執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

うっかり食べ過ぎてしまっても、次の日に調整すれば太ることはありません。翌日からできる太らないコツをまとめました。

食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法

48時間以内に調整するのが太らないカギ

年末年始にゴールデンウィークなど、家族や友人と集まる機会が多い休日は楽しい食事でうっかり食べ過ぎてしまうことも。例え、昨日食べ過ぎたとしても、深く後悔する必要はありません。翌日に調整をすれば、体重増加を防げます。栄養管理士によると、余分なエネルギーは肝臓に運ばれ48時間ストックされます。この間に、調整すれば太ることはないのだそう。いつもスリムな体をキープしている、女優やモデルも食べ過ぎた日は、その日から2〜3日以内に調整をするという人が多数。では、いったいどのようなことをすればよいのでしょうか? 下記にその方法をまとめました。

<食べ過ぎた翌日に行うリセット法>

1)食事を抜かない

「昨日食べ過ぎたから今日は食事抜き」といった方法は体の負担になります。全体の摂取カロリーを控えながら、3食摂ることが必要です。朝、食欲がない場合は、フルーツとヨーグルトだけなど、軽めの食事を。

2)白湯を飲む

体の代謝アップ、取りすぎた塩分の排出などの理由から、水分補給はしっかりと行いましょう。特に、白湯は内臓を温めて代謝アップ、また、アーユルヴェーダで、白湯は体に溜まった毒素を洗い流すと言われています。自分が心地よいと感じる温度のものを飲みましょう。

3)軽い運動を行う

ストレッチやウォーキングなど軽い運動を取り入れましょう。食べ過ぎた分を取り戻そうと激しい運動をすると、余計にお腹が空いてたくさん食べてしまう場合が。血流をよくし、体のむくみを取る目的のため、軽い運動がベスト。

4)ビタミンB群を取る

ビタミンB群には、糖質、脂質、たんぱく質の代謝を促す作用が。ビタミンB群は、納豆や玄米、ナッツ、バナナなどに含まれます。

5)カリウムを摂取する

食べ過ぎた時は、塩分も大量にとっているもの。体にたまった塩分を排出するために、カリウムを積極的に取りましょう。バナナ、アボカド、ナッツ、豆製品、海藻類などに含まれます。

6)食物繊維を取る

体にたまったものを排出するために、腸内環境を整えましょう。特に、不溶性の食物繊維は便の量を増し、腸内の老廃物を絡め取って排出してくれます。食物繊維を多く含む食材は食べ応えがあり、基本的にはローカロリーなので、調整におすすめです。

7)消化の良いものを食べる

食べ過ぎた翌日は、内臓が疲れています。内臓を休めることは代謝アップにもつながるので、できるだけ消化の良いものを食べましょう。よく噛んで食べることも、消化アップにつながります。

おすすめ

  1. キュッとくびれたウエスト・スッキリお腹を手に入れる! 体幹エクササイズ
    キュッとくびれたウエスト・スッキリお腹を手に入れる! 体幹エクササイズ
    (編集・制作 (株)法研) 「体幹ダイエット」でウエストをシェイプ!…
  2. これなら続けられる! ダイエット効果をより高めるウォーキングの仕方
    短時間で効果を上げるウォーキングのフォーム―脂肪を燃やす歩き方
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 運動効…
  3. 食べすぎを防ぐコツ4つ!デザートは別腹・やけ食い・ドカ食いをやめるには
    (編集・制作 (株)法研) 今年こそ健康的に、楽にダイエット! 「ゆ…
  4. 食後に甘い物が食べたくなる5つの理由
    食後に甘い物が食べたくなる5つの理由
    ケーキやタルト、アイスにチョコレートなど。なんとなく、食事の後になんと…
  5. 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …