立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

女性に多い起立性低血圧症。通勤電車で具合が悪くなってしまったり、生活に支障がでる場合も。その症状と、改善方法をご紹介します。

立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法

急激に血圧が下がることで立ちくらみに

イスから立ち上がった時に、くらっとする立ちくらみ。これは、血圧の急激な低下が原因で起こる、起立性低血圧です。
名前は低血圧ですが、もともと低血圧の人だけがなるわけではなく、高血圧の人でもなる可能性があるもの。立ち上がった時に、最大血圧が20mmHg以上低くなる状態のことです。

立ち上がると、血液は重力の影響で下半身にたまり、心臓に戻る血液の量が減少します。一般的には、こういった場合には交感神経末端からノルアドレナリンが分泌され、血圧が維持されます。それが作動せず、血圧が低下したままになってしまうと、立ちくらみになるのです。例えば、学校や会社の朝礼などで長時間立っている時に気分が悪くなったり、冷や汗が出たり、意識がなくなり床に倒れる場合もあります。

原因は、自律神経の乱れにより交感神経がうまく作動せず、血圧維持ができないこと。そのため、自律神経の働きが鈍い若い女性や高齢者、思春期の子供によくみられます。また、もともと貧血で心臓から送り出される血液の量が少ないことも要因。ほかにも、足の筋力が低下して血液が下半身にたまりやすい状態だったり、薬の影響も。食後や入浴後も起こりやすくなります。

生活習慣の改善で、起立性低血圧は予防が可能

起立性低血圧の人は、立ちくらみだけではなく、寝起きがつらい、耳鳴り、頭痛、肩こりなどといった症状も起こります。イスから立ち上がる時や、血圧が下がりやすい起床直後、食後、入浴後、運動後などは、横になるなどして体を休めるように心がけましょう。また、起立性低血圧の症状を予防するために、普段から下記のことに気をつけましょう。

1) 規則正しい生活をする

毎日決まった時間に起床、就寝、食事も同じ時間に摂ることで、自律神経が整います。

2) 塩分や水分を十分に摂る

低血圧の人は、厚生労働省の1日の塩分摂取量の+2〜3gとなる、10g未満を目標としましょう。ただし、摂りすぎは高血圧やむくみの原因になるので注意して。

3) 鉄分を摂取する

貧血の人は、血液を作る元となる鉄分を摂取しましょう。

4) 便秘を解消する

排便時に力むと血圧の低下を引き起こします。過剰に力むことなく排便できるように、便秘を解消しましょう。

5) 軽い運動をする

全身の血流をよくすることで、起立性低血圧を防ぎます

6) 血圧を適度に上昇させる食品を取る

赤ワイン、チーズ、コーヒーなど。食後のコーヒーは、カフェインの作用で食後低血圧になるのを抑えることができます。

7) 上半身を高くして寝る

眠る時は、頭が低くならないよう、高さのある枕やクッションを使うことで、症状が緩和されます。

8) 弾性ストッキングをはく

足を適度に締め付けるストッキングを着用することで、下半身に血液をたまりにくくします。




【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?

(編集・制作 (株)法研

【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学部第3内科教授

鉄欠乏性貧血の患者数は推定1000万人といわれています。貧血の中では最も多い鉄欠乏性貧血。昔に比べると食糧事情は良くなっているのに鉄欠乏性貧血は増えています。

日本は“貧血列島”!!

近ごろ、体がだるい。肌に血の気がなく、動悸や息ぎれがする…。こんな症状がある人は、鉄欠乏性貧血の可能性を疑ってみましょう。

鉄欠乏性貧血は、最も頻繁に見られる貧血。全身に酸素を運ぶヘモグロビンは鉄とたんぱく質でできていますが、体内の鉄が不足するとヘモグロビンの数が減少し、いろいろな臓器や組織が酸欠状態になります。これが鉄欠乏性貧血です。

もともと女性は、月経の影響で鉄を失いやすいもの。日ごろ、体内で余った鉄分は肝臓で貯蔵され、食事などからの摂取が減ってもそれを活用していますが、マイナス状態が長く続くと、鉄欠乏性貧血になってしまいます。

この病気自体は貧血の中ではいわば“ありふれた”ものですが、問題なのは、無理なダイエット、不規則な食事、偏食などの広がりにより社会的に治りにくくなっていること。秋田大学医学部の澤田賢一教授は、これまでの報告者のデータをもとに、統計に表れていない潜在型を含めて、日本女性の鉄欠乏性貧血患者は1000万人にのぼると推定しています。「いまや“貧血列島”といっても過言ではないでしょうね」(澤田教授)

【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?

