こんな症状があったら薄毛予備軍かも! 女性の薄毛危険度をセルフチェック

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

「私の髪、大丈夫?」と不安になっていませんか? そこで、薄毛の危険度がわかるセルフチェックをご紹介します。

こんな症状があったら薄毛予備軍かも! 女性の薄毛危険度をセルフチェック

頭皮のかゆみ、食事制限のダイエットも薄毛予備軍に

加齢にともない、髪の悩みは増えるもの。今は大丈夫でも、「将来、私の髪は?」と気になる人は、下記のセルフチェックを試してみましょう。

薄毛危険度セルフチェック

下記の項目にいくつ当てはまりますか? 3つ以上当てはまる人は、薄毛予備軍。薄毛になる危険性があります。すぐに薄毛対策を始めましょう。

・頭皮がべたつく

毎日シャンプーしているのに、頭皮がべたつく人は、皮脂が過剰になっている可能性があります。皮脂が出すぎていると、髪がぺたっとするだけではなく、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮トラブルがおこりやすく。毛穴も詰まりやすくなるので、健やかな髪の生育を阻みます。皮脂が過剰になっている原因は、揚げ物や肉に偏った食生活やシャンプーの仕方などが考えられます。べたつくからとシャンプーをしすぎると、かえって皮脂が過剰になることも。今のやり方やシャンプーを変えてみて、頭皮のべたつきが変化するか、確認しましょう。

・分け目が目立つ

いつも右側で髪を分けている人は、左側で分けてみて。その時、右側の分け目の方が頭皮が目立つようなら、薄毛になりはじめています。ずっと同じ分け目をしていると、同じ方向にばかり髪が引っ張られるため、分け目の部分から薄毛になりやすく。また、分け目の部分には紫外線が当たるので、頭皮ダメージもおこります。分け目を変えたり、その部分を重点的に頭皮ケアするなどの対策をとって。

・頭皮がかゆい

頭皮がかゆい人は、乾燥していたり、逆に皮脂が過剰になっている場合も。シャンプーやスタイリング剤が頭皮トラブルを起こしている場合もあるので見直してみて。頭皮が乾燥してかゆい人は、シャンプーをする時に熱いシャワーは避け、また、シャンプー剤を使う日と、ぬるま湯だけで汚れを落とす日を交互にしましょう。乾燥からくるかゆみの場合は、フケをともなうこともあります。

・頭皮が赤い

洗浄力の強いシャンプーを使っている、またはシャンプーの時に頭皮を強くこすりすぎている可能性があります。健康な頭皮は、青白い色です。頭皮が炎症を起こしているので、健康な髪が育ちにくい環境になっています。

・10年以上同じ髪型をしている

ずっと同じ髪型をしていると、シャンプーやブローも常に同じやり方になりがち。常に同じ方向に髪が引っ張られるので、頭皮が硬くなりやすくなり、分け目や生え際から薄毛になる可能性があります。

・カラーとパーマを両方している

カラーやパーマは、それぞれ髪や頭皮に負担のかかる施術です。両方を行っているとたとえトリートメントしたとしても髪にダメージが残ります。頭皮にもカラー剤やパーマ剤がつくのでダメージは避けられません。どうしても両方したい人は、将来の髪のためにも極力同じ日に行うのをさけ、数週間あけてから行って。

・頭皮が1cm以上動かない

頭皮に、親指以外の指の腹4本を当て、上下左右に動かしてみましょう。1cm以上動かない人は、頭皮がかたくなっています。頭頂やサイド、襟足付近など、頭皮の部分によっても動き方が変わるのでチェックを。頭皮が動きにくい部分は、頭皮マッサージやブラッシングをしてほぐしましょう。

・食事制限を行うダイエットをしている

髪の育成のためにバランスのよい食事は必要不可欠。ダイエットで食事制限をしていると栄養不足になり、髪に栄養が届きません。食事制限系のダイエットをする場合は、1日に必要な栄養素が食事で確保できるか確認をしましょう。

・1日2回以上シャンプーしている

頭皮の皮脂は、天然の潤い成分。皮膚の常在細菌のバランスを整え、頭皮を外敵から守ってくれます。皮脂は健康な髪を育てる環境に欠かせないものです。皮脂が過剰にでるからと1日2回以上シャンプーすると、皮脂を取りすぎて頭皮の乾燥、またはさらに皮脂を過剰に分泌します。シャンプーは1日1回までに。




【シワ・シミ・たるみ】老け顔の原因になる9つの食べ物

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

鏡で自分の顔を見て「老けたみたい…」とショックを感じたことのある人は多いはず。それ、いつも何気なく食べているものが原因になっているかもしれません。老け顔の原因になる食べ物をまとめました。

ふだんの食べものが老け顔の元に!

