誰にでも効く健康法なんてない?本当に効果のある健康法の見つけ方

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

医療と健康法の違いとは? 試す前に知っておきたい、健康法を選ぶ基準や、健康法とのつき合い方をご紹介。

健康法の“効く”は個人の感想

「効く健康法というのは、ありません」というと、驚く人も多いはず。正確にいえば、みんなに必ず効く健康法はない、ということです。そこが、医学と民間に伝わる健康法との違い、と医師で医学博士の北條元治先生(RDクリニック)は指摘します。

医学では、病気の症状に対して治験を行い、多くの人に効果のあった薬や機器で治療を行います。体質は人それぞれなので、必ずしも全員に効くものはありませんが、統計上“改善する人が多かった”方法を治療法として採用します。それに対して健康法は個人や地域の人たちなどが、自分の経験をもとに効くと言っているもの、いわば「個人の感想」であることが多いのです。

医学と違い、健康法は統計を取っていないことがほとんど。そのため、そもそも効くのか、どのくらいの割合で効くのかわからないのです。だから知り合いに「すごくいいよ」と言われてやってみたら、思ったほど効果がなかった、ということも起こりがち。しかし、健康法は決して価値がないものではありません。自分の体質に合うものなら、効果は期待できるんです。ぜひ、自分に合う方法を見つけたいもの。

誰にでも効く健康法なんてない?本当に効果のある健康法の見つけ方

気をつけたいのは「必ず効く」という思い込みを捨てること。他の人に聞いても、あなたには効かないかもしれません。でも、あなたの方がもっと効くこともある。試してみて、実際にあなたの体が変わったか、不調が改善したかチェックしましょう。

良いと感じたら、続ける。効果が感じられないものはやめて、また別のものにトライして。健康法にはミーハーでいいのです。いろいろ工夫して健康になろう、というポジティブな気持ちも健康を後押ししてくれます。下記を参考にしながら、必要に応じて医学の力にも頼って、健康法と上手につき合っていきましょう。

健康法はココをチェック!

◯そのメソッド、やることが極端すぎませんか?

常識をくつがえす健康法は、その衝撃から注目を集めがち。しかし、人間の自然なリズムや動きに逆らったメソッドは、合う体質を選びます。あまりにも極端なものには、安易に飛びつかないで。

◯「健康」について正しく認識していますか?

たとえば一時的な高血圧を心配しすぎると、ストレスでかえって高血圧を招くことがあります。まずは病院で診断を受け、自分の症状を正しく認識した上で、健康法を選びましょう。

◯それをやっていて気持ちがいいと感じますか?

プラセボ(偽薬)でも不調が改善することが証明されているように“気持ち”はとても大切。実践して「気持ちがいい」と感じられるかどうかも、その方法が合うかの判断基準です。

◯「絶対効くはず」と思い込んではいませんか?

健康法は、少人数の成功体験から広まったものも多くあります。そのため、誰にでも効くと思い込むのは危険。自分に合うか、リスクはないかを冷静に考える視点は常にもって。

◯治したい不調は、急性のものではありませんか?

今まで経験したことのないような急性の痛みや苦しみは、すぐに医学的な治療が必要なケースが多くあります。数時間の差が生死の境目となることもあるので、健康法で乗り切ろうとせず、病院へ。

◯目的は達成しても、新たな不調が出ていませんか?

悩んでいた不調がよくなったとしても、他に新たな不調は生じていませんか? 体質に合わない健康法を行っていると、どこかにムリが生じます。常に自分の体全体の調子をチェックして。




【超万能ハッカ油を使い倒す】さっそく試したくなる10個の活用術

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

ハーブのミントから抽出した植物オイル「ハッカ油」を知っていますか? 昔から使われているものですが、用途が広く万能だと改めて人気が広がっています。その活用術をご紹介。

