立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

女性に多い起立性低血圧症。通勤電車で具合が悪くなってしまったり、生活に支障がでる場合も。その症状と、改善方法をご紹介します。

立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法

急激に血圧が下がることで立ちくらみに

イスから立ち上がった時に、くらっとする立ちくらみ。これは、血圧の急激な低下が原因で起こる、起立性低血圧です。
名前は低血圧ですが、もともと低血圧の人だけがなるわけではなく、高血圧の人でもなる可能性があるもの。立ち上がった時に、最大血圧が20mmHg以上低くなる状態のことです。

立ち上がると、血液は重力の影響で下半身にたまり、心臓に戻る血液の量が減少します。一般的には、こういった場合には交感神経末端からノルアドレナリンが分泌され、血圧が維持されます。それが作動せず、血圧が低下したままになってしまうと、立ちくらみになるのです。例えば、学校や会社の朝礼などで長時間立っている時に気分が悪くなったり、冷や汗が出たり、意識がなくなり床に倒れる場合もあります。

原因は、自律神経の乱れにより交感神経がうまく作動せず、血圧維持ができないこと。そのため、自律神経の働きが鈍い若い女性や高齢者、思春期の子供によくみられます。また、もともと貧血で心臓から送り出される血液の量が少ないことも要因。ほかにも、足の筋力が低下して血液が下半身にたまりやすい状態だったり、薬の影響も。食後や入浴後も起こりやすくなります。

生活習慣の改善で、起立性低血圧は予防が可能

起立性低血圧の人は、立ちくらみだけではなく、寝起きがつらい、耳鳴り、頭痛、肩こりなどといった症状も起こります。イスから立ち上がる時や、血圧が下がりやすい起床直後、食後、入浴後、運動後などは、横になるなどして体を休めるように心がけましょう。また、起立性低血圧の症状を予防するために、普段から下記のことに気をつけましょう。

1) 規則正しい生活をする

毎日決まった時間に起床、就寝、食事も同じ時間に摂ることで、自律神経が整います。

2) 塩分や水分を十分に摂る

低血圧の人は、厚生労働省の1日の塩分摂取量の+2〜3gとなる、10g未満を目標としましょう。ただし、摂りすぎは高血圧やむくみの原因になるので注意して。

3) 鉄分を摂取する

貧血の人は、血液を作る元となる鉄分を摂取しましょう。

4) 便秘を解消する

排便時に力むと血圧の低下を引き起こします。過剰に力むことなく排便できるように、便秘を解消しましょう。

5) 軽い運動をする

全身の血流をよくすることで、起立性低血圧を防ぎます

6) 血圧を適度に上昇させる食品を取る

赤ワイン、チーズ、コーヒーなど。食後のコーヒーは、カフェインの作用で食後低血圧になるのを抑えることができます。

7) 上半身を高くして寝る

眠る時は、頭が低くならないよう、高さのある枕やクッションを使うことで、症状が緩和されます。

8) 弾性ストッキングをはく

足を適度に締め付けるストッキングを着用することで、下半身に血液をたまりにくくします。




常温保存の小麦粉類に注意!パンケーキシンドロームで救急搬送も

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

開封済みの小麦粉やミックス粉の保管。輪ゴムなどで簡単に口を閉じて食品棚で保管している人が多いのでは? この方法、実はかなり危険なんです!

常温保存の小麦粉類でアナフィラキシーが起こる可能性も

かわいい名前ですが、それと反対に恐ろしい症状が起こる「パンケーキシンドローム」を知っていますか? 1993年にアメリカで報告されたもので、ホットケーキなどの小麦粉製品を食べた後に起こるアナフィラキシー症状のことを言います。アナフィラキシーとは、アレルギーの原因物質が体内に入ることによって、さまざまな強い症状が起こること。じんましんやかゆみ、鼻がつまる、鼻水がでるなどのほか、血圧低下や呼吸困難、意識障害などが起こると、命の危険もあります。ぜんそくや鼻炎など、もともとアレルギーを持つ人はより注意が必要です。