健康のため、美肌のためにと、体にいい食べ物を選ぶ人も増えています。でも、いいものを食べるだけではダメなんです。アンチエイジングのためにやってほしいのが、老け顔の原因になる食べ物を避けること。食べてはいけない、あなたを老けさせる食べ物をまとめてご紹介します。

【シワ・シミ・たるみ】老け顔の原因になる食べ物9つ

老け顔の原因になる9つの食べ物がこれ

1)やらかい食べ物

やわらかくてふわふわなパンなどを食べると、幸せを感じますよね。でも、こういったやわらかい食品ばかり食べていると、口の周りにある「口輪筋」などの噛む筋力が衰えて、顔にシワやたるみができます。口元にできるほうれい線やマリオネットラインは、一度できると消しにくいといわれるもの。できないように日頃から予防するため、やわらかい食べ物ばかりを選ぶのは避けて。

2)スナック菓子

スナック菓子には、発がん性も指摘されているトランス脂肪酸が含まれています。肌にも悪影響があり、動脈や毛細血管の流れを悪くして、肌を硬くすることに。その結果、シワやたるみにつながります。

3)レモン

ビタミンCを含む食品として美容目的で積極的にとっている人も多いレモンですが、摂るタイミングに注意を。レモンには「ソラレン」という紫外線の吸収しやすくする物質が含まれています。ソラレンは、レモンだけでなく、柑橘類に含まれているもの。ソラレンは、摂取してから2時間で体内に行き渡るので、日中出かける前に食べると、紫外線を吸収しやすくなります。柑橘類を摂るなら、夕方から夜がおすすめです。

4)乳製品

日本人は「乳糖不耐症」といって、牛乳の成分を分解できない人が多くいます。牛乳を飲むとお腹がゴロゴロして、腹痛や下痢気味になるという人がそれ。お腹の調子を崩すだけでなく、乳糖による炎症が顔のたるみを引き起こすとされています。

5)インスタント食品

インスタント食品や加工食品には、いろいろな食品添加物が含まれています。食品添加物は体にとっては食べ物でなく異物なので、肝臓で解毒されます。そのため、たくさんの食品添加物をとっている人は、肝臓にかなりの負担が。肝臓と肌は密接な関係があり、メラニンを抑制する成分を分泌したり、コラーゲンをつくる役割を持っています。そのため、肝臓に負担がかかる食品添加物を含む食べ物をたくさん食べていると、シミやたるみになりやすいとされます。

6) 揚げ物

顔の老化を防ぐには、体のサビをとる「抗酸化物質」が必要です。油を多く含む食べ物は、体内の抗酸化物質を消費するので、肌のシワやたるみができやすく。特に、揚げてから時間が経ったフライや天ぷらは、油分がすでに酸化しています。酸化しているものを食べると、体も酸化し抗酸化物質の消費が激しくなります。揚げ物は、揚げたてを少量楽しむ程度にとどめて。

7) 冷たい飲み物・食べ物

冷たい飲食物は、体を冷やします。体の冷えは自律神経の働きに影響し、血流を悪くしたり、ホルモンバランスを崩します。女性ホルモンは美肌を保つ働きがあるので、ホルモンバランスが崩れると、肌が乾燥してシワになったり、肌代謝が低下して、シミやたるみの原因にも。血流の低下も、同じような結果につながります。