生活のあらゆるところ使える天然の万能オイル

昔から使われてきた「ハッカ油」。簡単に説明すると、ハーブのミントからできた植物オイルです。ミントは、シソ科ハッカ属のハーブの総称ですが、ハッカ油は「ハッカソウ」という種類のミントを乾燥させて、オイルを抽出したものです。ハッカの名産地として有名なのが北海道の北見市ですが、現在は国内の9割以上の生産量を占めているのが隣町の滝上町だそう。ハッカ油は、清涼感のほか、防虫、消臭、除菌、リラックス効果などがあり、昔からいろいろなものに活用されてきました。ドラッグストアやネットショッピングで、20ml・500円前後と手軽に購入できるのも人気のひとつ。今回は、超万能なハッカ油の活用術をご紹介します。

【超万能ハッカ油を使い倒す】さっそく試したくなる10個の活用術

<ハッカ油を使い倒す 10個の活用術>

1) ハッカ油スプレー

スプレーボトルに水と、ハッカ油を数滴入れます。暑い日は、そのスプレーをワキや首、足や腕などに、涼感&制汗スプレーとして吹きかけましょう。ハッカ油の清涼感が体感温度を下げて涼しく感じさせてくれます。なおハッカ油は、粘膜にふれると刺激になるので、スプレー使用時は目や口、鼻に入らないように気をつけて。

2) ハッカ湯

湯船にお湯を溜めたら、ハッカ油を1滴垂らして混ぜましょう。スーッとした香りが広がり、夏場でもさわやかに湯船につかることができます。また、肌についたハッカ油が、湯上りの体温を下げてくれる効果も。ハッカ油の量は、湯船のサイズやお湯の量によって調節を。まずは、1滴から試してみて。

3) ボディソープ

ふだん使っているボディソープに、ハッカ油を1滴プラスして使ってみましょう。消臭作用で、汗臭さ、加齢臭の撃退に効果が。シャワー後の清涼感も快適です。シャンプーに加える方法もありますが、目に入りやすいので、使う場合は手元でシャンプーとハッカ油をしっかり混ぜてからにしましょう。

4) ハッカ油で足湯

エアコンのきいた部屋に1日中いると、体が冷えて足もむくみます。湯船に入るのがめんどうな時は、洗面器にお湯を張って足湯を。そこに、ハッカ油を1滴プラスすれば、足のにおいを取り除き、除菌効果で清潔に保つことができます。

5) ハッカ油を入れて寝具を洗濯

夏場は、寝ている間もたっぷり汗をかくので寝具もこまめに洗濯したいもの。枕カバーやシーツの脱水をする時、1滴ハッカ油をプラスして。ほのかなハッカ油の香りが残り、スムーズな入眠を助けてくれます。ハッカ油スプレーを直接、寝具にスプレーするよりも、ほのかな香りがベター。

6) マウスウォッシュ

口の中をすっきりさせたい時、コップ1杯の水にハッカ油を1滴たらせば、即席のマウスウォッシュが完成。口にふくんで、ハッカ油を隅々まで行き渡らせるようにブクブクしましょう。口臭予防にも効果が。

7) 涼感アロマハンカチ

汗をかく夏場の必須アイテム、ハンカチにもハッカ油を1滴。汗を吹くたびに、ここちよい清涼感が得られます。また、眠くなったり、気分が悪くなった時に、ハンカチの香りをかぐことで、気分転換に。

8) ハッカ油で床の拭き掃除

フローリングの床などを拭き上げる際、モップに1滴、または雑巾のバケツに1滴ハッカ油を加えましょう。天然のさわやかな香りが家に広がります。

9) 涼風が出るハッカ油扇風機

ティッシュやコットンにハッカ油を数滴垂らしたものを、扇風機の送風部分にクリップなどで固定。いつもの扇風機の風が、ハッカ油の香りをまとった涼感のある風に変身します。ただしハッカ油は引火性があるので、扇風機のモーター部分などには近づけないように注意して。