爪が変形する人も

鉄欠乏性貧血は“ありふれた”ものとはいえ、決してあなどることはできません。肌に血の気がない(雪白感)、だるさの他、異常な眠気におそわれる、めまい、頭痛、動悸、息ぎれといったさまざまな不快症状が現れます。また、集中力が低下して、イライラや無関心に陥る人もいます。

さらに、特徴的な症状として、爪がそり返り、中心がくぼんだスプーン状になることも。これは匙状爪(しじょうづめ)と呼ばれる症状です。

このような症状が現れたら何らかの手を打つ必要がありますが、鉄欠乏性貧血は徐々に進行するため、体の方が貧血状態に慣れてしまい、そのサインを見逃すこともしばしばです。そのため、健康診断がきっかけで発見される人もあるようです。

鉄欠乏性貧血は、血液検査で鉄欠乏などを示すデータによって、容易に判明します。しかし、貧血を根本的に治すには、鉄分不足の原因をはっきりさせることが大切です。
原因としては、食事からとる鉄分の不足、過剰な喪失、吸収不全などがあげられますが、内臓器官からの出血(胃や十二指腸の潰瘍、がん、子宮筋腫など)が原因ということもあります。鉄不足の原因によっては治療法が異なる場合もあるので、鉄欠乏性貧血のサインをキャッチしたとき、あるいは健診で指摘されたときは必ず詳細な検査を受けるようにしましょう。

貧血を予防・改善するための食生活!

貧血の治療には、鉄剤が処方されるのが一般的ですが、予防や改善には、毎日の食生活を見直すことがポイントです。
まず、食事時間をなるべく規則的にすること。
3食の食事を、毎日できるだけ同じ時間にとるのがいいのです。
食事の内容は、血液(赤血球)を作るのに必要な成分は欠かさずに。次の成分を積極的にとるようにします。

・鉄分……レバー、海藻、緑黄色野菜、かき
・たんぱく質……魚、肉のささみ、赤身、牛乳、卵
・ビタミンB12……ハマグリ、イワシ、サケ
・葉酸……レバー、卵黄、緑黄色野菜
・ビタミンC……果物、野菜

【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?

ビタミンCは鉄分の吸収を助けます。また、香辛料、酸味のあるものなども、胃散の分泌をうながし食欲を高め、鉄分の吸収をスムーズにするので、とり入れるといいでしょう。

忙しい毎日、仕事や恋愛にパワフルにとり組みたくても、貧血状態ではむずかしい……。鉄分を意識的に摂取して、いつも“活動スタンバイ”OKな、元気な自分でいたいですね。

(「健康のひろば」、法研より)

※この記事は2006年9月に配信された記事です

続きを読む




使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

トイレの温水洗浄機能でお尻を清潔に保つのはいいことですが。使いすぎるとお尻にダメージが。間違った使い方とお尻への悪影響をまとめました。

温水洗浄トイレの使いすぎで「温水便座症候群」に

「ウォシュレット」や「シャワートイレ」、「ビューテイ・トワレ」など、温水洗浄機能がついたトイレは、一般家庭でも広く普及しています。いまや、公共のトイレでもついているところの方が多いと感じるほど。
でも、この洗浄機能がお尻にダメージを与え、お尻が悲鳴を上げているのを知っていますか? 私たちは、小さい頃から「お尻は清潔に保つこと」を教えられてきました。排便後に、お尻を温水で洗うことができる温水洗浄トイレは、画期的な商品で、その気持ちよさもあり、生活に欠かせないものとなっています。その一方で、近年では、温水洗浄トイレの使いすぎによる「温水便座症候群(ウォシュレット症候群)」という疾患もあらわれているのです。

使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている

排便以外でも使うのがトラブルの元に

問題なのは、温水洗浄トイレを排便の時だけでなく、排尿時も使用すること。肛門付近の皮脂や皮膚の常在菌を洗い流してしまい、ただれ、かぶれを起こすというものです。肛門周辺にいる菌は、自浄作用で肛門周辺の皮膚を守っています。それが、毎回洗い流されることで、皮膚が中性になります。そこに、大便に含まれる腸内細菌が付着して、痛みや炎症を起こすのです。

また、女性で温水洗浄トイレのビデ機能を多用しすぎて膣周辺の常在菌が流され、膣炎になる女性も増えているそう。これは、洗いすぎで膣の自浄作用が弱まり、腸内細菌が膣内で繁殖することで起こるといわれています。

ちなみに、排便後の肛門はやさしくティッシュでふけばOK。そして1日1回、入浴時にきれいに洗えば十分です。なお、入浴時に界面活性剤などがはいったボディソープで洗ったり、タオルでゴシゴシ洗うのも肛門の常在菌を取りすぎるほか、皮膚を痛めるので避けましょう。