8)スイーツ

スイーツの糖分は、体内で過剰になると、タンパク質と結合し「糖化」という現象を起こします。この糖化は、肌にさまざまな悪影響を及ぼします。まず、糖化によって肌のコラーゲン繊維が破壊されると、たるみに。また、糖化で生じた老廃物が皮膚の細胞に沈着すると、シミやくすみに。ちなみに、ホットケーキやクッキーは、焼かれるとき糖とタンパク質が結合して糖化が起こった状態であり、肌の糖化も同じような状態を引き起こします。ホットケーキの表面がこんがりキツネ色になるように、肌も色がついて黄ぐすみに。また、クッキーが焼かれて硬くなるように、肌も硬くなるのです。スイーツの糖分は、肌に大敵といえます。

9)お酒

アルコールを摂取すると「コルチゾール」というホルモンが分泌されやすくなります。コルチゾールは、コラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力を維持する成分の代謝を遅らせてしまう働きがあるのだそう。そのため、お酒を飲み過ぎると、顔たるみの原因になるので気をつけて!

続きを読む




大人の女性にはピンクが必要!?『若返りカラー』を生活に取り入れよう

【お話を伺った人】木下 代理子先生

カラーカウンセラー、カラーセラピー研究所 所長 色彩と深層心理を研究、クレヨンを使う心理分析法(Human Color Counseling)を実施。個人から企業までのカウンセリング、講演・執筆で…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

(「健康のひろば」法研より)

色のもつパワーを効果的に利用しよう!

色には人を動かす力があると言われています。色は視覚に直接訴えることで心理や生理に大きな影響をもたらし、人の心や態度を動かす力になります。この色のパワーを効果的に使えば、自分の気持ちや行動を変えることができるだけでなく、周りの人の気持ちにも影響を与えることができます。

ピンクカラーの女性に嬉しい効果とは?

前回はストレスをやわらげる癒しの色を、クールカラー(寒色)を中心に紹介しました(『リラックスできる部屋は何色? カラーパワーでストレスを克服!』参照)。今回は夏に向けて、心と体に活気と刺激を与えてくれるウォームカラー(暖色)のなかから、明るく若々しいピンク色のパワーを紹介しましょう。

ピンクというと何を思い浮かべますか? バラの花、赤ちゃんの肌、砂糖菓子など、かわいらしくて、見ている人が幸福感につつまれ、優しい気持ちになってくる――、そんな色がピンクです。
さらに、ピンクは内分泌を活発にし、卵巣ホルモンの分泌を促すと言われています。女性ホルモンである卵巣ホルモンは、肌のうるおいやハリを保ち、若々しい美しい肌をつくる助けをしてくれます。そのためピンクは、色彩心理学では「若返りカラー」とも呼ばれます。ピンクの服を着たり、インテリアや小物にピンクを使うことで、心身ともに若返りの効果が得られるのです。

若いころはどんな色の服を着ていても、ホルモンがさかんに分泌して若々しく見えますが、年とともにホルモン分泌は減っていきますから、ピンクは年を重ねた人にこそ着てほしい色! ピンクの服に抵抗のある人は、下着やホームウエアなどから試してみてはいかが?

ピンクの空気をイメージしてリフレッシュ

若返り効果とともにリフレッシュ効果を期待するなら、「ピンク呼吸法」を試してみてください。やり方は簡単です。

(1)まず目を閉じてリラックス。心の中でピンクをイメージします。
(2)ピンクの空気を吸い込んでいると思いながら、ゆっくりと深呼吸を3回繰り返します。(肌にうるおいとハリが戻っているイメージを描くことが大切。若いころの自分を思い浮かべると効果的です)
(3)これを1日3回、朝目覚めた時、日中のリラックスした時、夜、就寝前の布団の中で行いましょう。

ピンクをイメージしにくいときは、実際にピンク色のハンカチやお花、色紙などを見ながら行うとよいでしょう。半年ほど続け、周りから「10歳若返ったね」と言われるようになった、という報告もあるほど、効果は実証ずみ! 呼吸法なら、「ピンクの服を着るのはちょっと…」という人にも抵抗なくできるでしょう。

女性からの好感度もアップ

ピンクを身につけると、おだやかで優しい気持ちになれるだけでなく、人から見たイメージもやわらかくなります。ピンクは、表情や性格をやわらかく見せてくれ、明るさと柔軟性をアピールします。
男性なら、シャツやネクタイ、靴下などに使ってみてはいかがでしょうか? 実際ピンクをうまく使っている人は、固定観念や常識にとらわれず、柔軟な考えをもっている人が多いので、女性からの好感度も高いのです。

肌を若々しく見せてくれるピンク色ですが、黄みをおびた日本人の肌には、ラベンダー系のピンクよりもサーモンピンクなどが肌うつりがよいようです。

※この記事は2007年4月に配信された記事です

続きを読む




水素水は本当にからだにいいの? 水素の健康・美容効果とは?