常温保存の小麦粉類に注意!パンケーキシンドロームで救急搬送も

使い残りの粉にダニが繁殖する

パンケーキシンドロームの原因は、ホットケーキミックスやお好み焼き粉を一度使った後、残りの粉を常温保存した時に袋内で増殖したダニ。小麦粉自体の見た目は変化がなく匂いもないため、気づかずにそのまま調理してしまいます。調理で熱を加えるので、ダニは死にますが、ダニのアレルゲンはそのまま小麦粉に残るので、食べた後に反応がでます。食事をしてからアレルゲンが腸から吸収されるまで、だいたい1時間くらいかかります。そのため、食後1時間後くらいから、アナフィラキシーの症状が現れるのが特徴です。

ダニは、温度25~30度、湿度60~80%という環境が整うと活発に増殖することがわかっています。湿気が多い梅雨時期はもちろん注意が必要ですが、エフシージー総合研究所による研究発表では、冬から春にかけての袋内でのダニの繁殖が顕著だったとのこと。
秋冬は外気が下がり空気も乾燥気味になりますが、日本の家屋内、特にキッチンまわりは湿気が多く、温かいため、冬から春も絶好の増殖条件が揃っているのです。

開封後、常温で2~3カ月保存した小麦粉類は捨てる

ホットケーキミックスやお好み焼き粉は、小麦粉に砂糖やダシとなる旨味成分がたっぷり入っているので、ダニにとっては高い栄養の食品。より袋内で増えやすいと言われています。

開封した小麦粉やホットケーキミックス、お好み焼き粉は、輪ゴムでまるめてキッチンの戸棚にしまっている人も多いのでは? ダニは0.02ミリの隙間があれば入ることができます。開封後は密閉容器に入れて、冷蔵庫で保管しましょう。すでに常温保存して2~3カ月経過しているものは、潔く破棄して。
さらに、小麦粉類だけでなくカツオ節やポテトチップス、粉チーズ、チョコレート、七味、味噌などもダニの好物だそう。これらも開封後は密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存をすることが必要です。

続きを読む




昔からある風邪に効く健康法。本当に効果があるのはなに?

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

世間に昔から伝わる健康法の中には実は危ないものも。本当の「効く・効かない」をお教えします。

栄養満点のたまご酒は効果あり

親から教えられてきたことや、昔から効くとされてきた健康法。すべて本当に効果があるわけではありません、と指摘するのは新潟大学名誉教授で医学博士の岡田正彦先生。中には体にとって危ないものもあるそう。風邪にいいとされているこんな健康法は大丈夫?

昔からある風邪に効く健康法。本当に効果があるのはなに?

○たまご酒

よく知られる民間療法で、溶きたまごに温めた日本酒、砂糖やハチミツを加えて混ぜたものを、風邪のひきはじめに飲むのが「たまご酒」。卵白に含まれているリゾチームという酵素の殺菌作用と、日本酒の体を温める作用で風邪に効くと言われています。風邪には特効薬がなく、治すには栄養をとって、体を温かくして眠るしかありません。たまご酒には、栄養満点のたまごと、体を温める作用のある日本酒が適量入っているので、そのサポートにはなると思われます。お酒が苦手な人は、お酒を牛乳に代え、ホットミルクセーキにしてもOK!

乾布摩擦は抵抗力を下げる?

×乾布摩擦

おじいちゃんの健康法というイメージのある「乾布摩擦」。皮膚を乾いた手ぬぐいなどでゴシゴシとこするだけ。風邪の予防や冷えの改善、自律神経の働きを高める効果などがあると言われ、日本や北欧の一部などで古くから行われています。しかし肌をゴシゴシこするのは、健康を守るうえでむしろNG。というのも、皮膚の表面には角質層や皮脂層があり、これが病原菌から体を守る壁となっているからです。乾布摩擦でそれらを傷つけてしまうと、逆に体の抵抗力がダウンすることも。同様の意味で“アカすり”も避けたほうがいいそう。

×首にネギ巻き

長ネギを生のまま、または火であぶってガーゼに包み、首のまわりにぐるりと巻く「首にネギ巻」。首に巻くことで、のどの炎症など、風邪の症状を抑えると言われています。しかし、これはまったくの迷信! ネギはアリシン、ネギオールといった抗菌、抗ウイルス作用のある成分を含有しているため、そんなふうに言われたのかもしれません。とはいえ、食べて栄養をとるというならともかく、首に巻いて肌から吸収させ、のどの痛みが治るというのはあり得ないとか。

続きを読む




風邪予防に『おろしにんじん鍋』がおすすめ!材料3つの鍋レシピ

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

バランスよく栄養がとれて、体調管理にピッタリの鍋料理。中でも風邪予防におすすめのレシピをご紹介。

材料3つでウイルスを寄せ付けない体に!