10) 害虫撃退スプレー

ハッカ油には防虫効果があります。スプレーボトルに無水エタノール10ml、ハッカ油を5〜10滴ほどたらして混ぜたら、さらに水90mlを加えよく混ぜます。これを網戸や玄関などにスプレーすると害虫が家の中に入ってくるのを防ぐ効果が。害虫の通り道にスプレーしたり、ハッカ油をティッシュやガーゼに垂らしたものを置いて置くのも効果的。

ハッカ油を使う時に注意したいこと

超万能なハッカ油は、生活のあらゆるところに活用できます。ハッカ油を安全に使うために、以下のことに気をつけましょう。

・室内に放置しないこと

ハッカ油の劣化を避けるため、保管時は冷暗所に置くようにしましょう。引火する恐れもあるので、火気のまわりに置くのは避け、子供の手の届かないところにしまっておいて。

・猫を飼っている人は気をつけて

猫はハッカ油の成分が苦手です。猫を飼っている場合、猫のいる空間ではハッカ油の使用を避けましょう。防虫、除菌効果のため洗濯に使用する場合は、洗濯機に入れる時だけ使って、成分が残らないようによくすすぎを行ないましょう。

・容器はできればガラス製が安心

ハッカ油には、プラスチックを溶かすことがあります。ルームスプレーや制汗剤を作る場合、スプレーボトルは、ポリエチレン製(PE)ならOKなので表示をチェックしましょう。見分けがつかない場合は、ガラス製のボトルを選ぶのが安心です。

・直接皮膚に塗ったり、使いすぎに注意して

ハッカ油は、強い清涼感のあるオイルです。直接、皮膚に塗ると刺激が強すぎるので避けて。また、使用の際は、傷のあるところや、粘膜に付着しないように注意を。さらに、ハッカ油を使い続けていると、より強い清涼感を求めて、多めに使ってしまがち。肌トラブルにもなるので、目安の量を守って使ってください。初めて使う場合は、少量ずつ試すことをおすすめします。

続きを読む




いつまでもサビない体づくりに!積極的に摂りたい7つの栄養素

(編集・制作 (株)法研

話題の有効成分を多く含む食品を食生活に取り入れましょう!最近、食品に含まれる有効成分として、6大栄養素(=炭水化物、脂肪、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維)以外の成分にも注目が集まっています。話題の有効成分の特徴や多く含む食品を知って、上手に食生活に取り入れてみませんか。

セサミン(多く含まれる食品=ゴマ)

呼吸によって体内に取り込まれる酸素のうち数パーセントは、体内の細胞を酸化し、サビつかせる有害な活性酸素に変化します。この活性酸素は、疲労や老化を促進し、生活習慣病をまねきます。また、活性酸素の害は、皮膚や内臓、血管などあらゆる細胞におよびますが、内臓では24時間休むことなく働いている肝臓が害を受けやすいといわれています。

ゴマに含まれるセサミンには、活性酸素の発生を抑え、肝機能を高める働きがあります。また、脂肪肝の予防や二日酔い防止、HDL(善玉)コレステロールの増加、発がん予防などの効果も、動物実験のレベルで明らかになっています。ゴマはすって使った方が、消化がよく、セサミンの効果がアップします。

いつまでもサビない体づくりに!積極的に摂りたい7つの栄養素

カテキン(多く含まれる食品=お茶)

お茶に含まれる渋みの成分、カテキンはポリフェノールの一種で、さまざまな健康効果をもっています。まず、活性酸素による酸化の害から体内の細胞を守る強い抗酸化作用は、ビタミンEの20倍ともいわれます。また、血圧降下作用によって高血圧の予防や改善に効果があるだけではなく、血糖値の上昇を抑えて糖尿病を予防する効果、コレステロールや中性脂肪など血中の脂質を正常に保つ作用も期待できます。さらに、抗菌作用によって、虫歯やかぜの予防にも効果を発揮します。

カテキンを健康づくりに生かすためには、1日に湯飲み茶碗10杯くらいのお茶の摂取が目安となります。

アリシン(多く含まれる食品=タマネギ・ニンニク)