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

話題の水素が体に起こす作用とその健康効果、効果的な摂り方を解説します。

水素水は本当にからだにいいの? 水素の健康・美容効果とは?

善玉と悪玉を見分ける水素の特別なパワー

スーパーやコンビニでもよく目にするようになった「水素水」。飲むとよさそう、とは思いつつ、どんなものかをよく知らない人も多いのでは? そもそも水素水とは「水素を含ませた水」のこと。
水素は砂糖や塩のように水に溶けるのではなく、水中に分子として存在している状態です。そして水素は、水と一緒になることで、体内に取り込みやすくなります。すると水素が持つ賢い性質で、私たちの体を守ってくれると、予防医学の観点から水素治療をいちはやく取り入れた、辻クリニック院長の辻直樹先生は言います。

体が老化する大きな原因は「活性酸素」によって体が酸化するから、とされています。
活性酸素は、疲労や糖尿病、脳梗塞など、体の不調から大きな病気にいたるまでの元凶。皮膚の細胞にもダメージを与えて、肌を老化させます。でも、もともと活性酸素は、体に侵入していたウイルスを殺すなど、体に必要な働きをするもの。しかし、過剰に発生すると、逆に自分自身の体を攻撃してしまいます。いわば、活性酸素には体にいい“善玉”と、病気や老化の原因となる“悪玉”の2つのタイプがあるということ。

そして水素には、活性酸素が善玉か悪玉かを見分けて、悪玉だけにくっつくという能力があるのです。さらに、活性酸素と水素がくっついても水ができるだけなので、体への負担は少ないのだそう。これが“水素は究極のアンチエイジング物質”と言われる理由なのです。こうした水素の働きによって、体内から悪玉の活性酸素が減ることで、さまざまな不調を予防する健康効果が期待できるのです。

美肌やダイエットにも効果が

また、健康だけでなく、美肌へのこんな効果も。悪玉の活性酸素は、皮膚の細胞にダメージを与えますが、これに働くのが水素。水素が加わると、皮膚細胞の酸化が抑えられ、機能を正常化して、皮膚が再生されるという研究結果があります。

また、肌トラブルの原因となる、肌の「糖化」を阻止する働きも。糖やアルコールが活性酸素と結びつくと、体内のたんぱく質が変性して「AGEs(糖化最終産物)」となります。これが、肌の成分であるコラーゲンやエラスチンに異常を起こし、肌トラブルの原因になるのです。しかし、水素によって活性酸素を抑えると、AGEsができにくくなって、肌の若々しさを取り戻す効果が期待できるというのです。

ほかにはダイエットにも働きます。水素によって活性酸素を除去すると、脂肪細胞の炎症が軽減し「アディポネクチン」という成分が増加することがわかっています。このアディポネクチンは、脂質を燃焼させる作用をもったたんぱく質。そのため、アディポネクチンがしっかり分泌されれば、体脂肪が減ったり、つきにくくなると考えられます。

水素は、水素水を飲むだけでなく、体の外から与えても効果が得られるそう。たとえば、水素風呂などを活用してみても。また洗顔のとき、水素水ですすぎを行うといった方法も。水素には、健康はもちろん美容にも役立つスーパーパワーが秘められているようです。

続きを読む



美肌をつくるコラーゲンの効果的な摂り方|若々しい肌を保つ秘訣

【お話を伺った人】吉木 伸子先生

よしき皮膚科クリニック銀座院長 1967年東京都に生まれる。1993年 横浜市立大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院皮膚科学教室入局。1994年より浦和市立病院(現さいたま市立病院)皮膚科勤務、埼玉…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

不足するとお肌だけでなく骨や目にも影響が! コラーゲン+ビタミンCで全身のアンチエイジングを手に入れましょう。

効果は美肌づくりだけではない

コラーゲンといえば美肌!? コラーゲンを主成分に「お肌のハリを保ちしわを防ぐ」とうたった化粧品や健康食品が数多く市販されていますから、みなさんよくご存じですね。でも、その効果は美肌づくりだけではなく、骨や目の老化も防ぐことを知っていましたか?