気温が下がり、空気が乾燥する季節は、風邪が流行りやすくなります。この時期、体調管理の食事に最適なのがバランスよく栄養がとれる鍋。管理栄養士で中医薬膳の指導をしている植木もも子先生がおすすめするのは、風邪の予防に働く「たらと白菜のおろしにんじん鍋」です。

生命エネルギーを高め、血流をよくする「たら」。β-カロテン豊富で抗酸化作用の高い「にんじん」。水分代謝を高めてのどを潤す「白菜」。鍋料理は具材をたくさん入れがちですが、大事なのは量よりバランス。この3つだけで、ウイルスを寄せ付けない体に!
また、好みで豆腐を加えてもOK。風邪の症状がすでに出ている時は、このレシピをベースに、しょうがや豆乳でアレンジを加えれば「鼻かぜ」や「のどの炎症」にも◎。簡単&ヘルシーな鍋で、冬の風邪を吹き飛ばしましょう!

風邪予防に『おろしにんじん鍋』がおすすめ!材料3つの鍋レシピ

風邪を防ぐおすすめ鍋レシピ

たらと白菜のおろしにんじん鍋

○材料(2人分)

たら…2切れ
白菜…1/8個
にんじん(すりおろす)…1本
昆布…20cm大
※しょうがの薄切り(または“干ししょうが”)…4〜5枚
酒…大さじ3
塩…小さじ1/3〜1/2
片栗粉(同量の水で溶く)…大さじ1

○ 作り方
1)鍋に水4カップ(分量外)、昆布を入れ、20分ほどおく。たらは流水で洗って水けを拭き、食べやすく切って酒大さじ1をふる。

2)白菜は軸を長さ5cm、幅1cmに切り、葉は2cm幅のざく切りにする。(1)の鍋を火にかけ、沸騰したら昆布を取り出してすりおろしたにんじん、白菜の軸を加え、3分ほど煮る。

3)しょうが、酒大さじ2、たら、白菜の葉を加え、たらに火が通ったら塩を加えて味をととのえる。水溶き片栗粉を加えて混ぜ、とろみをつける。

風邪の症状に合わせてアレンジ鍋レシピ

・のどの痛みを感じたら豆乳をプラス

作り方は「たらと白菜のおろしにんじん鍋」と同じ。材料の水の半量(2カップ分)を豆乳に替えるだけ。豆乳は、体内の炎症や熱を穏やかに鎮める効果があります。

・くしゃみや鼻水にはしょうがをたっぷり

鍋に山盛り大さじ1(約2かけ分)のおろししょうがを加えて、発汗作用を促進。汗をたっぷりかくことで風邪の邪気を外に出し、進行を抑えます。

続きを読む



トイレでおしりを拭くときは『こすってはいけない』理由

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

トイレで小をした後、ゴシゴシこすって拭いていませんか? あなたのやり方は大丈夫? トイレでお尻を正しく拭く方法をご紹介します。

知らなかった人が多数の正しいお尻の拭き方

小さい頃「女の子はトイレにいったら雑菌の侵入を防ぐために後ろから前に拭くのはダメ。前から後ろに拭きましょう」と教えられた人が多いのでは?
なんと、これは正しい拭き方ではないのだとか! そもそも、こすって拭くというのも、おすすめできないそう。トイレでおしりを拭くときにこすってはいけない理由をまとめました。

トイレでおしりを拭くときは“こすってはいけない"理由

<トイレでおしりを拭くときは“こすってはいけない”理由>

1)臭いの元になる

入り口をゴシゴシこするように拭いていると、陰部の粘膜に小さな傷ができます。そこから尿の成分であるアンモニアが侵入して、炎症が起きると悪臭に。下着が臭うと悩んでいる人は、ゴシゴシ拭いているのが原因かも。

2)トイレが近くなる

ゴシゴシこすって拭くと、水を含んだトイレットペーパーの小さなクズが膣や尿道に入り込む可能性が。これが頻尿や尿もれの原因になってしまう場合もあるので要注意です。

3)尿の拭き残しが起こる

実は、下着が臭うと悩む女性のほとんどが、尿の拭き残しによるものなのだそう。尿は周辺の肌に飛び散ったり、体の細かな溝に入り込むことも。ゴシゴシ拭いていると、表面の尿だけ取り除いて、奥に潜む尿を取り逃がす可能性が高いのだとか。これが雑菌の繁殖を招いて、臭いの元になるのです。

知らなかった正しい拭き方とは?

