し、その代わりに男性ホルモンが増加。70〜80代まで増え続けるので、その頃まで加齢臭は続くのです。

「ミドル脂臭」を防ぐには乳酸を増やさないことがカギ

前述の通り「ミドル脂臭」は汗の中の乳酸が原因物質のひとつです。乳酸は、体内の血行不良や代謝不良が起こると分泌されます。たとえば、睡眠不足、ストレスの強い環境、不規則な生活、アルコールや喫煙などです。
まずは、基本的な生活習慣を見直すことが大切。食事では、体内の乳酸を分解し、分泌をおさえる「クエン酸」を摂取しましょう。クエン酸は主に、酸っぱいものに含まれ、梅干しやレモン、柑橘類に豊富です。そして、20〜30分程度の有酸素運動を習慣に取り入れ、血行がよくなる体づくりをしましょう。
また、ひざ下くらいのお湯をはり、手と足をつける手足浴で汗をかく練習をすると、汗腺のトレーニングになって乳酸の少ない汗をかけるように。これらの方法は、加齢臭にも効果的なので、ニオイが気になる世代の人は取り入れてみてください。

続きを読む




汗をかいたあとの嫌なニオイ…服が臭わなくなるお手軽な方法とは?

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

洗ったばかりのはずなのになんだか臭う……。汗の嫌なニオイをスッキリ洗い流す、洗濯の方法をご紹介します。

ニオイの元は汗を吸った衣類に繁殖した雑菌

暑い日が続くと、洗濯物の量が増えますよね。せっかく洗った衣類が、なんだか臭うという残念なことを防ぐため、服が臭わなくなる洗濯の方法をまとめました。意外にも簡単なひと手間で、ニオイを防ぐことができるんです。これからご紹介する洗濯の方法は、ワイシャツやTシャツのほか、ニオイが気になる枕カバーやシーツ、バスタオルにも使えます。ぜひ試してみて。

汗をかいたあとの嫌なニオイ…服が臭わなくなるお手軽な方法とは?

<服が臭わなくなる洗濯のやり方>

○お湯につける

お湯につけると、ニオイがとれやすくなります。軽い汗じみやニオイなら、40度のお湯に20分程度つけた後に、通常通りの洗濯を。それでも取れないものは、50度のお湯に1時間ほどつけて。水に重曹を少し混ぜて、そこに衣類をつけこむのも効果的です。アルカリ性の重層が、汗から出るタンパク質や皮脂の匂いを除去してくれます。

○柔軟剤を過剰に使わない

昨今、流行している匂いつき柔軟剤。お気に入りの香りだからと、規定量以上使っていませんか? たくさんの柔軟剤がついた衣類は、本来落としたいはずの汚れやニオイが取れにくくなっています。すると洗濯しても、落としきれなかった汚れが付着したまま残ります。さらに、柔軟剤をプラスという過程をくり返すと、ドンドン汚れがたまり、衣類も臭うことに…。柔軟剤は規定量を守って使いましょう。

○時間を置かずに洗う

ニオイが発生するのは、雑菌が繁殖しているためです。雑菌は、時間を置けば置くほど、さらに増えて強いニオイを発生します。汗をかいたその日に洗濯ができない場合は、衣類をお湯につけ置きしておくなど対策を。

○酸素系漂白剤を使う

酸素系漂白剤には、シミ抜き、漂白、除菌、消臭の効果があります。ニオイの元は雑菌なので、除菌作用でニオイを除去できます。なお、酸素系漂白剤には「液体タイプ」と「粉末タイプ」があります。液体より、粉末タイプの方が強力ですが、その分衣類が傷みやすくなるので生地によって使い分けて。

○酸素系漂白剤粉末タイプ+粉洗剤

いろいろやってもニオイがとれないときのワザが「酸素系漂白剤粉末タイプ+粉洗剤」。液体よりも洗浄力が高い粉末タイプの酸素系漂白剤に、粉の洗剤を合わせて使うことで、ニオイ除去効果がパワーアップ。同様に雑菌が原因と言われる、部屋干しのニオイにも効果的です。

○お湯で洗う

洗剤は、水の温度が高くなるほど洗浄力がアップします。ガンコなニオイの物は、お湯で洗いましょう。洗濯機にお湯洗浄モードがある場合はそちらを使って。ない場合は、洗面器にお湯と衣類を入れ、酸素系漂白剤の粉末タイプを加えてつけ置きしましょう。ただし高温のお湯を使うと、衣類が縮む可能性があるので、使用する温度は60度くらいまでにしておくと安心です。

※衣類によっては家で洗えないものもあるので、洗濯表示に従ってください。

続きを読む



知ってる?デオドラント剤の正しい使い方。間違った使い方をすると逆効果に

【お話を伺った人】桐村里紗(きりむら・りさ)先生

内科医・認定産業医。分子栄養学や常在細菌学、生命科学などの知識を活かし、執筆・講演を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか~体臭と口臭の科学』(光文社新書)他。『ドクターりさの躍動するブログ』 …

もっとみる

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

汗のにおいをケアするグッズ、ドラッグストアでなんとなく選んでいるのでは? 正しい使い方をご紹介。

過剰な使用でにおい菌が繁殖することも!