コラーゲンはたんぱく質の一種。人間の体重の約20%はたんぱく質で、そのうちの30%がコラーゲンです。人間の体は数えきれないほど多くの細胞からできていますが、細胞と細胞を接着剤のようにくっつけているのがこのコラーゲンなのです。
コラーゲンは全身に存在し、特に皮膚や腱(けん)、骨、軟骨、血管などに多く含まれます。皮膚にあるコラーゲンはハリのあるみずみずしい肌を保ち、軟骨ではクッションの役目をして体重を支える関節の負担を減らしています。また、血管を柔軟に保ち、骨を頑丈にするといった働きをしています。

このように、コラーゲンは体全体の健康を保つうえでなくてはならないものです。だから、コラーゲンが不足したり働きが悪くなると、皮膚だけでなく骨や血管など全身にさまざまな支障が出てきます。逆に、コラーゲンを若く保つことができれば、体全体を若々しく保つことも不可能ではありません。

コラーゲンの老化はシワやたるみの原因に

皮膚は、一番表面にある表皮と、その下にある真皮からなっています。このうちコラーゲンが含まれるのは真皮で、真皮の中ではコラーゲンの繊維の束が縦横にからみ合って網目のような組織を作っています。この網目構造が皮膚に弾力性と伸縮性をもたせ、力が加わっても元の状態に戻ることができるのです。

コラーゲンはもともと体内で作られる成分ですが、加齢とともに減少し、紫外線や喫煙による悪影響などで効果を失っていきます。そして、コラーゲンの繊維がまばらになり、細くなってからみが少なくなると、皮膚の弾力性がなくなり、シワやたるみができてしまうのです。たとえば、笑ったときにできる目元や口元のシワが戻らなくなって、老けた印象になってしまいます。

コラーゲンの老化による影響はそれだけではありません。血管の弾力が失われ、高血圧や動脈硬化を起こしやすくなったり、軟骨がすり減って関節が痛むようになったりします。骨のコラーゲンは、鉄筋コンクリートでいえば鉄筋の役目をして、コンクリートにあたるカルシウムをしっかりとつなぎとめる働きをしています。コラーゲンの老化により、骨の組織が粗くもろくなると、骨粗しょう症になってしまいます。目の水晶体にもコラーゲンが含まれているため、老眼や老人性の白内障になりやすくなります。

体内での再合成にはビタミンCが必要

体内では、常にコラーゲンの分解と合成が行われています。
たんぱく質であるコラーゲンは、アミノ酸がつながってできています。コラーゲンを含む食品を食べても、そのまま吸収されるわけではなく、いったん消化されてアミノ酸に分解され、それが再合成してコラーゲンができあがります。この再合成のためには、ビタミンC、酸素、鉄や酵素が必要です。つまり、コラーゲンを生み出すには、たんぱく質をとるだけでは十分ではなく、ビタミンCなどの手助けが必要なのです。コラーゲンの合成を促すために、野菜や果物をたっぷり食べてビタミンCをとりましょう。

また、女性ホルモンの一種であるエストロゲンも、コラーゲンを維持するのに不可欠です。ダイエットや生理不順の影響でエストロゲンの分泌が低下すると、コラーゲンも減少し肌のハリが失われます。コラーゲンを維持するためには、普段の生活や生理周期にも気を配ることが大切です。バランスのよい食事をこころがけ、早寝早起きで生活リズムを整えましょう。

ほかにも、以下のことに気をつけましょう。

●紫外線と喫煙はコラーゲンにダメージを与えるため、季節に応じたスキンケアで紫外線を防ぎ、禁煙する。
●ビタミンCを大量に消費するタバコやお酒、過度のストレスを避ける。
●深夜0時前に寝ると、睡眠直後に肌の新陳代謝が活発になるといわれるため、夜更かしをしない。