また、温水洗浄トイレを使う場合は以下のことは避けましょう。

<温水洗浄トイレの間違った使い方>

・ 10秒以上使う
肛門の洗いすぎは厳禁。温水洗浄を使う場合は、2~3秒を目安に。

・ 排便前に使い、排便を促す
毎回、排便を促すように温水洗浄を使うと、温水洗浄がないと排便ができないという「排便障害」を起こします。

・ 水圧を強くしすぎている
肛門の粘膜は繊細にできているので、水圧が強すぎると常在菌が除去されすぎるのはもちろん、粘膜に傷ができる可能性も。そこから雑菌が入る恐れがあるので注意して。

・ 肛門の奥まで温水を入れて洗う
肛門の奥の直腸まで温水を入れると、直腸の粘膜まで洗い流してしまい、細菌に感染するリスクが高まり、直腸炎や大腸炎になりやすくなります。

・ 排尿時を含め、トイレに行くたびに使う
洗いすぎで、肛門の常在菌が除去されすぎてしまいます。

清潔にするのはよいことですが、清潔にしすぎることでいろいろなリスクが高まります。正しい使い方を理解し、賢く利用しましょう。

続きを読む




【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状

【お話を伺った人】天野 恵子先生

千葉県衛生研究所所長 千葉県立東金病院副院長  1942年生まれ。東京大学医学部卒業(医学博士・循環器内科専攻)。東京大学講師、 東京水産大学教授を経て、現在千葉県衛生研究所所長 兼 千葉県立東金…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日が安心です。どんな診察や検査をするの? 少しでも気になる婦人科系の症状は、早めに診察を受けましょう。

身体の不調をすぐに相談

「生理の周期が乱れている」「おりものが多くて心配」……日頃、婦人科系の不調があっても、診察を受けるのをついためらってしまいませんか?
その理由として、婦人科の診察や検査の内容がよくわからないことがあげられます。でも、そんな不安は、診察について知識をもつと、「なぁんだ」と解消できるもの。日頃から、信頼できる婦人科のドクターを決めておくと、気になる身体の不調をすぐに相談できます。

病気があっても早めにチェックして治療してもらえるから、毎日が安心ですね。では、婦人科ではどんな診察が行われるか、さらに、よいドクターをさがすコツなどをお話ししましょう。

はじめは問診から

婦人科をはじめて受診する場合、受付をすませると、問診表が渡されます。問診表には、既往症、月経の状態、月経周期、妊娠の経験、服用中の薬、気になる症状、症状のある部位などを記入します。また、基礎体温表をもっていくのも役立ちます。

診察室に入ると、問診表を参考に、医師がさらにくわしく質問する、問診が行われます。 問診では、性体験や妊娠経験など、デリケートなことも聞かれます。

医師とよりよいコミュニケーションをはかり、正確な診断を下してもらうためには、恥ずかしがらず正直に答えたいものです。また、問診表の質問事項になくても、気になる症状があれば、遠慮なく伝えるようにしましょう。

内診は開き直りがポイント!

婦人科ではもっとも大切な内診。でも、はじめての人にはとまどいが多いものです。
診察を受ける姿勢としては、内診台に座って足を広げます。最近では、電動式で、ゆっくりと自動的に両足を広げていく内診台もありますから、なるべくリラックスしたいもの。内診の時間そのものはそんなに長くかかりません。「検査なんだ」と割りきって、開き直ることが大事です。

婦人科では、内診の他に必要に応じて超音波検査や血液検査が行われます。検査結果が後日出る場合は、また訪問して、医師から病名や治療方針などを聞きましょう。

こんな症状がでたら訪問しよう

「どんな症状が出たら婦人科に行くといいの?」……そういう疑問を持っている人もいるでしょう。次のような症状のあるときは、ためらわず、訪れたいものです。
●不正出血や下腹部痛がある
●月経周期がおかしい
●月経痛が強い
●妊娠の疑いがある
●おりものがいつもと違う
●外陰部がかゆい、痛い
●性交痛が強い
●乳房の異常が気になる