ニンニクやタマネギには、アリインという成分とアリナーゼという酵素が同じ細胞の中に別々に存在しています。ニンニクやタマネギを切ったり、炒めたりして細胞に傷がつくと、両者が反応して、イオウ化合物のアリシンが生成されます。

疲労回復に有効なビタミンB1は、アリシンと結合することで体や脳の血液中に長く留まり、体や脳の疲れをとり、活性化させます。アリシンには、血栓の予防・改善効果や、かぜの予防などに有効な強い抗菌作用なども期待できます。

リコピン(多く含まれる食品=トマト)

トマトの赤い色素成分のリコピンには、ベータカロテンの以上の活性酸素除去作用があります。そのため、動脈硬化やがんの予防に効果があるといわれています。また、血糖値を改善し、糖尿病を予防する効果も注目されています。リコピンは、よく熟した赤いトマトに多く含まれています。

タウリン(多く含まれる食品=貝類、タコ、イカ)

タウリンはアミノ酸の一種で、貝類やイカ、タコ、魚の血合いなどに多く含まれます。タウリンには、肝臓で胆汁酸の分泌を促進し、肝細胞の再生を促す作用があります。胆汁酸には血液中のコレステロール値を低下させる作用があるため、コレステロールを原因とする胆石や動脈硬化などの病気も予防するといわれています。さらに最近、タウリンに肥満を予防する作用があることが、日本栄養・食糧学会で報告されています。

アントシアニン(多く含まれる食品=ブルーベリー)

人間の目が見えるのは、網膜に分布するロドプシンという色素が、分解と再合成を繰り返して光の刺激を脳に送っているからです。ブルーベリーに豊富なアントシアニンには、このロドプシンの再合成を活性化することで、目でものを見る機能を向上させる作用があります。また、アントシアニンには、老人性白内障の原因となる活性酸素を抑える作用や、全身の血行を促進し、動脈硬化を予防する作用も期待されています。

葉酸(多く含まれる食品=緑黄色野菜・レバー)

ビタミンB群の仲間である葉酸は、緑黄色野菜やレバーに多く含まれています。赤血球の合成に不可欠な成分で、貧血の予防に欠かせません。また、動脈硬化の予防効果もあるとされています。葉酸は心の健康にも不可欠で、不足すると、うつ状態やイライラ、不眠をまねくといわれています。

(「オン&オフ生活術」、法研より)

※この記事は2005年12月に配信された記事です

続きを読む




少しでも涼しくすごしたいなら…昔ながらの夏の風習を見直してみよう

(編集・制作 (株)法研

昔の人の「和」の知恵で、夏を涼しく過ごしましょう。風鈴、打ち水、すだれ…。目や耳からも清涼感を味わう「ジャパニーズスタイル」を取り入れてみよう!

昔の知恵は、すぐれモノ揃い!

蒸し暑い日本の夏。冷房をかけて部屋でグッタリしているという、いつものパターンに陥りがちではないですか? 今年の夏はすこし趣きをかえて、「ジャパニーズ・スタイル」を取り入れてみませんか?

昔の人の、夏を快適に過ごすアイデアは、日本の風土にふさわしい秀逸なもの。日常生活で実行しやすい工夫の数々をご紹介してみましょう。

少しでも涼しくすごしたいなら…昔ながらの夏の風習を見直してみよう

打ち水・すだれ

日本の夏の風習として、すこし前までおなじみだった打ち水。
打ち水は、家のまわりに水をまいて、気化熱によって地面の温度を下げ、涼しさを得るというものです。これは、マンションのベランダなどにも応用できる知恵。あまりひんぱんに行うと、コンクリートを劣化させますが、夕暮れ時などに打ち水をすると、夜の涼しさが違います。

また、ベランダや縁側には、すだれやバルコニーシェードなどで、日よけをすることをおすすめします。
日光をさえぎり、日陰を作ると、室内に入ってくる風がぐんと涼しくなります。また、ベランダに木のすのこを置くなど、町家の知恵を取り入れるのも効果的。日射しを照り返すコンクリートと違って、太陽熱をやわらかく吸収してくれます。