※この記事は2007年4月に配信された記事です

続きを読む



ちゃんと洗っているのに頭皮がかゆい理由は? 正しいシャンプーのやり方

【お話を伺った人】吉木 伸子先生

よしき皮膚科クリニック銀座院長 1967年東京都に生まれる。1993年 横浜市立大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院皮膚科学教室入局。1994年より浦和市立病院(現さいたま市立病院)皮膚科勤務、埼玉…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

(「へるすあっぷ21」法研より)

健康な髪と地肌は正しいケアから。泡立てたシャンプーで地肌をやさしくマッサージ、すすぎは念入りに!

洗いすぎは髪のパサつき、枝毛の原因にも

「朝シャン」という言葉が新語・流行語大賞を受賞したのが1987年。そのころから、毎日シャンプーする人がとても多くなったようです。「朝シャン」は日本人の清潔指向を示す言葉として問題視されることもあるように、日本人は髪を洗いすぎる傾向があると言われます。洗いすぎると地肌が乾燥し、髪がパサついて枝毛の原因になることもあります。まして、シャンプーを髪に直接つけてゴシゴシ洗い、熱いお湯ですすいでいたのでは、髪や地肌へのダメージは大きく、洗いすぎが原因で抜け毛を招くことだってあるのです。

しかしこれから夏も本番、気がついたら体だけでなく頭まで汗でびっしょり、なんてことも多くなります。汗をかいたら毎日でもシャンプーしたいですね。そこで、毎日シャンプーしても髪と地肌を傷めることなく美しく保つために、シャンプーやリンスの上手な使い方を知っておきましょう。

シャンプーはお湯で薄めて泡立ててから

髪についた汚れやホコリは、こすったりしなくても泡の力だけで落ちますから、髪よりも地肌を洗うつもりでシャンプーしましょう。

(1)洗う前に、髪を軽くブラッシング。余分な皮脂やフケを浮き上がらせるとともに、髪がからまずスムーズに洗うことができる。

(2)38度くらいのぬるめのお湯で地肌と髪全体をすすぎ、軽い汚れやヘアケア剤を落とす。熱すぎるお湯は必要な油分まで奪ってしまい、地肌がカサカサになったり、髪のキューティクルがはがれやすくなる。

(3)少量のシャンプーをお湯で薄め、軽く泡立ててから、後頭部の生え際から全体につけていく。(後頭部は比較的外部からの刺激に強いため)

(4)頭全体にシャンプーがついたら、指の腹を使って、地肌をやさしくマッサージしながら洗う。爪を立てるのは、地肌を傷めるので厳禁。髪の毛をこすり合わせると、キューティクルがはがれてダメージの原因に。

(5)ぬるめのお湯で、よく洗い流す。

(6)リンスは地肌ではなく、毛先を中心に髪だけにつけ、よく洗い流す。

シャンプーもリンスも、化粧品より刺激が強いため、肌に残らないようすすぎは十分に行います。フケやかゆみ、抜け毛などはすすぎ残しが原因とも言われます。時間に余裕のない「朝シャン」では、急いでゴシゴシこすったり、すすぎ残したりして、髪と地肌を傷めがち。朝シャンプーするなら、十分に時間がとれるように早起きを。「髪の栄養はバランスのよい食事から」ですから、朝食を抜いて朝シャンするのは避けましょう。

ドライヤーのかけすぎはダメージのもと

シャンプーの後、髪が濡れたまま寝ると、髪が傷みやすいだけでなく、雑菌が繁殖していやなにおいの原因にもなります。

乾かすときも、髪を傷めないように正しいやり方で。まずタオルで髪をはさみ、両手で押さえるようにしてできるかぎり水気を取ります。タオルで十分に水気を取ることで、ドライヤーの時間を短くすることができます。

ドライヤーはなるべく頭から離し、髪に風を送り込むようにして乾かします。ドライヤーの使いすぎは、地肌や髪を乾燥させるだけでなく、地肌や髪の表面のケラチンたんぱくを傷つけ、パサつきや傷みの原因になるので注意しましょう。