さらに、定期検診を受けたい、妊娠を望んでいる、ピルを使ってみたい、月経予定日を変更したい、などのときも訪ねてみるといいでしょう。

信頼できるドクターさがしのコツ

よい婦人科医を見つけるには、次のような点を参考にするといいでしょう。
1、通院しやすい距離にあり、診療時間が自分の都合に合う。
2、病院の設備が清潔で、プライバシーが守られる。
3、医師や看護師、受付など、スタッフの印象や対応が、てきぱきしていて丁寧である。
4、医師と自分の相性がいい。じっくり話を聞いてくれ、症状などをきちんと説明してくれる。診断や治療の技術が的確である。
5、口コミやインターネットなども参考にする。女性医師のいるところ、待ち時間の少ないところなど、周囲の人の口コミ情報も参考にしましょう。また、インターネットでホームページを開設している病院もありますし、大きな病院の場合は、ランキングや治療成績が雑誌や医療関係のサイトに掲載されることもあります。
ただし、インターネットは古い情報や悪意のある情報も混在しているので十分注意しましょう。

婦人科系の不調は、他人に話しにくいだけに、とりわけ不安になるものです。信頼できる「マイドクター」をさがして、日頃から、いい「おつき合い」をしたいものです。

(「よくわかる 女性のからだ事典」、法研より)

※この記事は2006年7月に配信された記事です

続きを読む



知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

デリケートゾーンのケア、適当に自己流で行っていませんか? 繊細で複雑な場所だからこそ、正しいケア法を知ることが大切です。

意外とできていないデリケートゾーンのケア

デリケートゾーンの正しいケア方法を知っていますか? 習ったことがないのはもちろん、親しい友人や姉妹でも話しにくいと感じる人が多いため、自己流で行っている人も多いはず。ただ、デリケートゾーンのケアが不十分だと、臭いやかゆみの原因に。そこで、実は正しくできている人が少ない、大事な場所の正しいケア方法をご紹介します。

知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法

<『アソコ』5つの真実 大事な場所の正しいケア方法>

1)シャワーだけですませない

デリケートゾーンには、薄い皮膚の部分と粘膜の部分があります。石けんを泡立てて、やさしく洗うのが基本です。でも、デリケートゾーンは複雑な構成のため、シャワーで流したり、泡をのせただけではよごれが落ちません。指の腹を使って、前から順に、陰毛、陰核、性器部分、会陰部分、肛門の順に洗います。ひだになっている部分は、汚れがたまりやすいので重点的に、でもやさしいタッチで洗いましょう。また、お風呂上がりにタオルでふくときも、ゴシゴシこすらず、やさしく当てるように水気をとって。低温のドライヤーを使って乾かしてもOKです。

2)1日2回以上洗わない

デリケートゾーンにも汗腺があり、汗をかくので清潔に保つ必要はありますが、洗いすぎは厳禁。特に膣の中は、弱酸性に保たれることで、雑菌の侵入を防いでいます。そのため、膣内は洗う必要がありません。しかも、膣は表面部分も善玉菌である「表皮ブドウ球菌」が守ってくれています。洗いすぎは、こういった必要な菌まで除去してしまうので、逆にデリケートゾーンでトラブルがおきやすくなってしまいます。

3) ボディーソープで洗わない

体を洗うのと同じ石けんやボディーソープでデリケートゾーンを洗っていませんか? これらの石けんは多くが、アルカリ性。デリケートゾーンにいる、自浄作用を維持する菌まで洗い流してしまいます。デリケートゾーンは、刺激が少ない、弱酸性の石けんで洗うのがおすすめ。デリケートゾーン専用のソープもたくさん販売されているので、使ってみては。

4) 小さすぎる下着を履かない

小さい下着は、食い込みやすく、通気性が悪くなりがち。下着は、股の部分がコットンなどの自然素材でできている通気性のよいものを選びましょう。また、小さいナイロン製の下着は、ムレやすく、カンジダ菌が繁殖しやすくなります。ふだんはコットンなどのショーツをはき、特別な時だけお気に入りのものに。

5)アンダーヘアを放置しない

生理中、アンダーヘアに経血がつくと、そこから菌が繁殖してニオイのもとに。また、アンダーヘアを処理することで、ムレの改善効果も得られます。どこまで処理するかは、好みによりますが、完全に剃る必要はなく、短くカットするだけでも、かなりムレにくくなります。

続きを読む



仕事と家庭の両立…頑張りすぎて疲れる『スーパーウーマン症候群』に注意!