うちわ・扇風機

部屋に涼しさを呼び込むポイントは、風通しをよくすること。最近の住宅は気密性が高くできています。対角となる窓を開け、室内に風の通り道を作りましょう。

防犯上、窓を開けるのはちょっと…という方は、うちわや扇風機を見直してみては?
うちわや扇風機の風は、冷房と違って体を冷やしすぎません。扇風機をかけるときは、近くに置くより、体から1.5~2m離した方が効果的です。
さらに、風のない日や蒸し暑い夜は、ベランダや窓の外に扇風機を置いてみましょう。冷えた外気を室内に送り込むだけで、涼しさがぐっと違います。

金魚鉢・い草のラグ

昔の家庭では、よくガラスの金魚鉢で金魚を飼っていました。金魚を飼わなくても、花瓶などにガラスの容器を使って、目からも清涼感を味わってみませんか。
夏の軒先に風鈴をつるしていたのも、ガラスのひんやりとした質感と澄んだ音から、昔の人が清々しさを感じとっていたのです。

また、敷物やテキスタイルに、い草や麻など、夏にふさわしい素材を使うのもグッドアイデア。い草のラグを敷いたり、クッションカバーやシーツを麻にしてみるなど、触感からも暑さを解消したいものです。

ゆかた・扇子

ゆかたを着ると、日本人であることを、ふと実感したりしませんか?
着物は涼しさを感じやすくできていて、しかも単衣のゆかたは、身につけていてもそれほど苦しくありません。

そして、夏の和装には扇子を持つのがお約束。ときには和装で出かけてみるなど、大人の女性として、優雅に“日本の夏”を楽しむ心を持ちましょう。

夏野菜

昔の人は夏の食生活に、暑さによる邪気を抑える食物をうまく取り入れていました。私達もこれを参考にして、日々の暮らしを健康的に送りたいものです。

○体内で熱を抑える食材
キュウリ、スイカ、冬瓜、ナス、ビワ、トマト、セロリ

○暑さに抵抗力をつける食材
昆布、豆腐、貝類、苦瓜、レモン、メロン、そば

○湿気を取り、利尿作用をうながす食材
トウモロコシ、スイカ、しそ、トマト、そら豆、枝豆、あずき

これらの食材を上手に活用して、身体の中から元気になりましょう。

※この記事は2006年7月に配信された記事です

続きを読む



その夏バテ症状『かくれ脱水』では?放置すると熱中症の恐れも…

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

体がだるい、疲れやすいと感じたら「夏バテかな」と思いますよね。でも、その症状、軽度の脱水症の前段階にあたる「かくれ脱水」かもしれません!

二日酔いや夏バテもかくれ脱水のひとつ

体内の水分量は、成人で60%ほどにもなるといいます。つまり体の半分以上は、水分ということ。それが、気温の高いところにいたり、激しい運動をして汗を大量にかいたりすると、水分量が低下。すると、脱水症が起こります。

一般的に、体液の3〜5%を失うと、めまいやたちくらみ、口の渇きなどの症状に。さらに6〜9%で頭痛や悪心など、10%以上を失うと、意識障害が起こるとされています。脱水症は進行するまで症状がでにくいのが特徴です。特に、お年寄りは体液も50%ほどに減少しており、脱水症になりやすいのです。

そこで、提唱された言葉が「かくれ脱水」。軽度の脱水症よりも前の段階のことを表した言葉です。この段階では、脱水症になりかけているのに、本人は気づいていないことがほとんど。実は、二日酔いや夏バテも「かくれ脱水」のひとつなのです。下記に、かくれ脱水のサインをご紹介します。

その夏バテ症状『かくれ脱水』では?放置すると熱中症の恐れも…

<自分では気づきにくい「かくれ脱水」のサイン>

○ だるい、疲れやすい、眠い

夏バテとよく似た、だるさ、疲労、眠気に襲われたりします。これも、かくれ脱水のサイン。体液が減少することにより、体が疲れやすくなっているため、こういった症状があらわれると考えられます。