では、正しい拭き方とは? それは「拭く」ではなく「押し当てて吸水する」のが正解なのです! 適量トイレットペーパーをとったら、尿道付近に5〜10秒押し当てて、尿を吸い取るのが正しいやり方なのだとか。
また、トイレで用をたす姿勢にも注意すると、尿の拭き残しを防ぐことができます。洋式トイレで足を閉じたまま排尿すると、一部の尿が逆噴射して膣内に入ってしまう可能性も。すると、トイレットペーパーだけではなかなか取り除けず不潔な状態に。洋式トイレでは、足を大きく開き、前傾姿勢で排尿すると、逆噴射することなくできるそう。今日からさっそく、正しい拭き方「押し当てて吸水する」を心がけて!

続きを読む



乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方

【執筆者】岡野 匡雄先生

(財)東京都保健医療公社 東京都多摩がん検診センター副所長 昭和45年日本大学医学部卒業。内科研修後日本大学医学部病理学教室へ。昭和57年助教授となり米国へ留学。2年後日本大学へ復帰し、平成2年ま…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

早期発見のため毎月の自己検診と定期的な乳がん検診を習慣に。毎年4万人以上の日本人女性が新たに乳がんにかかっている。壮年層の女性ではがんの死亡原因のトップ。

早期発見には検査が必要

10月は「乳がん月間」です。乳がん啓発活動のシンボルマークである「ピンクリボン」を目にしたことがある人も多いでしょう。今年も全国各地で、乳がん検診の普及促進をはじめ、さまざまな啓発活動を行うピンクリボン運動が、患者団体や行政、企業などによって行われています。

もともと乳がんは欧米の女性に多く、日本人女性にはあまり多くありませんでしたが、1980年代ごろから急増しはじめました。その後も乳がんにかかる日本人女性は増え続け、死亡者も年々増加しています。今や乳がんは日本人女性がかかる最も多いがんとなっており、毎年4万人の女性が新たに乳がんにかかっていると推計されています。

多くのがんは60歳すぎから急増しますが、乳がんの場合は20代後半から増えはじめ、最も多いのが40代、50代で、60代、70代、30代と続きます。30~64歳の壮年層の女性では、がんの死亡原因のトップが乳がんですから、働き盛りの女性にとって、乳がんは最も危険ながんといえます。

ほかのがんと同じように、乳がんも早期発見、早期治療が大切です。早期に発見できれば治る確率が高く、幅広い治療法が選択でき、治療後の経過もよいのです。
乳がんは硬いしこりをつくるものが多いため、早期のうちに自分で触って気づくことができる唯一のがんですが、何気なくふれて気づいたような場合は進行していることが多いのも事実。しこりが小さい早期に発見するためには、正しいチェック方法で毎月自己検診を行うことと、定期的に乳がん検診を受けることが必要です。

乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方

しこりがわかる前に発見できるマンモグラフィ検査と超音波検査

しこりが2cm以下で転移もない状態で発見して治療すれば、10年生存率は約90%、それより早く、しこりとしてふれない段階に発見できれば約95%、つまりほとんど完治できるといえます。この、しこりとしてふれない乳がんを発見するのに役立つのが、マンモグラフィ検査と超音波(エコー)検査です。

マンモグラフィとは乳房専用のX線撮影のことで、視触診ではわからない小さながんだけでなく、しこりになる前の「微小石灰化」というごく初期にみられる病変も見つけることが可能です。乳房はそのまま写すと乳腺などの組織が重なって写ってしまうため、マンモグラフィ検査では透明なプラスティックの板で乳房をはさんで圧迫し、薄く引き伸ばして撮影します。圧迫により痛むこともありますが、緊張すると余計に痛みを感じやすいので、できるだけリラックスして受けるとよいでしょう。