きちんと洗ってもかゆいのは脂漏性皮膚炎かも

毎日洗っても地肌がかゆい、べたっとしたフケが出るという人は、「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」の可能性が。脂漏性皮膚炎は皮脂分泌のバランスが崩れることで肌の表面に雑菌が増え、赤みやかゆみを生じる皮膚炎です。ひどくなると毛根にダメージを与え、脱毛につながることも。思い当たる人は早めに皮膚科を受診しましょう。
ストレスや過労、食生活の乱れが原因で起こることが多いので、ストレスや疲労をためないようにして、十分な睡眠と規則正しい生活を心がけましょう。

また、いくらシャンプーが完ぺきでも、髪に栄養が行き届かなければ美しい髪は望めません。極端なダイエットや偏食は、髪への栄養も不足させてしまいます。栄養バランスのよい食事内容にしたうえで、髪によい食べ物を積極的にとりましょう。

たんぱく質:髪の主成分はたんぱく質なので、不足すると髪が細くなる。肉や魚、牛乳、豆類などに豊富。
鉄分:不足するとパサパサした髪に。プルーンやレバー、あさりなどに豊富。
ビタミンE:地肌の血行を促進する。ごまやアーモンドなどに豊富。

地肌の血行不良も髪の大敵です。タバコやアルコールの量を控えたり、運動不足を解消して体を活性化させましょう。美容院でいま人気のスカルプ(地肌)ケアをしてもらうのもいいですね。

※この記事は2007年7月に配信された記事です

続きを読む



  1. 1
    もっと気楽に!人間関係に疲れないための5つのポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    【シワ・シミ・たるみ】老け顔の原因になる9つの食べ物
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 鏡で…
  3. 3 睡眠不足が続くとうつ病になりやすい|睡眠5時間は危険ライン?
    睡眠不足が続くとうつ病になりやすい|睡眠5時間は危険ライン?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 仕事…
  4. 4 ひきこもりの心理。何が原因で『ひきこもり』になるの?
    ひきこもりの心理。何が原因で『ひきこもり』になるの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 学校…
  5. 5 喉が渇く、疲れやすい…その症状、糖尿病予備軍かも?10のチェックリスト
    20代・30代の女性に増える『プチ更年期』こんな症状が続いたら注意を!
    (編集・制作 (株)法研) 原因はストレスや過剰なダイエット、過労な…
  6. 6
    ドーナツに栄養はない!? 実は体によくない物質だらけ…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    食べ過ぎ注意!食べるだけでからだが臭くなる『臭う食べ物』
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  8. 8
    『大人のひきこもり』専業主婦のひきこもりが増加中?!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 若い…
  9. 9 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  10. 10
    体によさそうだけど、本当は“不健康”な食べ物9つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  11. 11
    真面目な人ほどストレスを感じやすい? ストレスと上手く付き合うコツ
    (編集・制作 (株)法研) 油断は禁物。長引くと社会生活に支障をきた…
  12. 12
    骨粗しょう症の予防にいい食べ物と、摂りすぎ注意の食べ物
    (編集・制作 (株)法研) 骨粗しょう症の予防にはカルシウムの多い食…
  13. 13
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  14. 14
    仕事・ワンオペ家事育児で女性は疲労困憊!? 危険な過労のサインとは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと まか…
  15. 15
    これ以上もう無理!仕事を頼まれたときの上手な断り方、4つのポイント
    断り方のコツを練習しましょう たとえば、こんなことはありませんか? …
  16. 16 生理用品はどう使い分ける?
    将来、骨粗しょう症になりやすい人はどんな人?予防法は?
    (編集・制作 (株)法研) 若い女性も油断大敵! 骨粗しょう症。…
  17. 17
    がん予防・老化防止・疲労回復・美肌…緑茶には健康効果がいっぱい!
    (編集・制作 (株)法研) (「すこやかファミリー」法研より) 「…
  18. 18
    ぽっこりお腹を解消! 姿勢美人になる2つのエクササイズ
    (編集・制作 (株)法研) (「きれいになる15分トレーニング」山岡…
  19. 19 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  20. 20
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …

一覧