○ ふらつく

体の水分が減少すると、血流が悪くなるために、たちくらみやふらつきが起こることが。

○ 足がつる

体内の塩やミネラルなどが減少すると、筋肉が痙攣しやすくなります。そのため足がつりやすくなることに。

○ 尿の量が少ない、のどが渇く

夏バテは自律神経の乱れによっても起こりますが、これと、かくれ脱水を区別しやすい症状がこちら。上記の症状に加えて、尿量の減少が見られたり、のどの渇きを感じたら、かくれ脱水を疑って。

放置すると熱中症になる恐れも

かくれ脱水は、夏バテの症状と似ているため、自己判断がつきにくいもの。放置しておくと、脱水症になるだけでなく、熱中症にもなりやすくなります。なんとなくいつもと体の調子が違うと感じたら、まずかくれ脱水を疑いましょう。経口補水液を飲んで、体の水分を補給し症状が改善すれば、かくれ脱水です。

水分補給にはスポーツドリンクを飲むのもよいですが、脱水症の場合は治療飲料である経口補水液を。経口補水液は、塩分と糖分をバランスよく配合した飲み物で、体に吸収されやすくなっています。スポーツドリンクは、電解質濃度が低く、糖質が多め。運動の後には適していますが、脱水症の改善には経口補水液の方が適しています。

また、ふだんから規則正しい生活を心がけ、暑くて食欲がないからといって食事を抜かないこと。1日で体に入る水分は約2500ml。そのうち、食べ物から1000mlの水分を摂取しているとされます。食事以外で必要な水分補給として、2時間ごとにコップ1杯の水分をとりましょう。なお、アルコールやカフェイン入りのお茶は、利尿作用で逆に体の水分を排出してしまうので注意を。万全の体調管理で、暑い夏を乗り切りましょう。

続きを読む



これぐらいは知っておきたい! 熱中症予防に役立つ飲み物・食べ物

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

猛暑日が続くなか、熱中症に注意喚起するニュースが連日報道されています。そこで、基本的な熱中症予防に役立つ飲み物と食べ物をご紹介します。

カフェイン入りのお茶は水分補給にならない

災害レベルといわれるほどの、暑い夏。熱中症予防対策は十分でしょうか? 厚生労働省では、室内外問わず、喉の渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、経口補水液などを補給することを呼びかけています。そこで水以外に、積極的にとりたい飲み物と食べ物をまとめました。

これぐらいは知っておきたい! 熱中症予防に役立つ飲み物・食べ物の選び方

<熱中症予防に役立つ飲み物・食べ物>

○ 麦茶

夏の定番のお茶といえば麦茶。夏場は、汗でミネラルを失いがちです。麦茶には、カリウムやリン、ナトリウムなどのミネラルが含まれており、汗で流れたミネラルを補給することができます。また、麦茶はノンカフェインなのもポイント。カフェインには利尿作用があり、体の水分を排出してしまいます。カフェインの成分があるお茶の飲み物やアイスコーヒーを飲んでいても、逆に水分を排出してしまうことになるので注意して。

○ スポーツドリンク

運動後など、たくさん汗をかいた後は、体の塩分とエネルギーが失われがち。塩分、糖分を含むスポーツドリンクは、それらを補うことができます。ただ、塩分と糖分がたっぷり含まれているので、飲み過ぎに注意を。スポーツドリンクは2〜3倍に薄めた方が体に浸透しやすく、塩分と糖分の取りすぎも防げます。

○ 牛乳や乳製品

ややきつい運動後に牛乳や乳製品を摂ると、体温の調整機能が改善するそう。牛乳にはタンパク質と糖質が含まれており、これらを一緒に摂ることで血液量が増加して汗をかきやすい体に。暑さに順応できるため、熱中症になりにくい体を作ることができます。