【お話を伺った人】天野 恵子先生

千葉県衛生研究所所長 千葉県立東金病院副院長  1942年生まれ。東京大学医学部卒業(医学博士・循環器内科専攻)。東京大学講師、 東京水産大学教授を経て、現在千葉県衛生研究所所長 兼 千葉県立東金…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

スーパーウーマン症候群。仕事に家庭に大忙し。でも、知らないうちにストレスをためていませんか? こんな症状に要注意です。

働きものの女性に落とし穴が……

仕事をもっている女性は多忙です。とりわけ家庭を持って、家事などを担当している人は、帰宅してからも、ホッとひと息というわけにはいきません。

あわただしく家に帰ると、食事の仕度が待っている。そして休日も掃除や洗濯などに追われ、のんびりくつろぐ時間はない。子供がいると、さらにその忙しさは加速します。

このように、仕事や家事をバリバリこなす女性の中には、知らず知らずのうちにストレスをため込み、それが心身の不調となって出てくる人がいます。ストレスによるこうした病気は、「スーパーウーマン症候群」と呼ばれます。あなたの場合は、大丈夫ですか?

“完ぺき主義”がストレスをよぶ

「スーパーウーマン症候群」になりがちな女性は、責任感が強く、完ぺき主義をモットーとするタイプ。小さい頃から「しっかりしている」「優等生」などといわれることが多かったでしょう。

会社の仕事もテキパキこなせるため、上司の評価も高いはずです。そして、与えられる仕事のレベルもぐんぐんUPしていくため、それは、つねにプレッシャーとたたかう環境をつくりだします。そしてこのタイプの人は、家庭内でも手を抜きません。理想とするライフスタイルがあって、それを妥協せずに実現しようと努力します。インテリアやファッションセンスなど、きっと生活のあらゆる面で、「こうありたい」というイメージを追求しているはず。

その向上心あふれるチャレンジが、ムリなく行われている間はいいのですが、しだいに疲労がたまってきて、心身の不調となって出てくると要注意です。

「スーパーウーマン症候群」が起こす症状は、慢性頭痛や肩こり、過敏性大腸炎など。そしてイライラなど、不定愁訴を感じる人も多く、重度になるとうつ病を患う人もいます。さらにホルモンのバランスも乱れるため、生理不順やときには若年性更年期障害を起こすことも。これらの病気は、それぞれの器官に異常がある際にも起こります。何かの症状が出たら、まず医師の診断を受けてみましょう。そして検査しても異常がなければ、もしかしたら「スーパーウーマン症候群」かもしれません。

まわりの人に頼ってみる

「スーパーウーマン症候群」を予防するには、すべてのことに完ぺきを求めないこと。真面目な人が陥りやすい病気ですから、最初は手を抜くことに罪悪感を感じるかもしれません。でも、仕事や家事など、すべて自分で背負い込もうとせず、まわりの人の力をかりることを考えましょう。また、一日のうちにわずかでも、自分の時間を持つことも大事です。家族の協力を得て、ゆっくりお風呂に入ったり、本を読んだりする時間を確保したいものです。

とにかく、予防の最大のポイントは、ストレスから解放される時間をつくること。

休日もたまった家事を片づけなければ、とがんばる人が多いのですが、たまにすべてを忘れて、“手抜き放題”の、リラックスした休日を過ごしてみてはどうでしょうか。

(「よくわかる女性のからだ事典」、2006年2月刊、天野恵子監修、法研より)

※この記事は2006年3月に配信された記事です

続きを読む



  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2
    ダイエットにカロリー制限はいらない!? 食べて痩せるダイエットの新常識
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 食事…
  3. 3 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  4. 4 美容や健康にいいオイルの見分け方-ノンオイルは時代遅れ?
    美容や健康にいいオイルの見分け方-ノンオイルは時代遅れ?
    カロリーを気にしてノンオイルにすると逆に老化を早める可能性が。いい油と…
  5. 5
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  6. 6
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  7. 7
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  8. 8
    意外と知らない耳そうじの豆知識|耳そうじの頻度は?耳かきの使い方は?
    (編集・制作 (株)法研) 耳あかはドライ? それともウェット? 耳…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  11. 11
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  12. 12
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  13. 13
    これができたら一流人間?嫌いな人の取り扱いが楽になる3つの思考法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 社会…
  14. 14 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  15. 15 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  16. 16
    ダイエット中に飲むべきミネラルウォーターとは?水の種類と選び方
    (編集・制作 (株)法研) ミネラルウォーターは、それぞれ性質や効能…
  17. 17
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  18. 18
    【こころのお疲れ度チェック】20の質問でわかるあなたのストレス疲労度
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「最…
  19. 19
    コリの原因はストレスにある!?コリを簡単にとる方法とは?
    (編集・制作 (株)法研) 運動性とストレス性のコリは違います。コリ…
  20. 20 夏バテに焼肉やにんにくは効かない? 本当にスタミナのある食事とは
    夏バテに焼肉やにんにくは効かない? 本当にスタミナのある食事とは
    食材の効果を生かした組み合わせを知って夏バテを即効解消。焼肉、にんにく…

一覧