真夏のこの時期に大活躍するのが、汗のにおいをケアするデオドラント剤。いろいろなメーカーから、たくさんの種類が出ていますが、選び方や使い方をわかって使っている人は少ないものです。
自分に合わないものを適当に使ったり、においを気にし過ぎて過剰に使うと、逆に、においの原因となる菌が繁殖したり、不快なにおいが増してしまうことも!
まずデオドラント剤には、働きによっていくつかの種類があります。おおまかに分けると「制汗」「消臭」「マスキング」「殺菌」の4つ。それぞれの機能や特徴、使い方のポイントを解説していきましょう。

知ってる?デオドラント剤の正しい使い方、間違った使い方をすると逆効果に

汗のにおいを抑える4つの機能とは

○制汗剤

制汗剤とは、化合物で毛穴をふさいで、汗の量を減らすもの。汗を減らすことで、常在菌の繁殖を抑え、においの発生を防ぎます。しかし、汗とはそもそも上がり過ぎた体温を下げるためにかいており、体にとって必要なもの。汗を抑える制汗剤を全身に使うと、体温が下がらなくなり危険なのです。使用するときは、脇の下や足の裏など、汗をかきやすく、ムレやすく、においが強くなりやすい部分へのポイント使いにとどめて。
また、常に汗腺をふさいでいると、サラサラした“よい汗”がかけなくなり、その結果、においの原因菌が繁殖しやすくなります。休みの日は、制汗剤を使うのもお休みにするなどして、汗腺の負担を減らしましょう。

○消臭剤

制汗剤を使うほど汗の多くない人は、消臭効果のあるグッズで対策を。消臭作用とは、におい成分自体を包んだり、分解することでにおいを抑える作用のこと。消臭効果のあるグッズとしては、まずゼオライトや炭など、天然の吸着剤を配合した下着や靴の中敷きなどがあります。また、におい成分を分解して消臭するタイプのスプレーは、効果的で安全性も高いので◎。下着や靴下にスプレーしておくと、におい成分を分解し、消臭してくれます。

○マスキング剤

マスキングとは、香りの成分で悪臭を覆い隠すことで、芳香剤などの作用です。香水やアロマスプレーもその一種。また、多くのケア用品には、マスキングのために柑橘系やフローラル系などの香料が使われています。軽い体臭なら、こうしたマスキング剤でカバーできます。ただし、強い体臭やワキガの場合は、体臭との相性が悪いと、逆に不快なにおいになってしまうこともあるので要注意です。

○殺菌剤

一般的には、殺菌剤まで使わなくてもにおいのケアはできます。しかし、ワキガ体質の人は、よく洗っても、殺菌しても回復力の強い「ジフテロイド菌」という菌が、肌に多く定着しています。他の対策ではにおいが抑えられないワキガ体質なら、殺菌剤配合のケア用品が効果的。また、菌の繁殖は衣類で起こるので、抗菌繊維を使った下着や靴下を選ぶのもおすすめです。

あなたの体に合ったデオドラント剤を選んで、夏をさわやかに乗り切りましょう。

続きを読む



汗をかけない人ほど臭いに注意!臭わない体作りのポイントは?

【お話を伺った人】桐村里紗(きりむら・りさ)先生

内科医・認定産業医。分子栄養学や常在細菌学、生命科学などの知識を活かし、執筆・講演を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか~体臭と口臭の科学』(光文社新書)他。『ドクターりさの躍動するブログ』 …

もっとみる

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

汗をかけない人が増加中。ただし「サラサラ汗」はかけなくても「ベタベタ汗」をかく人は臭っているかも。

「汗をかけない」は体がサボっている証拠

夏場になると、なるべく汗をかかないようにと努力する人がいますが、これは、不健康。日本のように高温多湿の地域では、体温調整のためしっかり汗をかく方が自然です。
しかし、現代では汗をかく機能が低下している人が増えています。その理由は、運動不足やクーラーの完備など。ただし「汗をかけない」とは言っても、それは「サラサラ汗」のお話で、「ベタベタ汗」をかいている人は多いのです。

実は、自分に備わっている汗腺のすべてが、働いているとは限りません。体の多くの機能は、使わないとすぐにサボります! 汗をかく習慣がないと、汗腺が休眠状態になり、いざ、汗をかこうと思うと「ベタベタ汗」しかかけなくなります。これが、においの原因に!しっかりサラサラ汗をかいた上で、デオドラントケアをしましょう。

汗をかけない人ほど臭いに注意!臭わない体作りのポイントは?

ベタベタ汗は細菌のエサになる

体温調節のための汗は「エクリン汗腺」という汗の管から分泌されます。その数は、生後3年間に過ごしてきた環境によって決まっており、南国で生まれ育ったら多くなり、北国なら少なくなります。

そして「サラサラ汗」と「ベタベタ汗」の違いは、溶けている成分の量です。
通常、血液をろ過して汗を作る時、ナトリウムなどのミネラル分は、体内に再吸収されます。だから、汗腺がしっかり機能している人の汗は、舐めてもあまりしょっぱくないのです。

一方、汗腺が機能低下していると、汗の中にミネラル分などが排泄されやすくなります。これが、ベタベタの原因に。ミネラル分は、皮膚の表面にいる常在細菌のエサになるので、細菌たちは喜んで増え、これが臭いの原因になるのです。ベタベタ汗しかかけない人への汗臭対策は「汗をしっかりかく習慣を毎日持つこと」。
水分を補給しながら、20分以上の有酸素運動をしたり、40度程度の湯船にゆったり浸かる入浴を続けることで、サラサラ汗をかけるようになります。

デオドラントケアはポイント使いを基本に

デオドラントケアの注意点として、全身に制汗剤を使うと十分汗をかけないため、体温調整に影響します。脇などのポイント使いのみにして、他は汗をこまめに拭きましょう。
また、皮膚の常在菌は、増え過ぎるとにおいの原因になりますが、皮膚を守る重要な働きをしています。皮膚自体を殺菌するよりも、抗菌繊維などを使った肌着などを着ることをおすすめします。

続きを読む



Sorry. No data so far.