○ 梅干し

少し動くだけで汗をかくため、体がバテやすくなっています。体の疲労物質をはやく除去するためにも、クエン酸を含む梅干しは最適。塩分補給のほか、殺菌効果もあります。クエン酸を含む食材は、柑橘類やお酢なども。

○ モロヘイヤ

汗で流れ出たカリウムを補給してくれるのが、モロヘイヤ。カルシウム、鉄などのミネラル、造血作用のある葉酸も含んでおり、栄養価の高い食材です。栄養補給をして熱中症になりにくい体を作りましょう。

○ 豚肉

豚肉にはビタミンB1がたっぷり。ビタミンB1が体内に不足すると、糖質をとってもエネルギーに変えることができず、疲労やだるさにつながります。1日のビタミンB1の推奨量は、成人男性で1.4mg、成人女性で1.1mg。豚モモ肉(赤身)は、100gあたり1.01mgとビタミンB1が豊富です。梅干しベースのソースを作って合わせれば、クエン酸が一緒に摂れるので◎。

○ 納豆

納豆には、ビタミンB1とミネラルが豊富です。夏場は、食欲がなく冷たい麺類を食べることが多くなりがち。麺類に納豆をプラスすることで、麺類の糖質をエネルギーに効率よく変換して、疲れにくい体を作り、熱中症予防に役立ちます。

続きを読む



  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代謝…
  2. 2
    諦めてたガッチリふくらはぎがほっそり脚に!?ヘアゴムダイエット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 足の…
  3. 3
    熱中症になりやすいのはどっち? 汗が多い人と汗が少ない人
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 連日…
  4. 4
    効率よく痩せるウォーキングのやり方|1日で何分歩くといいの?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】宮崎 義憲先生 東京学芸大学…
  5. 5
    いつまでもサビない体づくりに!積極的に摂りたい7つの栄養素
    (編集・制作 (株)法研) 話題の有効成分を多く含む食品を食生活に取…
  6. 6
    これぐらいは知っておきたい! 熱中症予防に役立つ飲み物・食べ物
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    【超万能ハッカ油を使い倒す】さっそく試したくなる10個の活用術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ハー…
  8. 8
    夕食に●●を食べるだけで脂肪が燃える!? 夜フルーツダイエット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと フル…
  9. 9
    傷口に消毒液は使ってはいけない? キズの治療の新常識
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】夏井 睦先生 傷の治療センタ…
  10. 10
    寝苦しい夜をぐっすり眠るには?クーラーなしで涼むための知恵
    (編集・制作 (株)法研) ちょっとした工夫でひんやり、リラックス。…
  11. 11
    蚊に刺されやすい人の特徴とは? 簡単にできる!蚊に刺されない方法
    キャンプ場など蚊がたくさんいる場所に行った時、蚊に刺されやすい人とそう…
  12. 12
    スーっとして気持ちいい!ハッカオイルの活用法|臭いや汗に便利!
    (編集・制作 (株)法研) 鎮痛作用や冷却作用のあるミントの効能。部…
  13. 13
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  14. 14 昼夜逆転、睡眠リズムの乱れ…こころの問題が関係してるかも?
    昼夜逆転、睡眠リズムの乱れ…こころの問題が関係してるかも?
    【執筆】松浦慶子カウンセラー 快適な睡眠、とれていますか?睡眠のリズ…
  15. 15
    女性はあそこがゆるみやすい…『骨盤底』を鍛えて早めのケアを!
    (編集・制作 (株)法研) 女性の体にとって大事な「骨盤底」を鍛えま…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  17. 17
    その夏バテ症状『かくれ脱水』では?放置すると熱中症の恐れも…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 体が…
  18. 18
    人前でうまく話せない人に…上手に話せるようになる5つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】日本話し方センター副所長 山…
  19. 19
    あなたはどれ?好奇心旺盛orリスク回避型『脳のクセを知るテスト』
    (編集・制作 (株)法研) 「新しもの好きの人」「怖がり屋さん」のス…
  20. 20
    アウトドアで注意すべき虫|こんな症状がでたら病院へ!刺された時の対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 夏休…

一覧