欧米ではマンモグラフィによる乳がん検診の普及によって早期に発見されるがんが増え、死亡率も低下しています。日本では2000年から自治体の乳がん検診に導入され、40代と50歳以上の女性の「視触診とマンモグラフィの併用」は、有効性が高いことが証明されています(厚生労働省「がん検診の有効性評価」)。

超音波検査は、あまり小さい石灰化は、時に見つけることができませんが、指ではふれない数ミリ程度のしこりをみつけることができ、X線を使用しないため妊娠中でも検査が可能です。また、若い人や乳腺が発達した人の場合は、マンモグラフィよりも効果が高い場合もあります。

乳がんの危険因子をもつ人は早めに検診を

市区町村で行われる乳がん検診の場合、対象は40歳以上で2年に1回が目安ですが、自治体によって異なる場合もあるので、問い合わせてみるとよいでしょう。職場で受ける場合も実施状況は職場ごとに異なります。

乳がんは誰でもかかる可能性がある病気ですが、次のような場合はとくにかかりやすいといわれています。一つでも当てはまる人は、できれば30歳代から自主的に乳がん検診を受けましょう。

●近親者(とくに母、姉妹)に乳がんになった人がいる
●妊娠・出産・授乳の経験がない、または高齢出産である
●初潮年齢が早く、閉経年齢が遅い
●乳房が大きい
●肥満している(BMI:25以上)

自己検診は20歳代から習慣づけたいものです。月経5日目ごろから1週間以内に行うのがよく、閉経後の人は自分で日を決めて、毎月1回行いましょう。

(1)鏡で見て左右の乳房の形の違いやゆがみ、ひきつれ、乳首のへこみやただれなどがないかチェック。腕を上げた状態と下げた状態で行う。
(2)調べる乳房と反対側の手の指をそろえ、指のはらをすべらせるように、乳房の外から内に向かって全体を軽く触れていく。鎖骨の下からわきの下までまんべんなくチェック。入浴中、手に石けんをつけて行うと小さなしこりにも気づきやすい。乳房の大きい人はあお向けに寝て行うとよい。
(3)乳房や乳首を軽く絞り、分泌物が出ないかチェック。

もしも気になる異常を見つけたら、自己判断せず、すぐに乳腺科か乳腺外科を受診しましょう。

(「すこやかファミリー」法研より)

※この記事は2008年10月に配信された記事です

続きを読む



  1. 1
    肩こり・首の痛みの治し方。めぐりを良くする食材で改善!
    つらい「肩こり・首の痛み」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血行を…
  2. 2
    朝食を変えれば『ヤセ体質』になれる!食べてヤセる食事法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    肉ばかり食べると体が臭くなる…糖質制限ダイエットの落とし穴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4
    冬のお洗濯は夜にすると時短になる!乾きにくいニットもOK
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 天気…
  5. 5
    実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6
    足にむくみがある人は筋肉が少ない?むくみの原因と解消法
    つらい「むくみ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 余分な水分をとり…
  7. 7
    発達障害の子どもに注意するとき、褒めるときのコツ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  8. 8
    お腹がポチャポチャするのはなぜ?胃の症状の原因と改善法
    つらい「胃もたれ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 胃を温めて、消…
  9. 9
    発達障害の子どもこそ『ほめて伸ばす』が大事な理由
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11
    ボディーソープで肌荒れ!?清潔のつもりが皮膚を傷めることに…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 清潔…
  12. 12
    やたらと正論を押しつける『モラハラ男』の見分け方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 他人…
  13. 13
    ゴム手袋が”手荒れ"の原因になる!?意外と知られていない手荒れの元凶
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 冬の…
  14. 14
    【発達障害の子ども】日常生活をスムーズに送るためのポイント
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  15. 15
    うちの子発達障害かも?と思ったら…早目の支援が社会適応のカギ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    感情的に叱ってはいけない!発達障害の子どもへの接し方のポイント6つ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  18. 18
    肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法
    つらい「肌荒れ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 内臓をととのえて…
  19. 19
    アスペルガー症候群の小学生|不登校から特別支援学級に通うまで
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  20. 20
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…

一覧